Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hello, everybody.

    皆さん、こんにちは。

  • I'm honored to be here to talk to you,

    お話ができて光栄です

  • and what I'm going to talk about today is luck and justice

    今日は運と正義についてお話しします

  • and the relation between them.

    とその関係性を説明しています。

  • Some years ago,

    何年か前に

  • a former student of mine called me

    元教え子に呼ばれて

  • to talk about his daughter.

    娘の話をするために

  • It turns out his daughter was a high school senior,

    娘が高校生だったことが判明。

  • was seriously interested in applying to Swarthmore,

    は真剣にスワースモア大学を志望していました。

  • where I taught,

    私が教えていたところ

  • and he wanted to get my sense of whether she would get in.

    彼女が入るかどうか、私の感覚を掴みたかったのです。

  • Swarthmore is an extremely hard school to get into.

    スワースモアは入学するのが非常に難しい学校です。

  • So I said, "Well, tell me about her."

    だから、"彼女のことを教えてくれ "って言ったんだ。

  • And he told me about her,

    そして、彼女のことを話してくれました。

  • what her grades were like, her board scores,

    彼女の成績はどうだったのか 役員会の成績はどうだったのか

  • her extracurricular activities.

    彼女の課外活動。

  • And she just sounded like a superstar,

    そして、彼女はスーパースターのように聞こえた。

  • wonderful, wonderful kid.

    素晴らしい、素晴らしい子供。

  • So I said, "She sounds fabulous.

    だから私は「彼女は素晴らしいと思うよ。

  • She sounds like just the kind of student

    彼女はまさにそんな学生のようだ

  • that Swarthmore would love to have."

    "スワースモアが欲しがっていた"

  • And so he said, "Well, does that mean that she'll get in?"

    それで彼は言った "それは彼女が入るということか?"

  • And I said, "No.

    と言ったら、「ダメだ。

  • There just aren't enough spots in the Swarthmore class

    スワースモアのクラスには 枠が足りないのです

  • for everybody who's good.

    良い人みんなのために

  • There aren't enough spots at Harvard or Yale or Princeton or Stanford.

    ハーバードやイェールやプリンストンやスタンフォードには十分なスポットがありません。

  • There aren't enough spots at Google or Amazon or Apple.

    GoogleやAmazonやAppleにはスポットが足りない。

  • There aren't enough spots at the TED Conference.

    TED会議には十分なスポットがありません。

  • There are an awful lot of good people,

    いい人がたくさんいる。

  • and some of them are not going to make it."

    そして、その中には、それが叶わない者もいる。"

  • So he said, "Well, what are we supposed to do?"

    それで、「じゃあ、どうすればいいんだ?

  • And I said, "That's a very good question."

    "それはとても良い質問だ "と言ったんだ

  • What are we supposed to do?

    どうすればいいの?

  • And I know what colleges and universities have done.

    そして、大学が何をしてきたのかを知っています。

  • In the interest of fairness,

    公平性のために

  • what they've done is they've kept ratcheting up the standards

    してきたことは、基準を上げ続けてきたことだ

  • because it doesn't seem fair to admit less qualified people

    劣等生を認めるのは不公平だから

  • and reject better qualified people,

    と、より良い資格を持った人を拒絶します。

  • so you just keep raising the standards higher and higher

    だから基準をどんどん上げていくのか

  • until they're high enough that you can admit

    認められるほどの高さになるまで

  • only the number of students that you can fit.

    自分に合う生徒の数だけ

  • And this violates a lot of people's sense of what justice and fairness is.

    そして、これは多くの人の正義や公平とは何かという感覚を侵害しています。

  • People in American society have different opinions

    アメリカ社会では人それぞれ意見が違う

  • about what it means to say that some sort of process is just,

    ある種のプロセスがただであると言うことの意味について。

  • but I think there's one thing that pretty much everyone agrees on,

    でも、1つだけみんなが同意していることがあると思います。

  • that in a just system, a fair system,

    正義のシステムでは、公正なシステムであること。

  • people get what they deserve.

