Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Last year, I was living with this indigenous family in India.

    昨年、私はこのインドの土着家族と一緒に暮らしていました。

  • One afternoon,

    ある日の午後。

  • the young son was eating,

    幼い息子が食べていました。

  • and at the sight of me, he quickly hid his curry behind his back.

    と私の姿を見て、彼はすぐにカレーを背中に隠した。

  • It took a lot of persuasion to get him to show me what he was eating.

    彼が食べているものを見せてもらうのには、かなりの説得力が必要だった。

  • It turned out to be moth larvae,

    蛾の幼虫であることが判明しました。

  • a traditional delicacy with the Madia indigenous people.

    マディアの先住民族との伝統的な珍味。

  • I cried,

    泣いてしまいました。

  • "Oh my God, you're eating these!

    "これを食べているのか!?

  • I hope there's a little left for me!"

    少しでも残っているといいですね!"

  • I saw disbelief in the boy's eyes.

    少年の目に不信感が浮かんだ。

  • "You ... eat these?"

    "これを...食べるのか?"

  • "I love these," I replied.

    "私はこれが大好きです "と答えました。

  • I could see he did not trust me one bit.

    彼が私を少しも信用していないのがわかりました。

  • How could an urban, educated woman like the same food as him?

    都会の高学歴の女性が彼と同じ食べ物を好きになるわけがない。

  • Later, I broached the subject with his father,

    後日、彼の父親に話題を振ってみました。

  • and it turned out to be a mighty touchy affair.

    そして、それは、それは可能性のあるタッチの問題であることが判明しました。

  • He said things like,

    みたいなことを言っていました。

  • "Oh, only this son of mine likes to eat it.

    "あ、この息子だけが好きで食べてるんだ。

  • We tell him, 'Give it up. It's bad.'

    "あきらめろ "って言うんだよそれは悪いことだ」と。

  • He doesn't listen, you see.

    彼は聞く耳を持っていない

  • We gave up eating all this ages back."

    "私たちはこの時代に戻って食べるのを諦めた"

  • "Why?" I asked.

    "なぜ?"と聞いてみました。

  • "This is your traditional food.

    "これはあなたの伝統的な食べ物です。

  • It is available in your environment,

    あなたの環境で利用できます。

  • it is nutritious,

    栄養満点です。

  • and -- I can vouch for it -- delicious.

    そして...私が保証します...美味しいです。

  • Why is it wrong to eat it?"

    なぜ食べるのがいけないのか?"

  • The man fell silent.

    男は黙り込んだ。

  • I asked,

    と聞いてみました。

  • "Have you been told that your food is bad,

    "料理がまずい "と言われたことはありませんか?

  • that to eat it is backward,

    それを食べるのは後ろ向きだ

  • not civilized?"

    文明がないのか?

  • He nodded silently.

    彼は無言で頷いた。

  • This was one of the many, many times in my work with indigenous people in India

    これは、私がインドの先住民族と仕事をする中で、何度も何度もあったことの一つです。

  • that I witnessed shame around food,

    食べ物の周りで恥をかくのを目撃したこと。

  • shame that the food you love to eat,

    好きな食べ物を食べるのが恥ずかしい

  • the food that has been eaten for generations,

    代々食べられてきたものを

  • is somehow inferior,

    は何となく劣っているような気がします。

  • even subhuman.

    人間以下の存在でさえも

  • And this shame is not limited to out-of-the-way, icky foods

    そして、この恥は外道の不味い食べ物に限ったことではありません。

  • like insects or rats, maybe,

    昆虫やネズミのように、たぶん

  • but extends to regular foods:

    が、通常の食品にまで及んでいます。

  • wild vegetables,

    山菜。

  • mushrooms, flowers --

    キノコ、花--。

  • basically, anything that is foraged rather than cultivated.

    基本的には、栽培ではなく採集されたものであれば何でもいい。

  • In indigenous India, this shame is omnipresent.

