Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • (thunder crashing)

    (雷が鳴る)

  • (Orange laughing)

    (オレンジの笑い声)

  • (goop squelching)

    (グープスクエルチング)

  • (Orange laughing)

    (オレンジの笑い声)

  • (goop squelching)

    (グープスクエルチング)

  • (monster growling)

    (モンスターのうなり声)

  • (monster roaring)

    (怪物の咆哮)

  • (Orange maniacally laughing)

    (オレンジのマニアックな笑い声)

  • - [Orange] Happy Shocktober, fruit lovers!

    - オレンジ】フルーツ好きの皆さん、ハッピーショクトーバー

  • A while back, I did a Draw My Life episode.

    少し前にドローマイライフのエピソードをやっていました。

  • But today, I wanna tell you about the spookiest,

    でも今日は、一番不気味な話をしたいと思います。

  • scariest dream I've ever had.

    今まで見た中で一番怖い夢。

  • It's pretty weird.

    かなり変な感じです。

  • But then again, what dream isn't?

    でも、夢ってなんだ?

  • So get ready for a glimpse into the mind inside the ride,

    だから、乗り物の中の心を垣間見る準備をしましょう。

  • 'cause this is the Annoying Orange's Draw My Nightmare!

    だって、これはアノヤキオレンジの「ドローマイナイトメア」だからね!

  • (Orange maniacally laughing)

    (オレンジのマニアックな笑い声)

  • It was nighttime.

    夜になってしまいました。

  • Lightening crashed, rain poured!

    雷が落ちて、雨が降ってきた!

  • I was standing in the middle of a really tall bridge

    本当に高い橋の真ん中に立っていたので

  • and I had to make a terrible choice.

    と、とんでもない選択をしてしまいました。

  • See, I wasn't just standing in the middle of a bridge,

    ほら、橋の真ん中に立っていただけじゃない。

  • I was standing in the middle of a booby trap

    ブービートラップの最中に立っていたのは

  • set by the Joker!

    ジョーカーがセット!

  • (Joker evilly laughing)

    (ジョーカーが悪態をついて笑う)

  • On one end of the bridge,

    橋の片方の端に

  • Passion was tied up and dangling over a pit of knives!

    情熱は縛られ、ナイフの落とし穴にぶら下がっていた!

  • There was a candle slowly burning through a rope

    縄をくぐってゆっくりとロウソクが燃えていた

  • and once the rope snaps,

    そして、一度ロープが切れると

  • she'd be a total goner!

    彼女は完全に死人になるだろう!

  • Now way on the other end of the bridge,

    橋の反対側の道を行くんだ

  • Pear was tied up and dangling over a vat filled with sharks!

    梨は縛られて、サメの入った桶の上にぶら下がっていた!

  • As soon as his rope burn all the way through,

    彼のロープが燃え尽きるとすぐに

  • he'd fall into the shark vat

    鮫の桶に落ちる

  • and all those innocent sharks would probably die

    罪のないサメは皆死ぬだろう

  • from boredom after talking to him for awhile.

    しばらく話した後の退屈さから

  • The Joker told me I could only save one

    ジョーカーは一人しか救えないと言った

  • and I had to choose now!

    と、今、選択しなければならなかった!

  • Now okay, I'll admit I started moving

    さてさて、私が動き出したのは認めるわ

  • in the direction of Passion.

    パッションの方向に

  • I mean, I flinched okay?

    つまり、たじろいだんだよ?

  • I literally moved one muscle.

    文字通り筋肉を一つ動かしました。

  • But that doesn't mean I'm in love with her, okay?

    でも、だからといって彼女に恋をしているわけではないんだよ。

  • It doesn't! (chuckles)

    それはないですよ!(チャックルズ)

  • Anyway, the moment I moved,

    とにかく動いた瞬間

  • The Joker started laughing.

    ジョーカーは笑い始めた。

  • (Joker evilly laughing)

    (ジョーカーが悪態をついて笑う)

  • The holograms of Passion and Pear both vanished!

    情熱と梨のホログラムが二人とも消えた!

  • Yeah, turns out they were both holograms this whole time!

    二人ともホログラムだったことが判明した!

  • Then The Joker pushed a button

    そしてジョーカーはボタンを押した

  • and blew the fridge right up from under me

    冷蔵庫を吹っ飛ばしてしまった

  • and said I had totally fallen for it!

    と言って、すっかりハマってしまった!と言っていました。

  • (Joker evilly laughing)

    (ジョーカーが悪態をついて笑う)

  • As it turns out, it was actually a pretty good pun.

    実際にはかなりいいダジャレだったんだけどね

  • 'Cause without a bridge under me,

    私の下に橋がないと

  • I started falling!

    落ち始めた!

  • And I fell for a long time.

    そして、私は長い間落ち込んでいました。

  • And here's the worst part!

    そして、ここで最悪の事態が発生しました!

  • I fell past a bunch of people I recognized

    認識していた人たちの前を通り過ぎてしまった

  • and they all made fun of me

    とか馬鹿にされて

  • for being in love with Passion.

    パッションに恋をしているために

  • Which I'm not, by the way!

    私は違う!

  • But I didn't have time to explain it to them,

    でも、それを説明する時間がなかったんです。

  • 'cause I was falling way too fast.

    落ちるのが早かったから

  • But here's where it gets really weird.

    でも、ここからが本当に変なんです。

  • A lot of them were in their underwear!

    下着姿の方が多かったですね!

  • And that's when I looked down

    その時、私は下を向いた

  • and realized I was in my underwear,

    と気がつくと下着姿になっていました。

  • which made no sense!

