Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Chapter I

    マークトウェイン:トムソーヤーの冒険

  • "TOM!"

    第一章

  • No answer.

    "トム!"

  • "TOM!"

    回答なし。

  • No answer.

    "トム!"

  • "What's gone with that boy, I wonder?

    回答なし。

  • You TOM!"

    "という男の子と逝ってしまったのか、私のかな?

  • No answer.

    あなたはトム!"

  • The old lady pulled her spectacles down

    回答なし。

  • and looked over them about the room; then

    老婦人がダウンして彼女の眼鏡を引っ張って

  • she put them up and looked out under them.

    部屋については、それらを見渡した、次に

  • She seldom or never looked THROUGH them

    彼女はそれらを入れ、その下に外を見ました。

  • for so small a thing as a boy; they were

    彼女はほとんどまたはまったくそれらに目を通し、

  • her state pair, the pride of her heart,

    少年のように小さなものに、彼らがいた

  • and were built for "style," not service--

    彼女の状態のペアを、彼女の心の誇り、

  • she could have seen through a pair of

    とは、"スタイル"ではないサービスのために造られた -

  • stove-lids just as well.

    彼女はペアのを見ている可能性が

  • She looked perplexed for a moment, and

    ストーブ​​は同じようにも蓋。

  • then said, not fiercely, but still loud

    彼女は一瞬、当惑を見

  • enough for the furniture to hear:

    その後は激しいが、それでも大声で言った

  • "Well, I lay if I get hold of you I'll--"

    聞いて家具十分な:

  • She did not finish, for by this time she

    "まあ、私が取得する場合は、I'llのつかむ - "

  • was bending down and punching under the

    彼女はこの時、彼女のために、完了していない

  • bed with the broom, and so she needed

    ダウン曲げ下パンチされた

  • breath to punctuate the punches with.

    ほうきでベッド、彼女は必要に応じて

  • She resurrected nothing but the cat.

    息がパンチと強調すると。

  • "I never did see the beat of that boy!"

    彼女は何も猫を復活させた。

  • She went to the open door and stood in it

    "私はあの男の子のビートを参照してくださいことはなかった!"

  • and looked out among the tomato vines and

    彼女は開いたドアに行って、その中に立って

  • "jimpson" weeds that constituted the

    およびトマトのつるの中から外を見た

  • garden.

    構成"jimpson"雑草

  • No Tom.

    庭。

  • So she lifted up her voice at an angle

    いいえトム。

  • calculated for distance and shouted:

    そこで彼女は角度で彼女の声を上げて

  • "Y-o-u-u TOM!"

    距離の計算と叫んだ:

  • There was a slight noise behind her and

    "Youuトム!"

  • she turned just in time to seize a small

    わずかなノイズの背後にあった彼女と

  • boy by the slack of his roundabout and

    彼女は小さいをつかむにはちょうど間に合うようになって

  • arrest his flight.

    彼のロータリーとの緩みの少年

  • "There!

    彼の飛行を逮捕。

  • I might 'a' thought of that closet.

    "ほら!

  • What you been doing in there?"

    そのクローゼットの私があります'考えていた。

  • "Nothing."

    あなたはそこに行ってきた?"

  • "Nothing!

    "何もない。"

  • Look at your hands.

    "何もない!

  • And look at your mouth.

    あなたの手で見てください。

  • What IS that truck?"

    そして、あなたの口の中を見てください。

  • "I don't know, aunt."

    何がそのトラックですか?"

  • "Well, I know.

    "私は、叔母を知らない。"

  • It's jam--that's what it is.

    "まあ、私は知っている。

  • Forty times I've said if you didn't let

    これはジャムだ - それが何であるかということ。

  • that jam alone I'd skin you.

    私がした四十回では、聞かせていない場合、当該

  • Hand me that switch."

    それだけでジャム私はスキンを使用するといいでしょう。

  • The switch hovered in the air--the peril

    一方私は、そのスイッチ。"

  • was desperate--

    スイッチは、空気中の推移 - 危険を

  • "My!

    必死だった -

  • Look behind you, aunt!"

