Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • CHAPTER 1

    第1章

  • It is a truth universally acknowledged, that a single man in possession of a good

    それは良いの所持でその一人の男、普遍的に認めて真実です。

  • fortune, must be in want of a wife.

    幸運は、妻の希望になっている必要があります。

  • However little known the feelings or views of such a man may be on his first entering

    しかし、あまり知られていないような人間の感情や景色が入る彼の最初の上にある可能性があります

  • a neighbourhood, this truth is so well fixed in the minds of the surrounding

    近所には、この真実は非常によく、周囲の心の中で固定されています

  • families, that he is considered the

    彼が考えられている家族、

  • rightful property of some one or other of their daughters.

    いくつかのいずれかまたはそれらの娘の他の正当な財産。

  • "My dear Mr. Bennet," said his lady to him one day, "have you heard that Netherfield

    "私の親愛なるミスターベネットは、"彼の女性は、Netherfieldと聞いている"、ある日彼に言った、

  • Park is let at last?"

    公園は最後に聞かせて?"

  • Mr. Bennet replied that he had not. "But it is," returned she; "for Mrs. Long

    ミスターベネットは彼がしていなかったと答えた。 "しかし、それは、さ"彼女を返しました。"ミセスロング用

  • has just been here, and she told me all about it."

    ちょうどここにいた、と彼女はすべてそれについて話してくれたしています。"

  • Mr. Bennet made no answer.

    ミスターベネットは答えが行われません。

  • "Do you not want to know who has taken it?" cried his wife impatiently.

    "あなたがそれを撮影しているかを知るにしますか?"妻がイライラして叫んだ。

  • "You want to tell me, and I have no objection to hearing it."

    "あなたは私をお伝えしたい、と私はそれを聞きに異論はない。"

  • This was invitation enough.

    これは十分な招待状だった。

  • "Why, my dear, you must know, Mrs. Long says that Netherfield is taken by a young

    "なぜ、私の愛する、あなたが知っている必要があります、夫人はロングNetherfieldが若者によって取られていることだ

  • man of large fortune from the north of England; that he came down on Monday in a

    イングランドの北からの大幸運の男、彼はに月曜日に降りてき

  • chaise and four to see the place, and was

    長椅子と4つの場所を参照してください、とされていた

  • so much delighted with it, that he agreed with Mr. Morris immediately; that he is to

    そんなに彼はすぐに氏モリスと合意したこと、それを喜んで、彼がすることを

  • take possession before Michaelmas, and some of his servants are to be in the house by

    ミカエルの前に所有権を取る、と彼の使用人の一部がが家にあることです。

  • the end of next week."

    来週の終わり。"

  • "What is his name?" "Bingley."

    "彼の名前は何ですか?""Bingley。"

  • "Is he married or single?" "Oh! Single, my dear, to be sure!

    "彼は既婚または単一のですか?""ああ!単一の、私の愛する、確かに!

  • A single man of large fortune; four or five thousand a year.

    大幸運の独身男性、四、五千年。

  • What a fine thing for our girls!" "How so?

    何が私達の女の子のための素晴らしい事!""どうやって?

  • How can it affect them?"

    それはどのようにそれらに影響を与えることができますか?"

  • "My dear Mr. Bennet," replied his wife, "how can you be so tiresome!

    "私の親愛なるミスターベネットは、"彼の妻は、どのようにそう退屈することができる"と答えた!

  • You must know that I am thinking of his marrying one of them."

    私はそれらの彼の結婚いずれか考えていることを知っている必要があります。"

  • "Is that his design in settling here?"

    "ここにセトリングで彼のデザインのことですか?"

  • "Design! Nonsense, how can you talk so!

    "デザイン!ナンセンス、どのようにそのように話すことができます!

  • But it is very likely that he may fall in love with one of them, and therefore you

    しかし、それは彼がそれらのいずれかと恋に落ちる可能性があることは非常に可能性がありますので、お客様

  • must visit him as soon as he comes."

    とすぐに彼が来ると、彼を訪問しなければならない。"

  • "I see no occasion for that.

    "私はそのためには機会を見ない。

  • You and the girls may go, or you may send them by themselves, which perhaps will be

    おそらく先となる、あなたと女の子は行くことや、自分自身でそれらを送信する場合があります

  • still better, for as you are as handsome as any of them, Mr. Bingley may like you the

    あなたがそれらのいずれかのようにハンサムなので、氏Bingleyはあなたのようなことができるため、まだ良い

  • best of the party."

    パーティの最高の。"

  • "My dear, you flatter me. I certainly have had my share of beauty,

    "親愛なる、あなたは私を平坦。私は確かに、美しさの私の分け前があった

  • but I do not pretend to be anything extraordinary now.

    しかし私は今何も異常なふりをするつもりはありません。

  • When a woman has five grown-up daughters, she ought to give over thinking of her own

    女性は5つの大人の娘を持つとき、彼女は自分の思考を介して提供するはずである

  • beauty." "In such cases, a woman has not often much

    美しさ。""そのようなケースでは、女性はあまり頻繁ではない持っています

  • beauty to think of."

