Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It's impossible to read the news now  without hearing about viruses. As one  

    ウィルスの話を聞かずに今更ニュースを読むのは無理がある。その中の一人として

  • pandemic runs its course, there are menacing  headlines about others possibly cropping up.  

    パンデミックが進行すると、他にもパンデミックが出てくる可能性があるという脅迫的な見出しが出ています。

  • But as you browse the internet, you may come  across people talking about something called  

    しかし、インターネットを閲覧しているうちに、あなたは何かについて話している人に出くわすかもしれません。

  • “X-Virus”. Is this a new and deadly plague  making its way over from unknown quarters?

    "X-Virus"これは新たな致命的な疫病で、未知の場所からの道を作っているのか?

  • No, X-Virus isn't a virus at allbut it may be no less terrifying.

    いや、X-Virusは全くのウイルスではないが、それに劣らず恐ろしくないかもしれない。

  • No one knows where X-Virus came frombut he introduced himself to us in a  

    X-Virusがどこから来たのかは誰も知りませんが、自己紹介では

  • short story that began circulating around  the internet. But the strange thing is,  

    ネット上で流通し始めた短編小説ですしかし、不思議なことに

  • X-Virus doesn't seem creepy at first - he's a  little boy. One who had a rough life and maybe,  

    X-Virusは最初は不気味に見えない - 彼は小さな少年だ。荒れた人生を送ってきた少年だ

  • just maybe, will finally find the friend  he needs. Sounds cheery enough, right?

    彼が必要としている友人を 最終的に見つけることができるかもしれない朗らかに聞こえるだろ?

  • Why has X-Virus captured the attention  of creepypasta fans everywhere?  

    なぜX-Virusは、いたるところでクリープパスタファンの注目を集めているのでしょうか?

  • And could he have ties to one of the most  notorious monsters in internet history?

    彼はインターネット史上最も悪名高いモンスターの一人と 繋がっている可能性があるのでしょうか?

  • X-Virus wants you to know his story - he  started out as a boy named Cody, and he  

    X-Virusは、あなたに彼の物語を知ってほしいと思っています - 彼はコーディという名前の少年としてスタートしました。

  • describes himself as an unwanted kid. He never  knew his father, who likely abandoned the family,  

    は自分のことを「望まれていない子供」と表現しています。彼は家族を捨てたであろう父親を知らない。

  • but at least he had his mother, right? Wrong! His  mother was a career criminal, and was hardly fit  

    でも少なくとも母親がいたんでしょ?違うわ!彼の母親は犯罪者だったし、

  • for raising a child. She would go out to commit  crimes - the young Cody never described what they  

    子育てのために彼女は犯罪を犯すために出かけるだろう - 若いコーディは、彼らが何を説明することはありませんでした。

  • were - and left Cody alone. He would sit at homewaiting for her to come back - sometimes days,  

    そしてコーディを一人にしました。彼は家で彼女が帰ってくるのを待っていました。

  • but eventually even for weeks at a time aloneCody never had any friends, and being alone  

    しかし、最終的には何週間も一人で過ごすことになりました。 コーディは友人を持っていたことはありませんでした 一人でいることは

  • was a way of life for him - until one day, there  was a knock on the door. It was a social worker.

    それが彼の生き方だったある日 ドアをノックする音がしたそれはソーシャルワーカーだった。

  • Would things start looking up for Cody?

    コーディのために良い方向に向かうかな?

  • It was clear to the social worker that  Cody's mother wasn't fit to take care of him,  

    コーディの母親が彼の世話をするのに適していないことはソーシャルワーカーには明らかだった。

  • and so he went into the custody of the stateThey took Cody to a group home, where he hoped  

    それで彼は国の保護下に入ったの 彼らはコーディをグループホームに連れて行きました

  • he would be able to start fresh, far away from  his traumatic upbringing. He even looked forward  

    トラウマになるような育ちから遠く離れて再出発することができるだろう。楽しみにしていた

  • to making some friends. But it wasn't to beFrom the moment Cody arrived at the orphanage,  

    友達を作るためにしかしそうではありませんでした コーディが孤児院に到着した瞬間から

  • everything went wrong. He was ostracized by  the other kids, and felt intimidated by them.  

    すべてがうまくいかなかった彼は他の子供たちから 追い出されていて 威圧感を感じていました

  • He was too scared to talk to anyone, so he just  sat on a chair and stared at them. It was just  

    あまりにも怖くて誰にも話せないので、椅子に座ってじっと見つめていました。それはただ

  • like being in his old home - although he was  surrounded by people now, he was still alone.

