Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • this video was made possible by skill share.

    この動画はスキルシェアによって実現しました。

  • Get unlimited access to over 25,000 classes for free for two months by signing up at S K a l dot shh slash real life floor 25.

    S K a l dot shh slash real life floor 25に登録すると、25,000以上のクラスが2ヶ月間無料で無制限に利用できるようになります。

  • Whenever you're flying in an airplane and you're looking out the window, you generally feel pretty safe.

    飛行機に乗っていて窓の外を見ていると、大体はかなり安心感があります。

  • Air travel, after all, is statistically the safest way that you can travel.

    空の旅は、すべての後に、統計的にあなたが旅行することができます最も安全な方法です。

  • But what happens during the rare times when it's not safe?

    しかし、まれに安全ではない時はどうなるのでしょうか?

  • And how could you survive if, say, the plane exploded up in the air and you had a fall all the way down to the crowned without a parachute?

    で、もし飛行機が空中で爆発してパラシュートなしで墜落したらどうやって生き残ればいいんだ?

  • It seems impossible, but surprisingly, people have done it before, and none have fallen from, ah, higher distance than Vesna Vlaovic, the woman who survived a fall from 33,000 ft up in the sky.

    それは不可能に思えるが、驚くべきことに、人々は以前にそれを行っており、誰も、ああ、空の33,000フィートから落下して生き残った女性、ヴェスナ・ヴラオヴィッチよりも高い距離から落ちていない。

  • Villa Vich was born in Belgrade in what was then Yugoslavia and became a flight attendant for J.

    ヴィラ・ヴィッチは、当時のユーゴスラビアのベオグラードで生まれ、J.V.V.の客室乗務員になりました。

  • A T, which was Yugoslavia's national airline less than one year after she had gotten the job, and at the young age of only 22 she was a part of the flight crew on J 80 flight 367 On January 26th, 1972 the plane was flying from Stockholm to Belgrade with two stopovers along the way, scheduled in Copenhagen and Zagreb.

    1972年1月26日、彼女はストックホルムからベオグラードに向けて、コペンハーゲンとザグレブで2回の途中降機を予定していた。

  • And it was in Copenhagen, where the original crew was cycled out with fellow Vick's crew.

    そしてコペンハーゲンでは、オリジナルのクルーがヴィックの仲間のクルーと一緒に自転車で移動していました。

  • It was a fateful accident because below vich wasn't even supposed to be on the flight.

    ヴィッチ以下は便乗してないはずなのに運命的な事故だった。

  • But the company had apparently mistaking her with another flight attendant, also named Vesna.

    しかし、会社はどうやら彼女を別の客室乗務員と勘違いしていたようだ。

  • Regardless, she and her crew boarded the flight anyway, and the plane took off from Copenhagen towards the grab the flight, initially, when smoothly and everything was calm for a while.

    それにもかかわらず、彼女と彼女の乗組員はとにかくフライトに搭乗し、飛行機は、最初は、スムーズに、すべてがしばらくの間穏やかだったときに、グラブフライトに向かってコペンハーゲンから離陸しました。

  • But 46 minutes into the flight, when the plane was just above the town of Serbska common Nitze and Czechoslovakia, something unusual happened.

    しかし、飛行中の46分、飛行機がちょうどセルブスカ・コモン・ニッツェとチェコスロバキアの町の上空にいたとき、異常なことが起こった。

  • A bomb went off in the Plains luggage compartment.

    平野の荷物置き場で爆弾が爆発した。

  • The plane was cruising at an altitude of 33,330 ft when the explosion took place, and as a result, the entire plane broke apart into pieces.

    爆発が起こったとき、飛行機は高度33,330フィートで巡航していたが、その結果、飛行機全体がバラバラに壊れた。

  • There were 28 people on board the plane, counting all passengers and crew members.

    飛行機には28人が乗っていて、乗客や乗務員を数えていました。

  • The cabin immediately became depressurized, and everybody was blown out to fall down to their deaths.

