Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • CHAPTER 15

    第15章

  • Mr. Collins was not a sensible man, and the deficiency of nature had been but little

    ミスターコリンズは、賢明な人ではなかった、と自然の欠乏はいましたが、その少ししていた

  • assisted by education or society; the greatest part of his life having been spent

    教育や社会の援助を受け、彼の人生の最も大きな部分が費やされたこと

  • under the guidance of an illiterate and

    文盲との指導の下で

  • miserly father; and though he belonged to one of the universities, he had merely kept

    父しみったれた、と彼は大学の一つに属しても、彼は単に保管していた

  • the necessary terms, without forming at it any useful acquaintance.

    それで有用な知識を形成することなく必要な用語、。

  • The subjection in which his father had brought him up had given him originally

    彼の父が彼を育てていたこれに支配されることは、もともと彼に与えていた

  • great humility of manner; but it was now a good deal counteracted by the self-conceit

    偉大な方法の謙遜、それは今自己過信で相殺良い取引でした

  • of a weak head, living in retirement, and

    退職に住んでいる弱い頭、、のと

  • the consequential feelings of early and unexpected prosperity.

    早いと予想外の繁栄の必然的な感情。

  • A fortunate chance had recommended him to Lady Catherine de Bourgh when the living of

    幸運な偶然の生活キャサリン夫人Bourghに彼を推薦した

  • Hunsford was vacant; and the respect which he felt for her high rank, and his

    Hunsfordは空いていた、そして彼が彼女の高いランクに感じる敬意、そして彼の

  • veneration for her as his patroness,

    彼の守護神としての彼女のために尊敬の念、

  • mingling with a very good opinion of himself, of his authority as a clergyman,

    牧師として、彼自身の、彼の権威の非常に良い意見との付き合い、

  • and his right as a rector, made him altogether a mixture of pride and

    そして学長として彼の右には、完全にプライドの混合物を、彼を作り、

  • obsequiousness, self-importance and humility.

    卑屈、自己重要性と謙虚。

  • Having now a good house and a very sufficient income, he intended to marry;

    今良い家とは非常に十分な収入を持って、彼が結婚することを目的とし;

  • and in seeking a reconciliation with the Longbourn family he had a wife in view, as

    とLongbournの家族との和解を求める上で、彼はとして、ビューに妻を持っていた

  • he meant to choose one of the daughters, if

    彼は、次の場合、娘のいずれかを選択するためのもの

  • he found them as handsome and amiable as they were represented by common report.

    彼らは共通のレポートによって表されたように彼はそれらをハンサムと愛想が見つかりました。

  • This was his plan of amends--of atonement-- for inheriting their father's estate; and

    そして、彼らの父親の財産を継承するために - 償いの - これは償いの彼の計画でした

  • he thought it an excellent one, full of eligibility and suitableness, and

    彼はそれを適格とsuitablenessの完全な優れもの、と考え、

  • excessively generous and disinterested on his own part.

    彼自身の一部に過度に寛大無私。

  • His plan did not vary on seeing them.

    彼の計画はそれを見に変化しなかった。

  • Miss Bennet's lovely face confirmed his views, and established all his strictest

    ミスベネットの美しい顔は、彼の見解を確認し、そしてすべての彼の厳しいを設立

  • notions of what was due to seniority; and for the first evening she was his settled

    何の概念は、年功によるものであった、と最初の晩のために彼女は彼の解決した

  • choice.

    選択。

  • The next morning, however, made an alteration; for in a quarter of an hour's

    翌朝は、しかし、改変を行った。ための時間のの四半期に

  • tete-a-tete with Mrs. Bennet before breakfast, a conversation beginning with

    朝食前夫人ベネットと二人っきり、会話の始まり

  • his parsonage-house, and leading naturally

    彼の牧師館 - 家、と自然につながる

  • to the avowal of his hopes, that a mistress might be found for it at Longbourn,

    愛人がLongbournでそれが見つかった可能性があること、彼の希望の率直に認めることに、

  • produced from her, amid very complaisant smiles and general encouragement, a caution

    とても愛想の良い笑顔と一般的な励まし、注意の中で、彼女から生産

  • against the very Jane he had fixed on.

