Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • -Keira, thank you so much for coming on the show.

    -キエラ、来てくれてありがとうございます。

  • It's so good to see you. -And you. Thank you.

    (アルマン)久しぶりに会えてよかった-(美月)ありがとうございます(達也)ありがとうございます

  • -I love that room you're in. What room are you in?

    -(達也)いい部屋だね (みのり)何の部屋?何の部屋?

  • -I'm in the garage. I'm in the garage.

    -ガレージにいる車庫にいる

  • And my -- No, but this is so --

    私の...いや、でもこれは...

  • The garage got converted sort of to a studio,

    ガレージをスタジオに改造したんだ

  • music studio, because my husband's a musician.

    夫がミュージシャンだから音楽スタジオ

  • -Yep.

    -(アルマン)うん

  • -But I've basically been told that I'm not allowed

    -(半田)でも基本的には "ダメだよ "って言われてるんだけど

  • to touch anything if I'm in here.

    私がここにいたら何も触らないでください。

  • So, like, the terror.

    恐怖のようなものだ

  • I don't know what all of this stuff is.

    何が何だかわからないんだけど

  • But, like, he's literally been like,

    でも、彼は文字通りのようなものだ。

  • "You touch anything, I'll know about it."

    "何かに触ったら、それを知ることになる"

  • So I've kind of sat here like this in the garage.

    ガレージの中でこんな風に座っていたんだ

  • -No, yeah, exactly. -Yeah, so, that's where I am.

    -いや、その通りだ-そうですね、だから今はそこですね。

  • -There's little nodules and knobs and things that you go,

    -小さな結節点やツマミがあるんだよ

  • "Oh, if you mess with one thing --" No.

    "あぁ、一つのことに手を出したら..."駄目だ

  • -No. You know, I had to plug my phone in a thing,

    -いや、携帯のプラグを差し込む必要があったんだ

  • and he's like, "Whoa, whoa!

    とか言って、「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

  • What are you doing?!"

    何をしているんだ!"

  • And, so, I mean, everything is --

    それで、つまり、すべてが...

  • -Don't even look at it! Don't even look at it!

    -見るな!見るな!

  • Yeah, yeah, yeah. -No. It's the room of terror.

    そうそう、そうそう、そうそう-いや、恐怖の部屋だよ。

  • Yeah, so, I'm in here.

    ああ、だから、ここにいる。

  • But the good news is that there's sort of soundproofing

    しかし、良いニュースは、防音のようなものがあるということです。

  • so you won't hear what's going on upstairs,

    上で何が起こっているのかは聞こえないだろう

  • which is I think my 5-year-old going completely ballistic,

    私の5歳児が完全に暴走していると思います。

  • because it's bedtime and mommy's is not putting her to bed.

    寝る時間なのにママが寝かしつけてくれないからよ

  • Daddy's putting her to bed, so the whole house is in carnage.

    パパが彼女を寝かしつけているので、家中が大騒ぎです。

  • And I'm locked in the basement, so it's great.

    地下室に閉じこもってるし、最高だよ。

  • -Everything's great. Congratulations, by the way.

    -(徳井)順調ですね (馬場園)おめでとうございますところで おめでとうございます

  • You had another baby since I last saw you.

    最後に見た時から、また子供ができたのね。

  • -Yes. -How is she doing?

    -(山里)どうですか?

  • How old? -She's good.

    (アルマン)何歳?-(アルマン)いい子だよ

  • Well, she's like -- She's a year now, yeah.

    彼女はもう一歳だよ

  • And, you know, we went into lockdown

    そして、私たちは、ロックダウンに入った。

  • when she was about 6 months, so she's had a very strange life.

    ヶ月くらいの時には、とても不思議な生活をしていました。

  • And, you know -- And that sort of involved

    そして、それには...

  • my then-4-year-old, who turned 5 in lockdown,

    当時4歳だった私は5歳になりましたが、監禁されています。

  • sort of running around her a lot, you know,

    彼女の周りを走り回っているようなものだ

  • because we couldn't go out.

    外出できなかったから

  • So she's running around her.

    だから彼女は彼女の周りを走り回っている。

  • And the baby, who I thought would be sat

    座っていると思っていた赤ちゃんも

  • and very easy to look after for quite a while,

    と非常にお世話になりやすいです。

  • at 9 months, just decided to get up and start walking.

    9ヶ月の時、ちょうど立ち上がって歩き始めることにしました。

  • -No.

