Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • CHAPTER 7

    第7章

  • Mr. Bennet's property consisted almost entirely in an estate of two thousand a

    ミスターベネットのプロパティには、2000の不動産にほぼ完全に構成され

  • year, which, unfortunately for his daughters, was entailed, in default of

    のデフォルトでは、伴意されて、残念ながら彼の娘のための、年、

  • heirs male, on a distant relation; and

    遠い関係で男性相続人、そして

  • their mother's fortune, though ample for her situation in life, could but ill supply

    母親の生活の中で彼女の状況にも十分な幸運、、できましたが、病気に供給

  • the deficiency of his. Her father had been an attorney in Meryton,

    彼の欠乏。彼女の父は、Merytonで弁護士をしていた

  • and had left her four thousand pounds.

    と彼女の4000ポンドを去った。

  • She had a sister married to a Mr. Phillips, who had been a clerk to their father and

    彼女は彼らの父とする店員をしていたフィリップス氏、に妹が結婚していた

  • succeeded him in the business, and a brother settled in London in a respectable

    ビジネスで成功した彼、と兄は立派で、ロンドンに定住

  • line of trade.

    貿易のライン。

  • The village of Longbourn was only one mile from Meryton; a most convenient distance

    Longbournの村はMerytonからわずか1マイルだった;最も便利な距離

  • for the young ladies, who were usually tempted thither three or four times a week,

    通常3〜4回週にあちらの方を誘惑した若い女性、用、

  • to pay their duty to their aunt and to a milliner's shop just over the way.

    その叔母に、ちょうど通りの向こう側の婦人用帽子のお店への関税の支払いに。

  • The two youngest of the family, Catherine and Lydia, were particularly frequent in

    家族、キャサリンとリディアの末っ子二人は、に特に多くみられた

  • these attentions; their minds were more vacant than their sisters', and when

    これらの注目、彼らの心は彼らの姉妹"よりも空いていた、とするとき

  • nothing better offered, a walk to Meryton

    より提供される何もない、Merytonへ散歩

  • was necessary to amuse their morning hours and furnish conversation for the evening;

    彼らの朝の時間を楽しませ、夜の会話を提出する必要がありました。

  • and however bare of news the country in general might be, they always contrived to

    としかし、裸のニュースのが一般的に国はに彼らは常に不自然な、かもしれない

  • learn some from their aunt.

    その叔母からいくつかを学ぶ。

  • At present, indeed, they were well supplied both with news and happiness by the recent

    現時点では、実際に、彼らはよく、最近でニュースや幸福との両方を供給していた

  • arrival of a militia regiment in the neighbourhood; it was to remain the whole

    近所の民兵連隊の到着、それは全体を維持することでした

  • winter, and Meryton was the headquarters.

    冬、そしてMerytonが本部だった。

  • Their visits to Mrs. Phillips were now productive of the most interesting

    夫人フィリップスへの訪問は、現在最も興味深いの生産的だった

  • intelligence.

    知性。

  • Every day added something to their knowledge of the officers' names and

    毎日は、役員の名前の彼らの知識に何かを追加し、

  • connections.

    接続が。

  • Their lodgings were not long a secret, and at length they began to know the officers

    彼らの宿舎は、長い間秘密ではなかった、と長さで、彼らは役員を知るようになった

  • themselves.

    自分自身。

  • Mr. Phillips visited them all, and this opened to his nieces a store of felicity

    Phillips氏は、それらすべてを訪問し、そしてこれが彼の姪に至福の店をオープン

  • unknown before.

    前不明。

  • They could talk of nothing but officers; and Mr. Bingley's large fortune, the

    彼らは何が役員で話すことができる、と氏Bingleyの巨万の富、

  • mention of which gave animation to their mother, was worthless in their eyes when

    時彼らの目に無益だった、彼らの母親にアニメーションを与えたの言及

  • opposed to the regimentals of an ensign.

