Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • CHAPTER 14

    第14章

  • During dinner, Mr. Bennet scarcely spoke at all; but when the servants were withdrawn,

    しかし、公務員は撤回されたときに、夕食時には、ミスターベネットは、ほとんどすべてで講演しない

  • he thought it time to have some conversation with his guest, and therefore

    彼はそれが時間彼のゲストといくつかの会話を持っていると考えられ、したがって、

  • started a subject in which he expected him

    彼は彼を期待されるテーマを開始

  • to shine, by observing that he seemed very fortunate in his patroness.

    彼は彼の守護神で非常に幸運なようであること観察することによって、輝くために。

  • Lady Catherine de Bourgh's attention to his wishes, and consideration for his comfort,

    キャサリン夫人Bourghの彼の願いに注目し、彼の慰めのための配慮、

  • appeared very remarkable.

    非常に顕著現われた。

  • Mr. Bennet could not have chosen better. Mr. Collins was eloquent in her praise.

    ミスターベネットは、より良い選択ができませんでした。ミスターコリンズは、彼女の賞賛で雄弁だった。

  • The subject elevated him to more than usual solemnity of manner, and with a most

    主題は方法のいつもより厳粛に彼を上昇し、ほとんどのと

  • important aspect he protested that "he had never in his life witnessed such behaviour

    重要な側面は、彼は彼の人生でそのような行動を目撃したことがなかった"という抗議

  • in a person of rank--such affability and

    このような愛想の良さと - ランクの人に

  • condescension, as he had himself experienced from Lady Catherine.

    彼はキャサリンから身を経験していたとして恩着せがましい、。

  • She had been graciously pleased to approve of both of the discourses which he had

    彼女は優雅に彼が持っていた言説の両方を承認するために満足していた

  • already had the honour of preaching before her.

    すでに彼女の前に説教の名誉を持っていた。

  • She had also asked him twice to dine at Rosings, and had sent for him only the

    彼女はまたロージングスで食事をする度に彼を求めていた、とだけ彼のために送っていた

  • Saturday before, to make up her pool of quadrille in the evening.

    土曜日の夜のカドリールの彼女のプールを補うために、前に。

  • Lady Catherine was reckoned proud by many people he knew, but he had never seen

    キャサリンは、彼が知っていた多くの人々が誇りに起算されたが、彼は見たことがなかった

  • anything but affability in her.

    彼女に何かが愛想の良さ。

  • She had always spoken to him as she would to any other gentleman; she made not the

    彼女は他の紳士に同じように彼女はいつも彼に話されていた、彼女ができないもの

  • smallest objection to his joining in the society of the neighbourhood nor to his

    彼の近所の社会に参加するも彼のために最小の異議

  • leaving the parish occasionally for a week or two, to visit his relations.

    彼の関係を訪問する、週または2のために時折教区を残す。

  • She had even condescended to advise him to marry as soon as he could, provided he

    彼女も彼とすぐ、彼ができたと結婚するために助言するcondescendedていた、彼が提供さ

  • chose with discretion; and had once paid him a visit in his humble parsonage, where

    どこで、かつて彼に彼の謙虚な牧師館に訪問を支払って、慎重に選びました

  • she had perfectly approved all the

    彼女は完全にすべて承認していた

  • alterations he had been making, and had even vouchsafed to suggest some herself--

    変化は、彼が作っていた、とさらにいくつかの自分自身を示唆するvouchsafedしていた -

  • some shelves in the closet upstairs."

    クローゼットの上の階にある棚。"

  • "That is all very proper and civil, I am sure," said Mrs. Bennet, "and I dare say

    ミセスベネットは言った、"すべての非常に適切と市民つまり、私は、確信している""と私が言ってみます

  • she is a very agreeable woman. It is a pity that great ladies in general

    彼女は非常に快適女性です。それは残念です一般的には偉大な女性

  • are not more like her.

    彼女のようなより多くのではありません。

  • Does she live near you, sir?" "The garden in which stands my humble abode

    彼女は先生、あなたの近くに住んでいますか?""私の拙宅の略で、庭には、

  • is separated only by a lane from Rosings Park, her ladyship's residence."

    ロージングスパーク、彼女の気取っている女性の居住地からのレーンでのみ分離されている。"

  • "I think you said she was a widow, sir?

    "私はあなたが彼女が先生、未亡人と言ったと思いますか?

  • Has she any family?" "She has only one daughter, the heiress of

    彼女はどんな家族がある?""彼女は1つだけの娘を持つ、の女子相続人は、

  • Rosings, and of very extensive property." "Ah!" said Mrs. Bennet, shaking her head,

    ロージングス、と非常に豊富な財産を。""ああ!"彼女の頭を振る夫人ベネット氏は、

  • "then she is better off than many girls.

