Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Just a moment ago,

    翻訳: hiroko fujikawa 校正: Kazunori Akashi

  • my daughter Rebecca texted me for good luck.

    ほんの少し前

  • Her text said,

    娘のレベッカが幸運を祈って メッセージをくれました

  • "Mom, you will rock."

    メッセージには

  • I love this.

    「ママ きっと成功するわ」

  • Getting that text

    うれしかったです

  • was like getting a hug.

    メッセージをもらうと

  • And so there you have it.

    ハグされた気分になります

  • I embody

    つまりそうです

  • the central paradox.

    私は大きな矛盾を

  • I'm a woman

    抱えています

  • who loves getting texts

    メッセージをもらうのは

  • who's going to tell you

    大好きなのに

  • that too many of them can be a problem.

    「メッセージが多いのは問題だ」と

  • Actually that reminder of my daughter

    伝えようとしているのですから

  • brings me to the beginning of my story.

    娘とのやり取りで思い出すのは

  • 1996, when I gave my first TEDTalk,

    事の発端となった ある出来事です

  • Rebecca was five years old

    1996年 私が最初のTEDTalkをした時

  • and she was sitting right there

    レベッカは5歳で

  • in the front row.

    前方のすぐそこの席に

  • I had just written a book

    座っていました

  • that celebrated our life on the internet

    ネット上での生活を

  • and I was about to be on the cover

    賛美する本を書き上げて

  • of Wired magazine.

    WIRED誌の表紙に

  • In those heady days,

    載る直前でした

  • we were experimenting

    当時 チャットルームや

  • with chat rooms and online virtual communities.

    仮想コミュニティの

  • We were exploring different aspects of ourselves.

    実験に取り組んでいました

  • And then we unplugged.

    自分のいろいろな側面を 探求しては

  • I was excited.

    現実に戻る日々

  • And, as a psychologist, what excited me most

    私はわくわくしていた

  • was the idea

    心理学者として 一番面白いと思ったのは

  • that we would use what we learned in the virtual world

    自分自身や 自分のアイデンティティーについて

  • about ourselves, about our identity,

    仮想世界で学び それを実社会で生かし

  • to live better lives in the real world.

    現実世界でよりよく 生きられるという考えです

  • Now fast-forward to 2012.

    現実世界でよりよく 生きられるという考えです

  • I'm back here on the TED stage again.

    2012年になった今―

  • My daughter's 20. She's a college student.

    私は再びこのTEDの舞台に立っています

  • She sleeps with her cellphone,

    娘は二十歳で大学生です

  • so do I.

    枕元に携帯電話を置いて寝ています

  • And I've just written a new book,

    私もそうします

  • but this time it's not one

    新作を書き上げたところですが

  • that will get me on the cover

    今回は

  • of Wired magazine.

    WIRED誌の表紙を

  • So what happened?

    飾ることは ないでしょう

  • I'm still excited by technology,

    なぜでしょうか

  • but I believe,

    私はまだ技術に魅了されています

  • and I'm here to make the case,

    でも ここで主張したいのは

  • that we're letting it take us places

    テクノロジーのせいで

  • that we don't want to go.

    我々の意向とは違うところへ

  • Over the past 15 years,

    向かっているということです

  • I've studied technologies of mobile communication

    過去15 年間

  • and I've interviewed hundreds and hundreds of people,

    私はモバイル通信の 技術について研究し

  • young and old,

    ネット上の生活について

  • about their plugged in lives.

    老若男女 数百人に

  • And what I've found

    インタビューしました

  • is that our little devices,

    私が発見したのは

  • those little devices in our pockets,

    ポケットに収まる

  • are so psychologically powerful

    こんな小さな機械が

  • that they don't only change what we do,

    精神的にとても大きな影響を与え

  • they change who we are.