    キャビンはすぐに減圧状態になり、全員が吹き飛ばされて転落死した。

  • Except for Malevich at the height of 33,330 ft, the height that everybody had to fall from was essentially the same as Mount Everest, with Mount Washington in New Hampshire stacked on top.

    33,330フィートのマレビッチを除けば、誰もが落ちなければならない高さは、ニューハンプシャー州のワシントン山を上に重ねたエベレストと本質的に同じだった。

  • Gilovich, however, had a Siris of almost miraculous events on her side that saved her life.

    しかし、ジロビッチの側には奇跡に近い出来事のシリスがいて、それが彼女の命を救った。

  • First.

    最初に

  • When the explosion happened, she was hit by a food cart that pinned her down in the back of the plane fuselage.

    爆発が起きた時、彼女は屋台に轢かれて飛行機の胴体後部に挟み込まれた。

  • This prevented her from getting blown out of the cabin like what had happened to everybody else.

    これは、彼女がキャビンから吹き飛ばされるのを防ぐために、他の人に起こったようなことが起こっていた。

  • After falling in horrific freefall, the entire 33,000 ft pinned inside the fuselage landed at an angle in a heavily forested mountainside covered in a thick layer of snow that helped insulate the landing further.

    恐ろしいフリーフォールで落下した後、機体内部に固定された33,000フィートの全体は、厚い雪の層に覆われた森林の山腹に斜めに着陸し、着陸をさらに断熱するのに役立ちました。

  • Gilovich suffered from very low blood pressure.

    ジロビッチは非常に低血圧に悩まされていました。

  • This caused her to pass out and lose consciousness the moment the bomb went off in the cabin depressurized.

    そのため、キャビン内で爆弾が減圧された瞬間、彼女は気を失って意識を失ってしまった。

  • This also prevented her heart from bursting by the force of the crash impact on the mountainside.

    これもまた、山腹への衝突衝撃の力で彼女の心臓が破裂するのを防いだ。

  • Vlaovic had lied about her heart condition during her interview at J.

    ヴラオヴィッチはJのインタビューで心臓の状態について嘘をついていた。

  • T, out of fear of not getting the job and had apparently drank a quote exorbitant amount of coffee to pass her medical exam.

    Tは、仕事を得られないことを恐れて、どうやら彼女の健康診断に合格するために、法外な量のコーヒーを飲んでいたらしい。

  • A local check Villager who lived nearby quickly arrived at the scene of the crash to search for survivors and discovered Gilovich alive inside of the wreckage she had been screaming in her turquoise.

    近くに住んでいたローカルチェックの村人が生存者の捜索のためにすぐに墜落現場に駆けつけ、ターコイズで叫んでいた残骸の中から生きたままのジロビッチを発見した。

  • Uniformed was covered in blood.

    制服は血まみれになっていた。

  • While Gilovich was indeed alive.

    ジロビッチが生きている間に

  • She had suffered a fractured and hemorrhaged skull.

    彼女は頭蓋骨を骨折して出血していました。

  • Both of her legs were broken.

    両足が折れていました。

  • Her pelvis was shattered.

    彼女の骨盤は粉々になっていた。

  • She had several broken ribs and three broken vertebrae, but still alive.

    肋骨が数本折れ、椎骨が3本折れていたが、まだ生きていた。

  • She may have died from her injuries inside of the wreckage, and we would have never known that she survived the fall at all.

    彼女は残骸の中で怪我をして死んだのかもしれないし、彼女が落ちてきた時に生き残っていたとは全く知らなかっただろう。

  • Were it not for the local Villager who discovered her and who just happened to have been a medic during the Second World War, he managed to keep her alive long enough for emergency services to arrive.

    彼女を発見した地元の村人と、第二次世界大戦中にたまたま衛生兵になっていた人がいなければ、彼は救急隊が到着するまで彼女を生かしておくことができた。

  • That took below which to the closest hospital, and it was there that they managed to save her life.

    それが一番近い病院の下を通って、彼女の命を救うことができたのはそこにあった。

  • She suffered a coma for a month and had complete amnesia of everything that had happened one hour prior to the crash.

