Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • This real-life lore video is made possible by brilliant.org stay tuned for an exclusive

    この実話のビデオはbrilliant.orgによって可能になりました。

  • brilliant offer available only for real-life lore viewers at the end of this video.

    この動画の最後には、現実の伝承をご覧になった方だけにご利用いただけるお得な特典をご用意しました。

  • I'm sure that many of you growing up like me used to spend time dreaming about visiting another planet or another star.

    私のように成長した人は、昔は別の惑星や別の星を訪れることを夢見て過ごしていた人も多いのではないでしょうか。

  • You've probably heard the phrase, "born too late, to explore the world and born too early

    世界を探求するには遅すぎて、早すぎて生まれた」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

  • to explore the universe," which implies that our ancestors explored the unknown parts of Earth while our

    これは、私たちの祖先が地球の未知の部分を探検している間に、私たちの祖先は地球の未知の部分を探検していたことを意味します。

  • descendants will be exploring the unknown parts of our universe, leaving us in the 21st century as the

    子孫は21世紀の私たちを残して、宇宙の未知の部分を探検します。

  • awkward middle children with little exploration to accomplish. But is this really the case? and could our

    不器用なミドル・チルドレンは 探索をほとんどせずにいましたがしかし、これは本当にそうなのでしょうか?

  • civilization actually reach out and touch another star during your lifetime?

    あなたが生きている間に、文明は実際に手を伸ばし、別の星に触れることができますか?

  • For reference the nearest other known star closest to our sun is here called Proxima Centauri, but it's still

    参考までに、太陽に最も近い他の既知の星は、ここではプロキシマ・ケンタウリと呼ばれていますが、まだあります。

  • 4.25 light-years away from us

    4.25光年先

  • That doesn't seem too bad

    悪くない

  • So let's explore how to get there using current technology.

    そこで、現在の技術を使ってどうやってそこにたどり着くのかを探ってみましょう。

  • I've talked about the voyager 1 space probe in previous videos, so to summarize,

    以前の動画でボイジャー1号の宇宙探査機の話をしましたので、まとめておきます。

  • this probe is the farthest away from earth that a man-made object has ever been so far.

    この探査機はこれまでの人工物の中で地球から最も遠く離れた場所にあります。

  • It is currently almost 140 astronomical units away from our sun, meaning that it's

    現在、太陽からほぼ140天文単位の距離にあり、つまり

  • 140 times farther away from the sun than earth is. To have reached this distance,

    太陽からの距離は地球の140倍。この距離に到達していること。

  • voyager utilized gravity assists from both the Jupiter and Saturn to reach a speed of 17 km/s.

    ボイジャーは木星と土星の両方の重力を利用して、17km/sの速度を達成しました。

  • But even at this far away distance and at the same speed, it would take voyager another

    しかし、このように遠く離れた距離と同じ速度であっても、ボイジャーはもう一つの

  • 73,000 years to reach Proxima Centauri.

    プロキシマ・ケンタウリに到達するまで73,000年。

  • NASA, however is currently set to launch another space probe just next year in 2018

    しかし、NASAは現在、ちょうど来年2018年に別の宇宙探査機を打ち上げるように設定されています。

  • that will become the fastest moving object humanity has ever created.

    それは、人類がこれまでに作った中で最も速く動く物体になるでしょう。

  • It's called the parker solar probe and it will be sent to study the outer corona of the sun.

    これはパーカー太陽探査機と呼ばれ、太陽の外側のコロナを研究するために送られます。

  • Utilizing repeated gravity assists from Venus, the probe will enter into an elliptical orbit around the sun and at its

    金星からの繰り返しの重力を利用して、探査機は太陽を中心とした楕円軌道に入ります。

  • closest point to the sun in orbit, the probe will achieve a velocity of an amazing

    軌道上の太陽に最も近い地点で、探査機は驚くべき速度を達成します。

  • 200 kilometers per second. That's fast enough to zip around the entire earth at the equator

    秒速200キロ。赤道で地球全体を一周するのに十分な速さです

  • in 3 minutes and 24 seconds. But it's still only a tiny

    3分24秒でしかし、それはまだほんの少しの

  • 0.07% of the speed of light which means that even at that speed it would take the probe well over

    光速の0.07%ということは、その速度でもプローブが十分にかかることを意味します。

  • 7,000 years to reach proxima centauri

    プロキシマケンタウリに到達するのに7,000年

  • So is there any technology that we could reasonably see happening in our lifetime that would enable us to at least

    では、私たちが生きている間に起きていると合理的に考えられる技術で、少なくとも

  • see another star system up close?

    別の星系を間近で見てみませんか?