    意味不明

  • 'Cause the only time I ever wear underwear

    下着を着るのはこの時だけだから

  • is when I'm dreaming.

    は夢を見ている時です。

  • And that's when I realized I was in a nightmare!

    その時、気がついたら悪夢の中にいた!

  • I started looking forward to hitting the ground,

    打つのが楽しみになってきました。

  • because you always wake up right

    目が覚めるといつも目が覚めるから

  • before you hit the ground, you know?

    地面に叩きつける前に

  • So I kept waiting to hit the ground and I kept waiting,

    だから、私は地面に叩きつけられるのを待ち続けていました。

  • and finally, I realized I was traveling through a tube

    そして、やっと気がついた時には、チューブの中を旅していることに気がつきました。

  • that went all the way through the center of the earth!

    地球の中心を突き抜けた!

  • There was no bottom!

    底がなかった!

  • And to make matters worse,

    そして、問題を悪化させるために

  • as I passed through the middle of the earth's core,

    地球の核の真ん中を通過しながら

  • I got blasted with radiation from all sides!

    四方八方から放射線を浴びた!

  • I started to mutate and grow extra eyeballs on my butt.

    突然変異を始め、お尻に余分な目玉が生えてきました。

  • Well, I thought it was actually kind of cool at first,

    まあ、実は最初はカッコいいと思っていたんですけどね。

  • but I'd soon regret having all those eyeballs

    目玉があるとすぐに後悔する

  • when I finally popped out on the other side

    やっと向こう側に飛び出してきた時には

  • of the world in China!

    中国に世界の!

  • That's 'cause like,

    それが原因だ

  • every scary person ever was there to jump scare me

    怖い人はみんなジャンプして怖がらせてくれた

  • as soon as I came out of the tube!

    チューブから出てきた途端に!

  • Freddy was there,

    フレディがいた

  • Slenderman, Bendy, Baldy,

    スレンダーマン、ベンディ、ハゲ

  • my sixth grade English teacher!

    6年生の英語の先生!

  • We're talking scary people!

    怖い人の話をしているんだ!

  • And I had enough eyeballs to get jump scared

    ジャンプビビるくらいの目玉もあったし

  • by all of them at once!

    一斉に!

  • So many jump scares at once deserve more than one scream!

    一度に多くのジャンプの恐怖が、1つ以上の悲鳴を上げるに値するほどです。

  • And fortunately, I had mutated

    そして、幸いなことに、私は突然変異していました。

  • a few extra mouths by this point,

    この時点で口数が余っている

  • so I was able to scream out of all of 'em!

    ということで、どれもこれも絶叫してしまいました!

  • (Orange screaming)

    (オレンジの叫び声)

  • Anyway, me and all my extra eyes and mouths fell back down

    とにかく、私と私の余分な目と口は、すべて下に落ちた。

  • into the tube and started falling back towards

    に向かって落ち始めました。

  • the other side of the world!

    あっちの世界

  • Which I was actually pretty excited about,

    実際にはかなり興奮してたんだけどね

  • because this time when I passed by all those people

    なぜなら、今回はその人たちとすれ違った時に

  • telling me I love Passion,

    パッションを愛していると言って

  • I had enough mouths to explain the truth.

    真実を説明するのに十分な口があった。

  • But the scariest part of the nightmare hadn't happened yet!

    でも、一番怖いのは、まだ悪夢が起きていなかったこと!?

  • As I was passing back through the center of the earth,

    地球の中心を通り過ぎて戻ってきたように

  • I ran smack-dab into a herd of dancing hippos!

    カバの群れに遭遇したんだ!

  • Ugh, these guys were everywhere

    こいつらはどこにでもいた

  • and they were plugging up the whole tube!

    と、チューブ全体を塞いでいました!

  • I couldn't get by.

    通いきれなかった。

  • They surrounded me!

    囲まれた!

  • Everywhere I looked,

    どこを見ても

  • there was a dancing hippo!

    踊っているカバがいた!

  • And that's a lot of places to look,

    そして、それは多くの場所を見ることです。

  • 'cause I had so many eyeballs by this point.

    この時点で目玉がたくさんあったからだ。

  • But to pass the time,

    でも、暇つぶしには

  • I decided to see if I could touch all my tongues

    私の舌を全部触ってみることにしました。

  • to all my eyeballs.

    すべての私の目玉に

  • But that was a bad idea,

    しかし、それはまずかった。

  • because I just wound up licking a bunch

    私は、私は、私の束を舐めて巻いてしまったからです。

  • of hippo butts by accident!

    偶然にもカバの尻の

  • (Orange groaning)

    (オレンジのうめき声)

  • On the plus side,

    プラス面では

  • I did wake up at this point,

    この時点で目が覚めました。

  • because my tongue had finally touched the bottom!

    舌がついに底に触れてしまったからだ!

  • (Orange laughing)

    (オレンジの笑い声)

  • Talk about the end, am I right? (laughs)

    終わりの話をすると、そうですよね?(笑)

  • Okay, okay!

    わかった、わかった!

  • See ya next time!

    また今度ね!

  • And just remember,

    覚えておいて

  • I do not love Passion, okay?

    私はパッションを愛していません、いいですか?

  • I don't!

    私はしない!

  • (upbeat guitar music)

    (アップビートなギター音楽)

(thunder crashing)

(雷が鳴る)

字幕と単語
自動翻訳

B1 中級 日本語 ジョーカー オレンジ 目玉 パッション 笑い声 悪態

迷惑なオレンジ - Draw My NIGHTMARE!笑) #SHOCKTOBER (Annoying Orange - Draw My NIGHTMARE! #SHOCKTOBER)

  • 1 0
    Summer   に公開 2020 年 10 月 26 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す