    非常にジェーンに対して、彼は上に固定していた。

  • "As to her younger daughters, she could not take upon her to say--she could not

    "彼女の若い娘のように、彼女は言って彼女に取ることができなかった - 彼女はできませんでした

  • positively answer--but she did not know of any prepossession; her eldest daughter, she

    積極的に答える - しかし、彼女はあらゆる先入観を知りませんでした。長女、彼女は

  • must just mention--she felt it incumbent on

    単に言及する必要があります - 彼女が上にそれが現職と感じた

  • her to hint, was likely to be very soon engaged."

    彼女はヒントに、非常にすぐに従事している可能性が高い。"

  • Mr. Collins had only to change from Jane to Elizabeth--and it was soon done--done while

    ミスターコリンズはジェーンからエリザベスに変更するだけだった - と、それはすぐに行われていた - しながら行わ

  • Mrs. Bennet was stirring the fire.

    ミセスベネットは、火災を攪拌した。

  • Elizabeth, equally next to Jane in birth and beauty, succeeded her of course.

    エリザベスは、均等にジェーンの隣に誕生し、美しさで、もちろん彼女が成功した。

  • Mrs. Bennet treasured up the hint, and trusted that she might soon have two

    ミセスベネットは、彼女はすぐに二つ持っているかもしれないというヒントを大切に、そして信頼

  • daughters married; and the man whom she could not bear to speak of the day before

    娘と結婚、と彼女は前日の話をする耐えることができなかった人

  • was now high in her good graces.

    今彼女の好意​​に高かった。

  • Lydia's intention of walking to Meryton was not forgotten; every sister except Mary

    Merytonに歩くのリディア者の意図を忘れていなかった。メアリー以外の全ての姉妹を

  • agreed to go with her; and Mr. Collins was to attend them, at the request of Mr.

    彼女と行くことに同意、と氏コリンズ氏の要請で、それらに出席することでした

  • Bennet, who was most anxious to get rid of

    を取り除くために最も切望していたベネット、

  • him, and have his library to himself; for thither Mr. Collins had followed him after

    彼、そして彼自身に彼のライブラリを持っている。あちらの方氏コリンズのために後に彼に続いていた

  • breakfast; and there he would continue, nominally engaged with one of the largest

    朝食、そしてそこに彼は名目上の最大のいずれかに従事し、継続します

  • folios in the collection, but really

    コレクション内のフォリオが、実際に

  • talking to Mr. Bennet, with little cessation, of his house and garden at

    で彼の家と庭から、少し停止して、ミスターベネットに話す

  • Hunsford. Such doings discomposed Mr. Bennet

    Hunsford。そのような所業は、ミスターベネットのdiscomposed

  • exceedingly.

    非常に。

  • In his library he had been always sure of leisure and tranquillity; and though

    彼の図書館で彼は、レジャーと静けさの常に確認していた;とも

  • prepared, as he told Elizabeth, to meet with folly and conceit in every other room

    彼は他のすべての部屋に愚かさとうぬぼれに会うために、エリザベスに言ったように、準備

  • of the house, he was used to be free from

    家から、彼はから自由であるために使用されていました

  • them there; his civility, therefore, was most prompt in inviting Mr. Collins to join

    そこにそれらの、彼の礼儀正しさは、それゆえ、氏コリンズが参加するよう招待で最も迅速だった

  • his daughters in their walk; and Mr. Collins, being in fact much better fitted

    彼のその散歩の娘、と氏コリンズ、実際にははるかに良い当てはめている

  • for a walker than a reader, was extremely pleased to close his large book, and go.

    読者より歩行者のために、非常に彼の大きい本を閉じて、そして行って喜んでいた。

  • In pompous nothings on his side, and civil assents on that of his cousins, their time

    彼のいとこのその上で彼の側にもったいぶったnothings、および市民assents、自分の時間

  • passed till they entered Meryton.

    彼らはMerytonに入ったまで渡される。

  • The attention of the younger ones was then no longer to be gained by him.