  • Various ideas have been proposed throughout history but perhaps the most credible one is a recent idea called Breakthrough Starshot.

    歴史の中で様々なアイデアが提案されてきましたが、おそらく最も信憑性の高いものは、最近のブレイクスルー・スターショットと呼ばれるアイデアでしょう。

  • I briefly mentioned Breakthrough Starshot in my video from two weeks ago,

    2週間前の動画でブレイクスルー・スターショットについて簡単に触れました。

  • but i didn't go into very much detail about how ambitious and revolutionary this project really is.

    しかし、私はこのプロジェクトがどれほど野心的で革命的なものであるかについては、あまり詳しく説明しませんでした。

  • If successful,

    成功したら

  • breakthrough starshot will be one of the most important events of the entire 21st century.

    ブレイクスルー・スターショットは、21世紀全体の中で最も重要な出来事の一つになるでしょう。

  • The plan calls to develop a tiny ship on the scale of

    の規模の小型船を開発する計画です。

  • centimeters weighing only a few grams with a sail attached to it,

    センチ、帆を付けただけで数グラムの重さ。

  • 4 meters across by 4 metres tall. It actually calls for a thousand of these tiny ships and sales to be

    幅4メートル×高さ4メートル実際にはこのような小さな船を1000隻も呼んで販売することで

  • created and for all of them to be lifted into orbit by a larger mothership on a conventional rocket.

    を作成し、それらのすべてが従来のロケットでより大きな母船によって軌道上に持ち上げられるようにするために。

  • Once in orbit the mothership will deploy one tiny ship and sail at a time.

    軌道に乗れば、母船は一度に1隻の小さな船を展開して出航します。

  • The sail attached to the tiny ships

    小さな船に取り付けられた帆

  • will work much like a sail does on a boat on earth but instead of wind providing the necessary

    帆は地球上の船の上では帆と同じように機能しますが、風の代わりに必要なものを提供しています。

  • propulsion it will be a huge 1 square kilometer ground-based array packed with

    推進力は、1平方キロメートルの巨大な地上ベースのアレイで、その中には

  • high-powered lasers. This square kilometer of lasers will all concentrate to their collective power onto the tiny sails of the ships

    高出力レーザーこの平方キロメートルのレーザーは、すべてのパワーを船の小さな帆に集中させます。

  • one at a time, and this should be capable of propelling each vessel to 20% the speed of light in only 10 minutes.

    一度に一つずつ、そしてこれは、わずか10分で各船を光速の20%まで推進することができるはずです。

  • Once all 1,000 ships are on their way, they should be able to reach proxima centauri in about 20 years.

    1,000隻の船が全て完成すれば、約20年後にはプロキシマ・ケンタウリに到着するはずです。

  • And since the scheduled flight time is in the year 2036,

    そして、定期便の時間は2036年なので

  • that means that the first human-made spacecraft

    ということは、人類初の人工宇宙船

  • to arrive in another star system could take place in the near-ish future of 2056.

    別の星系に到着するためには、2056年の近い将来に行われる可能性があります。

  • That's not to say that the project is without any problems however,

    しかし、このプロジェクトに問題がないというわけではありません。

  • A collision with even a speck of dust at that speed would destroy any of the craft, which is why

    その速度で塵の一片でも衝突すれば、工芸品のいずれかを破壊するでしょう、それが理由です。

  • 1000 of them are going all at once so at least

    一斉に1000匹が行くので、少なくとも

  • some of them will make the journey. In addition the square kilometer laser array on the ground will use up

    そのうちのいくつかは旅をするでしょうさらに、地上の平方キロメートルのレーザーアレイは、

  • 100 gigawatts of power for each sale that it propels. Which is roughly equivalent

    100ギガワットの電力を販売しているこれは大体

  • to the peak electricity consumption in france at 7:00 in the evening.

    夕方7時のフランスでのピーク時の電力消費量に。

  • Acquiring that much power is difficult but still possible.

    それだけの力を身につけることは難しいが、それでも可能である。

  • Finally, the cost of the entire project is estimated to be at 10 billion dollars,

    最終的には、全体の費用は100億ドルと見積もられています。

  • which sounds like a lot at first, but consider this,

    最初は多いように聞こえるが これを考えてみてくれ

  • Nasa's budget for 2018 is 19.1 billion dollars, and the cost for the International Space Station has been

    ナサの2018年予算は191億ドル、国際宇宙ステーションの費用は

  • 150 billion dollars. The U.S. military budget meanwhile in 2015 was nearly

    1500億ドル。一方、2015年の米軍予算はほぼ

  • 600 billion dollars and the us federal budget for 2018 is well over 4 trillion dollars.