    我々の行動ばかりでなく

  • Some of the things we do now with our devices

    我々の存在自体を 変化させるということです

  • are things that, only a few years ago,

    デバイスで行っている幾つかの事は

  • we would have found odd

    ほんの数年前まで

  • or disturbing,

    おかしく感じたり

  • but they've quickly come to seem familiar,

    眉をひそめられることでした

  • just how we do things.

    でも それにも慣れ

  • So just to take some quick examples:

    すでに当たり前になっています

  • People text or do email

    いくつか例をあげましょう

  • during corporate board meetings.

    企業の取締役会の会議中

  • They text and shop and go on Facebook

    皆 メッセージやメールを送ります

  • during classes, during presentations,

    授業中 プレゼンテーション中

  • actually during all meetings.

    そしてあらゆる会議の間

  • People talk to me about the important new skill

    メッセージを送り 買い物をし Facebookを見る

  • of making eye contact

    メッセージと アイコンタクトを

  • while you're texting.

    同時に行うスキルが

  • (Laughter)

    重要なんだといいます

  • People explain to me

    (笑)

  • that it's hard, but that it can be done.

    そして説明してくれます

  • Parents text and do email

    難しいけれど できることだと

  • at breakfast and at dinner

    朝食や夕食時

  • while their children complain

    親は メッセージやメールを送り

  • about not having their parents' full attention.

    子供は 親が 関わってくれないと

  • But then these same children

    不満を言います

  • deny each other their full attention.

    ところが子供は 子供で

  • This is a recent shot

    お互い関わろうとしない

  • of my daughter and her friends

    これは娘と友達で

  • being together

    一緒にいるけど

  • while not being together.

    一緒じゃないという

  • And we even text at funerals.

    最近の写真です

  • I study this.

    葬式の時まで メッセージです

  • We remove ourselves

    私は考えました

  • from our grief or from our revery

    我々は悲しみや悔やみから

  • and we go into our phones.

    自分自身を遠ざけて

  • Why does this matter?

    携帯に向かうんだと

  • It matters to me

    それの何が悪いのでしょう?

  • because I think we're setting ourselves up for trouble --

    ただ私は気になります

  • trouble certainly

    問題に巻き込まれていると 感じるからです

  • in how we relate to each other,

    お互いの

  • but also trouble

    人間関係の問題ばかりでなく

  • in how we relate to ourselves

    自分自身と

  • and our capacity for self-reflection.

    どう関りあうかという問題 や

  • We're getting used to a new way

    自分と向き合う能力の問題です

  • of being alone together.

    一緒にいても 一人ずつという

  • People want to be with each other,

    新しいスタイルになれはじめたのです

  • but also elsewhere --

    誰かと一緒にいたい でも同時に

  • connected to all the different places they want to be.

    どこか他の場所とも

  • People want to customize their lives.

    つながっていたいのです

  • They want to go in and out of all the places they are

    人間は生活を操りたがる

  • because the thing that matters most to them

    どんな場所でも 出たり入ったりしたがります

  • is control over where they put their attention.

    なぜなら一番重要なのは

  • So you want to go to that board meeting,

    どこに意識を向けるか 自分で決めることだからです

  • but you only want to pay attention

    つまり役員会には出たいけど

  • to the bits that interest you.

    本当は興味がある部分にだけ

  • And some people think that's a good thing.

    注意を払いたいだけなのです

  • But you can end up

    それが良いことだと考える人もいます

  • hiding from each other,

    でも最終的には

  • even as we're all constantly connected to each other.

    常に連絡しているにも関わらず

  • A 50-year-old business man

    お互いに避けるように なってしまうのです

  • lamented to me

    ある50歳のサラリーマンは

  • that he feels he doesn't have colleagues anymore at work.

    仕事場では

  • When he goes to work, he doesn't stop by to talk to anybody,

    もう同僚なんて いないも同然だと嘆きます

  • he doesn't call.

    彼は仕事に行き 立ち止まって誰かと話すことはないし

  • And he says he doesn't want to interrupt his colleagues

    誰も彼に声をかけない

  • because, he says, "They're too busy on their email."