    土着のインドでは、この羞恥心が蔓延している。

  • Anything can trigger it.

    何でも引き金になる

  • One upper-caste vegetarian schoolmaster gets appointed in a school,

    ある上流階級のベジタリアンの校長が学校で任命される。

  • within weeks, children are telling their parents it's yucky to eat crabs

    蟹を食うのは不味いと親に言われる

  • or sinful to eat meat.

    または肉を食べることは罪深い。

  • A government nutrition program serves fluffy white rice,

    政府の栄養プログラムでは、ふっくらとした白米を提供しています。

  • now no one wants to eat red rice or millets.

    今では誰も赤飯も粟も食べたがらなくなりました。

  • A nonprofit reaches this village with an ideal diet chart for pregnant women.

    妊婦さんに理想的な食事表を持った非営利団体がこの村にたどり着く。

  • There you go.

    これでいいわ

  • All the expectant mothers are feeling sad

    妊婦さんはみんな寂しい思いをしている

  • that they cannot afford apples and grapes.

    リンゴやブドウを買う余裕がないことを

  • And people just kind of forget the fruits

    そして、人々は果物を忘れてしまう

  • that can be picked off the forest floor.

    森の床から摘み取ることができる

  • Health workers,

    保健師さん。

  • religious missionaries,

    宗教的な宣教師。

  • random government employees

    浪人生

  • and even their own educated children

    そして、自分たちの教育を受けた子供たちまでもが

  • are literally shouting it down at the indigenous people

    先住民族を罵倒している

  • that their food is not good enough,

    自分たちの食べ物が不味いと

  • not civilized enough.

    文明が足りない

  • And so food keeps disappearing,

    そうして食べ物は消え続けている。

  • a little bit at a time.

    少しずつ

  • I'm wondering if you all have ever considered

    皆さんが考えたことがあるかと思いますが

  • whether your communities would have a similar history around food.

    あなたの地域社会が食べ物を中心に同じような歴史を持っているかどうか。

  • If you were to talk to your 90-year-old grandmother,

    90歳のおばあちゃんに相談するとしたら

  • would she talk about foods that you have never seen or heard of?

    見たことも聞いたこともないような食べ物の話をしてくれるのかな?

  • Are you aware how much of your community's food

    あなたの地域の食料がどれだけあるか知っていますか?

  • is no longer available to you?

    が利用できなくなりましたか?

  • Local experts tell me

    地元の専門家が教えてくれる

  • that the South African food economy is now entirely based on imported foods.

    南アフリカの食糧経済は、現在、すべて輸入食品に基づいています。

  • Corn has become the staple,

    とうもろこしが主食になりました。

  • while the local sorghum, millets, bulbs and tubers are all gone.

    地元のソルガムきび、粟、球根、塊茎がすべてなくなる中で。

  • So are the wild legumes and vegetables,

    野生の豆類や野菜もそうです。

  • while people eat potatoes and onions, cabbages and carrots.

    人がジャガイモや玉ねぎ、キャベツやニンジンを食べている間に

  • In my country,

    私の国では

  • this loss of food is colossal.

    この食料の損失は計り知れない

  • Modern India is stuck with rice, wheat

    現代のインドは、米、小麦で立ち往生している。

  • and diabetes.

    と糖尿病。

  • And we have totally forgotten foods like huge varieties of tubers,

    そして、私たちは塊茎の巨大な品種のような食べ物を完全に忘れてしまっています。

  • tree saps, fish, shellfish,

    木の樹液、魚、貝

  • oil seeds,

    オイルシード。

  • mollusks, mushrooms, insects,

    軟体動物、キノコ、昆虫

  • small, nonendangered animal meats,

    小ぶりで絶滅の危機に瀕していない動物の肉

  • all of which used to be available right within our surroundings.

    その全てが私たちの周りで利用できるようになっていました。

  • So where has this food gone?

    で、この食べ物はどこに行ったの?

  • Why are our modern food baskets so narrow?