    6000億ドル、2018年のアメリカ連邦予算は4兆ドルを大きく超えている。

  • Taking 10 billion dollars out of any of these enormous amounts of money is not very much to ask for.

    莫大な金額の中から100億ドルを持ち出すのは、とてもじゃないけどね。

  • Especially when you consider that there is a planet that orbits inside the habitable zone of Proxima-Centauri

    特にプロキシマ・ケンタウリの居住可能区域内を周回する惑星があることを考えると

  • named proxima-Centauri b

    プロキシマ・ケンタウリb

  • The ships from Breakthrough Starshot will be capable of taking pictures of this mysterious planet that could reveal

    ブレイクスルー・スターショットからの船は、この謎の惑星の写真を撮ることができ、それによって明らかになるかもしれません。

  • oceans, continents, and other surface features if they exist.

    海、大陸、その他の地表面の特徴が存在する場合には、それに対応しています。

  • Proxima-Centauri B will become the primary focus of future human colonization efforts in our galaxy.

    プロキシマ・ケンタウルスBは、今後の人類の植民地化の主な焦点となるでしょう。

  • 10 billion dollars is a very small price to pay for

    100億ドルというのは、非常に小さな金額です。

  • potentially securing the future of human civilization in our universe.

    我々の宇宙における人類の文明の将来を確保する可能性がある。

  • And although all of us watching this video were likely born in the century before

    そして、このビデオを見ている私たち全員が、おそらく前世紀に生まれたと思われますが

  • humans themselves will visit another star system, we can take pride in laying the

    人間自身が別の星系を訪問することになります。

  • foundations for our descendants to be the explorers that will carry our names and legacies with them.

    私たちの名前と遺産を受け継ぐ探検家となるために、子孫のための基礎を作りました。

  • Any society grows great when old men plant trees whose shade they know they shall never sit in.

    どんな社会でも、老人が木陰に座ることのない木を植えれば、偉大になる。

  • If you still have lingering questions regarding the math behind interstellar flight,

    恒星間飛行の背後にある数学について、まだ疑問が残っているならば。

  • how planets outside of the solar system are discovered, or how we know how big the universe is,

    太陽系外の惑星がどのように発見されるのか、あるいは宇宙の大きさをどのようにして知ることができるのか。

  • then you should know that this video was directly based off the astronomy course offered at brilliant.org.

    このビデオはbrilliant.orgの天文学コースに直接基づいていることを知っておくべきです。

  • Brilliant is a truly wonderful online learning platform where you can learn about

    Brilliantは本当に素晴らしいオンライン学習プラットフォームで、以下のことを学ぶことができます。

  • For example, in their astronomy course they have a section where they help you calculate the time it would take to

    例えば、天文学のコースでは、以下のような時間を計算するのに役立つセクションがあります。

  • accelerate a solar sail to 20% light speed, and how long it would take the sail

    太陽帆を光速20%まで加速して、どのくらいの時間がかかるか

  • to reach the Alpha-Centauri system, which is the exact math that i used in the creation of this video.

    アルファ・ケンタウリ星系に到達するために、私がこのビデオの作成に使用した正確な数学です。

  • To learn much more about interstellar travel or any other interesting topics,

    星間旅行やその他の興味深いトピックについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

  • This free trial is currently only offered to those who click on

    この無料体験は現在、クリックしていただいた方にのみ提供されています。

  • brilliant.org/reallifelore in the description. So if you liked what you just watched and you're

    説明文にbrilliant.org/reallifeloreと書いてあります。だから、もしあなたが今見たものが好きで

  • curious to learn more give brilliant a try and you'll be supporting my channel at the same time.

    もっと知りたい方はブリリアントを試してみてください。

  • inside of the habitable zone of Proxima-Centauri, named Proxima-Centauri B.

    プロキシマ・ケンタウリBと名付けられたプロキシマ・ケンタウリのハビタブルゾーンの内側。

  • If revealed to be truly habitable in this way,

    このように本当に居住性があることが明らかになれば

  • math and science in an easily approachable way by solving fun and challenging problems.

    楽しくて難しい問題を解くことで、数学と科学を簡単に理解することができます。

  • head over to brilliant.org/reallifelore for an exclusive 3-day free trial.

    brilliant.org/reallifelore にアクセスして、3日間の無料トライアルをお楽しみください。

  • Cheers.

    乾杯

This real-life lore video is made possible by brilliant.org stay tuned for an exclusive

この実話のビデオはbrilliant.orgによって可能になりました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 探査 brilliant 太陽 星系 宇宙 org

人類はあなたの生涯にもう一つの星に到達するのでしょうか? (Will Humanity Reach Another Star In Your Lifetime?)

  • 3 0
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 23 日
動画の中の単語