    若い人の関心は、彼によって得られるし、もはやなかった。

  • Their eyes were immediately wandering up in the street in quest of the officers, and

    彼らの目はすぐに役員のクエストの通りにまでさまよって、とされた

  • nothing less than a very smart bonnet indeed, or a really new muslin in a shop

    確かに非常にスマートなボンネット、またはお店で実際に新しいモスリン〜にほかならない

  • window, could recall them.

    ウィンドウには、それらを思い出すことができる。

  • But the attention of every lady was soon caught by a young man, whom they had never

    しかし、すべての女性の関心はすぐに彼らは決してなかった若者、によって捕捉された

  • seen before, of most gentlemanlike appearance, walking with another officer on

    最も紳士的な外観の、前に見た、上の別の担当者と歩く

  • the other side of the way.

    道の反対側。

  • The officer was the very Mr. Denny concerning whose return from London Lydia

    役員は、そのリターンロンドンリディアからに関し非常氏デニーだ

  • came to inquire, and he bowed as they passed.

    お問い合わせに来て、彼らが経つにつれ、彼は頭を下げた。

  • All were struck with the stranger's air, all wondered who he could be; and Kitty and

    すべてが見知らぬ人の空気で打たれた、すべては彼がかもしれない誰が思った、とキティと

  • Lydia, determined if possible to find out, led the way across the street, under

    調べるために、可能であれば決定リディアは、、下、通りの向こう側を先導

  • pretense of wanting something in an

    で何かを望むのふり

  • opposite shop, and fortunately had just gained the pavement when the two gentlemen,

    反対側の店、そしてお二人、幸いちょうど舗装を得ていた、

  • turning back, had reached the same spot.

    後戻り、同じ場所に達していた。

  • Mr. Denny addressed them directly, and entreated permission to introduce his

    氏デニーは直接対処し、彼を紹介して懇願許可

  • friend, Mr. Wickham, who had returned with him the day before from town, and he was

    町から一日前に彼と一緒に返される、と彼はしていた友人、氏ウィッカム、

  • happy to say had accepted a commission in their corps.

    と言って幸せは自分の部隊で任務を受け入れていた。

  • This was exactly as it should be; for the young man wanted only regimentals to make

    これが本来あるべきとおりに正確だった;若い男が唯一の軍服を作りたかったのために

  • him completely charming.

    彼は完全に魅力的。

  • His appearance was greatly in his favour; he had all the best part of beauty, a fine

    彼の外見は、彼の好意で大きくなった、彼は美しさのすべての最良の部分を持っていた、細かい

  • countenance, a good figure, and very pleasing address.

    表情、美しい容姿、そして非常に喜ばアドレス。

  • The introduction was followed up on his side by a happy readiness of conversation--

    導入は、会話の幸せな準備によって彼の側に追われた -

  • a readiness at the same time perfectly correct and unassuming; and the whole party

    完全に正しいと気取らない同時に準備、および全体のパーティー

  • were still standing and talking together

    まだ立っていると一緒に話していた

  • very agreeably, when the sound of horses drew their notice, and Darcy and Bingley

    非常に快く、馬の音が彼らの注意を引いた時、及びダーシーとBingley

  • were seen riding down the street.

    通りを乗って見られた。

  • On distinguishing the ladies of the group, the two gentlemen came directly towards

    グループの女性を区別する上で、お二人は向かってものをそのまま使用して

  • them, and began the usual civilities. Bingley was the principal spokesman, and

    それらは、といつものcivilitiesを始めた。 Bingleyは、主スポークスマンであり、

  • Miss Bennet the principal object.

    ミスベネットプリンシパルオブジェクト。

  • He was then, he said, on his way to Longbourn on purpose to inquire after her.