    -いいえ

  • -Which I didn't even think was possible,

    -ありえないと思っていたのに

  • because her feet were like this.

    なぜなら、彼女の足はこんな感じだったからです。

  • It didn't look physically possible.

    物理的には無理そうだった。

  • Her feet were that big. -I love those babies.

    (徳井)足がデカかったですね (馬場園)足が-(馬場園)大好きな子たちです

  • Yeah, yeah. I know that.

    ああ、そうだな。それは知っています。

  • -There's little, tiny --

    -ちっちゃい、ちっちゃい...

  • You know, big butts and, like, tiny, little feet.

    お尻が大きくて、足が小さい。

  • And I think at any other point, if we hadn't been locked down,

    他の時点でも思うんだが、もしロックダウンされていなかったら

  • I would have been like, "Whoa!

    私だったら「うわぁ!」ってなってしまいますよね。

  • My kid's a genius."

    "俺の子供は天才だ"

  • And, as it was, I was just like, "Sit the [bleep] down.

    で、そのまんまだったんですが、「[ピッ]と座って」って感じでした。

  • We are not ready for this, as well."

    私たちもまだ準備ができていません。"

  • -Like, "Come on. Just go back to crawling."

    -"さあ "みたいな"ハイハイに戻って "みたいな

  • -Yes, crawling. Anything. -Skipped over crawling.

    -(徳井)はい ハイハイ(アルマン)何でもいいよ-(徳井)クロールはスキップした

  • -She didn't crawl at all.

    -全然 這ってこなかったんですよね

  • Like, we put her on her belly to crawl,

    お腹に乗せて這うようにしています。

  • and she'd look at you like,

    彼女はあなたを見ていた

  • "What the [bleep] are you doing?"

    "何をしてるんだ?"

  • -Like, "This is ridiculous.

    -バカバカしい」みたいな。

  • Let me show you what I'm about to do,"

    "これからやることを見せてやろう"

  • and starts walking around.

    と歩き始める。

  • -Yeah, so it's walking.

    -(達也)歩いてるんだよね?

  • -We talked about your oldest daughter's obsession with

    -(山里)長女のこだわりの話をしましたね

  • "Paw Patrol" last time.

    "Paw Patrol" 前回は

  • Is she still in that phase or no?

    彼女はまだその段階にいるのか、いないのか。

  • Something else.

    他にも何かある

  • -No, that phase is gone, and now it's The Beatles.

    -いや、その段階は終わって、今はビートルズだ。

  • -[ Gasps ] Oh, how fun. -Yes.

    -なんて楽しいんだ。-そうだな。

  • I mean, yes, it is fun. It's fun.

    そうですね、楽しいですよね。楽しいですよ。

  • So, she -- But it's really obsessive.

    だから彼女は... でも本当に強迫観念にとらわれていて

  • So it will be -- She knows all of the --

    彼女は全てを知っていて...

  • Well, there's four films, which, you know,

    まあ、4つの映画があるんだけどね。

  • I'm a fan of the Beatles, but the films aren't that great.

    ビートルズのファンだけど、映画はそこまで素晴らしいものではない。

  • But we watch the films on a loop.

    でも、映画はループで見ています。

  • So, "Hard Day's Night" --

    ということで、"ハード・デイ・ナイト" --。

  • she literally knows all the words to "Hard Day's Night."

    彼女は文字通り "Hard Day's Night" の単語を全て知っている

  • Every time -- Paul McCartney is her big one,

    ポール・マッカートニーは彼女の大物です。

  • and every time Paul McCartney comes on the screen,

    と、ポール・マッカートニーが登場するたびに

  • she just screams.

    彼女は叫んでるだけだ

  • -[ Gasps ] She loves them.

    -彼女は彼らが好きなんだ。

  • -And we didn't even tell her that that was a thing, you know,

    -そんなことは彼女にも言ってないよ

  • with The Beatles, that people scream.

    ビートルズと一緒に、人々が叫ぶこと。

  • But she just has this natural reaction

    ただ、彼女はこのような自然な反応をしているだけです。

  • where she must scream at Paul McCartney

    ポール・マッカートニーに向かって叫ばなければならないところ

  • every time she sees him.

    彼女は彼を見るたびに

  • -No way. Isn't that bizarre? -Yeah. It's quite weird.

