Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • TREASURE ISLAND

    トレジャーアイランド

  • by Robert Louis Stevenson

    ロバートルイススティーブンソンによる

  • TO THE HESITATING PURCHASER

    ためらって購入者

  • If sailor tales to sailor tunes,

    船乗りの曲に合わせてセーラー物語は、場合

  • Storm and adventure, heat and cold,

    ストームと冒険、暑さや寒さ、

  • If schooners, islands, and maroons,

    スクーナー、島、マルーン場合は、

  • And buccaneers, and buried gold,

    そして、海賊たちは、、金を埋めた

  • And all the old romance, retold

    書き直さそして、すべての古いロマンス、

  • Exactly in the ancient way,

    古代のように正確で、

  • Can please, as me they pleased of old,

    、私は昔のままの、くれない

  • The wiser youngsters of today:

    今日の賢明な若者:

  • --So be it, and fall on! If not,

    - だから、それをされて、に落ちる!そうでない場合は、

  • If studious youth no longer crave,

    もはや勉強若者が渇望する場合は、

  • His ancient appetites forgot,

    彼は古代の食欲は、忘れてしまった

  • Kingston, or Ballantyne the brave,

    キングストン、またはバランタイン勇敢、

  • Or Cooper of the wood and wave:

    またはクーパー木と波の:

  • So be it, also! And may I

    今でも、それをする!そして、私があります

  • And all my pirates share the grave

    そして、すべて私の海賊が墓を共有する

  • Where these and their creations lie!

    これらとその作品がどこにあるか!

  • To S. Lloyd Osbourne, an American gentleman

    米ロイドオズボーン、アメリカの紳士に

  • in accordance with whose classic taste the

    応じて、その古典的な味

  • following narrative has been designed, it

    次の物語は、設計されていること

  • is now, in return for numerous delightful

    数多くの楽しいと引き換えに、今は

  • hours, and with the kindest wishes,

    時間、親切願いと、

  • dedicated by his affectionate friend, the

    彼の愛情友人専用

  • author.

    著者。

  • TREASURE ISLAND

    トレジャーアイランド

  • PART ONE--The Old Buccaneer

    パート1 - オールドバッカニアー

  • The Old Sea-dog at the Admiral Benbow

    アドミラルベンボウで旧海犬

  • SQUIRE TRELAWNEY, Dr. Livesey, and the rest

    スクワイアトレローニーさん、リバシー、残り

  • of these gentlemen having asked me to write

    これらの紳士の書き込みを頼ま有する

  • down the whole particulars about Treasure

    トレジャーについては、全体の明細ダウン

  • Island, from the beginning to the end,

    島、最初から最後まで、

  • keeping nothing back but the bearings of

    軸受のが戻っても維持

  • the island, and that only because there is

    島、そのしかないので、

  • still treasure not yet lifted, I take up my

    まだ宝はまだリフトされていません、私がかかる私

  • pen in the year of grace 17__ and go back

    猶予17__年にペンと戻って

  • to the time when my father kept the Admiral

    時間に私の父は海軍を維持する

  • Benbow inn and the brown old seaman with

    ボウ旅館と茶色の古い船員と

  • the sabre cut first took up his lodging

    サーベルカットは最初に彼の宿泊施設を取り上げた

  • under our roof.

    我々の屋根の下で。

  • I remember him as if it were yesterday, as

    それがであるかのように私は昨日、彼のことを思い出す

  • he came plodding to the inn door, his sea-

    彼は宿のドアは、彼の海にだらけた来た-

  • chest following behind him in a hand-

    胸を手に彼の後ろに、次の-

  • barrow--a tall, strong, heavy, nut-brown

    手押し車 - 、強い、重い、ナットブラウン背

  • man, his tarry pigtail falling over the

    男は、彼のタールのピグテールが転倒

  • shoulder of his soiled blue coat, his hands

    の肩に彼は、彼の手を青い上着を汚し

  • ragged and scarred, with black, broken

    ぼろや傷跡、黒、壊れた

  • nails, and the sabre cut across one cheek,

    爪、一頬全体サーブルカット、

  • a dirty, livid white.

