Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Transcriber: Ivana Korom Reviewer: Krystian Aparta

    翻訳: Yoshiaki Yamagami 校正: Riaki Ponist

  • So our story started several years ago,

    私たちの物語は 何年か前に始まりました

  • when my wife and I got a complaint letter in the mail

    妻と私が 苦情の手紙を 受け取ったときです

  • from an anonymous neighbor.

    差出人は匿名のご近所さんでした

  • (Laughter)

    (笑)

  • I'll never forget the way my wife transformed before my eyes

    目の前で妻が豹変した様子が 目に焼き付いています

  • from this graceful, peaceful, sweet woman

    感じ良く 穏やかで 優しい女性から

  • into just an angry mother grizzly bear whose cubs needed to be protected.

    子どもを守ろうとする怒れる母熊へと

  • It was intense.

    それはもう強烈でした

  • So here's what happened.

    何が起こったのか お話しします

  • This is our family.

    これが私の家族です

  • This is my wife and I and our five awesome kids.

    妻と私 そして5人の 最高の子どもたちです

  • We're pretty loud, we're pretty rambunctious,

    かなり騒がしく そしてやんちゃです

  • we're us.

    それが私たち家族です

  • You'll notice, though, that two of our children

    子どものうち2人が

  • look a little different than Mary and I,

    私と妻に似てないことに お気づきでしょう

  • and that's because they came to us through adoption.

    それは2人が養子として 我が家に来たからです

  • Our neighbor, though, saw two different-looking children

    でも 例のご近所さんは 見た目の違う子ども2人が

  • playing outside of our house every day

    毎日家の外で遊んでいる様子を見ていて

  • and came to the conclusion

    ある結論に達しました

  • that we must have been running an illegal day care out of our home.

    私たちが違法に学童保育をやっていると

  • (Murmuring)

    (ざわめき)

  • We were really angry to have our children stereotyped like that,

    我が家の子どもを そんな目で見られて ひどく腹が立ちました

  • but I know that's a relatively minor example of racial profiling.

    でも これはどちらかというと マイナーな人種的偏見の一例です

  • But isn't it sometimes what we all tend to do

    ですが これは私たちが 異なる考え方や異なる信条の人々

  • with people who think differently,

    さらには異なる投票行動を取る人々に対して 取りがちな対応ではないでしょうか

  • or believe differently or maybe even vote differently?

    真の隣人同士として接する代わりに

  • Instead of engaging as true neighbors,

    距離を置くのです

  • we keep our distance

    そのような人々に対する私たちの行動は

  • and our actions towards those

    その人々を自分たちと同じように 物事を見る人々だと見なすか

  • are guided by who we think sees the world as we do

    そうではないと見なすかで左右されます

  • or who we think doesn't.

    うちのご近所さんが陥ったのは 「アゴニズム」という心理状態です

  • See, what my neighbor suffered from is a condition called agonism.

    そして私たちもまた 同じ状態に陥ることがあるのです

  • And sometimes we all suffer from the same condition.

    アゴニズムは病気ではありませんが 感染力があります

  • It's not a medical condition, but it is contagious.

    アゴニズムとは何かについて 少しお話ししましょう

  • So let's talk a little bit about what agonism is.

    アゴニズムの定義の中でも 私のお気に入りは

  • My favorite definition of agonism

    「戦時下ではない状況で 戦時下のような心構えになること」です

  • is taking a warlike stance in contexts that are not literally war.

    アゴニズム(agonism)は ギリシャ語「agon」が語源で

  • Agonism comes from the same Greek root word "agon"

    苦痛(agony)の語源も同じです

  • from which we get "agony."

    なんとも的確な表現ですね

  • How very appropriate.

    私たちがアゴニズムの症状を示すのは

  • We all tend to show symptoms of agonism

    2つの強い信念に しがみついているときであると

  • when we hold on to two deeply held beliefs,

    最初に指摘したのは 作家リック・ウォレンでした

  • first identified by author Rick Warren.

    1つ目の信念は「人を愛するなら

  • The first one is that if love someone,

    その人のすることや信じること全てに 賛同する必要がある」というもの

  • we must agree with all they do or believe.