    人は自業自得だ

  • And what I was telling my former student

    そして、私が元教え子に話していたことは

  • is that when it comes to college admissions,

    それは、大学入学に関して言えば、それです。

  • it just isn't true that people get what they deserve.

    人は自業自得というのは事実ではありません。

  • Some people get what they deserve, and some people don't,

    自業自得の人もいれば、そうでない人もいる。

  • and that's just the way it is.

    といったところでしょうか。

  • When you ratchet up requirements as colleges have done,

    大学がしてきたように要件を増やしていくと

  • what you do is you create a crazy competition

    狂ったような競争をしている

  • among high school kids,

    高校生の間では

  • because it's not adequate to be good,

    というのは、いい加減だからです。

  • it's not adequate to be good enough,

    それはそれで十分ではありません。

  • you have to be better than everybody else who is also applying.

    同じく応募している他の人よりも優れていなければなりません。

  • And what this has done,

    そして、これが何をしたかというと

  • or what this has contributed to,

    またはこれが何に貢献しているのか。

  • is a kind of epidemic of anxiety and depression

    不安と鬱の流行の一種である

  • that is just crushing our teenagers.

    それは私たちの10代を潰しているだけです。

  • We are wrecking a generation with this kind of competition.

    この手の競争で一世代を壊滅させています。

  • As I was thinking about this,

    そんなことを考えているうちに

  • it occurred to me there's a way to fix this problem.

    この問題を解決する方法があると思いました

  • And here's what we could do:

    そして、こんなことができました。

  • when people apply to college,

    人が大学を受験するときに

  • we distinguish between the applicants who are good enough to be successful

    充分に優秀な応募者と、合格者を区別します。

  • and the ones who aren't,

    とそうでない人。

  • and we reject the ones who aren't good enough to be successful,

    と、成功するほどの実力がないものを拒絶しています。

  • and then we take all of the others, and we put their names in a hat,

    そして、他の人たちの名前を帽子に入れます。

  • and we just pick them out at random

    適当に選んで

  • and admit them.

    と認めてあげてください。

  • In other words, we do college admissions by lottery,

    つまり、大学入試を抽選で行うのです。

  • and maybe we do job offers at tech companies by lottery,

    とか、テック企業の内定を抽選でやるのかもしれませんね。

  • and -- perish the thought --

    考えるに忍びない

  • maybe we even make decisions about who gets invited to talk at TED

    TEDの講演に招待される人を決めるのもいいかもしれない。

  • by lottery.

    抽選で。

  • Now, don't misunderstand me,

    誤解しないでくださいね。

  • a lottery like this is not going to eliminate the injustice.

    こんなくじ引きでは不正はなくならない。

  • There will still be plenty of people who don't get what they deserve.

    自業自得ではない人はまだたくさんいるだろう。

  • But at least it's honest.

    でも、少なくともそれは正直です。

  • It reveals the injustice for what it is instead of pretending otherwise,

    そうでないふりをするのではなく、あるがままの不正を明らかにする。

  • and it punctures the incredible pressure balloon

    そして、それは信じられないほどの圧力バルーンをパンクさせる

  • that our high school kids are now living under.

    私たちの高校生が今生きていることを

  • So why is it that this perfectly reasonable proposal,

    それなのになぜこの完全に合理的な提案は

  • if I do say so myself,

    私が言うのもなんですが

  • doesn't get any serious discussion?

    はまともな議論にならないのか?

  • I think I know why.

    理由がわかった気がする。

  • I think it's that we hate the idea

    というのが嫌われているのではないかと思います。

  • that really important things in life might happen by luck or by chance,

    人生で本当に大切なことは、運や偶然で起こるかもしれないということ。

  • that really important things in our lives are not under our control.

    私たちの生活の中で本当に重要なことは、私たちのコントロール下にはないということです。

  • I hate that idea.

    その考えは嫌いです。

  • It's not surprising that people hate that idea,

    その考えが嫌われるのも無理はない。

  • but it simply is the way things are.