    少尉の軍服に反対した。

  • After listening one morning to their effusions on this subject, Mr. Bennet

    このテーマで自分の胸水にある朝を聞いた後、ミスターベネット

  • coolly observed:

    冷静に観察さ:

  • "From all that I can collect by your manner of talking, you must be two of the silliest

    "私が話しているのあなたの方法で収集できるすべてから、付く限りで一番くだらなそうなのも2つはなければならず

  • girls in the country. I have suspected it some time, but I am now

    国の女の子。私はそれをいくつかの時間を疑われている、しかし私は今だ

  • convinced."

    確信して。"

  • Catherine was disconcerted, and made no answer; but Lydia, with perfect

    キャサリンは辟易だ、と答えが行われず、しかし完璧とリディア、

  • indifference, continued to express her admiration of Captain Carter, and her hope

    無関心は、キャプテンカーターの彼女の賞賛を表現し続け、そして彼女は願っています

  • of seeing him in the course of the day, as he was going the next morning to London.

    彼はロンドンに次の朝行っていたとして、一日の過程で彼に会うの。

  • "I am astonished, my dear," said Mrs. Bennet, "that you should be so ready to

    "私は驚いています、私の愛するは、"ミセスベネットは、へその準備をしなければならないこと"と言った。

  • think your own children silly.

    あなた自身の子供が愚かだと思います。

  • If I wished to think slightingly of anybody's children, it should not be of my

    私はslightingly誰の子供の考えることを望むなら、それは私のものであってはならない

  • own, however." "If my children are silly, I must hope to

    独自の、しかし。""私の子供が愚かである場合、私は願っている必要があります

  • be always sensible of it."

    それの常に賢明である。"

  • "Yes--but as it happens, they are all of them very clever."

    "はい - それが起こるとしてではなく、彼らはそれらのすべては非常に賢いです。"

  • "This is the only point, I flatter myself, on which we do not agree.

    "これは我々が同意しないとなる唯一の点、私は自分自身をフラットに、です。

  • I had hoped that our sentiments coincided in every particular, but I must so far

    私は私達の感情がすべての特定に一致することを期待していたが、私は今のところ必要があります

  • differ from you as to think our two youngest daughters uncommonly foolish."

    我々の2つの最年少の娘は稀に愚かに考えるように異なる。"

  • "My dear Mr. Bennet, you must not expect such girls to have the sense of their

    "私の親愛なるミスターベネットは、このような女の子が自分の感覚を持っていることを期待してはなりません

  • father and mother.

    父と母。

  • When they get to our age, I dare say they will not think about officers any more than

    彼らは私たちの年齢に到達したとき、私は彼らがあらゆる以上の役員について考えることはありません言ってみます

  • we do.

    我々が行う。

  • I remember the time when I liked a red coat myself very well--and, indeed, so I do

    私は非常によく赤いコートを自分で好きな時間を覚えている - と、確かに、そう私が行っ

  • still at my heart; and if a smart young colonel, with five or six thousand a year,

    まだ私の心で、スマート若い大佐場合、五、六千年と、

  • should want one of my girls I shall not say

    私が言ってはならない私の女の子のいずれかをするのでしょうか

  • nay to him; and I thought Colonel Forster looked very becoming the other night at Sir

    いや、彼に、と思った大佐フォースターは、非常に卿で、他​​の夜になって見

  • William's in his regimentals."

    ウィリアムは、彼の軍服のだ。"

  • "Mamma," cried Lydia, "my aunt says that Colonel Forster and Captain Carter do not

    "マンマミーア、"リディアは叫んだ、"私の叔母は、大佐フォースターとキャプテンカーターにはないと言う

  • go so often to Miss Watson's as they did when they first came; she sees them now

    彼女は今、それらを見て、彼らが最初に来たときに彼らがしたようにワトソンのミスするので、頻繁に行く

  • very often standing in Clarke's library."

    非常に頻繁にクラークのライブラリに立って。"

  • Mrs. Bennet was prevented replying by the entrance of the footman with a note for

    ミセスベネットはのためのノートと馬丁の入り口で返信阻止された

  • Miss Bennet; it came from Netherfield, and the servant waited for an answer.