    考えるのが美。"

  • "But, my dear, you must indeed go and see Mr. Bingley when he comes into the

    彼が入って来るとき"しかし、私の愛する、あなたは実際に行くとミスターBingleyを参照してくださいする必要があります

  • neighbourhood." "It is more than I engage for, I assure

    私は確実に近く。""それは、私が従事するよりもです。

  • you."

    あなた。"

  • "But consider your daughters. Only think what an establishment it would

    "しかし、あなたの娘を検討してください。唯一の確立はそれが何だと思う

  • be for one of them.

    そのうちの一つのためになる。

  • Sir William and Lady Lucas are determined to go, merely on that account, for in

    ウィリアムとレディルーカスはのために、単にそのアカウントに、行くことを決意する

  • general, you know, they visit no newcomers.

    一般的に、あなたが知っている、彼らは新規参入者を訪問しない。

  • Indeed you must go, for it will be impossible for us to visit him if you do

    確かにあなたが行く必要があります、あなたがどうか私たちに彼を訪問することが不可能になるために

  • not." "You are over-scrupulous, surely.

    ではないが。""あなたは確かに、煩いです。

  • I dare say Mr. Bingley will be very glad to see you; and I will send a few lines by you

    私は氏Bingleyがあなたを見ることは非常に喜んでいるでしょう言ってみます、と私はあなたによって数行を送る

  • to assure him of my hearty consent to his marrying whichever he chooses of the girls;

    彼の彼が女の子を選ぶ方と結婚するために私の心のこもった同意の彼を保証する。

  • though I must throw in a good word for my little Lizzy."

    しかし私は少しリジーのための良い単語にスローする必要があります。"

  • "I desire you will do no such thing.

    "私はあなたがそのようなこともしないだろうと願っています。

  • Lizzy is not a bit better than the others; and I am sure she is not half so handsome

    リジーは、他より少し優れているわけではないが、と私は彼女の半分そうハンサムではない確信している

  • as Jane, nor half so good-humoured as Lydia.

    ジェーンとして、またhalfリディアほど上機嫌な。

  • But you are always giving her the preference."

    しかし、あなたは常に彼女の優先順位を与えている。"

  • "They have none of them much to recommend them," replied he; "they are all silly and

    "彼らはそれらを推薦する多くのそれらのどれを持っていない"と彼は答えた。"彼らはすべて愚かであり、

  • ignorant like other girls; but Lizzy has something more of quickness than her

    他の女の子のような無知な、しかし、リジーは彼女よりも速さの何かを持っています

  • sisters."

    姉妹。"

  • "Mr. Bennet, how can you abuse your own children in such a way?

    "氏ベネット、どのような方法であなた自身の子供を濫用することができますか?

  • You take delight in vexing me. You have no compassion for my poor nerves."

    あなたは私厄介なのを楽しみにしてください。あなたは私の貧しい人々の神経には同情を持っていない。"

  • "You mistake me, my dear.

    "あなたは私、私の愛すると間違える。

  • I have a high respect for your nerves. They are my old friends.

    私はあなたの神経のための高い敬意を持っている。彼らは私の古い友人です。

  • I have heard you mention them with consideration these last twenty years at

    私はこれらの過去20年間であなたが考慮して、それらを言及聞いたことがある

  • least."

    最低。"

  • "Ah, you do not know what I suffer." "But I hope you will get over it, and live

    "ああ、あなたは私が苦しむのかわからない""しかし、私はあなたがそれを乗り越えることを期待、と住んでいる

  • to see many young men of four thousand a year come into the neighbourhood."

    4000年の多くの若者が近所に来て確認します。"

  • "It will be no use to us, if twenty such should come, since you will not visit

    twentyなどが来る必要があるかどうかを訪問しないので、"それは、、私たちには使用できなくなります

  • them." "Depend upon it, my dear, that when there

    それらの。""時があること、私の愛する、それに依存する

  • are twenty, I will visit them all."

    twentyである、私はそれらすべてを訪問する。"

  • Mr. Bennet was so odd a mixture of quick parts, sarcastic humour, reserve, and

    ミスターベネットは素早く部品、皮肉なユーモア、準備金のように奇妙な混合物であり、

  • caprice, that the experience of three-and- twenty years had been insufficient to make

    カプリスは、三と、20年の経験では、作るには不十分されていたこと

  • his wife understand his character.

    彼の妻は彼の性格を理解する。

  • Her mind was less difficult to develop. She was a woman of mean understanding,

    彼女の心は、開発するために少ないことは困難でした。彼女は、平均値の理解の女性だった

  • little information, and uncertain temper. When she was discontented, she fancied

    少し情報、および不確実な気性。彼女が不満だったときに、彼女は架空の

  • herself nervous.

    神経質な彼女。

  • The business of her life was to get her daughters married; its solace was visiting

    彼女の人生のビジネスは、彼女の娘が結婚することだった、その慰めは訪れていた

  • and news.

    とのニュース。

CHAPTER 1

第1章

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 ベネット ミスター 訪問 リジー 愛する 親愛

ジェーン・オースティンの高慢と偏見 - 第01章 (Pride and Prejudice by Jane Austen - Chapter 01)

  • 536 66
    羅致 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語