    白激怒汚い。

  • I remember him looking round the cover and

    私は彼がカバーラウンドを探して覚えている

  • whistling to himself as he did so, and then

    自分自身に口笛彼は、そうしたとして、次に

  • breaking out in that old sea-song that he

    その古い海の歌で抜け出して、彼

  • sang so often afterwards:

    それほど頻繁に、その後歌った:

  • "Fifteen men on the dead man's chest--

    死んだやつの衣装箱に"15人 -

  • Yo-ho-ho, and a bottle of rum!"

    ラムのヨーヨー鎬鎬、ボトル!"

  • in the high, old tottering voice that

    高、古い不安定な声がで

  • seemed to have been tuned and broken at the

    ようでしたが調整されていますし、壊れで

  • capstan bars.

    キャプスタンバー。

  • Then he rapped on the door with a bit of

    それから彼はビットのでドアを叩いた

  • stick like a handspike that he carried, and

    と、彼が行ったことをてこのようなスティック

  • when my father appeared, called roughly for

    私の父が現れたとき、およそと呼ばれる

  • a glass of rum.

    ラムのガラス。

  • This, when it was brought to him, he drank

    これは、彼に連れてこられたとき、彼が飲んだ

  • slowly, like a connoisseur, lingering on

    ゆっくりと、目利きのように、上の残留

  • the taste and still looking about him at

    味は、まだで彼について見て

  • the cliffs and up at our signboard.

    崖と交流我々の看板で。

  • "This is a handy cove," says he at length;

    "これは便利な入り江は、"長さで彼は言う。

  • "and a pleasant sittyated grog-shop.

    "快適なsittyatedグログショップ。

  • Much company, mate?"

    多くの会社、交尾できるか?"

  • My father told him no, very little company,

    私の父は、ない非常に小さな会社を彼に言われた

  • the more was the pity.

    さらに残念だった。

  • "Well, then," said he, "this is the berth

    "じゃあ、"彼は言った、"これはバースです

  • for me.

    私の。

  • Here you, matey," he cried to the man who

    ここでは、愛想の良い"と、彼は男に叫んだ人

  • trundled the barrow; "bring up alongside

    手押し車はtrundled;"と一緒に持ち出す

  • and help up my chest.

    と胸をお手伝いします。

  • I'll stay here a bit," he continued.

    私は少しここにいるよ"と彼は続けた。

  • "I'm a plain man; rum and bacon and eggs is

    "私は普通の男は、ラム、ベーコン、卵です

  • what I want, and that head up there for to

    私は何を求めており、そこにするヘッドと

  • watch ships off.

    船を監視します。

  • What you mought call me?

    あなたは何をmought私を呼ぶのか?

  • You mought call me captain.

    あなたはmought私がキャプテンを呼び出します。

  • Oh, I see what you're at--there"; and he

    ああ、私はあなたがいるものを参照してください - がある"と、彼は

  • threw down three or four gold pieces on the

    の上に3つまたは​​4つの金貨投げた

  • threshold.

    きい値を設定します。

  • "You can tell me when I've worked through

    "あなたは私を伝えることができる私が介して働いてきたときに

  • that," says he, looking as fierce as a

    つまり、"として激しいとして見て、彼が言う

  • commander.

    司令官。

  • And indeed bad as his clothes were and

    そして実際、彼の服がいたとしても悪い

  • coarsely as he spoke, he had none of the

    彼が話して粗くように、彼は何もしていた

  • appearance of a man who sailed before the

    前の航海男の姿

  • mast, but seemed like a mate or skipper

    マストが、仲間や船長のように思えた

  • accustomed to be obeyed or to strike.

    慣れや従わなければ取るに。

  • The man who came with the barrow told us

    手押し車に付属している男が語ってくれた

  • the mail had set him down the morning

    メールは朝彼を設定していた

  • before at the Royal George, that he had

    彼が持っていたジョージ国王で前に

  • inquired what inns there were along the

    旅館があるに沿っていたものを尋ねた

  • coast, and hearing ours well spoken of, I

    海岸と、我々の聴覚はよく語ら私

  • suppose, and described as lonely, had

    、想定し、説明したように孤独だった

  • chosen it from the others for his place of

    彼の代わりに他からそれを選択

  • residence.

    住居。

  • And that was all we could learn of our

    そして、すべてをされたことを我々が学ぶことができる私たちの

  • guest.