    ミスベネット、それはNetherfieldから来た、とサーバントが答えを待った。

  • Mrs. Bennet's eyes sparkled with pleasure, and she was eagerly calling out, while her

    ミセスベネットの目は喜びに輝いていました、そしてしばらく彼女の彼女は熱心に、指摘されたりした

  • daughter read, "Well, Jane, who is it from?

    娘はよく、ジェーン、それからである"、読んで?

  • What is it about?

    約それは何ですか?

  • What does he say? Well, Jane, make haste and tell us; make

    彼は何と言っていますか?よく、ジェーンは、速攻を作り、私達に告げる;作る

  • haste, my love." "It is from Miss Bingley," said Jane, and

    急いで、"私の愛"それはミスBingleyからのものである、"ジェーンは言った、と

  • then read it aloud.

    その後、声を出してそれを読む。

  • "MY DEAR FRIEND,--

    "MY DEAR FRIEND、 -

  • "If you are not so compassionate as to dine to-day with Louisa and me, we shall be in

    "あなたはルイザと私と、一日に食事をするように思いやりのない場合は、我々はしていなければならない

  • danger of hating each other for the rest of our lives, for a whole day's tete-a-tete

    一日の二人っきりのため、私たちの生活の残りのためにお互いを憎むの危険性

  • between two women can never end without a quarrel.

    二人の女性の間で喧嘩することなく終了することはありません。

  • Come as soon as you can on receipt of this. My brother and the gentlemen are to dine

    このの受信時に早くできるようになる。兄と紳士は​​食事をするです

  • with the officers.--Yours ever,

    役員.--ユアーズまでと、

  • "CAROLINE BINGLEY" "With the officers!" cried Lydia.

    役員との"CAROLINE BINGLEYは""!"リディアは叫んだ。

  • "I wonder my aunt did not tell us of that." "Dining out," said Mrs. Bennet, "that is

    "私は私の叔母がそのことを教えていなかったのだろう。""外食、です"ミセスベネット氏は、"

  • very unlucky."

    非常に不運。"

  • "Can I have the carriage?" said Jane. "No, my dear, you had better go on

    "私は馬車を持っているか?"ジェーンは言った。 "いいえ、私の愛する、先に進む方がいい

  • horseback, because it seems likely to rain; and then you must stay all night."

    雨が降りそう思っているので馬は、、、その後、一晩滞在する必要があります"。

  • "That would be a good scheme," said Elizabeth, "if you were sure that they

    あなたがそれらいることを確認した場合に"それは良いスキームになるだろう"とエリザベスは"、言った

  • would not offer to send her home."

    彼女の家を送信することにはなら​​ないでしょう。"

  • "Oh! but the gentlemen will have Mr. Bingley's chaise to go to Meryton, and the

    "ああ!しかし紳士氏Bingleyの長椅子がMerytonに行かなければならない、とされる

  • Hursts have no horses to theirs." "I had much rather go in the coach."

    Hurstsは、彼らには馬を持っていない。""私はむしろコーチに行っていた。"

  • "But, my dear, your father cannot spare the horses, I am sure.

    "しかし、私の愛する、あなたの父が馬を倹約することはできません、私は確信しています。

  • They are wanted in the farm, Mr. Bennet, are they not?"

    彼らがファームに必要なので、氏ベネットは、彼らではないのですか?"

  • "They are wanted in the farm much oftener than I can get them."

    "彼らは私がそれらを得ることができるよりも、ファームずっとoftenerに求められています。"

  • "But if you have got them to-day," said Elizabeth, "my mother's purpose will be

    "しかし、あなたが日にそれらを持っている場合、"エリザベスは私の母の目的はなるだろう"と述べた

  • answered."

    答えた。"

  • She did at last extort from her father an acknowledgment that the horses were

    彼女は最後に彼女の父親から馬がいたことを示す確認応答を強要するか

  • engaged.

    従事。

  • Jane was therefore obliged to go on horseback, and her mother attended her to

    ジェーンは、そのため馬に乗って行くことが義務付けられ、そして彼女の母親は彼女に出席した

  • the door with many cheerful prognostics of a bad day.

    悪い一日の多くの陽気prognostics付きドア。

  • Her hopes were answered; Jane had not been gone long before it rained hard.

