Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The story begins in 1812 in France and a young boy called Louis Braille.

    物語の始まりは1812年のフランス。ルイ・ブライユという男の子からです。

  • He lost his sight in one eye when he was three.

    ブライユは3歳で片方の目を失明してしまいます。

  • This was the culprit, a sharp tool called an awl which he was playing around with in his father's workshop.

    原因はこれ。千枚通しという鋭い工具でした。父親の工場で遊んでいたのです。

  • His eye got infected and the infection spread to the other eye.

    ブライユの目に感染症が起こり、もう片方の目にも感染してしまいました。

  • By five, Louis Braille was completely blind.

    5歳には、ブライユは全盲となってしまいます。

  • But he was determined and he went on to win a scholarship at France's Royal Institute for Blind Youth.

    けれども、ブライユは意志の強い少年で、努力を続け、フランス王立盲学校の奨学金を手にします。

  • At the time the system for reading was pretty basic, just raised letters on a page.

    当時、文字を読み取るための方法はかなり単純で、ただ文字を紙に浮かび上がらせているだけでした。

  • So he started working on a new code that would be quicker and more efficient.

    そこで彼は新たな記号を作り始めます。より素早く(読み取ることが可能で)、効率的な記号です。

  • By the time he was 15, Braille's new system was basically complete.

    15歳の頃までに、ブライユの新たな点字システムはほぼ完成します。

  • And the first edition was published in 1829.

    初版が出版されたのは1829年のこと。

  • Braille's system was based on a military code called "night writing."

    ブライユの点字方式は、「夜間文字」と呼ばれる軍の暗号をもとにしたものでした。

  • Invented by captain Charles Barbier, it was a system of embossed dots and dashes that soldiers could read safely with their fingers on the battlefield at night.

    (夜間文字は) シャルル・バルビエ大尉が発明したもので、浮き出し加工された点と短い横線で構成されていました。兵士が夜、戦場で(明かりなしでも)指を使って安全に読み取ることができるようにです。

  • Braille simplified the system, reducing the cells from 12 to 6 raised dots, so that they were the ideal size for a fingertip to feel with one touch.

    ブライユはその方式を簡易化したのです。点の数を12から6に減らし、指先で1度触れるのに理想的な大きさにしたのです。

  • Braille created his raised dots using an awl, the same sharp tool that had caused his blindness and a flat grill to keep the lines straight and readable.

    その点の浮き出し加工をブライユは千枚通しを使って行いました。彼の失明の原因となったのと同じ鋭利な工具です。それから、平らな焼き網を使って行を真っすぐに保ち、読むことができるようにしたのです。

  • It's read from left to right like other European scripts.

    他のヨーロッパの文書と同様に、左から右へ向かって読みます。

  • Braille is not a language, it's a system of writing, which means it can be adapted to different languages.

    ブライユ点字は言語ではなく、筆記システムです。つまり、様々な言語に取り入れることができるのです。

  • Braille codes have been developed for maths and scientific formulae.

    ブライユ点字の記号は、数学や科学の公式に用いられるように発展が加えられています。

  • Braille loved music and invented a system of Braille for writing music too.

    ブライユは音楽が大好きだったので、楽譜を書くためのブライユ点字も開発しました。

  • But the medical establishment was conservative and Braille's innovation was slow to be adopted.

    ですが、(当時の)医学界は保守的で、彼の発明が採用されるまでには時間がかかりました。

  • He died of tuberculosis aged 43, two years before his system was finally taught at the institute where he'd been a student.

    ブライユは肺結核が原因で43歳の時に亡くなります。彼が通っていた学校で、彼の点字方式が生徒に教えられることとなる2年前のことでした。

  • 100 years later, he was reburied at the Panthéon in Paris in honour of his work.

    100年後、彼の偉業が称えられ、パリのパンテオンに亡骸(なきがら)が改葬されています。

  • Though his local village insisted on keeping his hands.

    ただ、彼の生まれ故郷の村は、彼を村にとどめておきたいと主張していました。

  • Over time, the system did spread throughout the French speaking world.

    時とともに、ブライユ式点字はフランス語圏全体に広がります。

  • By 1882 it was in use across Europe and had reached North America by 1916.

    1882年までに、ヨーロッパ全土で使われるようになり、1916年には北米まで到達しました。

  • A universal Braille code for English was formalized in 1932.

    世界共通の英語点字記号が公認されたのが1932年。

  • Braille has been revolutionary for many blind people around the world.

    ブライユ式点字は世界中の数多くの視覚障碍者にとって革新的なものでした。

  • But with the rise of new technologies, including computers that talk, literacy rates are on the decline.

    ただ、会話機能のあるコンピューターなど、新たなテクノロジーの台頭とともに、識字率は低下してきています。

  • In 1999, a second eponym was given to this extraordinary man.

    1999年、この非凡な人物にちなんだ名前が再びあるものにつけられます。

  • A rare type of asteroid was named 9969 Braille by Nasa.

    珍しい形をした小惑星に、NASAが 9969 ブライユと命名したのです。

  • A timeless tribute, to a great human being.

    偉大な人物への時を超えた賛辞ですね。

  • Thanks for watching!

    ご覧くださりありがとうございました!

  • Don't forget to subscribe and click the bell to receive notifications for new videos, see you again soon!

    チャンネル登録をお忘れなく。ベルをクリックして新作動画の通知をお受け取りください。それではまた!

The story begins in 1812 in France and a young boy called Louis Braille.

物語の始まりは1812年のフランス。ルイ・ブライユという男の子からです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 点字 記号 フランス 工具 文字 加工

点字を発明した少年の信じられない物語|BBCアイデア (The incredible story of the boy who invented Braille | BBC Ideas)

  • 2095 115
    Summer に公開 2020 年 10 月 25 日
動画の中の単語