    今は人に囲まれていても、まだ一人だった。

  • Then, one day, he was told to pack by the  people at the orphanage. Where was he going now?

    そしてある日、彼は孤児院の人たちに荷造りをするように言われました。彼は今、どこへ行くつもりだったのでしょうか?

  • For once, it didn't seem like bad news! Cody  was going to be adopted! He was surprised,  

    今回だけは悪いニュースとは思えませんでした!コーディが養子になることになったのです。彼は驚きました

  • as parents usually favored younger kids and he  was already thirteen years old. He thought of  

    親が若い子を好むのが普通で 彼はすでに13歳だったからです彼は考えた。

  • himself as a weirdo, and couldn't believe a set  of parents wanted him. But the adoption papers  

    自分を変人だと思っていたし 両親が彼を欲しがっていたとは信じられなかったしかし 養子縁組の書類は

  • were signed, and he was taken away to meet his  new family. And when he approached his new home,  

    が署名され、彼は新しい家族に会うために連れて行かれました。そして彼が新しい家に近づくと

  • he couldn't believe his eyes. It wasmansion, the biggest home he had ever seen!

    彼は目を疑ったそれは大邸宅でした 今まで見たこともないような 大きな家でした!

  • But all wasn't as it seemed  inside Cody's new home.

    しかし、コーディの新しい家の中では、すべてが思ったようにはいきませんでした。

  • Cody was given his own room, much nicer than  he had ever had, but once more he was living  

    コーディは、彼が今まで持っていたよりもはるかに良い彼自身の部屋を与えられたが、もう一度彼は住んでいた

  • all alone. Then, one day, he was introduced to  the man who adopted him. He was a scientist,  

    ひとりぼっちでそんなある日、彼を養子にした男性に紹介されました。彼は科学者だった。

  • the head of a major laboratory specializing  in microbiology. He studied the behavior of  

    微生物学を専門とする大手研究室の室長。の行動を研究した。

  • dangerous viruses, and his job kept him very  busy. He wouldn't be spending much time at home,  

    危険なウイルスに感染していて 仕事が忙しくて彼は家で過ごすことは あまりないでしょう

  • and Cody immediately worried that he would  be left alone just like he had been with  

    とコーディはすぐに心配しましたが、彼と同じように一人になってしまうのではないかと。

  • his mother. Cody would do anything  to keep that from happening again,  

    彼の母親のためにコーディはそれを防ぐためなら 何でもするでしょう

  • so he tried to win his new father's favor. He  expressed interest in the scientist's work,  

    そこで彼は新しい父親の好意を得ようとしました彼は科学者の研究に興味を示しました

  • and volunteered to help him with his work in the  lab. Soon, Cody's adoptive father began opening  

    とボランティアで研究室での仕事を手伝ってくれました。まもなく、コーディの養父は

  • up to him, explaining to the curious boy what his  work was about and how dangerous a virus could be.

    好奇心旺盛な少年に、自分の仕事が何なのか、ウイルスがどれほど危険なものなのかを説明しながら、彼に近づいていきました。

  • Cody was about to find out first-hand.

    コーディは自分の目で確かめようとしていた。

  • Cody had a chance at a normal life, going to  school with other kids, but his social troubles  

    コーディは、他の子供たちと一緒に学校に行く、普通の生活の中でチャンスを持っていたが、彼の社会的な問題

  • continued. He never fit in, and preferred to  spend his time in his adoptive father's lab.  

    と続けた。彼は馴染めず養父の研究室で過ごすことを好んでいた

  • He started keeping a work journal, where  he kept his personal sketches and formulas.  

    彼は仕事日誌をつけ始め、個人的なスケッチや公式を保管していました。

  • The years went on, and by the time Cody  was 17 he was an expert in viruses.  

    年月は流れ、コーディが17歳の時にはウイルスの専門家になっていました。

  • But his father kept a close eye on him  and never let him experiment on his own,  

    しかし、父親は目を離さず、自分で実験させないようにしていた。

  • only allowing him to assist in planned testsBut Cody was getting more and more curious.

    彼は計画されたテストを 手伝うことしかできませんでした しかし、コーディはますます興味をそそられていました。

  • He decided it was time to  start his own experiments.

    そろそろ実験を始めようと思ったそうです。

  • Cody had designed his own custom viruses and  compounds, and he wanted to know what they  

    コーディは独自のウイルスと化合物を設計していましたそれが何なのか知りたかったのです

  • would do when injected into a living being. So  he started gathering test subjects, mostly rats  

    生き物に注射したらどうなるのかそれで彼は被験者を集め始めた ほとんどがラットだ

  • and other small animals. He would inject themand they would die soon after - confirming how  

    他の小動物にも注射しました彼は注射をしていたのですが、すぐに死んでしまいます。

  • dangerous the viruses he used were. But it  was how they died that intrigued Cody most.  