    彼女の希望は答えられた、それが難しい雨の前にジェーンは長い間行っていなかった。

  • Her sisters were uneasy for her, but her mother was delighted.

    彼女の姉妹は彼女のため不安だったが、彼女の母が喜んでいた。

  • The rain continued the whole evening without intermission; Jane certainly could

    雨は休憩なしで一晩を続け、ジェーンは確かに可能性

  • not come back.

    戻ってこない。

  • "This was a lucky idea of mine, indeed!" said Mrs. Bennet more than once, as if the

    "これは確かに、私のラッキーアイデアだ!"ミセスベネットはまるで、何度も述べて

  • credit of making it rain were all her own.

    それは雨作るのクレジットはすべて彼女自身だった。

  • Till the next morning, however, she was not aware of all the felicity of her

    次の朝まで、しかし、彼女は彼女のすべての至福の気付いていなかった

  • contrivance.

    工夫。

  • Breakfast was scarcely over when a servant from Netherfield brought the following note

    Netherfieldからサーバントは、次の注意を持って来た時に朝食はほとんど終わってされていない

  • for Elizabeth: "MY DEAREST LIZZY,--

    エリザベスのために:"MYは、LIZZYの親愛なる -

  • "I find myself very unwell this morning, which, I suppose, is to be imputed to my

    "私は、私は非常に今朝優れない見つけ、私が思う、私が担っ対象となる

  • getting wet through yesterday. My kind friends will not hear of my

    昨日を通じて濡れ。私の親切な友人が私の耳にしません。

  • returning till I am better.

    私はよりよい時まで戻す。

  • They insist also on my seeing Mr. Jones-- therefore do not be alarmed if you should

    彼らは私の見てミスタージョーンズにも主張する - 従って心配する必要はありません、あなたがしなければならない場合

  • hear of his having been to me--and, excepting a sore throat and headache, there

    、そこと、のどの痛みや頭痛を除いて - 彼の私にはであったことを聞く

  • is not much the matter with me.--Yours, etc."

    私とあまり問題ではありません.--ユアーズ、等"

  • "Well, my dear," said Mr. Bennet, when Elizabeth had read the note aloud, "if your

    "まあ、私の愛する、"エリザベスは声を出して注意して読んでいたミスターベネットは、、"と言っていたのなら自分

  • daughter should have a dangerous fit of illness--if she should die, it would be a

    娘は病気の危険なフィット感を持つ必要があります - 彼女が死ぬ必要がある場合、それは次のようになります。

  • comfort to know that it was all in pursuit of Mr. Bingley, and under your orders."

    それは氏Bingleyの追求、そしてあなたの命令を受けてすべてだったことを知って快適。"

  • "Oh! I am not afraid of her dying. People do not die of little trifling colds.

    "ああ!私は彼女の死の恐れていないよ。人々は、少し些細な風邪で死ぬことはない。

  • She will be taken good care of.

    彼女はのよい心配を取られる。

  • As long as she stays there, it is all very well.

    限り、彼女はそこに留まるように、それは非常に良い手段です。

  • I would go and see her if I could have the carriage."

    私が行くと私は馬車を持っていることができれば彼女を見ることができます。"

  • Elizabeth, feeling really anxious, was determined to go to her, though the

    でも本当に不安感エリザベスは、、、彼女に行くと決定された

  • carriage was not to be had; and as she was no horsewoman, walking was her only

    キャリッジが持っていたことにはなかった、と彼女は歩いて、ない女性乗馬なかったように彼女だけだった

  • alternative.

    代替。

  • She declared her resolution. "How can you be so silly," cried her

    彼女は解決を宣言した。 "どうやってその愚かなことができる、"彼女は叫んだ

  • mother, "as to think of such a thing, in all this dirt!

    母、"すべてのこの汚れで、そのようなことを考えるように!

  • You will not be fit to be seen when you get there."

    あなたがそこに着くときに見られるように適合されません。"

  • "I shall be very fit to see Jane--which is all I want."