    2つ目の信念はその逆で

  • And the second is the inverse,

    「ある人に賛同できないということは

  • that if we disagree with someone,

    その人を恐れているか 憎んでいることを意味する」というもの

  • it must mean that we fear or we hate them.

    人間関係が壊れるとき この考え方がもたらす苦痛を

  • Not sure we really recognize the agony this way of thinking brings to us,

    私たちが本当に認識しているかは わかりません

  • when our relationships die

    なぜなら 私たちは 賛同するかしないかのどちらかに

  • because we think we have to agree or disagree

    どうしても決めないといけないと 考えるからです

  • no matter what.

    思い当たる会話が これまでにあったでしょう

  • Think about the conversations we've had around Brexit,

    ブレグジットや香港デモに関する話

  • or Hong Kong,

    イスラエル入植地問題や (大統領の)弾劾に関する話など

  • maybe Israeli settlements or perhaps impeachment.

    私たち誰にでも このような会話のせいで

  • I bet we could all think of at least one personal relationship

    気まずくなるか 果てには終わってしまった 人間関係に1つは心当たりがあるはずです

  • that's been strained or maybe even ended because of these topics,

    ひどい場合は

  • or tragically,

    もっとずっと些細な話が原因だったことも あるかもしれません

  • over a topic much more trivial than those.

    アゴニズムを解決することは 不可能ではありません

  • The cure for agonism is not out of reach.

    問題はどうやるかです

  • The question is how.

    私が経験から学んだ

  • So might I suggest two strategies

    2つの解決策を ご紹介しましょう

  • that my experience has taught me to start with.

    1つ目の解決策は「共通の基盤」を はぐくむことです

  • First, cultivate common ground,

    つまり共通点に焦点を当てるのです

  • which means focusing on what we share.

    私が とても慎重に言葉を 選んでいることにお気づきでしょうか

  • I want you to know I'm using my words very, very deliberately.

    「はぐくむ」とはつまり 相手と共通の基盤を見つけようと

  • By "cultivate," I mean we have to intentionally work

    積極的に取り組むこと

  • to find common ground with someone.

    農家の人が土地を はぐくむようにです

  • Just like a farmer works to cultivate the soil.

    「共通の基盤」は一般的な表現なので

  • And common ground is a common term,

    この言葉に込められていない 意味だけでも説明すると

  • so let me at least explain what I don't mean,

    双方が完全に一致しているという意味でも

  • which is I don't mean by common ground that we were exact,

    完全に同意しているという 意味でもありません

  • or that we totally agree and approve.

    私がこの言葉で意味しているのは 他の人との関係の中で

  • All I mean is that we find one unifying thing

    双方を結びつける1つの共通点を 見つけるということです

  • that we can have in a relationship in common with another person.

    その1つの共通点を 見つけるのも難しいときがあります

  • You know, sometimes that one thing is hard to find.

    これから 私の個人的な話をしますが

  • So I'd like to share a personal story,

    その前に

  • but before I do,

    私自身について もう少し お話しします

  • let me tell you a little bit more about myself.

    私は白人で

  • I'm Caucasian,

    性別は 生まれたときから男性

  • cisgender male,

    中流階級で 福音派のキリスト教徒です

  • middle class, evangelical Christian.

    今の話を聞くなり 私について

  • And I know, as soon as some of those words came out of my mouth,

    何らかの認識を持った人が いると思います

  • some of you had some perceptions about me.

    そして その認識は

  • And it's OK,

    肯定的なものばかりではないでしょう それは 仕方ありません

  • I know that not all those perceptions are positive.

    しかし 同じ信仰を持つ方々にも 言っておきますと

  • But for those who share my faith,

    私は これから皆さんの 期待を裏切ります

  • know that I'm about to cut across the grain.

    皆さんも私の話が 入ってこないかもしれません

  • And you may tune me out as well.