    彼が使用したウイルスは危険でしたでもコーディが一番興味をそそられたのは 彼らの死に方だった

  • In the moment before death, they would  let out a horrible high-pitched noise,  

    死ぬ前の瞬間、彼らは恐ろしく高い音を出すだろう。

  • almost like their lungs were about to  explode. Cody wondered what caused this.

    肺が破裂するような音がしていましたコーディは何が原因なのかと考えていました

  • He wondered what noise a human  would make if it happened to them.

    人間に何かあったらどんな音がするんだろうと思っていた。

  • Cody started thinking about how he could  find out. He didn't have any friends at  

    コーディはどうやって調べようかと考え始めました。彼には友達がいませんでした

  • school - when he talked to kids about his work  with viruses, they were disturbed and stopped  

    学校 - 子供たちにウイルスの研究の話をすると、子供たちは邪魔をされてやめてしまった。

  • talking with him. He knew he would have to  act alone, so Cody waited until his father  

    と話していました。彼は一人で行動しなければならないことを知っていたので、コーディは彼の父親が

  • was away. He took a lethal virus and filled  up a syringe with it. He was going hunting,  

    留守にしていた彼は致死性のウイルスを取って注射器に入れた彼は狩りに行っていた

  • but he knew he couldn't let himself be  seen. He needed to disguise himself.

    でも彼は自分を見られてはいけないと思っていた自分を偽装する必要があった

  • And so Cody disappeared...and  something new and terrible was born.

    こうしてコーディは姿を消し、新たな恐ろしいものが生まれました。

  • He dressed in a black jacket and jeans, and  took his old baseball bat out of the basement.  

    黒のジャケットにジーンズという格好をして、地下室から古い野球のバットを取り出した。

  • Finding a jar with rusty nails  in it, he nailed them to the bat,  

    錆びた釘が入った壺を見つけ、バットに釘を打ち付けた。

  • turning it into a deadly weapon. Finally, he  put on an old gas mask and a pair of protective  

    致命的な武器に変えた最後に、彼は古いガスマスクをつけて一対の保護具をつけて

  • goggles. He was ready to kill, and went to  a neighborhood very different from his own.  

    ゴーグル。殺す気満々で、自分の住んでいる地域とは全く違う地域に行ってしまった。

  • It was full of old, run-down houses - very much  like the one he grew up in. He wasn't looking for  

    そこには、彼が育った家と同じような、古くて荒れ果てた家がたくさんあった。彼が探していたのは

  • anyone in particular - any house would doas long as there was someone alive inside.

    生きている人がいれば、どんな家でも良いのです。

  • He kicked down the door, and  the horror was about to begin.

    彼はドアを蹴り倒し、恐怖が始まろうとしていた。

  • Cody swung like a professional, targeting  people one by one in his murder spree.  

    コーディはプロのようにスイングして一人ずつ人を狙って殺人事件を起こしました。

  • They weren't expecting an attack, and  no one in the house stood a chance.  

    攻撃されるとは思っていなかったし、家の中には誰もチャンスがなかった。

  • Finally, there was only one left -  a middle-aged man who Cody tied up.  

    最後に残ったのは、コーディが縛り上げた中年男だけだった。

  • As soon as the man was trapped, Cody  injected him with the virus and watched,  

    男が閉じ込められるとすぐに、コーディはウイルスを注射して見ていた。

  • waiting for his darkest questions to be answeredFirst, the man stayed still, terrified. Then he  

    暗い質問に答えられるのを待っていた 最初、男は怯えてじっとしていた。それから彼は

  • started groaning, louder and louder. He sounded  like an animal as he moaned, the life leaving  

    うめき声が大きくなってきました彼はうめき声をあげながら 動物のように聞こえました 生命が去っていくように

  • him - until he fell on the floor dead. Cody had  his answer, and he knew he couldn't stop now.

    床に倒れて死ぬまで。コーディは自分の答えを持っていて、今は止められないことを知っていました。

  • But he had been discovered.