    "私は非常にジェーンを見て合うものとする - 私が望むすべてである。"

  • "Is this a hint to me, Lizzy," said her father, "to send for the horses?"

    "これは私、リジーへのヒントである、"彼女の父親は"馬のために送信するか?"

  • "No, indeed, I do not wish to avoid the walk.

    "いや、確かに、私は散歩を避けるためにしたくない。

  • The distance is nothing when one has a motive; only three miles.

    距離は1つが動機を持っているものではありません。わずか3マイル。

  • I shall be back by dinner."

    私は夕食でバックしなければならない。"

  • "I admire the activity of your benevolence," observed Mary, "but every

    "私はあなたの慈悲の活動を賞賛、"メアリーは、観察"が、すべての

  • impulse of feeling should be guided by reason; and, in my opinion, exertion should

    感のインパルスは、理由によって導かれるべき、と、私の考えでは、運動はすべき

  • always be in proportion to what is required."

    常に必要とされるものに比例してあります。"

  • "We will go as far as Meryton with you," said Catherine and Lydia.

    "我々はあなたとまでMerytonとして行く、"キャサリンとリディアは言った。

  • Elizabeth accepted their company, and the three young ladies set off together.

    エリザベスは自分の会社を受け入れ、三の若い女性が一緒にオフに設定します。

  • "If we make haste," said Lydia, as they walked along, "perhaps we may see something

    "我々は速攻を加えた場合は、"リディアは、おそらく我々は何かを見ることができる"、彼らは一緒に歩いて、言った

  • of Captain Carter before he goes."

    彼が行く前に、キャプテンカーターの。"

  • In Meryton they parted; the two youngest repaired to the lodgings of one of the

    Merytonで彼らは別れ、若い二人の一つの宿舎に修理

  • officers' wives, and Elizabeth continued her walk alone, crossing field after field

    役員の妻、そしてエリザベスは、フィールドの後にフィールドを越えて、一人で彼女の散歩を続けた

  • at a quick pace, jumping over stiles and

    速いペースで、スタイルズを飛び越えて

  • springing over puddles with impatient activity, and finding herself at last

    せっかちな活動と水たまりの上に生じ、そして最後に彼女自身を見つける

  • within view of the house, with weary ankles, dirty stockings, and a face glowing

    家のビュー内で、疲れた足首、汚れたストッキング、そして光っ顔を

  • with the warmth of exercise.

    運動の暖かさを持つ。

  • She was shown into the breakfast-parlour, where all but Jane were assembled, and

    彼女はすべてがジェーンに実装後、朝食、パーラー、に示された、と

  • where her appearance created a great deal of surprise.

    ここで、彼女の出現は驚きの大部分を作成した。

  • That she should have walked three miles so early in the day, in such dirty weather,

    彼女は、そのような悪天候で、その日中早いうちに3マイル歩いている必要があること

  • and by herself, was almost incredible to Mrs. Hurst and Miss Bingley; and Elizabeth

    と彼女自身が、夫人ハーストとミスBingleyほぼ信じられないほどでした。とエリザベス

  • was convinced that they held her in contempt for it.

    彼らはそれのための侮辱で彼女を開催と確信していた。

  • She was received, however, very politely by them; and in their brother's manners there

    彼女はそれらによって非常に丁寧に、しかし、受信され、そしてそこに彼らの兄のマナーで

  • was something better than politeness; there was good humour and kindness.

    礼儀正しさよりも良いものでした、良いユーモアと優しさがあった。

  • Mr. Darcy said very little, and Mr. Hurst nothing at all.

    ミスターダーシーは、すべてで非常に少ない、と氏ハーストは何も述べています。

  • The former was divided between admiration of the brilliancy which exercise had given

    前者は、運動が与えていた輝きの賞賛の間で分割され

  • to her complexion, and doubt as to the occasion's justifying her coming so far

    機会の正当化のように彼女の顔色、と疑問に彼女のこれまでのところ来て

  • alone.

    一人で。

  • The latter was thinking only of his breakfast.

    後者は彼の朝食だけを考えていた。

  • Her inquiries after her sister were not very favourably answered.

