Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • CHAPTER 4

    第4章

  • When Jane and Elizabeth were alone, the former, who had been cautious in her praise

    ジェーンとエリザベスは、彼女だけ賞賛に慎重だった前者であったときに

  • of Mr. Bingley before, expressed to her sister just how very much she admired him.

    氏Bingleyの前に、彼女が彼を賞賛どれだけ非常に彼女の妹に表明した。

  • "He is just what a young man ought to be," said she, "sensible, good-humoured, lively;

    "彼はちょうど何若者があるべきである、"彼女は生き生きと、上機嫌な、賢明な"、言った。

  • and I never saw such happy manners!--so much ease, with such perfect good

    そして私はそのような幸せなマナーを見たことがない - !あまりそのような完璧な良いと、容易に

  • breeding!"

    繁殖!"

  • "He is also handsome," replied Elizabeth, "which a young man ought likewise to be, if

    "彼はまたハンサムです"と、エリザベスは、次の場合、若い男が同様になるはずなる"と答えた

  • he possibly can. His character is thereby complete."

    彼はおそらくすることができます。彼の性格はそれによって完了です。"

  • "I was very much flattered by his asking me to dance a second time.

    "私は非常に彼は二度目を踊るように私を求めることで光栄された。

  • I did not expect such a compliment." "Did not you?

    私はそのような褒め言葉を期待していなかった。""あなたはしないか?

  • I did for you.

    私はあなたのためでした。

  • But that is one great difference between us.

    しかし、それは私達の間で一つの大きな違いです。

  • Compliments always take you by surprise, and me never.

    賛辞は、常に驚きで行くことがない、と私は決して。

  • What could be more natural than his asking you again?

    何が彼が再びあなたを求めるよりも、より自然かもしれない?

  • He could not help seeing that you were about five times as pretty as every other

    彼はあなたのようなかなり他のすべての約5倍であることを見て助けることができなかった

  • woman in the room.

    部屋の女性。

  • No thanks to his gallantry for that. Well, he certainly is very agreeable, and I

    そのために彼の勇敢さへの感謝はありません。よく、彼は確かに非常に快適であり、そして私

  • give you leave to like him. You have liked many a stupider person."

    あなたは彼を好きに残す与える。あなたは多くのstupiderの人が好きでした。"

  • "Dear Lizzy!"

    "リジー親愛なる!"

  • "Oh! you are a great deal too apt, you know, to like people in general.

    "ああ!あなたは、一般の人々が好きな、あなたが知っている、あまりにもAPT多大です。

  • You never see a fault in anybody. All the world are good and agreeable in

    あなたは誰の障害を見ることはない。すべての世界は、で良いと快適です。

  • your eyes.

    あなたの目。

  • I never heard you speak ill of a human being in your life."

    私はあなたの生活の中で人間の悪口聞いたことがない。"

  • "I would not wish to be hasty in censuring anyone; but I always speak what I think."

    "私は誰にも糾弾に性急になることを望まないだろうが、私はいつも私が考えて話す。"

  • "I know you do; and it is that which makes the wonder.

    "私はあなたが知っている、そしてそれはどちらが不思議になることです。

  • With your good sense, to be so honestly blind to the follies and nonsense of

    あなたの良識と、の愚行とナンセンスのように正直にブラインドになるために

  • others!

    他の人!

  • Affectation of candour is common enough-- one meets with it everywhere.

    率直のふりをすることは十分に一般的です - 一つはどこにでもそれを満たしています。

  • But to be candid without ostentation or design--to take the good of everybody's

    しかし、虚飾やデザインせずに率直であるために - みんなの中の善を取るために

  • character and make it still better, and say nothing of the bad--belongs to you alone.

    文字とそれはまだ良くなる、と悪いのは何も言っていないが - 一人であなたに属しています。

  • And so you like this man's sisters, too, do you?

    そしてそうあなたも、この人の姉妹が好き、あなたはいますか?

  • Their manners are not equal to his." "Certainly not--at first.

    彼らのマナーは彼に等しいではありません""確かではない - 。最初は。

  • But they are very pleasing women when you converse with them.