    しかし、彼は発見されていた。

  • Cody's adoptive father was waiting for himangry that his son had snuck out. But Cody  

    コーディの養父は、彼の息子が抜け出したことに怒って、彼を待っていました。しかし、コーディは

  • wasn't worried - his father was a scientist just  like him. He would understand, right? Cody opened  

    心配はしていませんでした - 彼の父親は彼と同じ科学者でした。彼は理解してくれるだろう?コディは口を開けた。

  • up to his father, explaining about his experiments  and how he had finally lived his dream of snuffing  

    父親に向かって、実験のことを説明しながら、ついにスナッフの夢が叶ったことを説明しています。

  • out a human life. He was excited - maybe he and  his father would work together on more experiments  

    人間の命を奪う彼は興奮していました - もしかしたら父親と一緒にもっと多くの実験をするかもしれません

  • like this! But his father was horrified! He  couldn't believe what his son had become,  

    こんな風に!しかし、彼の父親は恐怖におびえていました!彼は自分の息子が何になっているのか信じられませんでした

  • and he looked at Cody with the same  look of disgust Cody had seen from  

    彼はコーディが見た時と同じような嫌悪感を持ってコーディを見ていました

  • his classmates so many times. He knew  what he had to do - call the police.

    何度も何度も彼のクラスメートを見てきました彼は何をすべきかを知っていた 警察に電話した

  • It was the last move he would ever make.

    それが彼の最後の一手だった。

  • Cody leaped up and smashed his father's head  with the deadly bat, killing him quickly.  

    コーディは飛び上がって父親の頭を凶器のバットで叩きつけ、すぐに父親を殺してしまった。

  • He took his father's ID badge for the lab and  ran. He knew what he was looking for - supplies  

    彼は父親のIDバッジをラボのために取って走り出した。彼は探していたものを知っていた - 物資

  • that could help him live his passion. He took  as many samples of deadly viruses as he could,  

    彼の情熱を生きるのに役立つような彼は 出来る限り多くの致命的なウイルスの サンプルを採取した

  • along with enough syringes to hold them all. He  knew he had to run, but the lure of that dingy old  

    注射器も一緒に持っていた彼は 逃げなければならないことを知っていたがあの薄暗い古い

  • neighborhood was calling him. He wanted to test  out his new wares on some unexpecting victims.  

    近所の人が彼を呼んでいた彼は 新しい製品を試したいと思っていたが予期せぬ犠牲者が出た

  • One by one, he paid a visit to different  homes and watched as people died horribly.

    彼は一つ一つの家を訪問し、人々が恐ろしく死ぬのを見ていました。

  • The police would have heard about this  by now, and Cody knew he had to hide.

    警察にも知られているだろうし、コーディは隠れなければならないことを知っていた。

  • He went into the woods, where he thought  he would be alone. But he wasn't.  

    彼は一人になると思って 森の中に入っていったしかし、彼は違った

  • He wasn't even the only strange boy in these  woods. Then one day a figure approached him,  

    この森の奇妙な少年は 彼だけではありませんでしたある日、ある人物が彼に近づいてきました。

  • wearing orange glasses and what looked likemuzzle. While Cody carried a bat with nails,  

    オレンジ色のメガネをかけ、銃口のようなものをつけていました。コーディは、爪のあるバットを持っていました。

  • this new boy carried a pair of axes. They viewed  each other cautiously, but eventually the new  

    この新しい少年は一対の斧を持っていました彼らは慎重にお互いを見ていましたが、最終的には、新しい

  • boy approached Cody. He told Cody he didn't  need to fear him, and introduced himself as  

    少年はコーディに近づいてきました。彼はコーディに彼を恐れる必要はないと言い、自己紹介をしました。

  • Toby. As Toby asked him his name, Cody knew  he had found a friend, even a blood brother,  

    トビーだトビーが彼に名前を尋ねた時、コーディは自分が血のつながった兄弟でさえも友達を見つけたことを知りました。

  • for the first time. And he also knew it was time  for a new name that reflected what he had become.

    初めてのことだったそして、彼はまた、自分が何になったかを反映した新しい名前が必要だと知っていました。

  • X-Virus.

    Xウイルス。

  • Who is Toby, and are there two kid serial  killers out there tormenting people with axes,  

    トビーとは誰だ? 斧で人を苦しめる2人の殺人鬼がいるのか?

  • spiked bats, and deadly viruses? Well, we hope  not! But as for who X-Virus' new friend is, that's  

    スパイクされたコウモリと致命的なウイルス?そうでないことを願っていますしかし、X-Virusの新しい友人は誰かというと、それは

  • a complicated question in itself. X-Virus isn't  just a creepypasta - he's part of a crossover.  

    それ自体が複雑な問題ですX-Virusはただのクリープパスタではなく、クロスオーバーの一部だ。

  • Toby, or Ticci-Toby as he's better known, is  one of the most famous creepypastas himself.  