    なぜ現代の食べ物の籠はこんなに狭いのか?

  • We could talk about the complex political economic and ecological reasons,

    複雑な政治的経済的・生態学的理由について話をすることができました。

  • but I am here to talk about this more human phenomenon of shame,

    しかし、私はここで、この恥というより人間的な現象について話したいと思います。

  • because shame is the crucial point

    恥が肝心だから

  • at which food actually disappears off your plate.

    皿から食べ物が消えていく瞬間。

  • What does shame do?

    恥は何をするのか?

  • Shame makes you feel small,

    羞恥心は自分を小さくしてしまう。

  • sad,

    悲しい

  • not worthy,

    ふさわしいものではない

  • subhuman.

    人間以下の

  • Shame creates a cognitive dissonance.

    恥は認知的不協和を生む。

  • It distorts food stories.

    食べ物の話を歪めてしまう。

  • Let us take this example.

    この例を見てみましょう。

  • How would you like to have

    どのようにご希望ですか?

  • a wonderful, versatile staple

    千載一遇

  • that is available abundantly in your environment?

    あなたの環境に豊富にあるものですか?

  • All you have to do is gather it,

    集めればいいんだよ。

  • dry it, store it,

    乾燥させて保管する

  • and you have it for your whole year

    一年分はこれを持っている

  • to cook as many different kinds of dishes as you want with it.

    を使って、好きなだけいろいろな料理を作ることができます。

  • India had just such a food, called "mahua,"

    インドにはちょうどそのような食べ物がありました。

  • this flower over there.

    この花はあそこにある

  • And I have been researching this food for the past three years now.

    そして、私はこの食べ物について3年前から研究してきました。

  • It is known to be highly nutritious in indigenous tradition

    土着的に栄養価が高いことで知られています。

  • and in scientific knowledge.

    と科学的な知識の中で

  • For the indigenous,

    土着の方へ。

  • it used to be a staple for four to six months a year.

    昔は1年に4~6ヶ月の主食でした。

  • In many ways, it is very similar to your local marula,

    いろんな意味で、あなたの地元のマルラとよく似ています。

  • except that it is a flower, not a fruit.

    花であって果実ではないことを除けば。

  • Where the forests are rich,

    森が豊かなところ。

  • people can still get enough to eat for the whole year

    年中食べても飽きない

  • and enough spare to sell.

    と売るのに十分な余裕があります。

  • I found 35 different dishes with mahua

    マフアを使った35種類の料理を発見

  • that no one cooks anymore.

    誰も料理をしなくなった

  • This food is no longer even recognized as a food,

    もはや食べ物としての認知すらされていない。

  • but as raw material for liquor.

    しかし、お酒の原料としては

  • You could be arrested for having it in your house.

    家に置いているだけで逮捕される可能性があります。

  • Reason? Shame.

    理由は?恥ずかしい

  • I talked to indigenous people all over India

    インド各地の先住民族と話をしました。

  • about why mahua is no longer eaten.

    麻華が食べられなくなった理由について

  • And I got the exact same answer.

    そして、全く同じ答えが返ってきました。

  • "Oh, we used to eat it when we were dirt-poor and starving.

    "あぁ、昔は汚くて飢えていた時に食べていたんだ。

  • Why should we eat it now?

    なぜ今、食べなければならないのか?

  • We have rice or wheat."

    米か小麦がある"

  • And almost in the same breath,

    と、ほぼ同じ息の中で。

  • people also tell me how nutritious mahua is.

    人はまた、マハの栄養価の高さを教えてくれます。

  • There are always stories of elders who used to eat mahua.

    昔は長老がマハを食べていたという話が必ずあります。

  • "This grandmother of ours, she had 10 children,

    "私たちの祖母は、10人の子供がいました。

  • and still she used to work so hard, never tired, never sick."

    "それでも彼女はよく働いていた 疲れもなく 病気にもならなかった"

  • The exact same dual narrative every single where.