    もし途中で

  • So as we go,

    私の話を聞くのが苦痛になってきたら

  • if you're having a hard time hearing me,

    あなた自身が アゴニズムに 陥りかけていないか

  • I just gently ask that you reflect

    振り返ってみて頂きたいのです

  • and see if you're buying into agonism.

    なぜなら もしあなたが

  • If you're rejecting me

    世の中を見る目が違うというだけで 私を拒絶しているとしたら

  • simply because you think you see the world differently than I do,

    それこそが 今ここでお話ししていることですから

  • because isn't that what we're here talking about?

    では よろしいですか

  • Alright, ready?

    私は福音派のキリスト教徒として

  • So I've been thinking a lot about how to find common ground

    ジェンダーの流動性に関する 共通の基盤を

  • in the area of gender fluidity,

    いかに見出すかについて よく考えています

  • as an evangelical Christian.

    私のようなキリスト教徒は

  • For Christians like me,

    神が 私たち男と女を 創造したと信じています

  • we believe that God created us man and woman.

    だからといって

  • So what do I do?

    ただ 投げやりに

  • Do I throw up my hands and say,

    「私はトランスジェンダーや LGBTQIAの人とは

  • "I can't have a relationship with anybody who is transgender

    かかわりません」と言うべきでしょうか?

  • or LGBTQIA?"

    いいえ

  • No.

    それでは アゴニズムに 屈することになります

  • That would be giving into agonism.

    そこで 自分の信仰の 根本的な側面を見つめました

  • So I started looking at the foundational aspects of my faith,

    第1の側面は

  • the first of which

    私たち人間を形成している 30億の遺伝子です

  • is that of the three billion genes that make us human --

    ちなみに この遺伝子の99.9%は人類共通です

  • and by the way, we share 99.9 percent of those genes --

    この30億の遺伝子は「偉大なる知性」が 作り上げた賜物だと私は信じています

  • that I believe those three billion genes are the result of an intelligent designer.

    すなわち 私には誰とでも 共通の基盤があるということになります

  • And that immediately gives me common ground with anybody.

    このことは同時に

  • What it also gives me ...

    同じ「偉大なる知性」から

  • is the belief that each and every one of us

    私たち1人ひとりに 生きる権利が

  • have been given the right to life

    与えられているという 私の信念にも繋がります

  • by that same intelligent designer.

    しかし 私は さらに掘り下げてみました

  • I dug deeper though.

    私の信仰は 相手が私と同じ考えを持つか

  • I found that my faith didn't teach me

    あるいは 自分が相手を説得できるまで

  • to start relationships by arguing with somebody

    議論するところから つきあいを始めなさいとは

  • until they believed what I believed,

    教えていませんでした

  • or I convinced them.

    そうではなく 私の信仰は

  • No, it taught me to start relationships

    人類という同等の仲間として愛することから つきあいを始めよと教えています

  • by loving them as a coequal member of the human race.

    正直なところ

  • Honestly though,

    私と同じ信仰を持つ人の中には 問答無用で

  • some who share my faith draw a line

    相手が望むジェンダーの代名詞で 呼ぶことを拒否する人がいます

  • and refuse to address somebody by their preferred gender pronoun.

    でもこれは 人に敬意を払うためには 自分の信念を捨てる必要があるという

  • But isn't that believing the lie that in order for me to honor you,

    うそではないでしょうか?

  • I have to give up what I believe?

    時代をさかのぼり

  • Come back in time with me --

    今が20年前だとしましょう

  • let's say it's 20 years ago,

    モハメド・アリが あなたの家の玄関口にやってきます

  • and Muhammad Ali comes to your doorstep.

    あなたはドアを開けます

  • And you open the door.

    あなたは彼のことを モハメド・アリと呼びますか?

  • Would you address him as Muhammad Ali

    それとも以前の名前の カシアス・クレイと呼びますか?

  • or his former name of Cassius Clay?

    皆さんのうち ほとんどは モハメド・アリと呼ぶでしょう

  • I'm guessing that most of you would say Muhammad Ali.

