Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • a gender identity development service at London's Tavistock Comportment Trust, is England's only NHS specialist service for young people questioning their gender identity.

    ロンドンのタビストック・コンパートメント・トラストの性同一性開発サービスは、自分の性同一性に疑問を持つ若者のためのイングランド唯一のNHS専門サービスです。

  • In June, Newsnight revealed that serious safeguarding concerns have been raised by some staff of Jed's during an official review in 2019.

    6月、ニュースナイトは、2019年の公式レビュー中にジェッズの一部のスタッフから深刻なセーフガードの懸念が提起されていることを明らかにした。

  • We've now learned that some of the worries voice during that review were not new.

    私たちは今、そのレビューの間にいくつかの心配の声のいくつかは、新しいものではなかったことを知りました。

  • They go back 15 years.

    彼らは15年前にさかのぼります。

  • There had been another review of the service in 2000 and five by the trust's then medical director, Dr David Taylor.

    2000年にもサービスの見直しが行われ、当時の医療部長であったデイビッド・テイラー博士によって5回の見直しが行われました。

  • It was triggered by a nurse working at the units to Evans.

    エバンスにユニットで働いている看護師がきっかけだった。

  • She was troubled about what she was seeing.

    彼女は自分が見ているものに悩んでいた。

  • My experience of working with most of the young people was that once you assess them and found out more about them, they had complex backgrounds.

    私がほとんどの若者と一緒に仕事をしてきた経験では、一度彼らを評価して、彼らのことを詳しく知ると、彼らは複雑な背景を持っていました。

  • It wasn't just the gender dysphoria they, some of them had bean sexually abused.

    それは彼らだけでなく、彼らの何人かは、豆が性的に虐待されていたジェンダー障害ではありませんでした。

  • Some of them had been traumatized in their only life.

    中には、たった一度の人生でトラウマになってしまった人もいました。

  • Early separations, some had autism.

    初期の別居で、自閉症の人もいました。

  • There were other clinicians who seemed confident that they could see someone for about four to successions and then refer them on for hormone treatments.

    他にも、4回くらいから引き継ぎまで診てもらって、ホルモン治療のために紹介してもらえる自信があるような臨床医がいました。

  • And I just couldn't understand that a satisfactory assessment or any attempt at therapeutic work had been carried out.

    満足のいく評価や治療の試みが行われたことが理解できませんでした

  • Newsnight has obtained a copy of that 2000 and five review.

    ニュースナイトは、その2000年と5回のレビューのコピーを入手しました。

  • Dr.

    博士

  • Taylor stresses that staff were doing all they could to help the patients, who were often very distressed.

    テイラー氏は、スタッフができる限りのことをしていたと強調する。

  • But his report went on to detail several areas he believed needed addressing.

    しかし、彼の報告書は、彼が対処する必要があると考えているいくつかの分野を詳述しています。

  • He noted that many Children referred to the service had suffered trauma or have mental health problems.

    彼は、サービスに紹介された多くの子供たちがトラウマを抱えていたり、メンタルヘルスの問題を抱えていることを指摘しました。

  • Staff face pressure to comply with demands from patients and their parents to be referred for puberty blocking medication.

    スタッフは患者からの要求に従う圧力に直面し、彼らの親は思春期のブロッキング薬のために紹介されるべきである。

  • There wasn't a robust evidence base underpinning this treatment on staff disagreed about the best way to treat these young people.

    この治療を支えている強固な根拠がなかったため、スタッフは若者を治療する最善の方法について意見が合わなかったのです。

  • The implications for this other young people might not have had other issues addressed before making a potentially life changing decision to go into puberty blocking drugs.

    この他の若者のための意味合いは、他の問題を持っていなかったかもしれません 思春期に行くために潜在的に人生を変える決断をする前に、薬をブロックしています。

  • Thes concerns are strikingly similar to those raised by staff in recent years.

    これらの懸念は、近年のスタッフが提起した懸念と顕著に似ています。

  • The service was much smaller in 2000 and five, receiving tens of referrals rather than thousands, and did not contribute significantly to the Tavistock trusts finances.

    サービスは2000年と5年でかなり小さくなり、数千人というよりは数十人の紹介を受け、タビストック信託の財政にはあまり貢献していなかった。

  • Young people had to be 16 before referral for puberty blockers.

    若者は思春期ブロッカーを紹介される前に16歳にならなければなりませんでした。

  • Now they could be as young as nine, and yet there are still questions about the evidence base.

    今では9歳という若さになっているかもしれませんが、まだ証拠の根拠には疑問があります。

  • The findings of the 2000 and five review have never been made public, and getting sight of them hasn't been easy.

    2000年と5回のレビューの結果は公表されたことがなく、目にすることは容易ではありませんでした。

  • In May 2019 Newsnight requested a copy of Dr Taylor's review using the Freedom of Information Act.

    2019年5月、ニュースナイトは情報自由法を利用してテイラー博士のレビューのコピーを要求した。

  • The Tavis stock declined, arguing its disclosure could adversely impact on the trust's ability to provide effective and safe services to its patients.