    "マイ!

  • The old lady whirled round, and snatched

    、あなたの後ろに叔母を見て!"

  • her skirts out of danger.

    老婦人は、ラウンドをくるりと身をひるがえし、誘拐

  • The lad fled on the instant, scrambled up

    彼女が危険からスカート。

  • the high board-fence, and disappeared over

    若者は、インスタントに逃げました交流スクランブル

  • it.

    高ボードフェンスと、姿を消した

  • His aunt Polly stood surprised a moment,

    それは。

  • and then broke into a gentle laugh.

    彼の叔母ポリーは、その瞬間を驚かせたに立っていた

  • "Hang the boy, can't I never learn

    そして穏やかな笑いに押し入った。

  • anything?

    "ハングは、少年、私は学ぶことができません。

  • Ain't he played me tricks enough like that

    何か?

  • for me to be looking out for him by this

    彼はそのような私にトリックをプレイしていないか

  • time?

    私はこれで彼を見ていることと

  • But old fools is the biggest fools there

    時間は?

  • is.

    しかし、古い愚か者は最大の愚か者がある

  • Can't learn an old dog new tricks, as the

    です。

  • saying is.

    ように、老犬に新しい芸を学ぶことはできません。

  • But my goodness, he never plays them

    ことわざされます。

  • alike, two days, and how is a body to know

    しかし、私の良さは、彼は決してそれらを果たしている

  • what's coming?

    同様に、二日間、どのように体が知っている場合があります

  • He 'pears to know just how long he can

    何が来るか?

  • torment me before I get my dander up, and

    彼は梨を知ってどれだけ彼ができる限り

  • he knows if he can make out to put me off

    私はフケを取得する前に、わたしを苦しめる

  • for a minute or make me laugh, it's all

    彼は私を先送りにして理解することができるかどうかを認識

  • down again and I can't hit him a lick.

    分か、私は笑って、それがすべてだ

  • I ain't doing my duty by that boy, and

    ダウン再び私は彼になめヒットすることはできません。

  • that's the Lord's truth, goodness knows.

    私は、その少年が自分の義務を実行していません

  • Spare the rod and spile the child, as the

    主の真理だと、良さを知っている。

  • Good Book says.

    ロッドを惜しめば子供をスパイルとして

  • I'm a laying up sin and suffering for us

    良い本は言う。

  • both, I know.

    私は罪を敷設し、私たちのために苦しんで

  • He's full of the Old Scratch, but laws-a-

    両方、私が知っている。

  • me!

    彼は、旧スクラッチの完全な法則-

  • he's my own dead sister's boy, poor thing,

    私!

  • and I ain't got the heart to lash him,

    彼は、自分の死んだ妹の少年は、かわいそうだ

  • somehow.

    私は、彼を鞭にする心を持っていないです

  • Every time I let him off, my conscience

    なぜか。

  • does hurt me so, and every time I hit him

    たびに私は、私の良心が彼を逃がす

  • my old heart most breaks.

    とので、私を傷つけるしないたびに私は彼を打つ

  • Well-a-well, man that is born of woman is

    私の昔の心を最もブレーク。

  • of few days and full of trouble, as the

    裕福なだけでなく、女性の生まれている人は、

  • Scripture says, and I reckon it's so.

    数日のトラブルのフルとして

  • He'll play hookey this evening, * and [*

    聖書は言って、私はそうだ数える。

  • Southwestern for "afternoon"] I'll just be

    彼はフックのこの夜には、*と[*プレーする

  • obleeged to make him work, to-morrow, to

    "午後"]の南西部は、私だけだろう

  • punish him.

    とに、明日、彼を動作させるためにobleeged

  • It's mighty hard to make him work

    彼を罰する。

  • Saturdays, when all the boys is having

    それは彼を動作させるために強大なのは難しい

  • holiday, but he hates work more than he

    土曜日は、すべての男の子を有するとき

  • hates anything else, and I've GOT to do

    休日は、しかし、彼は彼よりもより多くの仕事嫌い

  • some of my duty by him, or I'll be the

    何か他の嫌って、私がするんだ

  • ruination of the child."