    彼は同僚の仕事の邪魔を したくないからだといいます

  • But then he stops himself

    「みんなメールで忙しいから」と言います

  • and he says, "You know, I'm not telling you the truth.

    でも彼はふと気がつきます

  • I'm the one who doesn't want to be interrupted.

    「いや 実は違うんだ

  • I think I should want to,

    邪魔されるのがいやなのは 僕のほうなんだ

  • but actually I'd rather just do things on my Blackberry."

    話したいはずだ でも

  • Across the generations,

    つい自分のブラックベリーに 向かっておわるんだ」

  • I see that people can't get enough of each other,

    どの世代の人でも

  • if and only if

    いつも つながって いたいようです

  • they can have each other at a distance,

    ただし 程よい距離があり

  • in amounts they can control.

    自分がコントロールできる

  • I call it the Goldilocks effect:

    関係に限ります

  • not too close, not too far,

    これをゴルディロックス効果 と呼んでいます

  • just right.

    近すぎず 遠すぎず

  • But what might feel just right

    ちょうどいい距離

  • for that middle-aged executive

    でも中年管理職の

  • can be a problem for an adolescent

    「ちょうどいい距離」も

  • who needs to develop face-to-face relationships.

    思春期の子には そうではない

  • An 18-year-old boy

    対人関係を学ぶ必要がありますから

  • who uses texting for almost everything

    全てのことをメッセージで済ませる

  • says to me wistfully,

    18歳の少年は

  • "Someday, someday,

    物思いにふけりながらいいました

  • but certainly not now,

    「いつかね いつかだよ

  • I'd like to learn how to have a conversation."

    それは絶対に今じゃないけど

  • When I ask people

    どうやって会話するのか学びたいよ」

  • "What's wrong with having a conversation?"

    私は人々に聞きます

  • People say, "I'll tell you what's wrong with having a conversation.

    「会話の何が問題なの?」と

  • It takes place in real time

    皆こう言います 「会話の問題点は

  • and you can't control what you're going to say."

    リアルタイムで進むこと―

  • So that's the bottom line.

    自分で言いたいことを コントロールできないから」

  • Texting, email, posting,

    それが本音です

  • all of these things

    テキストメッセージでも

  • let us present the self as we want to be.

    メールでも 投稿でも

  • We get to edit,

    見せたい自分だけを 見せることができます

  • and that means we get to delete,

    編集することができるし

  • and that means we get to retouch,

    削除することもできる

  • the face, the voice,

    ということは書き直しができ

  • the flesh, the body --

    顔も 声も

  • not too little, not too much,

    肉体も

  • just right.

    小さすぎず多すぎず

  • Human relationships

    ちょうどいいくらいに 書きなおせるのです

  • are rich and they're messy

    人間関係は

  • and they're demanding.

    豊かで 複雑で

  • And we clean them up with technology.

    骨の折れるものです

  • And when we do,

    私達はそれを技術できれいにします

  • one of the things that can happen

    すると どうなるか

  • is that we sacrifice conversation

    つながりだけを求め

  • for mere connection.

    会話が犠牲になる

  • We short-change ourselves.

    ということが起こります

  • And over time,

    自分をごまかし―

  • we seem to forget this,

    時間とともに

  • or we seem to stop caring.

    我々はそれを忘れてしまうか

  • I was caught off guard

    或いは気にしなくなってしまうようです

  • when Stephen Colbert

    ある時 スティーブン・コルベアが

  • asked me a profound question,

    いきなり質問してきました

  • a profound question.

    とても深い質問です

  • He said, "Don't all those little tweets,

    不意をつかれました

  • don't all those little sips

    「短いツィートや

  • of online communication,

    ネット上の ちょっとしたやり取りも

  • add up to one big gulp

    全部 足していけば

  • of real conversation?"

    結局 本物の会話と

  • My answer was no,

    同じになるのでは?」

  • they don't add up.