    タビスの株価は下落し、開示が患者に効果的で安全なサービスを提供する能力に悪影響を及ぼす可能性があると主張した。

  • We appealed in July 2019 and, when refused again, went to the information commissioner's office in October.

    2019年7月に控訴し、再度拒否されたところ、10月に情報委員会の事務所に行きました。

  • In August 2020 the CEO ruled that it was in the public interest to disclose the document, saying patients, prospective patients and their families should be able to see this information.

    2020年8月、最高経営責任者(CEO)は、患者、見込み患者、家族がこの情報を見ることができるようにすべきだと述べ、この文書を公開することは公益性があるとの判決を下した。

  • We received the report a few weeks later.

    数週間後に報告書が届きました。

  • The recommendations made by Dr Taylor were, in his words, not rocket science, he says.

    テイラー博士の提言は、彼の言葉を借りれば、ロケット科学ではないという。

  • They reflect core principles of clinical practice on could be applied toe any part of medicine.

    彼らは、医学のどの部分にも適用することができる臨床実践の中核的な原則を反映しています。

  • You call for the service to follow up all its patients for more research in this area of health care and for staff to be supported if they came under pressure to refer for a treatment they thought was inappropriate.

    あなたは、医療のこの分野でのより多くの研究のためのすべての患者をフォローアップするためのサービスと、彼らが不適切だと思った治療のために紹介するための圧力の下に来た場合、スタッフがサポートされるように要求します。

  • Dr Taylor said that puberty blockers might be an appropriate course of action for some, But all young people needed exploratory therapy first looking at the report today that was written 15 years ago in those years, the missed opportunity for me is that Dr Taylor recommended there should be clinical audit, better understanding developed of gender dysphoria in young people.

    博士テイラーは、思春期ブロッカーは、いくつかのアクションの適切なコースかもしれないと述べたが、すべての若者が最初にそれらの年に15年前に書かれた今日の報告書を見て探索的治療を必要とし、私のための機会を逃した博士テイラーは、臨床監査、より良い理解があるべきであることをお勧めしていることです若者のジェンダー異性愛の開発。

  • Research should be woven into the work of the clinic, and I really don't think listening to the more recent reports about the cleaning I I really can't here that that has gone on sufficiently.

    研究は診療所の仕事に織り込まれているはずで、最近の清掃についての報告を聞いても、十分に進んでいるとは思えません。

  • Last year, Evans initiated Judicial Review proceedings against kids arguing under Eighteens cannot give informed consent to puberty blockers, where not enough is known about what they do.

    昨年、エヴァンスは、子供たちに対して司法審査手続きを開始した Eighteens の下で主張している十分ではない思春期ブロッカーにインフォームドコンセントを与えることはできません、ここで彼らが何をするかについて知られています。

  • The trust is contesting the case.

    信託はこの件で争っている

  • It will be heard next week.

    来週には聴取されます。

  • The perception that Jude's could have done things differently has angered some staff.

    ジュードはもっと違うことができたかもしれないという認識は、一部のスタッフを怒らせています。

  • Dr.

    博士

  • Kirsty Entwistle, left Kids leads in 2018.

    カースティ・エントウィッスル、2018年にキッズリードを残した。

  • She's not spoken publicly before but is a witness against the service in the upcoming judicial review.

    彼女はこれまで公の場では発言していませんが、今後の司法審査ではサービスに反対する証人となっています。

  • I left the service kind of wondering why me like, why did I have, like, such a strong reaction and then and then you know, it takes away this time, and I find out that there's a these clinicians in London who had the same concerns as me, and and then you find out what actually, you know, people have been having these concerns about the service for years.

    私はサービスのようなものを残して、なぜ私のような、なぜ私は、そのような、このような強い反応を持っていたし、その後、あなたが知っている、それはこの時間を奪うと、私はロンドンのこれらの臨床医があることを見つける私と同じ懸念を持っていた、そして、あなたは実際には、あなたが知っている、人々は何年もの間、サービスについての懸念を持っていたことを見つける。

  • You know, just seems like it's more convenient just to plow on, because I think the concerns that people are raising, you know, require a fundamental reorganization or a fundamental rethink off what's going on here.

    ただ、このまま突っ走った方が都合がいいような気がするんだが、人々が提起している懸念は、 根本的な再編成が必要だ。

  • Dr.

    博士

  • Taylor, a psychiatrist who worked at the tavern Stock for 30 years, wrote in his review that some of what he'd suggested would likely be resisted by some patients and patient organizations.

    30年間酒場ストックで働いていた精神科医のテイラーは、彼が提案したことのいくつかは、おそらく一部の患者や患者団体によって抵抗されるだろうと彼のレビューに書いています。

  • He recognized that this could lead to a fall in referrals.

    紹介者の減少につながる可能性があると認識していた。

  • If you try to set out to please or comply with someone, whether your apparent or a clinician, then you won't be helping.

    誰かを喜ばせようとしたり、誰かに従おうとしたりすると、あなたの見かけでも臨床医でも、何の役にも立ちません。

  • Hm.

