Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Transcriber: TED Translators admin Reviewer: Ivana Korom

    翻訳: Moe Shoji 校正: Yoko Emori

  • We're now becoming aware of a significant relationship

    最近 互いに深く関連していることが 分かってきているのは

  • between sleep and Alzheimer's disease.

    睡眠とアルツハイマー病です

  • [Sleeping with Science]

    [睡眠を科学する]

  • Now, Alzheimer's disease is a form of dementia

    アルツハイマー病というのは 認知症の一種で

  • typified usually by memory loss and memory decline.

    記憶の欠損や記憶力の低下が 典型的な症状です

  • And what we've started to understand

    だんだん分かってきているのは

  • is that there are several different proteins

    アルツハイマー病を発症すると

  • that seem to go awry in Alzheimer's disease.

    いくつかのタンパク質を 上手く制御できなくなるということです

  • One of those proteins is a sticky, toxic substance

    そういったタンパク質のひとつは 粘性と毒性を持つ

  • called beta-amyloid that builds up in the brain.

    アミロイドベータという物質で 脳内に蓄積されるものです

  • The other is something called tau protein.

    もうひとつは タウタンパク質と 呼ばれるものです

  • How are these things related to sleep?

    これらは睡眠と どう関係しているのでしょう?

  • Well first, if we look at a large-scale epidemiological level,

    まず 大規模な疫学研究の 観点から言うと

  • what we know is that individuals

    毎晩の平均的な睡眠が 6時間未満だと報告している人は

  • who report sleeping typically less than six hours a night,

    後年に多くのアミロイドベータが 蓄積されるリスクが

  • have a significantly higher risk

    非常に高いことが分かっています

  • of going on to develop high amounts

    また 2種類の睡眠関連疾患―

  • of that beta-amyloid in their brain later in life.

    不眠症と

  • We also know that two sleep disorders,

    睡眠時無呼吸症候群 (重度のいびき)が

  • including insomnia and sleep apnea, or heavy snoring,

    後年にアルツハイマー病を発症する リスクの高さと関連付けられています

  • are associated with a significantly higher risk

    もちろん これらの研究は 関連性を示すのみで

  • of Alzheimer's disease in late life.

    因果関係は示していません

  • Those are, of course, simply associational studies.

    しかし もっと最近になって

  • They don't prove causality.

    因果関係を示す証拠が 突き止められました

  • But more recently,

    健康な人を例にとり

  • we actually have identified that causal evidence.

    その人をたったひと晩 睡眠不足にさせるだけで

  • In fact, if you take a healthy human being

    翌日にはすぐにアミロイドベータの 増加が見られます

  • and you deprive them of sleep for just one night,

    血流を循環しているものと

  • and the next day, we see an immediate increase

    脳脊髄液を循環するものの 両方が増加するのです

  • in that beta-amyloid,

    最新の研究では たったひと晩の睡眠不足でも

  • both circulating in their bloodstream,

    特別な脳画像化技術を使って

  • circulating in what we call the cerebrospinal fluid,

    脳内のアミロイドベータが 即座に増加することが

  • and most recently, after just one night of sleep,

    科学者らによって 直接 脳で観測されています

  • using special brain-imaging technology,

    つまり因果関係があるということです

  • scientists have found that there is an immediate increase

    では 睡眠はどのようにして

  • in beta-amyloid directly in the brain itself.

    アルツハイマー病に関連する タンパク質の増加を防ぐメカニズムを

  • So that's the causal evidence.

    提供しているのでしょうか?

  • What is it then about sleep

    数年前に

  • that seems to provide a mechanism

    マイケン・ネーデルガードという科学者が

  • that prevents the escalation

    目を見張るような発見をしました

  • of these Alzheimer's-related proteins?

    彼女は脳には自浄機能があると 突き止めたのです

  • Well, several years ago,

    それ以前は

  • a scientist called Maiken Nedergaard

    身体に自浄機能があることは 分かっていました

  • made a remarkable discovery.

    これはご存じの人も多いでしょう

  • What she identified was a cleansing system in the brain.

    リンパ系と呼ばれるものです

  • Now, before that,

    でも 脳自体に独自の自浄機能があることは 知られていませんでした

  • we knew that the body had a cleansing system

    マウスによる研究で

  • and many of you may be familiar with this.

    脳内に下水処理のような役割を担うものが あることを確認しました

  • It's called the lymphatic system.

    グリンパティック系というもので

  • But we didn't think that the brain had its own cleansing system.