    私の答えはノーでした

  • Connecting in sips may work

    足し算は できないのです

  • for gathering discreet bits of information,

    確かに ちょっとしたやり取りは

  • they may work for saying, "I'm thinking about you,"

    情報を集めるには便利だし

  • or even for saying, "I love you," --

    「あなたのことを考えている」とか

  • I mean, look at how I felt

    「愛してる」と伝えるにも便利です

  • when I got that text from my daughter --

    つまり私が娘からメッセージを

  • but they don't really work

    もらったときに感じたことを 思い出してください

  • for learning about each other,

    でもそれはお互いを知るためや

  • for really coming to know and understand each other.

    実際にお互いを理解しあうための

  • And we use conversations with each other

    助けにはなりません

  • to learn how to have conversations

    自分自身と どう対話するか

  • with ourselves.

    学ぶために

  • So a flight from conversation

    お互いと会話をするのです

  • can really matter

    だから会話を避けると

  • because it can compromise

    大変なことになりかねない

  • our capacity for self-reflection.

    自分を振り返る力が

  • For kids growing up,

    弱まるからです

  • that skill is the bedrock of development.

    成長中の子供達にとって

  • Over and over I hear,

    そのスキルが発達の 基礎になりますから

  • "I would rather text than talk."

    よく聞く台詞は これ

  • And what I'm seeing

    「話さないでテキストで送るよ」

  • is that people get so used to being short-changed

    そして人々が

  • out of real conversation,

    本物の会話がない生活や

  • so used to getting by with less,

    どんどん会話が減る状況に

  • that they've become almost willing

    慣れきってしまい

  • to dispense with people altogether.

    人付き合いは不要と

  • So for example,

    思い始めています

  • many people share with me this wish,

    たとえば

  • that some day a more advanced version of Siri,

    こんな願いを持つ人も多いでしょう

  • the digital assistant on Apple's iPhone,

    iPhoneのデジタル・アシスタント―

  • will be more like a best friend,

    Siriの進化版が登場して

  • someone who will listen

    他人が聞いてくれない話を

  • when others won't.

    聞いてくれる

  • I believe this wish

    親友になってくれれば・・・

  • reflects a painful truth

    私はこの願いが

  • that I've learned in the past 15 years.

    過去15年間に学んだ

  • That feeling that no one is listening to me

    痛々しい事実を 反映していると思います

  • is very important

    誰も私のことを聞いていない という感覚は

  • in our relationships with technology.

    我々と技術の関係で

  • That's why it's so appealing

    とても重要です

  • to have a Facebook page

    だから

  • or a Twitter feed --

    Facebook のページを持つことに

  • so many automatic listeners.

    Twitterフィード を増やすことに

  • And the feeling that no one is listening to me

    自動的な聞き手を増やすことに 夢中なのです

  • make us want to spend time

    「誰も聞いてくれない感じ」のせいで

  • with machines that seem to care about us.

    気にかけてくれるように

  • We're developing robots,

    見える機械が欲しくなる

  • they call them sociable robots,

    今 ロボットが開発されています

  • that are specifically designed to be companions --

    それらは社交ロボットと呼ばれ

  • to the elderly,

    人間のパートナーとして 設計されました

  • to our children,

    高齢者や

  • to us.

    子供たち そして

  • Have we so lost confidence

    私たちのパートナーです

  • that we will be there for each other?

    私たちは誰かと一緒に いたいという気持ちを

  • During my research

    なくしたのでしょうか?

  • I worked in nursing homes,

    私は研究中

  • and I brought in these sociable robots

    養護老人ホームで仕事をし

  • that were designed to give the elderly

    高齢者が理解されたと

  • the feeling that they were understood.

    感じるように設計された

  • And one day I came in

    ロボットを持っていきました

  • and a woman who had lost a child

    そしてある日行って見ると

  • was talking to a robot

    子供を失った女性が

  • in the shape of a baby seal.

    アザラシの赤ちゃんの形をした

  • It seemed to be looking in her eyes.

    ロボットと話をしていました