    ゲスト。

  • He was a very silent man by custom.

    彼は、カスタムで非常に静かな男だった。

  • All day he hung round the cove or upon the

    彼がハングして一日中、入り江や時を丸める

  • cliffs with a brass telescope; all evening

    真鍮製の望遠鏡と崖、すべての夜

  • he sat in a corner of the parlour next the

    彼は次のサロンの隅に座っていた

  • fire and drank rum and water very strong.

    火災や飲んだラム酒、水非常に強い。

  • Mostly he would not speak when spoken to,

    だいたい彼は、と話をするとき話すことだろう

  • only look up sudden and fierce and blow

    唯一の突然の激しい打撃を見上げる

  • through his nose like a fog-horn; and we

    そして、霧ホーンのような彼の鼻から

  • and the people who came about our house

    私たちの家について来た人

  • soon learned to let him be.

    すぐに彼には受け入れ難いことを学びました。

  • Every day when he came back from his stroll

    彼は散歩、彼が後ろから来た毎日

  • he would ask if any seafaring men had gone

    任意の船乗りの男性が行っていたならば、彼が頼む

  • by along the road.

    道路沿いで。

  • At first we thought it was the want of

    我々はそれが思った最初の場合

  • company of his own kind that made him ask

    彼は質問した自分の種類の会社

  • this question, but at last we began to see

    この質問が、最後に我々が見え始めた

  • he was desirous to avoid them.

    彼はそれを避けるために、望んでいた。

  • When a seaman did put up at the Admiral

    船乗りは、提督に設置した場合

  • Benbow (as now and then some did, making by

    ようになりましたし、ベンボウは、(​​いくつかのこと、でした

  • the coast road for Bristol) he would look

    Bristolの海岸沿いの道)、彼はになります。

  • in at him through the curtained door before

    カーテンで仕切られたドアの前で彼のを介して

  • he entered the parlour; and he was always

    彼はサロンに入って、彼は常にあった

  • sure to be as silent as a mouse when any

    確認は、マウスとして黙っていることがすべての

  • such was present.

    などが存在していた。

  • For me, at least, there was no secret about

    私にとっては、少なくとも、秘密のあった

  • the matter, for I was, in a way, a sharer

    関係なく、私がいたため、ある意味では、共有者

  • in his alarms.

    彼のアラームインチ

  • He had taken me aside one day and promised

    彼はさておき、ある日私に撮影したと約束

  • me a silver fourpenny on the first of every

    すべての最初に私銀fourpenny

  • month if I would only keep my "weather-eye

    今月は私だけの"気象から目を離さないならば

  • open for a seafaring man with one leg" and

    と"一本足の船乗りのためのオープン

  • let him know the moment he appeared.

    彼は彼が登場した瞬間を教えてください。

  • Often enough when the first of the month

    多くの場合、十分な時に月の最初の

  • came round and I applied to him for my

    ラウンドがやってきて、私は彼に適用される私

  • wage, he would only blow through his nose

    賃金、彼は彼の鼻を爆破する

  • at me and stare me down, but before the

    私はで、私を見下ろすが、前

  • week was out he was sure to think better of

    今週は、彼が良いのだと確信していた外でした

  • it, bring me my four-penny piece, and

    それが、そして、私の四ペニー片をもたらす

  • repeat his orders to look out for "the

    繰り返す彼の命令は、"外を見ると

  • seafaring man with one leg."

    一本足の海の男。"

  • How that personage haunted my dreams, I

    どのような人物は、私の夢を悩ませた私

  • need scarcely tell you.

    を教えてはほとんど必要があります。

  • On stormy nights, when the wind shook the

    風が横に振った嵐の夜、で

  • four corners of the house and the surf

    家とサーフィンの四隅

  • roared along the cove and up the cliffs, I

    、崖入り江や交流に沿って立てた私

  • would see him in a thousand forms, and with

    千形で彼を参照してくださいとなる

  • a thousand diabolical expressions.

    千悪魔のような表現。

  • Now the leg would be cut off at the knee,

    今足は、膝で切断される

  • now at the hip; now he was a monstrous kind

    現在、ヒップで、今、彼は怪物のような親切でした

  • of a creature who had never had but the one

    が、1つを持っていたことがなかったの生き物

  • leg, and that in the middle of his body.