    どこもかしこも同じ二重の物語。

  • How come?

    どうして?

  • How does the same food

    同じものをどうやって食べるのか

  • get to be seen as very nutritious and a poverty food,

    非常に栄養価が高く、貧困食として見られるようになる。

  • almost in the same sentence?

    ほとんど同じ文章で?

  • Same goes for other forest foods.

    他の森の食べ物も同じです。

  • I have heard story after heartrending story

    感動話に次ぐ感動話を聞いたことがある

  • of famine and starvation,

    飢饉と飢餓の

  • of people surviving on trash foraged out of the forest,

    森の中で採れたゴミで生き残っている人たちのうち

  • because there was no food.

    食べ物がなかったから

  • If I dig a little deeper,

    もう少し掘り下げれば

  • it turns out the lack was not of food per se

    食べるものがないのではなく、食べるものがないことがわかった

  • but of something respectable like rice.

    しかし、米のような立派なものの

  • I asked them,

    と聞いてみました。

  • "How did you learn that your so-called trash is edible?

    "いわゆるゴミ "が食用になることをどうやって知ったの?

  • Who told you that certain bitter tubers can be sweetened

    苦い塊茎が甘くなるって誰が言ったの?

  • by leaving them in a stream overnight?

    流れの中に一晩放置することで?

  • Or how to take the meat out of a snail shell?

    それともカタツムリの殻から肉を取り出す方法は?

  • Or how to set a trap for a wild rat?"

    "野ネズミの罠の仕掛け方は?"

  • That is when they start scratching their heads,

    それは、彼らが頭を掻き始めた時です。

  • and they realize that they learned it from their own elders,

    と、自分たちの年長者から学んだことに気づく。

  • that their ancestors had lived and thrived on these foods for centuries

    祖先が何世紀にもわたってこれらの食品を食べてきたことを

  • before rice came their way,

    米が来る前に

  • and were way healthier than their own generation.

    と、自分たちの世代よりもずっと健康的でした。

  • So this is how food works,

    食べ物ってこんな感じなんですね。

  • how shame works:

    恥がどのように作用するか

  • making food and food traditions disappear from people's lives and memories

    忘却のグルメ

  • without their even realizing it.

    彼らが気づかないうちに

  • So how do we undo this trend?

    では、この流れを元に戻すにはどうすればいいのでしょうか?

  • How do we reclaim our beautiful and complex systems of natural food,

    自然食の美しく複雑なシステムをどうやって取り戻すか。

  • food given to us lovingly by Mother Earth according to her own rhythm,

    母なる大地が、自分のリズムに合わせて愛情を込めて与えてくれた食べ物。

  • food prepared by our foremothers with joy

    おふくろのごちそう

  • and are eaten by our forefathers with gratitude,

    と、先人たちに感謝の気持ちを込めて食べられています。

  • food that is healthy, local, natural,

    健康的で、ローカルで、ナチュラルな食べ物。

  • varied, delicious,

    バラエティーに富んだ、美味しい

  • not requiring cultivation,

    栽培を必要としない

  • not damaging our ecology,

    私たちの生態系にダメージを与えない

  • not costing a thing?

    コストがかからない?

  • We all need this food,

    みんなこの食べ物が必要なんだ

  • and I don't think I have to tell you why.

    と、理由は言わずもがな。

  • I don't have to tell you about the global health crisis,

    世界的な健康危機は言わずもがな。

  • climate change, water crisis,

    気候変動、水の危機。

  • soil fatigue,

    土の疲労。

  • collapsing agricultural systems,

    崩壊する農業システム。

  • all that.

    その全てを

  • But for me, equally important reasons why we need these foods

    しかし、私にとっては、これらの食品を必要とする同様に重要な理由があります。

  • are the deeply felt ones,

    は奥が深いものです。

  • because food is so many things, you see.

    食べ物には色々あるからね。

  • Food is nourishment, comfort,

    食は栄養であり、快適さである。

  • creativity, community,

    創造性、コミュニティ。

  • pleasure, safety, identity

    享楽安全同一性

  • and so much more.

