Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • CHAPTER 2

    第2章

  • Mr. Bennet was among the earliest of those who waited on Mr. Bingley.

    ミスターベネット氏Bingleyに待っていた人たちの初期の間にあった。

  • He had always intended to visit him, though to the last always assuring his wife that

    彼はいつも奥さんいつもそれを保証する最後にも、彼を訪問することを意図していた

  • he should not go; and till the evening after the visit was paid she had no

    彼が行くことはいけない、そして訪問が支払われた後に夕方まで彼女は何を持っていた

  • knowledge of it.

    それの知識。

  • It was then disclosed in the following manner.

    その後、次のように開示されている。

  • Observing his second daughter employed in trimming a hat, he suddenly addressed her

    帽子をトリミングで採用さ彼の次女を観察し、彼は突然彼女を取り上げ

  • with:

    付:

  • "I hope Mr. Bingley will like it, Lizzy." "We are not in a way to know what Mr.

    "私はリジー、氏Bingleyはそれを好むことを願っています。""我々は、何氏は知っている方法ではない

  • Bingley likes," said her mother resentfully, "since we are not to visit."

    Bingleyは、我々が訪問するわけではないので、"彼女の母は怒って言った、"好き。"

  • "But you forget, mamma," said Elizabeth, "that we shall meet him at the assemblies,

    "しかし、あなたは、ママを忘れて、"エリザベスは、我々は、アセンブリで彼を満足すること"と言った。

  • and that Mrs. Long promised to introduce him."

    とその夫人はロング彼を紹介すると約束した。"

  • "I do not believe Mrs. Long will do any such thing.

    "私は夫人ロングはそのようなことをするとは思えない。

  • She has two nieces of her own. She is a selfish, hypocritical woman, and I

    彼女は自身の2つの姪があります。彼女は利己的、偽善的な女性であり、そして私

  • have no opinion of her."

    彼女のない意見を持っていない。"

  • "No more have I," said Mr. Bennet; "and I am glad to find that you do not depend on

    "これ以上私が持っていない、"ミスターベネットは言った、"そして私はあなたに依存しないことを見つけて嬉しい

  • her serving you."

    彼女のお客様にサービスを提供しています。"

  • Mrs. Bennet deigned not to make any reply, but, unable to contain herself, began

    ミセスベネットは、すべての応答をしないようdeigned、しかし、彼女自身を含むことができない、始めました

  • scolding one of her daughters. "Don't keep coughing so, Kitty, for

    彼女の娘のいずれかを叱る。 "のために、キティ、その咳を維持しないでください

  • Heaven's sake!

    天国の酒!

  • Have a little compassion on my nerves. You tear them to pieces."

    私の神経に少し同情している。あなたがバラバラにそれらを引き裂く。"

  • "Kitty has no discretion in her coughs," said her father; "she times them ill."

    "キティは彼女の咳には裁量がない、"彼女の父は言った、"病気の彼女は時間それらを。"

  • "I do not cough for my own amusement," replied Kitty fretfully.

    "私は自分の娯楽のため咳をしていない、"キティがイライラして答えた。

  • "When is your next ball to be, Lizzy?" "To-morrow fortnight."

    "ときにあなたの次のボールは、リジーとなる?""明日に二週間。"

  • "Aye, so it is," cried her mother, "and Mrs. Long does not come back till the day

    "エイ、そうそれは、"、彼女の母を叫んだ"と夫人は、長い一日まで戻って来るとは限りません

  • before; so it will be impossible for her to introduce him, for she will not know him

    前に、彼女は彼を知ることがのためにので、彼女は彼を導入することは不可能になります

  • herself."

    彼女自身。"

  • "Then, my dear, you may have the advantage of your friend, and introduce Mr. Bingley

    "それから、私の愛するは、あなたの友人の利点を持っている、と氏Bingleyを導入してもよい

  • to her."

    彼女に。"

  • "Impossible, Mr. Bennet, impossible, when I am not acquainted with him myself; how can

    "私は彼に自分と知り合いではない午前不可能インポッシブル、ミスターベネット、、、どのようにすることができます

  • you be so teasing?" "I honour your circumspection.

    そのようにいじめになる?""私は名誉ご用心を。

  • A fortnight's acquaintance is certainly very little.

    二週間の知人は確かに非常に少ないです。

  • One cannot know what a man really is by the end of a fortnight.

    一つは、人間が実際に2週間の終わりまでに何であるかを知ることができない。

  • But if we do not venture somebody else will; and after all, Mrs. Long and her

    しかし、我々は冒険しない場合は他の誰かになります、そしてすべての後、夫人ロングと彼女の

  • daughters must stand their chance; and, therefore, as she will think it an act of

    彼女はそれの行為と思いますので、したがって、そして、娘は自分のチャンスを立っている必要があります

  • kindness, if you decline the office, I will take it on myself."

    親切は、あなたがオフィスを拒否した場合、私は自分自身でそれを取るだろう。"

  • The girls stared at their father. Mrs. Bennet said only, "Nonsense,

    女の子は自分の父を見つめていた。ミセスベネットは、ナンセンス"、だけだ

  • nonsense!"