    脚、その彼の体のさなかにある。

  • To see him leap and run and pursue me over

    彼は飛躍して実行すると私を追求表示するには

  • hedge and ditch was the worst of

    ヘッジファンド、溝の最悪だった

  • nightmares.

    悪夢。

  • And altogether I paid pretty dear for my

    そして、完全に私は非常に大切にし支払いましたが、

  • monthly fourpenny piece, in the shape of

    の形で毎月fourpennyピース、

  • these abominable fancies.

    これらの憎むべきは空想。

  • But though I was so terrified by the idea

    しかし、私はそのアイデアで怖かったけど

  • of the seafaring man with one leg, I was

    一本足の船乗りの男、私がいた

  • far less afraid of the captain himself than

    はるかに少ない船長自身以上の恐れ

  • anybody else who knew him.

    誰か他の彼を知っていた。

  • There were nights when he took a deal more

    彼は契約をした時夜があったの詳細

  • rum and water than his head would carry;

    ラム酒と水運ぶ頭以上;

  • and then he would sometimes sit and sing

    そして彼は時々座って歌う

  • his wicked, old, wild sea-songs, minding

    彼の邪悪な、古い、野生の海の歌、気に

  • nobody; but sometimes he would call for

    誰も、ときどき彼が呼び出すと

  • glasses round and force all the trembling

    ガラスはラウンドと強制的にすべての震え

  • company to listen to his stories or bear a

    同社は、彼の話に耳を傾ける又は負担

  • chorus to his singing.

    彼の歌にコーラス。

  • Often I have heard the house shaking with

    多くの場合、私は震えて家を聞いたことがある

  • "Yo-ho-ho, and a bottle of rum," all the

    "ヨーヨー鎬-、ラム酒のボトル、鎬"すべての

  • neighbours joining in for dear life, with

    と、必死に加わる隣人

  • the fear of death upon them, and each

    かれらは死の恐怖と、各

  • singing louder than the other to avoid

    他よりも雄弁歌っ避けるために、

  • remark.

    発言。

  • For in these fits he was the most

    で、これらのは、彼が収まる最も

  • overriding companion ever known; he would

    これまで知られてオーバーライドするコンパニオン、彼は希望

  • slap his hand on the table for silence all

    沈黙のすべてのテーブルの上に平手打ち手

  • round; he would fly up in a passion of

    ラウンドは、彼は情熱の内に飛んでいくのだが

  • anger at a question, or sometimes because

    質問に怒り、時にはために

  • none was put, and so he judged the company

    どれも、置かれたので、彼は会社を判断

  • was not following his story.

    彼の話を、次のではなかった。

  • Nor would he allow anyone to leave the inn

    また彼は誰もが旅館を残してできるようになる

  • till he had drunk himself sleepy and reeled

    彼自身が眠く飲んだまでとリール

  • off to bed.

    ベッドにオフにします。

  • His stories were what frightened people

    彼の話は、人々を怖がらせたものであった

  • worst of all.

    すべての最悪。

  • Dreadful stories they were--about hanging,

    恐怖の物語は、彼らがいた - について、ぶら下げ

  • and walking the plank, and storms at sea,

    と、海で板と、嵐を歩く

  • and the Dry Tortugas, and wild deeds and

    とドライトートゥガス、野生の行為と

  • places on the Spanish Main.

    スパニッシュメイン上の場所。

  • By his own account he must have lived his

    自分のアカウントでは、彼が住んでいる必要があります彼

  • life among some of the wickedest men that

    憎たらしい人、その一部の中に人生

  • God ever allowed upon the sea, and the

    神は、海に許容されて

  • language in which he told these stories

    言語はその中で彼は、これらの話をして

  • shocked our plain country people almost as

    ほぼ我々の普通の国の人々に衝撃を与えた

  • much as the crimes that he described.

    多くの彼は説明した犯罪である。

  • My father was always saying the inn would

    私の父はいつも旅館を言っていただろう

  • be ruined, for people would soon cease

    人々はすぐに中止するために、台無しにされる

  • coming there to be tyrannized over and put

    以上のtyrannizedするとそこに置かれた来る

  • down, and sent shivering to their beds; but

    ダウン、およびそれらのベッドに震えて送信される。しかし、

  • I really believe his presence did us good.