    -(美月)ウソでしょ変じゃないですか?-(アルマン)そうだね 変だよね

  • -How did you get her into it? Is that you or your husband?

    -どうやって彼女を巻き込んだの?それはあなたなのか、それとも旦那さんなのか?

  • -It was not me.

    -私じゃない

  • It was the person that this belongs to.

    これが属している人だったのです。

  • -Yeah. I love -- I remember listening to, like --

    -聴いていたのを覚えているのは...

  • Did she start off with, like, "Ob-La-Di, Ob-La-Da"

    彼女は「オブラディ、オブラダ」で始めたのか?

  • and, like, go from there?

    そこから先は?

  • -Yeah, we did a bit of "Ob-La-Di, Ob-La-Da,"

    -"オブラディ、オブラダ "をやったよね

  • and then, you know, you think,

    とか考えてしまう。

  • "Oh, it's going to be 'Yellow Submarine,'

    "イエロー・サブマリン "になりそうだな

  • and it's not, but her favorite album is "Abbey Road,"

    そうではなくて お気に入りのアルバムは "アビーロード "だ

  • and "Oh! Darling" is her favorite track.

    そして「Oh!Darling」は彼女のお気に入りの曲です。

  • You know, I mean, she's deep in. She's, like -- She's deep in.

    つまり、彼女は奥が深いんだ。彼女は...彼女は深いんだ。

  • And, before that, you know, last year,

    で、その前に、去年の話ですが

  • it was Kate Bush.

    ケイト・ブッシュだった

  • And she was so obsessed with Kate Bush

    そして、彼女はケイト・ブッシュに夢中になっていました。

  • that if we wanted to listen to anything else,

    他に何か聞きたいことがあれば、と。

  • we had to pretend that they were related to Kate Bush

    ケイト・ブッシュと関係があると 思わせていました

  • in some way.

    何らかの形で

  • So it was, you know, Bob Marley Bush

    そう、ボブ・マーリー・ブッシュだったんですね。

  • and PJ Harvey Bush and, you know, all of this.

    PJハーベイ・ブッシュや...

  • Yeah, it's like sneaking the veggies in with the food, yeah.

    ああ、こっそりと野菜を入れてるようなものだよ、うん。

  • -Yeah, exactly.

    -(アルマン)そうだね (政子)そうだね

  • You know, you're kind of getting it all in there.

    何となく全部入り込んでいるような気がしますが

  • So, now it's only friends of The Beatles.

    だから、今はビートルズの友達だけになってしまった。

  • We're allowed to listen to friends of The Beatles.

    ビートルズの友達を聴かせてもらっています。

  • -Now, is other kids her age

    -(山里)今 他の子は同い年なんですか?

  • into The Beatles or any idea what --

    ビートルズか何かに...

  • -No. -No, nothing.

    -何でもない

  • -No. So, I think this has been a bit of a problem,

    -いや、だから、これはちょっと問題になっていると思うんですよね。

  • because schools have just reopened here.

    学校が再開したばかりだからだ

  • So she's just gone back to school,

    学校に戻ったのね

  • which, you know, has been tricky, because at home,

    家にいる時には、それが厄介だった。

  • she's just been watching the iPad

    彼女はiPadを見ているだけ

  • and having chocolate shoved down her throat

    チョコを喉に押し込んで

  • to try and get her to do schoolwork.

    学校の勉強をさせようとしています。

  • And now she's going to school, and, obviously,

    そして今、彼女は学校に行っています、明らかに。

  • yeah, that's not happening anymore.

    ああ、もうそれはないな。

  • So, yeah, but the other thing is that all of the kids

    だから、そうなんだけど、他のことは、子供たちはみんな

  • obviously think she's a bit weird

    怪しいと思っている

  • because they're not into The Beatles,

    彼らはビートルズに興味がないからだ

  • and when she tries --

    彼女がしようとすると...

  • And she really has a lot of knowledge,

    そして、彼女は本当に多くの知識を持っています。

  • so she'll talk about Ravi Shankar

    ラヴィ・シャンカールの話をするだろう

  • and she'll talk about sitar playing

    シタールを弾くことについて話してくれる

  • and she'll do the whole thing.

    と言って、彼女が全部やってくれます。

  • -What?! That is awesome.

    -(徳井)えっ!それはすごいですね。

  • -So, I think that's what we managed to do during lockdown

    -だから、ロックダウンの時には、それができたと思う。

  • was create a Beatles maniac,

    はビートルズマニアを生み出した。

  • but maybe reading and writing -- not so much.