    しかし、それは単に物事の方法です。

  • First of all, college admissions already is a lottery.

    まず第一に、大学入試はすでに抽選です。

  • It's just that the admissions officers pretend that it isn't.

    入試担当者がそうでないふりをしているだけです。

  • So let's be honest about it.

    だから正直に言いましょう。

  • And second,

    そして2つ目。

  • I think if we appreciated that it was a lottery,

    抽選だったことを感謝していれば、と思う。

  • it would also get us to acknowledge the importance of good fortune

    縁起の良さを知る

  • in almost every one of our lives.

    私たちの生活のほとんどすべてにおいて

  • Take me.

    連れてって

  • Almost all the most significant events in my life have occurred,

    私の人生の中で最も重要な出来事はほぼ全て起きています。

  • to a large degree,

    ほどに。

  • as a result of good luck.

    幸運の結果として

  • When I was in seventh grade, my family left New York

    私が7年生の時、家族はニューヨークを離れました。

  • and went to Westchester County.

    とウエストチェスター郡に行きました。

  • Right at the beginning of school,

    学校が始まったばかりの頃。

  • I met a lovely young girl who became my friend,

    友達になった可愛い女の子に会いました。

  • then she became my best friend,

    彼女は親友になった

  • then she became my girlfriend

    彼女は私の彼女になった

  • and then she became my wife.

    そして、彼女は私の妻になった。

  • Happily, she's been my wife now

    幸いなことに、彼女は今では私の妻になっています。

  • for 52 years.

    52年間。

  • I had very little to do with this. This was a lucky accident.

    私はほとんど関係ありませんでした。これはラッキーな事故でした。

  • I went off to college,

    大学に行ってきました。

  • and in my first semester, I signed up for a class in introduction to psychology.

    で、最初の学期に心理学入門のクラスに申し込んだんです。

  • I didn't even know what psychology was,

    心理学が何なのかも知らなかった。

  • but it fit into my schedule and it met requirements,

    しかし、私のスケジュールに合っていて、条件を満たしていました。

  • so I took it.

    と言われたので、私はそれを受けました。

  • And by luck, the class was taught

    そして運良く、授業は

  • by a superstar introductory psychology teacher, a legend.

    伝説のスーパースター入門心理学講師による

  • Because of that, I became a psychology major.

    そのため、心理学を専攻するようになりました。

  • Went off to graduate school.

    大学院に進学した。

  • I was finishing up.

    仕上げをしていました。

  • A friend of mine who taught at Swarthmore decided

    スワースモアで教えていた友人が決めました

  • he didn't want to be a professor anymore,

    もう教授にはなりたくないと言っていました。

  • and so he quit to go to medical school.

    ということで、医学部を辞めたそうです。

  • The job that he occupied opened up,

    占拠していた仕事がオープンになった。

  • I applied for it, I got it,

    申し込んでみたところ、届きました。

  • the only job I've ever applied for.

    今まで応募した中で唯一の仕事です。

  • I spent 45 years teaching at Swarthmore,

    私は45年間スワースモアで教えていました。

  • an institution that had an enormous impact on the shape that my career took.

    私のキャリアの形に大きな影響を与えた機関です。

  • And to just give one last example,

    そして、最後の一例を挙げよう。

  • I was giving a talk about some of my work in New York,

    ニューヨークでの仕事の話をしていました。

  • and there was somebody in the audience who came up to me after my talk.

    と、私の話の後に近寄ってきてくれた人がいました。

  • He introduced himself.

    自己紹介をしてくれました。

  • He said, "My name is Chris.

    彼は「私の名前はクリス。

  • Would you like to give a talk at TED?"

    TEDで講演しませんか?"

  • And my response was, "What's TED?"

    私の反応は "TEDって何?"でした

  • Well, I mean, he told me,

    というか、言われました。

  • and TED then wasn't what it is now.