    私は本当に彼の存在は、私たちはよくやったと信じています。

  • People were frightened at the time, but on

    人々がではなく、一度に怯えていた

  • looking back they rather liked it; it was a

    戻って彼らはむしろそれが好きを探して、それがされた

  • fine excitement in a quiet country life,

    静かな田舎の生活の中で微細な興奮、

  • and there was even a party of the younger

    さらに妹のパーティーがあった

  • men who pretended to admire him, calling

    ふりを男性が呼び出すと、彼を賞賛する

  • him a "true sea-dog" and a "real old salt"

    彼は"真の海犬"と"本物の古い塩"

  • and such like names, and saying there was

    などのような名前は、そこにいたと言って

  • the sort of man that made England terrible

    イングランドは恐るべきものに男の並べ替え

  • at sea.

    海で。

  • In one way, indeed, he bade fair to ruin

    ある意味では、実際のところ、彼は破滅に公正命じた

  • us, for he kept on staying week after week,

    私たちは、彼は、一週間後、一週間滞在し続けた

  • and at last month after month, so that all

    と月の先月の後ので、すべてのこと

  • the money had been long exhausted, and

    お金は長い間、疲れていた

  • still my father never plucked up the heart

    まだ私の父は心を撥ない

  • to insist on having more.

    詳細を持っていることを主張する。

  • If ever he mentioned it, the captain blew

    彼はそれに言及までした場合、船長が吹いた

  • through his nose so loudly that you might

    鼻ので、大声で可能性があるから

  • say he roared, and stared my poor father

    と言う彼は、轟音と私の貧しい人々の父を見つめていた

  • out of the room.

    部屋から出て。

  • I have seen him wringing his hands after

    私は彼の後絞る手を見たことがある

  • such a rebuff, and I am sure the annoyance

    このような拒絶、と私は確信して迷惑だ

  • and the terror he lived in must have

    と恐怖、彼が住んでいたが持っている必要があります

  • greatly hastened his early and unhappy

    非常に急いで彼の初期の、不幸な

  • death.

    死。

  • All the time he lived with us the captain

    すべての時間、彼は私たちと船長が住んでいた

  • made no change whatever in his dress but to

    ない変更を行ったどんな彼の服がに

  • buy some stockings from a hawker.

    行商人からいくつかのストッキングを購入する。

  • One of the cocks of his hat having fallen

    帽子のコックのいずれかが該当することとなった

  • down, he let it hang from that day forth,

    ダウン、彼は、それが規定する日からハングアップさせ

  • though it was a great annoyance when it

    それは偉大な迷惑だったがときに

  • blew.

    吹いた。

  • I remember the appearance of his coat,

    私は、彼のコートの外観を覚えている

  • which he patched himself upstairs in his

    彼は2階の自分自身にパッチを当て、彼

  • room, and which, before the end, was

    部屋、および、終了する前に、さ

  • nothing but patches.

    何もパッチをインストールします。

  • He never wrote or received a letter, and he

    彼が書いたことや手紙を受け取った、と彼

  • never spoke with any but the neighbours,

    決して、任意のは近所の人と話をした

  • and with these, for the most part, only

    これらのと、ほとんどの部分だけ

  • when drunk on rum.

    ときにラム酒に酔う。

  • The great sea-chest none of us had ever

    私たちの素晴らしい海の胸のどれも今まで

  • seen open.

    開いて見られる。

  • He was only once crossed, and that was

    彼は一度、交差だけだったということでした

  • towards the end, when my poor father was

    私の貧しい父親は終わりに向かって

  • far gone in a decline that took him off.

    これまで彼を脱いだことが減少してしまった。

  • Dr. Livesey came late one afternoon to see

    リバシー先生は後半にある日の午後に見に来て

  • the patient, took a bit of dinner from my

    患者は、夕食のビットを取った私

  • mother, and went into the parlour to smoke

    母、喫煙してサロンに入った

  • a pipe until his horse should come down

    馬までパイプが降りてくる必要があります

  • from the hamlet, for we had no stabling at

    村から、私たちはで飼養ていたから