    "その後、彼女は多くの女の子よりも裕福です。

  • And what sort of young lady is she? Is she handsome?"

    と若い女性のどのような彼女です!彼女はハンサムだ?"

  • "She is a most charming young lady indeed.

    "彼女は確かに最も魅力的な若い女性です。

  • Lady Catherine herself says that, in point of true beauty, Miss de Bourgh is far

    キャサリン自身が真の美しさの点で、ミスドBourghが遠く、という

  • superior to the handsomest of her sex, because there is that in her features which

    彼女のセックスのhandsomestに優れ、それが彼女の機能を取り込んであるので、

  • marks the young lady of distinguished birth.

    著名な出産の若い女性をマーク。

  • She is unfortunately of a sickly constitution, which has prevented her from

    彼女はから彼女を妨げている病弱な体質、残念ながらです。

  • making that progress in many accomplishments which she could not have

    彼女が持っていることができなかった多くの実績でその進歩を遂げて

  • otherwise failed of, as I am informed by

    私がによって通知していますようにそれ以外の場合は、失敗しました。

  • the lady who superintended her education, and who still resides with them.

    彼女の教育をsuperintended女性、そして誰も、それらと置かれている。

  • But she is perfectly amiable, and often condescends to drive by my humble abode in

    しかし、彼女は完全に愛想であり、そして多くの場合で私の拙宅で駆動するcondescends

  • her little phaeton and ponies."

    彼女の小さなフェートンやポニー。"

  • "Has she been presented? I do not remember her name among the ladies

    "彼女は発表されていますか?私は女性の間で彼女の名前を覚えていない

  • at court."

    法廷で。"

  • "Her indifferent state of health unhappily prevents her being in town; and by that

    "健康の彼女の無関心状態は、不幸に彼女が町にいる防ぎ、そしてそのことによって

  • means, as I told Lady Catherine one day, has deprived the British court of its

    、私はある日キャサリン夫人に言ったように、意味のの英国裁判所を奪われた

  • brightest ornaments.

    明るい装飾。

  • Her ladyship seemed pleased with the idea; and you may imagine that I am happy on

    彼女の奥様は、アイデアに満足だった、と私は上で満足していることを想像可能

  • every occasion to offer those little delicate compliments which are always

    にある、小さな繊細な賛辞を提供するためにあらゆる機会

  • acceptable to ladies.

    女性に受け入れられる。

  • I have more than once observed to Lady Catherine, that her charming daughter

    私はその彼女の魅力的な娘、かつてキャサリンに観察されたよりも多くを持っている

  • seemed born to be a duchess, and that the most elevated rank, instead of giving her

    公爵夫人になるために生まれたようで、その最も高い地位、代わりに彼女を与えても

  • consequence, would be adorned by her.

    結果は、彼女によって飾られる。

  • These are the kind of little things which please her ladyship, and it is a sort of

    これらは彼女の気取っている女性を喜ばせるささいなことの一種であり、そしてそれは一種の

  • attention which I conceive myself peculiarly bound to pay."

    支払いにバインドされている私は妙に自分自身を想像注目。"

  • "You judge very properly," said Mr. Bennet, "and it is happy for you that you possess

    "あなたは非常に適切に判断、"ミスターベネットは言った、"それはあなたが所有しているあなたのための幸せです。

  • the talent of flattering with delicacy.

    繊細さとお世辞の才能。

  • May I ask whether these pleasing attentions proceed from the impulse of the moment, or

    私は、これらの気持ちの良い注目は、瞬間の衝動から進むか、またはかどうかを聞いても

  • are the result of previous study?"

    以前の研究の結果ですか?"

  • "They arise chiefly from what is passing at the time, and though I sometimes amuse

    "彼らは一度に通過しているものから主に発生する、と私は時々楽しませるのに

  • myself with suggesting and arranging such little elegant compliments as may be

    私はそのような少しエレガントなお世辞を示唆してアレンジしてあります

  • adapted to ordinary occasions, I always

    私はいつも、普通の場面に適応

  • wish to give them as unstudied an air as possible."

    それらを可能な限り空気を自然と口から出た提供したい。"

  • Mr. Bennet's expectations were fully answered.

    ミスターベネットの期待は完全に答えていた。

  • His cousin was as absurd as he had hoped, and he listened to him with the keenest

    彼のいとこは、彼が望んでいたほど不合理であり、彼はkeenestと彼に聞いた

  • enjoyment, maintaining at the same time the most resolute composure of countenance,

    同時に表情のほとんどの毅然と落ち着きを維持する楽しさ、、

  • and, except in an occasional glance at

    と、を時々一目で除く

  • Elizabeth, requiring no partner in his pleasure.