    これを構成するグリア細胞にちなんで 名づけられました

  • And studying mice,

    これだけでも すごいことですが

  • she was actually able to identify a sewage system within the brain

    彼女は さらに2つ 素晴らしい発見をしました

  • called the glymphatic system,

    その内の1つは 脳内の自浄システムが

  • named after the cells that make it up,

    24時間ずっと 高流量で 処理し続けるわけではないということです

  • called these glial cells.

    そうではなく マウスが眠っている間―

  • Now, if that wasn't remarkable enough,

    特に深いノンレム睡眠の間に

  • she went on to make two more incredible discoveries.

    自浄システムが 高速で動き始めるのです

  • First, what she found is that that cleansing system in the brain

    彼女による3つ目の発見は

  • is not always switched on in high-flow volume

    アルツハイマー病の話に 関連するポイントなのですが

  • across the 24-hour period.

    代謝による副産物のひとつ―

  • Instead, it was when those mice were actually sleeping,

    つまり 睡眠中に除去される 毒素のひとつが

  • particularly when they went into deep non-REM sleep,

    粘性と毒性のあるタンパク質 アミロイドベータだったのです

  • that that cleansing system kicked into high gear.

    アルツハイマー病の原因です

  • The third component that she discovered,

    ごく最近 ボストンの科学者らによって

  • and this is what makes it relevant

    非常によく似た 脈々と流れる脳の自浄システムが

  • to our discussion on Alzheimer's disease,

    人間にもあると分かりました

  • is that one of the metabolic by-products,

    これまでの話を聞いて 暗い気持ちになったかもしれません

  • one of the toxins that was cleared away during sleep,

    年を重ねれば重ねるほど

  • was that sticky, toxic protein, beta-amyloid,

    睡眠時間は減ってくるものですし

  • linked to Alzheimer's disease.

    アルツハイマー病になるリスクは 一般的に高くなるものです

  • And just recently, scientists in Boston have discovered

    でも ここには希望の光が あると思います

  • a very similar type of pulsing, cleansing brain-mechanism

    なぜなら 睡眠は 老化やアルツハイマー病と

  • in human beings as well.

    結び付けられる他の要素とは 違っているからです

  • Now, some of this discussion may sound perhaps a little depressing.

    例えば 脳の物理的な構造の変化は

  • We know that as we get older in life,

    治療するのが 恐ろしく困難です

  • our sleep seems to typically decline,

    大規模に適用できる治療法は 現時点では ありません

  • and our risk for Alzheimer's generally increases.

    でも 睡眠こそが 老化とアルツハイマー病という謎を

  • But I think there's actually a silver lining here,

    説明する上での パズルの欠けたピースであるなら

  • because unlike many of the other factors

    何かできることがあるかもしれず これは素晴らしいことです

  • that are associated with aging and Alzheimer's disease,

    もし人間の睡眠時間を増やすことが できたらどうでしょう

  • for example, changes in the physical structure of the brain,

    また中年期において 深い睡眠の質を

  • those are fiendishly difficult to treat

    改善できたとしたらどうでしょう

  • and medicine doesn't have any good wholesale approaches right now.

    深い睡眠の減少が始まるのは 中年期なのです

  • But that sleep is a missing piece

    アルツハイマー病を

  • in the explanatory puzzle of aging and Alzheimer's disease

    高齢になってから治療するモデルから

  • is exciting because we may be able to do something about it.

    中年期に予防するモデルに 切り替えることができたら?

  • What if we could actually augment human sleep

    「病気のケア」ではなく 文字通り「ヘルスケア」ができたら?

  • and try to improve the quality

    そして 睡眠を変えることで

  • of that deep sleep in midlife,

    アルツハイマー病になるリスクを示す グラフの線を下向きに

  • which is when we start to see the decline in deep sleep

    方向転換できたら どうでしょう?

  • beginning to happen.

    その可能性を考えると 非常にワクワクしますし

  • What if we could actually shift

    それこそが 今まさに 活発に研究していることなんです

  • from a model of late-stage treatment in Alzheimer's disease

  • to a model of midlife prevention?

  • Could we go from sick care to actually healthcare?

  • And by modifying sleep,

  • could we actually bend the arrow

  • of Alzheimer's disease risk down on itself?

  • That's something that I'm incredibly excited about

  • and something that we're actively researching right now.

Transcriber: TED Translators admin Reviewer: Ivana Korom

翻訳: Moe Shoji 校正: Yoko Emori

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 睡眠 アルツハイマー ひと ベータ タンパク 脳内

What's the connection between sleep and Alzheimer's disease? | Sleeping with Science, a TED series

  • 8 2
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 26 日
動画の中の単語