    ナンセンス!"

  • "What can be the meaning of that emphatic exclamation?" cried he.

    "その強調感嘆の意味することができますか?"と彼は叫んだ。

  • "Do you consider the forms of introduction, and the stress that is laid on them, as

    "あなたは、導入の形態、およびそれらの上に置かれているストレス、などを考慮に入れておいてください

  • nonsense?

    ナンセンス?

  • I cannot quite agree with you there. What say you, Mary?

    私はかなりそこにあなたと同意することはできません。あなたはメアリー、何言う?

  • For you are a young lady of deep reflection, I know, and read great books

    あなたが深い反射の若い女性であるために、私は知っている、と偉大な本を読んで

  • and make extracts."

    と抽出を行います。"

  • Mary wished to say something sensible, but knew not how.

    メアリーは、賢明な何かを言うことを望んだが、どのようにではない知っていた。

  • "While Mary is adjusting her ideas," he continued, "let us return to Mr. Bingley."

    "メアリーは、彼女の考えを調整している間、"彼は"私たちはミスターBingleyに戻るまで放置します。"、続けて

  • "I am sick of Mr. Bingley," cried his wife.

    "私は氏Bingleyの病気です、"彼の妻は叫んだ。

  • "I am sorry to hear that; but why did not you tell me that before?

    "私はそれを聞いて申し訳ありません、しかし、なぜあなたは私をその前に言わなかった?

  • If I had known as much this morning I certainly would not have called on him.

    私は今朝として知られていた場合、私は確かに彼に呼ばれることはなかっただろう。

  • It is very unlucky; but as I have actually paid the visit, we cannot escape the

    それは非常に不運ですが、私が実際に訪問を支払っているとして、我々は逃れることはできない

  • acquaintance now."

    今知人。"

  • The astonishment of the ladies was just what he wished; that of Mrs. Bennet perhaps

    女性の驚きは、彼が望んだものばかりだった。夫人ベネットのことかもしれない

  • surpassing the rest; though, when the first tumult of joy was over, she began to

    残りを上回って、しかし、喜びの最初の騒ぎが終わると、彼女が始めた

  • declare that it was what she had expected all the while.

    それは彼女がすべての時間を予想していたものであったことを宣言。

  • "How good it was in you, my dear Mr. Bennet!

    "それは、あなたに私の親愛なるミスターベネットでしたどのように良い!

  • But I knew I should persuade you at last.

    しかし、私は最後にあなたを説得する必要があります知っていた。

  • I was sure you loved your girls too well to neglect such an acquaintance.

    私はあなたがそのような知人をおろそかにあまりにもあなたの女の子を愛して確信していた。

  • Well, how pleased I am! and it is such a good joke, too, that you should have gone

    よく、私はどのように満足!そしてそれはあなたが行っている必要があることを、あまりにも、このような良いジョークです

  • this morning and never said a word about it till now."

    今朝、今までそれについて一言も言わなかった。"

  • "Now, Kitty, you may cough as much as you choose," said Mr. Bennet; and, as he spoke,

    、彼が話したように、そして、"今、キティは、あなたが選択すると同じくらいの咳が、"ミスターベネットは言った

  • he left the room, fatigued with the raptures of his wife.

    彼は彼の妻の歓喜と疲労、部屋を去った。

  • "What an excellent father you have, girls!" said she, when the door was shut.

    ドアがシャットダウンされたときに"あなたの持っている優秀な父、女の子は!"と彼女は言った。

  • "I do not know how you will ever make him amends for his kindness; or me, either, for

    ため、どちらか、または私、"私はあなたが今まで彼が彼の優しさ償いようになりますかわからない

  • that matter.

    そのことについて。

  • At our time of life it is not so pleasant, I can tell you, to be making new

    それはそう快適ではない私たちの生活の時に、私は新しいことする、ことを伝えることができます

  • acquaintances every day; but for your sakes, we would do anything.

    知人は、毎日、しかし、あなたの日本酒のために、我々は何を行うだろう。

  • Lydia, my love, though you are the youngest, I dare say Mr. Bingley will dance

    あなたが最年少であるけれども、私は氏Bingleyが踊ると言うあえてリディア、私の愛、

  • with you at the next ball."

    次のボールで、あなたと。"

  • "Oh!" said Lydia stoutly, "I am not afraid; for though I am the youngest, I'm the

    私は最年少ですが、私はよのために、"!ああ"リディア頑強、私は恐れてはいないです"と言った。

  • tallest."

    最も高い。"

  • The rest of the evening was spent in conjecturing how soon he would return Mr.

    夜の残りの部分は彼が氏を返すという方法早くconje​​cturingに費やされた

  • Bennet's visit, and determining when they should ask him to dinner.

    ベネットの訪問、そして彼らは夕食に彼に依頼する時期を決定する。

CHAPTER 2

第2章

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 ベネット ミスター キティ 夫人 訪問 メアリー

第02章 ジェーン・オースティンの高慢と偏見 (Chapter 02 - Pride and Prejudice by Jane Austen)

  • 160 36
    羅致 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語