    彼女は1ヶ月間昏睡状態に陥り、墜落の1時間前に起きたすべてのことを完全に記憶喪失に陥っていました。

  • Up to the moment that she woke up again.

    彼女が再び目を覚ました瞬間まで。

  • The last thing that she remembered where the passengers getting on board the plane.

    最後に彼女が覚えていたのは、乗客がどこで飛行機に乗り込んできたのかということだった。

  • She woke up to her parents, who had to show her in newspaper article about the crash before she believed what had actually happened to her.

    彼女が目を覚ましたのは、彼女に実際に起こったことを信じる前に、墜落事故についての新聞記事で彼女を見せなければならなかった彼女の両親だった。

  • The bombing of J 80 Flight 367 was likely part of a terror campaign conducted by Croatian nationalists against the Yugoslav government.

    J80便367便の爆破は、クロアチアの民族主義者がユーゴスラビア政府に対して行ったテロ作戦の一環であった可能性が高い。

  • The very same day of the plane bombing, a train traveling from Vienna to Zagreb was also bombed.

    飛行機爆破事件と全く同じ日に、ウィーンからザグレブに向かう列車も爆破された。

  • Croatian nationalists carried out a total of 128 terror attacks against Yugoslav civilian and military targets between 1962 and 1982.

    クロアチアの民族主義者は、1962年から1982年の間にユーゴスラビアの民間人や軍事的標的に対して計128回のテロ攻撃を行いました。

  • However, nobody was ever held accountable for the bombing of J 80 Flight 367 and to date, no arrests or suspects have ever been made in connection with the attack.

    しかし、J80便367便の爆破事件の責任を問われた者は一人もおらず、現在に至るまで、この事件に関連して逮捕者や容疑者が出たことは一度もない。

  • As for Vista, below vich she continued to live a long life after she survived The impossible every year after that was kind of like a bonus year that she could enjoy.

    ヴィスタに関しては、ヴィッチ以下、彼女が生き残った後も長生きを続けていましたが、その後の毎年の不可能は、彼女が楽しむことができるボーナスイヤーのようなものでした。

  • Afterwards.

    その後のことです。

  • She regained her ability toe walk only 10 months after the crash, and she spent a total of 16 months in recovery.

    彼女は事故からわずか10ヶ月後につま先立ちで歩けるようになり、合計16ヶ月の回復期間を過ごしました。

  • Her parents had to sell both of their family cars in order to pay for her medical bills.

    彼女の両親は、彼女の医療費を支払うために、両方の家族の車を売らなければならなかった。

  • But still, she was alive.

    それでも彼女は生きていた

  • Since she had no memory of the fall, she never developed a fear of flying and wanted to continue being a flight attendant.

    墜落した記憶がないので、飛行機に乗るのが怖くなく、これからも客室乗務員を続けたいと思っていたそうです。

  • The airline feared the publicity of having her on board another plane, though, so they moved her down into a desk job.

    しかし、航空会社は彼女を別の飛行機に乗せることの宣伝を恐れ、彼女をデスクワークに移した。

  • Vesna Vlaovic became a kind of celebrity in Yugoslavia afterwards, who was celebrated as a hero across communist Europe and the Soviet Union.

    ヴェスナ・ヴラオヴィッチはその後ユーゴスラビアで一種の有名人となり、共産主義ヨーロッパとソビエト連邦を越えて英雄として称えられた。

  • She was never able to have Children of her own due to complications from her injuries, and she was fired from J 80 in the 19 nineties for taking part in anti government protests against Slobodan Milosevic in what's possibly the lay missed smear campaign ever conducted in history.

    彼女は怪我の合併症のために自分の子供を持つことができませんでしたし、彼女はおそらく歴史上で行われた中傷キャンペーンを見逃していたのではないかと思われるスローボダン・ミロセビッチに対する反政府デモに参加したために、1990年代にJ80を解雇されました。

  • Pro Milosevic tabloids attacked her story by claiming that her plane had actually been shot down by a Czechoslovak missile and that she had actually Onley fallen from a slightly lesser altitude.