    エリザベスは、彼の喜びにはパートナーを必要としない。

  • By tea-time, however, the dose had been enough, and Mr. Bennet was glad to take his

    ティータイムでは、しかしながら、投与量が十分なされていた、と氏はベネットは彼を取るために喜んでいた

  • guest into the drawing-room again, and, when tea was over, glad to invite him to

    もう一度客間へのゲスト、そして、彼を招待するお茶が終わると、うれしい

  • read aloud to the ladies.

    女性に声を出して読んで。

  • Mr. Collins readily assented, and a book was produced; but, on beholding it (for

    ミスターコリンズは容易に同意した、と本が生産された、しかし、のために(それをbeholdingに

  • everything announced it to be from a circulating library), he started back, and

    すべてが、彼が戻って開始、)それが循環してライブラリからのものであると発表し、

  • begging pardon, protested that he never read novels.

    恩赦を物乞い、彼は小説を読むことはないことに抗議した。

  • Kitty stared at him, and Lydia exclaimed. Other books were produced, and after some

    キティは彼を見つめていた、とリディアは叫んだ。他の本が生産され、いくつかの後にされた

  • deliberation he chose Fordyce's Sermons.

    審議彼はフォーダイスの説教を選びました。

  • Lydia gaped as he opened the volume, and before he had, with very monotonous

    リディアは、非常に単調で、彼がいた前に彼はボリュームを開いたとしてgaped、および

  • solemnity, read three pages, she interrupted him with:

    厳粛に、3つのページを読んで、彼女はとの彼を中断:

  • "Do you know, mamma, that my uncle Phillips talks of turning away Richard; and if he

    "あなたは、ママ、知っているかその叔父フィリップスのリチャードを離れてしまうとの交渉、そしてもし彼

  • does, Colonel Forster will hire him. My aunt told me so herself on Saturday.

    ない、大佐フォースターは彼を採用する予定だ。私の叔母は、彼女自身そう土曜日に私に言った。

  • I shall walk to Meryton to-morrow to hear more about it, and to ask when Mr. Denny

    私はそれについての詳細を聞くためにMerytonに、明日に歩いてはならない、と氏デニー時に確認する

  • comes back from town."

    町から戻ってくる。"

  • Lydia was bid by her two eldest sisters to hold her tongue; but Mr. Collins, much

    リディアは、彼女の舌を保持するために彼女の二人の長男姉妹で入札された、しかし氏コリンズ、はるかに

  • offended, laid aside his book, and said:

    腹を、彼の本を脇に​​敷設し、言った:

  • "I have often observed how little young ladies are interested by books of a serious

    "私は多くの場合、ほとんどの若い女性が深刻なの本で興味を持っているか観察している

  • stamp, though written solely for their benefit.

    彼らの利益のためだけに書かれたものの、スタンプ。

  • It amazes me, I confess; for, certainly, there can be nothing so advantageous to

    、のために確かに、に非常に有利なものは何もないことができる、それが私を驚か、私は告白する

  • them as instruction. But I will no longer importune my young

    それらの命令として。しかし、私は私の若いしつこく求めるもはやなります

  • cousin."

    いとこ。"

  • Then turning to Mr. Bennet, he offered himself as his antagonist at backgammon.

    その後、氏はベネットに回し、彼はバックギャモンでは彼の拮抗薬としての地位を提供した。

  • Mr. Bennet accepted the challenge, observing that he acted very wisely in

    ミスターベネットは彼がに非常に賢明に行動したことを観察し、挑戦を受け入れ

  • leaving the girls to their own trifling amusements.

    自分の些細な娯楽に女の子を残して。

  • Mrs. Bennet and her daughters apologised most civilly for Lydia's interruption, and

    ミセスベネットさんと3人の娘はLydiaの中断のために最も丁重に謝罪し、

  • promised that it should not occur again, if he would resume his book; but Mr. Collins,

    氏コリンズは、しかし、彼は彼の本を再開する場合には、再び発生しないように約束した

  • after assuring them that he bore his young

    彼は若いが産んだことを保証する後

  • cousin no ill-will, and should never resent her behaviour as any affront, seated

    いとこは嫌悪ない、と座って、どんな侮辱として彼女の行動に腹を立てることはありません

  • himself at another table with Mr. Bennet, and prepared for backgammon.

    ミスターベネットと別のテーブルで彼自身、そしてバックギャモンのために準備。

CHAPTER 14

第14章

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ベネット ミスター 女性 キャサリン コリンズ 夫人

第14章 ジェーン・オースティンの高慢と偏見 (Chapter 14 - Pride and Prejudice by Jane Austen)

  • 36 15
    羅致 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語