    彼女の姉妹の後の彼女のお問い合わせに関しては非常に好意的に答えはありませんでした。

  • Miss Bennet had slept ill, and though up, was very feverish, and not well enough to

    ミスベネットは病気に眠って、しかし上、非常に熱狂的、とにも十分ではなかったしていた

  • leave her room.

    彼女の部屋を残す。

  • Elizabeth was glad to be taken to her immediately; and Jane, who had only been

    エリザベスはすぐに彼女のために取られる嬉しかったです、とだけしていたジェーン、

  • withheld by the fear of giving alarm or inconvenience from expressing in her note

    彼女のノートに表現するからアラームまたは不便を与えることへの恐怖によって保留

  • how much she longed for such a visit, was delighted at her entrance.

    どれだけ、彼女は彼女の入り口に喜んでいた、そのような訪問のために憧れた。

  • She was not equal, however, to much conversation, and when Miss Bingley left

    彼女はミスBingleyが去ったときに多くの会話に、しかし、同じではなかった、と

  • them together, could attempt little besides expressions of gratitude for the

    一緒に、のために感謝の表現以外はほとんどを試みることができる

  • extraordinary kindness she was treated with.

    異常な親切は、彼女はで処理した。

  • Elizabeth silently attended her.

    エリザベスは黙って彼女に出席した。

  • When breakfast was over they were joined by the sisters; and Elizabeth began to like

    朝食が終わったとき、彼らは姉妹が加わった、とエリザベスは好きに始めた

  • them herself, when she saw how much affection and solicitude they showed for

    彼ら自身は、彼女がどれだけ愛情と心遣いを見たとき、彼らはのために示した

  • Jane.

    ジェーン。

  • The apothecary came, and having examined his patient, said, as might be supposed,

    薬剤師は、来て、彼の患者を診察した、だ、として想定される場合があります

  • that she had caught a violent cold, and that they must endeavour to get the better

    彼女は暴力的な風邪をキャッチしていたこと、そして彼らはより良いを得るために努力する必要があります

  • of it; advised her to return to bed, and promised her some draughts.

    それが、彼女はベッドに戻すことをお勧め、と彼女にいくつかのドラフトを約束した。

  • The advice was followed readily, for the feverish symptoms increased, and her head

    アドバイスは、熱狂的な症状が増加したため、容易に続いて、そして彼女の頭された

  • ached acutely.

    急性痛んだ。

  • Elizabeth did not quit her room for a moment; nor were the other ladies often

    エリザベスは、一瞬彼女の部屋を終了していない。また他の女性がよくいた

  • absent; the gentlemen being out, they had, in fact, nothing to do elsewhere.

    欠席、紳士が出ている、彼らは、実際には、他の場所には何の関係もなかった。

  • When the clock struck three, Elizabeth felt that she must go, and very unwillingly said

    時計が3襲ったとき、エリザベスは彼女が行かなければならないと感じた、と非常に不本意ながら言った

  • so.

    そう。

  • Miss Bingley offered her the carriage, and she only wanted a little pressing to accept

    ミスBingleyは彼女にキャリッジを提供し、そして彼女は少しだけ受け入れるために押していた

  • it, when Jane testified such concern in parting with her, that Miss Bingley was

    ジェーンはミスBingleyがあったこと、彼女との別れにそのような懸念を証言して、

  • obliged to convert the offer of the chaise

    長椅子の申し出を変換することが義務付け

  • to an invitation to remain at Netherfield for the present.

    現在のためにNetherfieldで推移する招待状に。

  • Elizabeth most thankfully consented, and a servant was dispatched to Longbourn to

    エリザベスは、最もありがたいことに同意し、サーバントがするLongbournに派遣され

  • acquaint the family with her stay and bring back a supply of clothes.

    彼女の滞​​在で家族を併せると衣服の供給を戻す。

CHAPTER 7

第7章

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 エリザベス ジェーン ベネット リディア 役員 ミスター

第07章 ジェーン・オースティンの高慢と偏見 (Chapter 07 - Pride and Prejudice by Jane Austen)

  • 65 28
    羅致 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語