    彼は彼女の後にお問い合わせする目的でLongbournに向かう途中で、彼によると、その後だった。

  • Mr. Darcy corroborated it with a bow, and was beginning to determine not to fix his

    ミスターダーシーは、弓でそれを確証し、修正することを決定し始めていた彼

  • eyes on Elizabeth, when they were suddenly arrested by the sight of the stranger, and

    彼らは突然見知らぬ人の目に逮捕されたエリザベスの目、、と

  • Elizabeth happening to see the countenance

    エリザベスは、表情を見ることが起こって

  • of both as they looked at each other, was all astonishment at the effect of the

    彼らは互いに顔を見合わせたとの両方から、すべての驚きではの効果にあった

  • meeting. Both changed colour, one looked white, the

    ミーティング。両方の変更色は、1つは、白に見えた

  • other red.

    他の赤。

  • Mr. Wickham, after a few moments, touched his hat--a salutation which Mr. Darcy just

    しばらく後に氏はウィッカムは、、彼の帽子に触れた - ちょうどミスターダーシー挨拶を

  • deigned to return. What could be the meaning of it?

    返すようにdeigned。何がそれの意味だろうか?

  • It was impossible to imagine; it was impossible not to long to know.

    それは想像することは不可能であった、それは知って長くすることは不可能ではなかった。

  • In another minute, Mr. Bingley, but without seeming to have noticed what passed, took

    別の分、氏Bingley、のが渡されるのかお気づきにふりなく、かかった

  • leave and rode on with his friend.

    残すと彼の友人と一緒に上に乗った。

  • Mr. Denny and Mr. Wickham walked with the young ladies to the door of Mr. Phillip's

    氏デニー氏とウィッカム氏フィリップののドアに若い女性と歩いて

  • house, and then made their bows, in spite of Miss Lydia's pressing entreaties that

    ミスリディアの押し懇願それにもかかわらず、自分の弓を作った後、家、そして

  • they should come in, and even in spite of

    彼らはで、とにもにもかかわらず来る必要があります

  • Mrs. Phillips's throwing up the parlour window and loudly seconding the invitation.

    夫人フィリップスは、パーラーのウィンドウを投げて大声で招待状を出向している。

  • Mrs. Phillips was always glad to see her nieces; and the two eldest, from their

    彼らから、二長男夫人フィリップスは常に彼女の姪を見て喜んでいた

  • recent absence, were particularly welcome, and she was eagerly expressing her surprise

    最近の不在は、特に歓迎していた、と彼女は熱心に彼女の驚きを表現していた

  • at their sudden return home, which, as

    彼らの突然の帰国で、これ、として

  • their own carriage had not fetched them, she should have known nothing about, if she

    自分のキャリッジは、それらをフェッチしていなかった彼女なら、彼女は、については何も知られていないはず

  • had not happened to see Mr. Jones's shop- boy in the street, who had told her that

    彼女に告げていた人、路上でミスタージョーンズの店 - 少年を見てたまたまいなかった

  • they were not to send any more draughts to

    彼らにこれ以上のドラフトを送信するようにされていない

  • Netherfield because the Miss Bennets were come away, when her civility was claimed

    NetherfieldミスBennetsは彼女の礼儀正しさが主張されたときに、離れて来ていたので、

  • towards Mr. Collins by Jane's introduction of him.

    彼のジェーンの導入により、ミスターコリンズに向かって。

  • She received him with her very best politeness, which he returned with as much

    彼女は、彼は同じくらいで返された彼女の最高の礼儀正しさ、をもって彼を受けた

  • more, apologising for his intrusion, without any previous acquaintance with her,

    よりは、彼女と、以前知人なく、彼の侵入のために謝罪、

  • which he could not help flattering himself,

    その彼自身がお世辞を助けることができなかった、

  • however, might be justified by his relationship to the young ladies who

    しかし、人の若い女性への彼の関係によって正当化されることがあります

  • introduced him to her notice.

    彼女の通知に彼を紹介。

  • Mrs. Phillips was quite awed by such an excess of good breeding; but her

    夫人フィリップスはかなり良い繁殖のような過剰に畏敬の念をした、しかし彼女の

  • contemplation of one stranger was soon put to an end by exclamations and inquiries

    one他人の意図はすぐに叫び声やお問い合わせが最後に置かれた

  • about the other; of whom, however, she

    他の約、の、しかし、彼女

  • could only tell her nieces what they already knew, that Mr. Denny had brought

    氏デニーが持参した、彼らは既に知っていたものを彼女の姪を伝える唯一の可能性

  • him from London, and that he was to have a lieutenant's commission in the ----shire.