    また ほとんどの人は

  • And I'm also guessing that most of you

    彼をモハメド・アリと呼ぶためだけに 自分も今すぐイスラム教に改宗しなければ

  • wouldn't think we'd have to immediately convert to Islam,

    などとは考えないでしょう

  • just by using his name.

    彼に敬意を払うことで 私たちが何か犠牲を払うことは

  • To honor him would cost me, would cost any of us

    まったくありませんし

  • absolutely nothing,

    敬意を払うことは 人間関係を築くための 共通の基盤になります

  • and it would give us the common ground to have a relationship.

    そして アゴニズムを解決するのは この人間関係であり

  • And it's the relationship that cures agonism,

    信念を捨てることではないのです

  • not giving up what we believe.

    私が自分の信仰を尊重するということは

  • So for me to honor my faith,

    このようなアゴニズムの がんこな症状を拒絶するということです

  • it means rejecting these rigid symptoms of agonism.

    つまり 私は人を愛することができます

  • Meaning, I can and I will love you.

    受け入れることもできます

  • I can and I will accept you,

    人を愛したり受け入れるためには 自分の信念を捨てるか

  • and I don't have to buy into the lie

    さもなければ その人をおそれ 憎むしかないという

  • that if I do these things, I have to give up what I believe

    うそを私は信じなくてよいのです

  • or chose to fear and hate you.

    なぜなら 私はお互いの共通点に 焦点を当てているからです

  • Because I'm focusing on what we have in common.

    人との共通の基盤が ほんの少しでも見つかると

  • When you can find even the smallest bit of common ground with somebody,

    相手の その人らしい魅力や

  • it allows you to understand just the beautiful wonder

    複雑さや

  • and complexity

    偉大さを理解できるようになります

  • and majesty of the other person.

    アゴニズムの2つ目の解決策は

  • Our second strategy

    私たちに (息を吸う音)

  • gives us room to (Inhales)

    呼吸し

  • breathe.

    いったん立ち止まり

  • To pause.

    心を静め

  • To calm down.

    アゴニズムを解決する人間関係を築く 機会を与えます

  • To have the kind of relationships that cure agonism.

    そして その人間関係を維持する方法も 教えてくれます

  • And how to keep those relationships alive.

    2つ目の解決策は 惜しみなく 許し(grace)を与え合うことです

  • Our second strategy is to exchange extravagant grace.

    (笑)

  • (Laughs)

    ここでも 率直に言っています

  • Once again, I'm not mincing words --

    バレエ教室で習うgrace(優雅さ) ではありません

  • by grace, I don't mean we should all go sign up for ballet,

    それは変ですよね

  • that would be weird.

    (笑)

  • (Laughter)

    私が言いたいのは 1つの誤りで すべてをご破算にしないということです

  • What I mean is not canceling everything over one mistake.

    その誤りで あなたが腹を立てたとしても

  • Even if that mistake personally offended you.

    それどころか 激怒したとしてもです

  • Maybe even deeply.

    ホロコースト生存者コーリー・テン・ブームが このことをうまく言い表しています

  • Perhaps Holocaust survivor Corrie ten Boom put it best

    こういう言葉です

  • when she said,

    「人を許すとは 囚人を解放し自由にすること

  • "To forgive is to set a prisoner free,

    そうして初めてその囚人は 自分自身だったと気づくことだ」

  • only to realize that prisoner was me."

    私の信仰は 人間は決して完全ではない と教えてくれています

  • My faith teaches me that we humans will never be perfect,

    当然 私自身も含まれます

  • myself very much included.

    だからこそ 救い主の許しが必要なのです

  • So we need the grace of a savior,

    私の場合 それはイエス・キリストです

  • who for me is Jesus.

    私は信仰という文脈で 「許し」を定義しましたが

  • And while I define grace in the context of my faith,

    別の方法で 別の定義をしている人も

  • I know there's a lot of other people who have defined it differently

    たくさんいます

  • and in different ways.

    私のお気に入りのひとりは ラジオアナウンサー オズワルド・ホフマン

  • One of my favorites is radio broadcaster Oswald Hoffmann, who said,

    彼はこう言います 「許しとは 愛らしくない人を愛し

  • "Grace is the love that loves the unlovely

    愛しようのない人をも愛する愛である」

  • and the unlovable."