    読んだり書いたりするのはあまりしないけど

  • -No. Hey, look, you start with The Beatles,

    -ビートルズから始めよう

  • that's a good investment.

    それは良い投資だ

  • -So far, her record has been nine hours

    -(徳井)これまでの記録は9時間です

  • listening to them solidly.

    しっかりと聞いています。

  • -Wow.

    -(徳井)うわー

  • -And, yeah -- Yeah, it's been intense.

    -それで...

  • But she does actually -- At the moment,

    でも彼女は実際に...

  • she's saying that what she really wants

    彼女が言うには

  • for her birthday party when she's 6

    彼女が6歳の時に誕生日パーティーのために

  • is a Beatles birthday party.

    はビートルズの誕生日パーティーです。

  • And she wants it "Sgt. Pepper's"-themed

    "ペッパー巡査部長 "をテーマにしたものにしたいそうです

  • and she wants to go as Paul McCartney,

    ポール・マッカートニーとして行きたいそうです。

  • which I'm so hoping happens.

    そうなることを願っています

  • But I feel like, you know, she's back at school,

    でも、なんだか、彼女が学校に戻ってきたような気がします。

  • and all the kids are looking at her like she's a freak.

    とか言って、子供たちはみんな彼女のことをキモオタみたいに見ている。

  • And it's going to be, like,

    とかになりそうです。

  • princess, sparkly, unicorn party, you know?

    お姫様、キラキラ、ユニコーンパーティーとか

  • -That's where I'm at, too.

    -(達也)俺もそうだよね (悠里子)うん

  • I'm at princess sparkly unicorn, yeah.

    プリンセスキラキラユニコーンにいるよ、うん。

  • But You could throw in a couple of ob-la-dis or ob-la-das.

    でも、オブラディスかオブラダを入れてもいいんじゃない?

  • -Yeah. -Yeah.

    -(アルマン)そうだね (政子)そうだね

  • -The walrus man will maybe come into

    -セイウチの男が入ってくるかもしれない

  • the princess-sparkly party at some point.

    どこかのタイミングでお姫様スパークリーパーティー

  • -Right? Why not? -Why not?

    -(美月)でしょ?(達也)何で?-(達也)何で?

  • -I was reading you had an obsession growing up

    -読んでたんだけど、あなたは何かに取り憑かれていたのね。

  • that wasn't as popular in other kids's houses.

    他の子供の家では人気がなかったからな

  • -Yeah. It was "The Godfather."

    -"ゴッドファーザー "だよ

  • -How did you get ahold --

    -どうやって連絡を取った?

  • How did you watch "The Godfather?"

    "ゴッドファーザー "を見た感想は?

  • -Well, I was about 11 or 12, and I think --

    -私は11か12歳くらいで...

  • You know, it was back in the time when we had VHSes,

    VHSがあった時代に戻ってきたんだよな

  • and my parents had the video.

    と親がビデオを持っていました。

  • So, I stole the video.

    だからビデオを盗んだ

  • I think I'd watched it -- I really remember watching it

    見ていたような気がする -- 本当に見ていたのを覚えています。

  • through, like, the banisters or the stair

    突き抜けて

  • and, like, being, "This is the best thing

    とか、「これは最高のことだ」とか。

  • that I've ever seen in my life."

    "今まで見たこともないような"

  • And so I stole it and I'd watch it secretly.

    だから盗んでこっそり見ていました。

  • But so much that I actually knew the whole thing off by heart.

    でも、それだけではなく、実際には全てを暗記して知っていました。

  • I was, like, completely obsessed,

    完全に夢中になってた

  • and I lost friends over it, because friends would come over,

    そのことで友達を失ったんだ 友達が来てくれるから

  • and I'd be like, "We've got to watch 'The Godfather.'"

    "ゴッドファーザーを見ないと "って感じだった

  • And they'd be obviously more interested in

    そして、彼らは明らかに

  • princess-sparkly things.

    お姫様のようなキラキラしたもの

  • -Who did you like being?

    -誰が好きだったの?

  • Were you Marlon Brando? Were you Al Pacino?

    マーロン・ブランドだった?アル・パチーノだった?

  • Were you -- -No, I was Al Pacino.

    アル・パチーノだったの?

  • I was Michael Corleone. -[ Gasps ]

    私はマイケル・コルレオーネだった。-[ Gasps ]

  • -So you were slowly closing your door and stuff.