    あなたが彼らと会話するとき、彼らは非常に女性を喜ばれている。

  • Miss Bingley is to live with her brother, and keep his house; and I am much mistaken

    ミスBingleyは、彼女の兄と一緒に住んでいる、と彼の家を保つことであり、私はずっと間違えています

  • if we shall not find a very charming neighbour in her."

    我々は彼女に非常に魅力的な隣人を見つけてはならない場合。"

  • Elizabeth listened in silence, but was not convinced; their behaviour at the assembly

    エリザベスは、沈黙に耳を傾けたが、確信していませんでした。アセンブリでそれらの行動

  • had not been calculated to please in general; and with more quickness of

    一般的に喜ばせるために計算されていなかった、との多くの速さで

  • observation and less pliancy of temper than

    観察とより気性の少ないしなやかさ

  • her sister, and with a judgement too unassailed by any attention to herself, she

    彼女の妹、そしてあまりにも自分自身への注意によって攻撃されていない判決で、彼女

  • was very little disposed to approve them.

    ほとんどそれらを承認するように配置された。

  • They were in fact very fine ladies; not deficient in good humour when they were

    彼らは実際、非常に微細な女性にあった、彼らがいたときに良いユーモアの欠乏ではない

  • pleased, nor in the power of making themselves agreeable when they chose it,

    喜んで、また彼らがそれを選択したときに自分自身が快適意思の力で、

  • but proud and conceited.

    しかし、誇りとうぬぼれ。

  • They were rather handsome, had been educated in one of the first private

    彼らはむしろハンサムだった、初の民間のひとつで教​​育されていた

  • seminaries in town, had a fortune of twenty thousand pounds, were in the habit of

    町の神学校は、の習慣で、2万ポンドの財産を持っていた

  • spending more than they ought, and of

    より多くの彼らがあるべきよりも費やして、との

  • associating with people of rank, and were therefore in every respect entitled to

    ランクの人々との関連付け、およびを受ける権利を有するあらゆる点でそのためだった

  • think well of themselves, and meanly of others.

    自分自身の、そして卑劣に他人をよく考える。

  • They were of a respectable family in the north of England; a circumstance more

    彼らはイングランドの北にある立派な家族のものであった。状況より

  • deeply impressed on their memories than that their brother's fortune and their own

    深く彼らの思い出に感動よりも自分の兄の幸運と、自分の

  • had been acquired by trade.

    貿易に買収されていた。

  • Mr. Bingley inherited property to the amount of nearly a hundred thousand pounds

    氏Bingleyはほぼ10万ポンドの金額にプロパティを継承

  • from his father, who had intended to purchase an estate, but did not live to do

    不動産を購入することを意図していた、それをするの住んでいない彼の父、から

  • it.

    それ。

  • Mr. Bingley intended it likewise, and sometimes made choice of his county; but as

    氏Bingleyは同様にそれを意図し、時には彼の郡の選択でした、しかしとして

  • he was now provided with a good house and the liberty of a manor, it was doubtful to

    彼は今良い家と荘園の自由で提供され、それは疑いのあった

  • many of those who best knew the easiness of

    最高の容易さを知っていた人の多く

  • his temper, whether he might not spend the remainder of his days at Netherfield, and

    彼の気性は、彼がNetherfieldで彼の日の残りを過ごす、とではない可能性があるかどうか

  • leave the next generation to purchase.

    購入する次の世代を残す。

  • His sisters were anxious for his having an estate of his own; but, though he was now

    彼は今だったが、しかし、彼の姉妹は彼が彼自身の財産を持っていることのための切望された

  • only established as a tenant, Miss Bingley was by no means unwilling to preside at his

    唯一のテナントとして設立された、ミスBingleyは決してないが、彼に議長に消極的だった

  • table--nor was Mrs. Hurst, who had married

    テーブル - も結婚していたていた夫人ハースト、

  • a man of more fashion than fortune, less disposed to consider his house as her home

    幸運よりもファッションの人は、あまり彼女の家としての彼の家を考慮して配置

  • when it suited her.

    それは彼女を最適とき。

  • Mr. Bingley had not been of age two years, when he was tempted by an accidental

    氏Bingleyは、彼が偶発的に誘惑されたとき、二年間の年齢がされていませんでした

  • recommendation to look at Netherfield House.