    当時のTEDは今のようなものではありませんでした。

  • But in the intervening years,

    しかし、その間の数年間で

  • the talks I've given at TED have been watched

    TEDでの講演は見られている

  • by more than 20 million people.

    2000万人以上の人が

  • So the conclusion is, I'm a lucky man.

    結論から言うと、私は運がいいんです。

  • I'm lucky about my marriage.

    結婚に関してはラッキーですね。

  • I'm lucky about my education.

    教育には恵まれています。

  • I'm lucky about my career.

    私はキャリアに恵まれています。

  • And I'm lucky to have had a platform and a voice at something like TED.

    そして、TEDのような場で発言する機会を得られたことは幸運でした。

  • Did I deserve the success I've had?

    私は成功して当然だったのか?

  • Sure I deserve that success,

    確かに私はその成功に値します。

  • just as you probably deserve your success.

    あなたが成功して当然のように

  • But lots of people also deserve successes like ours

    しかし、多くの人が私たちのような成功を収めることができます。

  • who haven't had it.

    持っていない人は

  • So do people get what they deserve?

    人は自業自得なのか?

  • Is society just?

    社会は正義なのか?

  • Of course not.

    もちろん、そんなことはない。

  • Working hard and playing by the rules is just no guarantee of anything.

    一生懸命働いてルールに従っているだけでは、何の保証もありません。

  • If we appreciate the inevitability of this kind of injustice

    このような不正の必然性を認めれば

  • and the centrality of good fortune,

    と、幸運の中心性を強調しています。

  • we might ask ourselves

    疑問に思うことがある

  • what responsibilities do we have

    何の責任があるのか

  • to the people we are now celebrating as heroes in this time of the pandemic

    このパンデミックの時代に英雄として讃えられている人々に

  • when a serious illness befalls their family

    家族に大病が降りかかった時

  • to make sure that they remain whole and their lives aren't ruined

    彼らの人生を台無しにしないために

  • by the cost of dealing with the illness?

    病気に対処するための費用で?

  • What do we owe people who struggle,

    苦労している人に何の恩があるのか。

  • work hard and are less lucky than we are?

    一生懸命働いて、私たちよりも運が悪いのでしょうか?

  • About a half century ago,

    半世紀ほど前に

  • the philosopher John Rawls wrote a book called "A Theory of Justice,"

    哲学者ジョン・ロウズは「正義の理論」という本を書いています。

  • and in that book, he introduced a concept that he called "the veil of ignorance."

    その本の中で、彼は「無知のベール」と呼ばれる概念を紹介しています。

  • The question he posed was:

    彼が投げかけた質問は

  • If you didn't know what your position in society was going to be,

    社会での自分の立場がわからなかったら

  • what kind of a society would you want to create?

    どんな社会にしたいの?

  • And what he suggested

    そして、彼が提案したことは

  • is that when we don't know whether we're going to enter society

    は、社会に出るかどうかわからないときに

  • at the top or at the bottom,

    上にも下にも

  • what we want is a society that is pretty damn equal,

    私たちが望むのは、かなり平等な社会です。

  • so that even the unlucky

    不運な人でも

  • will be able to live decent, meaningful and satisfying lives.

    は、まともで有意義で満足のいく生活を送ることができるようになります。

  • So bring this back, all of you lucky, successful people, to your communities,

    幸運な成功者の皆さん、これを地域に持ち帰ってください。

  • and do what you can to make sure that we honor and take care of

    私たちが敬意を払い、世話をするためにできることをしてください。

  • people who are just as deserving of success as we are,

    私たちと同じように成功するに値する人たちです。

  • but just not as lucky.

    ただ運がないだけだ

  • Thank you.

    ありがとうございます。

Hello, everybody.

皆さん、こんにちは。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 抽選 正義 成功 社会 心理 幸運

あなたの人生に運はどのような役割を果たしていますか?| バリー・シュワルツ (What role does luck play in your life? | Barry Schwartz)

  • 3 1
    林宜悉 に公開 2020 年 10 月 23 日
動画の中の単語