    ふむ。

  • It's very important that you keep an independent perspective, but I do think that maybe the service, as it developed to some extent, lost its compass in those respects, so I would.

    独立した視点を保つことは非常に重要ですが、サービスがある程度発展してくると、その点でコンパスを失ってしまったのではないかと思います。

  • His reviews recommendations implemented.

    彼のレビューの推奨事項が実装されました。

  • There isn't one easy answer.

    簡単な答えは一つではありません。

  • The demand for these services was greater than the capacity off the unit to cope to cope by maintaining its standards off thoughtful mental health care, which considers all the factors biological on social.

    これらのサービスの需要は、社会的に生物学的なすべての要因を考慮した心のこもったメンタルヘルスケアの基準を維持することによって対処するためのユニットオフの容量よりも大きかった。

  • Andi, he say's the setting in which the service was working society.

    アンディは、サービスが社会人社会だったという設定だそうです。

  • Shifting attitudes towards gender identity on the lack of alternative provisions are also important.

    代替規定の欠如に関するジェンダー・アイデンティティに対する態度の変化も重要である。

  • Many patients would have been better served, referred to other services.

    多くの患者さんは、他のサービスを紹介してもらった方が良かったのではないでしょうか。

  • But underfunding of child and adolescent mental health services made that impossible.

    しかし、子どもと思春期の精神保健サービスの資金不足は、それを不可能にした。

  • Over the last 14 months, Newsnight has looked at the uncertainties about treatments given to young people questioning their gender identity.

    過去14ヶ月間、ニュースナイトは、彼らの性別のアイデンティティを疑問視する若者に与えられた治療についての不確実性に注目しました。

  • We've also revealed allegations that safety concerns weren't taken seriously enough.

    安全性への懸念が十分に考慮されていなかったという疑惑も明らかにしています。

  • Last week, the NHS announced an independent review into gender identity services for young people.

    先週、NHSは若者のためのジェンダー・アイデンティティ・サービスに関する独立したレビューを発表した。

  • I think that's Ah, a very, very good development and entirely the right way forward Andi, because those those reviews are arenas that are more public, in which the kind off discussions and debate that we're talking about can go on.

    それは非常に、非常に、非常に良い展開だと思いますし、完全に正しい方法でアンディを進めることができます。

  • 15 years after Dr Taylor's report, key issues at the heart of service provision for young people questioning their gender identity are still being debated.

    テイラー博士の報告書から15年が経過した今も、ジェンダー・アイデンティティに疑問を持つ若者へのサービス提供の中心となる重要な問題が議論されています。

  • The question now is, will this review bring some resolution zone?

    今の問題は、今回の見直しで何らかの解決圏がもたらされるのかどうか?

  • Newsnight put the issues raised in their report to the Taba stock, who responded by saying, This report from 2000 and six is not relevant to the circumstances and issues faced by Jin's.

    ニュースナイトは報告書で問題提起した問題点をタバ株にぶつけて、「2000年と6年のこの報告書は、ジンの置かれた状況や問題点とは関係ない」と反論した。

  • That's the Gender Identity Development Service today, they continued.

    それが今日の「性同一性開発サービス」です、と彼らは続けた。

  • While the demand for the aged service has increased markedly since 2000 and six, each young person does receive ah, highly personalized service from Jim's Clinicians that we're sorry that this is now delivered after a longer wait than we'd like.

    高齢者サービスの需要は2000年と6年以来、著しく増加していますが、それぞれの若者はジムの臨床医から、ああ、高度にパーソナライズされたサービスを受けています。

  • It has recently been announced that Dr CASS will lead a wider review of the care provided to gender questioning young people.

    それは最近、博士CASSが若者に質問するジェンダーに提供されるケアのより広いレビューをリードすることが発表されました。

  • We welcome this and hope this will lead to better and quicker access to support for these young people.

    私たちはこれを歓迎し、これがこれらの若者のための支援へのより良い、より迅速なアクセスにつながることを願っています。

  • Some of the young people we see in the service experience difficulties which may or may not be related to gender dysphoria.

    私たちがサービスで見ている若者の中には、ジェンダー・ディスフォリアと関係があるかもしれないし、関係がないかもしれない困難を経験している人もいます。

  • Kids is a specialist service and relies on integrated care model, in which it works closely with local cams to support ongoing difficulties.

    キッズは専門的なサービスであり、地域のカムと密接に連携して継続的な困難をサポートする統合ケアモデルに依存しています。

a gender identity development service at London's Tavistock Comportment Trust, is England's only NHS specialist service for young people questioning their gender identity.

ロンドンのタビストック・コンパートメント・トラストの性同一性開発サービスは、自分の性同一性に疑問を持つ若者のためのイングランド唯一のNHS専門サービスです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 サービス 若者 テイラー 博士 ジェンダー レビュー

NHSの子供のジェンダークリニック。スタッフの懸念は10年以上前にさかのぼる - BBC Newsnight (NHS child gender clinic: Staff concerns date back more than a decade - BBC Newsnight)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 23 日
動画の中の単語