    ロンドンからの彼、そして彼は----シャイアに中尉の委員会を持っていたこと。

  • She had been watching him the last hour, she said, as he walked up and down the

    彼は上下に歩いている彼女は、彼女によると、彼に最後の時間を見ていた

  • street, and had Mr. Wickham appeared, Kitty and Lydia would certainly have continued

    通り、と氏はウィッカムはキティとリディアは確かに続けていた、出演していた

  • the occupation, but unluckily no one passed

    職業が、運悪く誰に渡される

  • windows now except a few of the officers, who, in comparison with the stranger, were

    見知らぬ人と比較して、あった、役員の少数を除いて、現在の窓、

  • become "stupid, disagreeable fellows."

    "愚かな、嫌いな仲間。"になる

  • Some of them were to dine with the Phillipses the next day, and their aunt

    そのうちのいくつかは次の日Phillipsesで食事をした、と彼らの叔母

  • promised to make her husband call on Mr. Wickham, and give him an invitation also,

    、氏はテラシーズオンウィッカム夫の呼び出しを行い、そしてまた彼に招待状を与えると約束

  • if the family from Longbourn would come in the evening.

    Longbournから家族は夕方に来るならば。

  • This was agreed to, and Mrs. Phillips protested that they would have a nice

    これは、することに合意した、と夫人フィリップスは、彼らが素晴らしいを持っていることに抗議した

  • comfortable noisy game of lottery tickets, and a little bit of hot supper afterwards.

    宝くじの快適な騒々しいゲーム、そして熱い夕食の少し後で。

  • The prospect of such delights was very cheering, and they parted in mutual good

    そのような喜びの見通しは非常に応援された、と彼らは相互の良好で別れ

  • spirits.

    精霊。

  • Mr. Collins repeated his apologies in quitting the room, and was assured with

    ミスターコリンズは、部屋を辞め、彼の謝罪を繰り返し、とで約束された

  • unwearying civility that they were perfectly needless.

    彼らは完全に不必要であることを礼儀を疲れない。

  • As they walked home, Elizabeth related to Jane what she had seen pass between the two

    彼らは家庭歩いていると、エリザベスは彼女が両者の間のパスを見ていたのかジェーンに関連して

  • gentlemen; but though Jane would have defended either or both, had they appeared

    紳士、ジェーンは、どちらかまたは両方を擁護しているでしょうがしかし、彼らが出演していた

  • to be in the wrong, she could no more explain such behaviour than her sister.

    間違ったにあると、彼女はもはや彼女の妹よりそのような動作を説明することができなかった。

  • Mr. Collins on his return highly gratified Mrs. Bennet by admiring Mrs. Phillips's

    ミスターコリンズは彼のリターンに大きく夫人フィリップスのを眺めによってミセスベネットを嬉しく

  • manners and politeness.

    マナーや礼儀正しさ。

  • He protested that, except Lady Catherine and her daughter, he had never seen a more

    彼はキャサリン夫人と娘を除いて、彼はより多くのを見たことがなかった、という抗議

  • elegant woman; for she had not only received him with the utmost civility, but

    エレガントな女性、彼女は唯一の最大限の礼儀をもって彼を受けていなかったために、しかし、

  • even pointedly included him in her

    さらにあからさまに彼女の中で彼を含め

  • invitation for the next evening, although utterly unknown to her before.

    全く未知ものの前に彼女の隣に夜のための招待状、。

  • Something, he supposed, might be attributed to his connection with them, but yet he had

    何かが、彼は本来、それらとの彼の接続に起因するかもしれないが、まだ彼がいた

  • never met with so much attention in the whole course of his life.

    彼の人生のコース全体ではそれほど注意を払って会ったことがない。

CHAPTER 15

第15章

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 コリンズ ミスター ベネット 夫人 フィリップス エリザベス

第15章 ジェーン・オースティンの高慢と偏見 (Chapter 15 - Pride and Prejudice by Jane Austen)

  • 84 27
    羅致 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語