    私はこの「許し」のかたちが大好きです

  • And I just love that picture of grace.

    なぜなら 私自身

  • Because I know I am,

    また 皆さんの多くが そうだと思いますが

  • and maybe a lot of you can think of a time

    愛しようのない人間だった自分に 心当たりがあるからです

  • when we're just pretty dadgum unlovable.

    ですから もしこんなことをしたら 偽善の極みになってしまいます

  • So it would be the height of hypocrisy,

    あえて言うと 自分の信仰の観点でも 受け付けないことです

  • dare I say repulsive to my faith,

    それは もし私が

  • for me to accept

    自分に釣り合わない 無条件の許しと愛を 神から受けていながらも

  • the unconditional, unqualified grace and love from God

    その一方で

  • and then turn around

    自分が人に与える愛には 条件を付けることです

  • and put one precondition on the love I give you.

    どう考えてもおかしいですよね

  • What in the world would I be thinking?

    「惜しみなく」ということは 度を超えて行うという意味です

  • And by extravagant, I mean over the top,

    仕方なくやるのではありません

  • not just checking a box.

    子供の頃の話で

  • We can all remember when we were kids

    親に言われて 強制的に 誰かに謝るはめになり

  • and our parents forced us to apologize to somebody

    相手に近づいて (怒った調子で) 「ごめんなさい」と言って

  • and we walked up to them and said, (Angrily) "I'm sorry."

    済ませたことがありましたよね?

  • We just got it over with, right?

    そういう話ではありません

  • That's not what we're talking about.

    ここでの話は 嫌々許しを与えるということではなく

  • What we're talking about is not having to give someone grace

    自ら選び 進んでやることです

  • but choosing to and wanting to.

    それが惜しみなく許しを与え合う ということなのです

  • That's how we exchange extravagant grace.

    理論倒れの話にしか 聞こえないかもしれません

  • Listen, I know this can sound really, really theoretical.

    そこで 私のヒーローについて お話したいと思います

  • So I'd like to tell you about a hero of mine.

    許しのヒーローです

  • A hero of grace.

    場面は2014年の

  • It's 2014.

    イランです

  • In Iran.

    息子を殺された母親が 広場にいます

  • And the mother of a murdered son is in a public square.

    彼女の息子を殺した男も その広場にいます

  • The man who murdered her son is also in that square,

    絞首台の上です

  • by a gallows,

    椅子か何かに乗って

  • on a chair of some kind,

    首になわをかけられ

  • a noose around his neck

    目隠しをされています

  • and a blindfold over his eyes.

    母親 サメラー・アナハッドは

  • Samereh Alinejad

    その国の法律の下で たった一人

  • had been given the sole right under the laws of her country

    この男を許すか あるいは

  • to either pardon this man

    処刑を執行する権利を 与えられていました

  • or initiate his execution.

    言い換えれば 彼女は男を許すこともできましたし

  • Put another way, she could pardon him

    男が乗っている椅子を けり外すこともできました

  • or literally push that chair out from underneath his feet.

    (息を吐く音)

  • (Exhales)

    私には

  • I just ...

    サメラーと男が 双方 このとき味わったであろう苦痛が

  • I can't picture the agony going through both Samereh and this man

    想像もつきません

  • at the time.

    選択を迫られるサメラーと

  • Samereh with her choice to make,

    記事によると ただ泣きながら

  • and this man, in the account that I read, was just weeping,

    許しを乞う男

  • just begging for forgiveness.

    そして サメラーは決断しました

  • And Samereh had a choice.

    彼女は男に近づき

  • And she chose in that moment to walk up to this man

    彼の顔を平手打ちしました

  • and to slap him right across the face.

    それが彼女なりの「赦免」の合図でした

  • And that signaled her pardon.

    この話には続きがあります

  • It gets better.

    このできごとのすぐ後に 誰かが彼女に尋ねました

  • Right afterwards, somebody asked her,

    インタビューに答えて 彼女はこう言ったそうです