    -ゆっくりとドアを閉めたりしてたんだね

  • -Yeah, yeah, yeah.

    -そうそう、そうそう、そうそう

  • And, you know, that kind of psychotic

    とか、そういう精神的なものを

  • sort of quiet, brooding power.

    静かで陰鬱な力のようなものだ

  • I mean, oh, I loved it. Oh!

    つまり、ああ、私はそれを愛していました。ああ!

  • I mean, literally when I was 11.

    文字通り11歳の時に

  • I mean, power-hungry 11, wannabe Mafia boss.

    つまり、権力に飢えた11人のマフィアのボス。

  • You can see it, right?

    見えるんですよね?

  • It's, like, obvious in my casting.

    私のキャスティングを見れば一目瞭然よ

  • That's what I should be.

    それが私のあるべき姿です。

  • -Now I'm going to look more every time I look at your films

    -あなたの映画を見るたびに、もっと見るようになりました。

  • and be like, "Oh, that's --

    とか言って、「あ、それは...

  • She's doing Al Pacino right there.

    彼女はアル・パチーノをやっています。

  • I can see it." -Yeah, yeah.

    "見える"-(´・ω・`)

  • That's the Al Pacino moment.

    それがアル・パチーノの瞬間です。

  • -Can I tell you? This is a real, true thing.

    -(山里)言っていいですか?これは本当の、本当のことなんですよ。

  • This is before I was even researching you

    君のことを調べる前のことだ

  • coming on the show.

    番組に出てくる

  • The last two days, two of my friends, separate friends,

    この二日間、別々の友人の二人。

  • told me that they watched "Pride & Prejudice"

    高慢と偏見を見たと言っていた。

  • and how much they loved it.

    と、どれだけ愛されていたことか。

  • -Oh, that's nice. -And I go, "That's so bizarre."

    -(徳井)いいじゃん (山里)"あー いいじゃん "って-"何か変だな "って思って

  • I go, "Keira's coming on like today."

    私は "キーラが今日みたいな感じになってきた "と言いに行く

  • I go, "I just had these discussions

    私「今、こういう議論をしたんだけど

  • with two separate people about how much they love it

    別々の人と好きなことを話しながら

  • and they love the direction."

    演出が好きなんです。"

  • People were talking about Joe Wright,

    ジョー・ライトの話をしていた

  • and I was saying how fun he is, 'cause I hung out with him

    私は彼と一緒にいたから、彼がどれだけ楽しいか言っていました。

  • years ago, and we had just fun.

    何年も前のことですが、私たちはただ楽しんでいました。

  • But I'm like, "It is great. I haven't seen it in so long."

    でも、"すごいね。"久しぶりに見た "って感じです

  • But it's bizarre that, like, you're on, like,

    でも、奇妙なことに、あなたが乗っているような。

  • all these different lists of quarantine viewing.

    隔離観賞のリストが全部違うんだけど

  • -Am I?

    -私が?

  • -Yes. -That's -- Oh.

    -そうだよ

  • I mean, I understand it with -- Yeah, "Pride & Prejudice,"

    「高慢と偏見」で理解したよ

  • because it's so pretty and lovely,

    だって、とても可愛くて素敵なんだもの。

  • and you sort of want to, you know --

    そして、あなたは、あなたがしたいと思っているような...

  • We all want to live in that land, don't you?

    みんなあの土地に住みたいと思っているのではないでしょうか?

  • It's like, "That would be nice." -Yeah, you don't want reality.

    "あったらいいな "みたいな感じで-(YOU)そうだよね 現実はいらないんだよね

  • -Yeah. No, no, we definitely don't want reality.

    -(徳井)うんいやいや、絶対にリアリティは求めてないですよ。

  • We want, like, you know, a nice party

    私たちは、あなたが知っているように、私たちは、あなたが知っているように、素敵なパーティーをしたいと思います。

  • where everybody is lovely.

    みんなが素敵なところ。

  • Yeah, no, that's lovely.

    ああ、いや、それは素敵なことだ。

  • But it's funny, because I didn't know that,

    でも、知らなかったから面白い。

  • but I have been being recognized an awful lot

    でも、私は、かなりの数を認識されています。

  • walking around the street, and I'm not normally.

    街中を歩いていても、普段は

  • And it's weird, because I've got a mask on, as well,

    マスクもしてるから変なのよ