    などなど、たくさんのことが書かれています。

  • How we connect with our food

    食とのつながり方

  • defines so much in our lives.

    私たちの生活の中で多くのことを定義しています。

  • It defines how we connect with our bodies,

    それは、私たちが自分の体とどのようにつながるかを定義しています。

  • because our bodies are ultimately food.

    なぜなら、私たちの体は究極的には食べ物だからです。

  • It defines our basic sense of connection

    それは、私たちの基本的なつながりの感覚を定義しています。

  • with our existence.

    私たちの存在と

  • We need these foods most today

    私たちは今日、これらの食品を最も必要としています。

  • to be able to redefine our space as humans

    人間としての空間を再定義できるように

  • within the natural scheme of things.

    自然な流れの中で

  • And are we needing such a redefinition today?

    そして、今日はそのような再定義が必要なのでしょうか?

  • For me, the only real answer is love,

    私にとって、唯一の本当の答えは愛です。

  • because love is the only thing that counters shame.

    愛は恥に対抗する唯一のものだからだ

  • And how do we bring more of this love into our connections with our food?

    そして、この愛をどうやって食べ物とのつながりに持っていくのか?

  • For me, love is, in a big way,

    私にとって愛とは、大きな意味で。

  • about the willingness to slow down,

    意思の緩みについて。

  • to take the time to feel,

    感じることに時間をかけること。

  • sense, listen, inquire.

    感じる、聞く、尋ねる

  • It could be listening to our own bodies.

    自分の体の声を聞いているのかもしれません。

  • What do they need beneath our food habits, beliefs

    食習慣や信念の下には何が必要なのでしょうか?

  • and addictions?

    と依存症?

  • It could be taking time out to examine those beliefs.

    それらの信念を検証するために時間を割いているのかもしれません。

  • Where did they come from?

    どこから来たの?

  • It could be going back into our childhood.

    子供の頃に戻るかもしれない

  • What foods did we love then,

    その時、私たちはどんな食べ物が好きだったのでしょうか。

  • and what has changed?

    そして何が変わったのか?

  • It could be spending a quiet evening with an elder,

    それは年長者と静かな夜を過ごすことかもしれません。

  • listening to their food memories,

    食の思い出を聞きながら

  • maybe even helping them cook something they love

    好きなものを作るのを手伝うのもいいかもしれない

  • and sharing a meal.

    と食事を共にする。

  • Love could be about remembering

    愛は思い出すことかもしれない

  • that humanity is vast

    じんるいはひろい

  • and food choices differ.

    と食べ物の選び方が違います。

  • It could be about showing respect and curiosity

    尊敬と好奇心を示すことができる

  • instead of censure

    譴責に代えて

  • when we see somebody enjoying a really unfamiliar food.

    誰かが本当に知らない食べ物を楽しんでいるのを見ると

  • Love could be taking the time to inquire,

    愛は時間をかけて問い合わせをしているのかもしれません。

  • to dig up information,

    情報を掘り起こすために

  • reach out for connections.

    繋がりを求めて手を差し伸べる。

  • It could even be a quiet walk in the fynbos

    フィンボスの中を静かに散歩することもできる

  • to see if a certain plant speaks up to you.

    を見て、ある植物があなたに話しかけてくるかどうかを見てみましょう。

  • That happens.

    そんなことがあるんです。

  • They speak to me all the time.

    彼らはいつも私に話しかけてくる。

  • And most of all,

    そして何よりも

  • love is to trust that these little exploratory steps

    愛は、この小さな探究心を信頼することである

  • have the potential to lead us to something larger,

    私たちをより大きな何かに導く可能性を持っています。

  • sometimes to really surprising answers.

    時には、本当に驚くような答えが返ってくることもあります。

  • An indigenous medicine woman once told me

    昔、土着薬の女性が言っていました。

  • that love is to walk on