    プロのミロシェビッチのタブロイド紙は、彼女の飛行機は実際にチェコスロバキアのミサイルによって撃墜されたと主張することによって、彼女の話を攻撃し、彼女は実際にオンリーは少し低い高度から落ちてきた。

  • Regardless, her fax one out, and she continued to live her life until 2016 where she passed away in her apartment from her heart complications.

    それにもかかわらず、彼女のファックスは、彼女は彼女の心臓の合併症から彼女のアパートで亡くなった2016年までの生活を続けていました。

  • She was 66 years old, and she died 44 years after she was supposed to die aboard J 80 Flight 367 The Reaper comes for everybody eventually, but sometimes people like Vesna Gilovich say no, not today, and the Reaper had toe wait 44 MAWR years before he came knocking again.

    彼女は66歳で、彼女はJ 80便367に乗って死ぬことになってから44年後に死んだ 死神は結局誰にでもやってくるが、時々ヴェスナ・ジロビッチのような人は今日ではなく、ノーと言い、死神は再びノックしてくるまで44MAWRの年を待たなければならなかった。

  • Life is full of 2nd, 3rd or fourth chances, and they don't always have to be so dramatic.

    人生には2回目、3回目、4回目のチャンスがいっぱいありますが、それが必ずしも劇的なものであるとは限りません。

  • Sometimes you may just want to get another chance with a new job, a new hobby or a new passion.

    新しい仕事、新しい趣味、新しい情熱でまたチャンスを得たいと思うこともあるでしょう。

  • But those all often require you to learn a new set of skills that you haven't experienced yet.

    しかし、それらはすべて、しばしばあなたがまだ経験していない新しいスキルのセットを学ぶ必要があります。

  • I've been wanting to actually film more videos for this channel lately, so I've been taking a course on skill share called D.

    最近、このチャンネルのためにもっと動画を撮りたいと思っていたので、スキルシェアのDという講座を受講してきました。

  • I.

    I.

  • Y cinematography.

    Yシネマグラフィー。

  • Make your video look like a movie by Ryan Booth, a filmmaker who's worked on projects for MTV and Spotify.

    MTVやSpotifyのプロジェクトに携わってきた映像作家、ライアン・ブースが、あなたのビデオを映画のように見せてくれます。

  • If you're an aspiring filmmaker too thin, I highly recommend checking out that class.

    映画監督志望の人が薄っぺらい人は、ぜひそのクラスをチェックしてみることをお勧めします。

  • But even if you're not, skill share has over 25,000 classes on an enormous variety of different subjects.

    しかし、そうでなくても、スキルシェアでは、膨大な種類の科目で25,000以上のクラスがあります。

  • So if there's something that you've been wanting to learn, then there's a good chance that they have a course on it.

    だから、もしあなたが学びたいと思っていたことがあれば、それに関する講座がある可能性が高いのです。

  • The best news is that whatever it is you're wanting to learn, there's no risk to check it out because you can watch any of their courses completely for free for two entire months.

    最高のニュースは、それがあなたが学びたいと思っているものは何でも、あなたが2ヶ月間全体のために完全に無料で彼らのコースのいずれかを見ることができるので、それをチェックアウトするリスクがないということです。

  • When you click the link in the description or by heading over to s K l dot s h slash real life floor 25.

    あなたが説明のリンクをクリックすると、またはs K lドットs hスラッシュリアルライフフロア25への見出しで。

  • So go ahead and check them out and learn something cool in new and thank you for watching, okay?

    だから先に行って、それらをチェックアウトして、新しい中にクールな何かを学び、大丈夫、見てくれてありがとう?

this video was made possible by skill share.

この動画はスキルシェアによって実現しました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 飛行 墜落 乗務 爆破 コペンハーゲン キャビン

女性がパラシュートなしで33,000フィートの高さから落ちても生き延びた方法 (How a Woman Survived Falling 33,000 Feet Without a Parachute)

  • 9 1
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 23 日
動画の中の単語