    トビー、または彼がよく知られているようにTicci-Tobyは、彼自身が最も有名なクリープパスタの一つです。

  • Another boy with a dark past who had dealt with  abusive parents and trauma from a car crash,  

    暗い過去を持つもう一人の少年は、虐待を受けた両親と交通事故のトラウマを抱えていた。

  • he eventually became a killer himselfHe was presumed dead in a fire,  

    彼自身が殺人鬼になってしまった 火事で死んだと思われていた

  • but the truth was more complicatedBecause Toby had become a proxy.

    でも真実はもっと複雑でした トビーが代理人になっていたからです

  • A proxy killer for one of the most notorious  internet monsters of all time - Slenderman.

    史上最も悪名高いインターネットモンスターの1つであるスレンダーマンのプロキシキラー。

  • A gangly, white-skinned monster wearing  a black suit, he's notorious for stalking  

    黒いスーツを着た白肌の怪物で、ストーカー行為で悪名高い。

  • and abducting people and has appeared  in hundreds of works of fiction. He  

    と拉致し、何百もの小説作品に出演している。彼は

  • even had a video game and a movie based  around him. But he's all fiction, right?

    彼を題材にしたビデオゲームや映画もあったわでも彼は全部フィクションなんでしょ?

  • Well, that depends on how you look at it.

    まあ、それは見方にもよるけどね。

  • Slenderman is so popular that while the original  creature may have been a work of fiction by  

    スレンダーマンは人気があるので、原作のクリーチャーはフィクションではあるが

  • Something Awful forums user Eric Knudsen, he's  taken on a life on his own. Photoshopped pictures  

    Something Awful forumsのユーザーであるEric Knudsenさんは、自分の人生を歩み始めました。フォトショップで撮影された写真

  • tie him to real-life abduction, the mythology is  spread to unaware teenagers, and real crimes have  

    彼を現実の誘拐に結びつけ、神話は知らないティーンエイジャーに広まり、実際の犯罪は

  • occurred because of his legend. In Wisconsintwo preteen girls attempted to murder their  

    彼の伝説のために起こったのですウィスコンシン州では、2人のプリティーンの少女が自分たちの

  • friend as a sacrifice to Slenderman. The victimPayton Leutner, survived and both her attackers  

    友人をスレンダーマンの生け贄にした。犠牲者のペイトン・ロイトナーは生き残った。

  • were sent to mental institutions. Unlike most  creepypastas, Slenderman almost had a body count.

    は精神病院に送られました他のクリーピーパスタと違って スレンダーマンは ほとんど死体の数を持っていました

  • The would-be killers were children  - just like X-Virus and Ticci-Toby.

    X-VirusやTicci-Tobyと同じように、殺人犯は子供だった。

  • But where did X-Virus come from? That's a  complicated question. Like many creepypastas,  

    しかし、X-Virusはどこから来たのか?それは複雑な質問ですね。多くのクリーピーパスタのように。

  • there is no obvious source and most people  read X-Virus' manifesto when it's reposted  

    明白なソースはなく、ほとんどの人は X-Virus のマニフェストを読んでいます。

  • on the internet by random people. The original  story can be traced to Spanish-speaking artist  

    インターネット上のランダムな人々によって元ネタはスペイン語を話すアーティストの

  • MamaPorcupine, who initially posted it on  her Twitter and drew fanart of X-Virus and  

    MamaPorcupine、当初は自身のTwitterに投稿し、X-Virusのファンアートを描いていたが

  • Ticci-Toby on Deviantart. But the characters have  taken on a life of their own, with hundreds of  

    Ticci-Toby on Deviantart.しかし、そのキャラクターたちは、何百もの

  • stories about them written by other creators  and posted around the internet. X-Virus may  

    他のクリエイターが書いた話や、インターネット上に投稿された話などを紹介しています。X-Virusかもしれません。

  • have originated as a random scary story, but  he spread regardless of his creator's plans.

    は行き当たりばったりの怖い話が起源だが、彼は作り手の計画とは関係なく広がっていった。

  • Just like a virus.

    ウィルスのように

  • For more on the most famous  creepypasta of all time,  

    史上最も有名なクリープパスタについてはこちらをご覧ください。

  • why not watchHow a Meme (SlendermanBecame Realor check out this video instead.

    How a Meme (Slenderman) Became Real "を見るか、このビデオをチェックしてみてはいかがでしょうか。

It's impossible to read the news now  without hearing about viruses. As one  

ウィルスの話を聞かずに今更ニュースを読むのは無理がある。その中の一人として

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 コーディ 父親 ウイルス 少年 注射 トビー

X-Virus - Creepypasta の説明 (X-Virus - Creepypasta Explained)

  • 0 0
    Summer に公開 2020 年 10 月 13 日
動画の中の単語