    Netherfieldハウスを見に勧告。

  • He did look at it, and into it for half-an- hour--was pleased with the situation and

    彼はそれを見て、そしてその中に半時間のためか - 状況には満足していると

  • the principal rooms, satisfied with what the owner said in its praise, and took it

    校長室は、所有者はその賞賛に言ったことで満足し、それを取った

  • immediately.

    すぐに。

  • Between him and Darcy there was a very steady friendship, in spite of great

    彼とダーシーの間で非常に安定した友情は素晴らしいにもかかわらず、そこにあった

  • opposition of character.

    文字の反対。

  • Bingley was endeared to Darcy by the easiness, openness, and ductility of his

    Bingleyは容易、開放性、そして彼の延性がダーシーに慕われた

  • temper, though no disposition could offer a greater contrast to his own, and though

    気性は、ない処分は彼自身に大きなコントラストを提供していない、とも可能性も

  • with his own he never appeared dissatisfied.

    彼自身と彼は不満登場したことはない。

  • On the strength of Darcy's regard, Bingley had the firmest reliance, and of his

    ダルシーの点の強さに、Bingleyは堅固依存、そして彼のを持っていた

  • judgement the highest opinion.

    判決最高意見。

  • In understanding, Darcy was the superior. Bingley was by no means deficient, but

    理解では、ダーシーが優れていた。 Bingleyは欠乏決してなかったが、

  • Darcy was clever.

    ダーシーは賢かった。

  • He was at the same time haughty, reserved, and fastidious, and his manners, though

    彼は同時に、高慢の予約、そして気難しくなった、と彼のマナー、も

  • well-bred, were not inviting. In that respect his friend had greatly the

    よく育ち、魅力的ではなかった。その点で彼の友人は非常にあった

  • advantage.

    利点。

  • Bingley was sure of being liked wherever he appeared, Darcy was continually giving

    彼が現れたどこBingleyは、好かれるのを確認していたダーシーは、継続的に与えていた

  • offense.

    犯罪。

  • The manner in which they spoke of the Meryton assembly was sufficiently

    彼らはMerytonアセンブリのスポークれる方法は十分にあった

  • characteristic.

    特性。

  • Bingley had never met with more pleasant people or prettier girls in his life;

    Bingleyは、彼の生活の中でより快適な人々やきれい女の子に会ったことがなかった。

  • everybody had been most kind and attentive to him; there had been no formality, no

    誰もが最も親切で、彼に気配りされていた、ない形式的な、何を実行していない

  • stiffness; he had soon felt acquainted with

    剛性、彼はすぐに慣れる感じていた

  • all the room; and, as to Miss Bennet, he could not conceive an angel more beautiful.

    すべての部屋、そして、ミスベネットのように、彼は天使より美しいを思い付くことができなかった。

  • Darcy, on the contrary, had seen a collection of people in whom there was

    ダーシーは、逆に、そこにはあった人の人々のコレクションを見ていた

  • little beauty and no fashion, for none of whom he had felt the smallest interest, and

    少し美しさとないファッション、彼は最小の興味を感じていた人のなしのため、と

  • from none received either attention or pleasure.

    noneから注意または観光を受けた。

  • Miss Bennet he acknowledged to be pretty, but she smiled too much.

    ミスベネットは彼がかなりに認めたが、彼女はあまりにも微笑んだ。

  • Mrs. Hurst and her sister allowed it to be so--but still they admired her and liked

    夫人ハーストと彼女の妹は、それがそうであることが許可さ - しかし、それでも彼らは彼女を賞賛し、好きだった

  • her, and pronounced her to be a sweet girl, and one whom they would not object to know

    彼女の、と彼女は甘い女の子に発音、そして彼らが知っているに反対しないであろうもの

  • more of.

    より。

  • Miss Bennet was therefore established as a sweet girl, and their brother felt

    ミスベネットしたがって、甘い女の子として設立され、その弟が感じられた

  • authorized by such commendation to think of her as he chose.

    彼が選んだとして彼女を考えるとこのような表彰によって認可。

CHAPTER 4

第4章

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ダーシー 賞賛 非常 エリザベス マナー 快適

第04章 ジェーン・オースティンの高慢と偏見 (Chapter 04 - Pride and Prejudice by Jane Austen)

  • 147 31
    羅致 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語