    彼は私の義務のいくつか、または私がだろう

  • Tom did play hookey, and he had a very

    子どもの荒廃。"

  • good time.

    トムは再生かぎがあるのか​​、彼が持っていた非常に

  • He got back home barely in season to help

    時間が良い。

  • Jim, the small colored boy, saw next-day's

    彼が支援するシーズンのホームかろうじて戻ってきた

  • wood and split the kindlings before

    ジムは、小さな色の少年は、翌日のを見た

  • supper--at least he was there in time to

    木材や分割kindlings前に

  • tell his adventures to Jim while Jim did

    夕食は - 少なくとも、彼には時間にあった

  • three-fourths of the work.

    ジムはなかったしながらジムに彼の冒険を教えて

  • Tom's younger brother (or rather half-

    三作業の四分の。

  • brother) Sid was already through with his

    Tomさんの弟(というか、ハーフ

  • part of the work (picking up chips), for

    兄は)Sidはとを介して、すでに彼の

  • he was a quiet boy, and had no

    仕事(チップを拾う)のための一部

  • adventurous, troublesome ways.

    彼は、静かな少年だったとはいた

  • While Tom was eating his supper, and

    冒険、面倒な方法。

  • stealing sugar as opportunity offered,

    トムは、彼の夕食を食べていたが、

  • Aunt Polly asked him questions that were

    、提供の機会として砂糖を盗んで

  • full of guile, and very deep--for she

    おばさんポリーは彼にされた質問

  • wanted to trap him into damaging

    その他のguileの、非常に深いフル - 彼女のための

  • revealments.

    損傷に彼トラップしたい

  • Like many other simple-hearted souls, it

    revealments。

  • was her pet vanity to believe she was

    他の多くの純真な魂と同様に、

  • endowed with a talent for dark and

    彼女のペットの虚栄心は、彼女が信じていた

  • mysterious diplomacy, and she loved to

    暗いの才能に恵まれている

  • contemplate her most transparent devices

    神秘的な外交、彼女は愛さ

  • as marvels of low cunning.

    彼女の最も透明なデバイスをもくろむ

  • Said she:

    低狡猾の驚異である。

  • "Tom, it was middling warm in school,

    彼女は言った:

  • warn't it?"

    "トムは、それが、学校で暖かいまあまあだった

  • "Yes'm."

    それをwarn't?"

  • "Powerful warm, warn't it?"

    "Yes'm。"

  • "Yes'm."

    "ウォーム強力な、それをwarn't?"

  • "Didn't you want to go in a-swimming,

    "Yes'm。"

  • Tom?"

    "あなたは水泳に行くのは嫌でした

  • A bit of a scare shot through Tom--a touch

    トム?"

  • of uncomfortable suspicion.

    恐怖のビットはトムを撃ち抜いた - タッチ

  • He searched Aunt Polly's face, but it told

    不快な疑いの。

  • him nothing.

    彼は叔母ポリーの顔を検索し、それは言った

  • So he said:

    彼は何も。

  • "No'm--well, not very much."

    それで、彼は言った:

  • The old lady reached out her hand and felt

    "No'm - まあ、それは非常に。"

  • Tom's shirt, and said:

    老婦人は彼女の手を伸ばして、感じて

  • "But you ain't too warm now, though."

    Tomさんのシャツは、言った:

  • And it flattered her to reflect that she

    "しかし、あなたもかかわらず、今ウォームされていません。"

  • had discovered that the shirt was dry

    そして、それは彼女が反映するようにうれしく、彼女

  • without anybody knowing that that was what

    シャツは乾いていたことを発見した

  • she had in her mind.

    誰もなしにそれがであることを知ってか

  • But in spite of her, Tom knew where the

    彼女は念頭に置いていた。

  • wind lay, now.

    しかし、彼女にもかかわらず、トムは知っていた場所

  • So he forestalled what might be the next

    風は今、横たわっていた。

  • move:

    そこで彼は、どのようなものか未然に次の

  • "Some of us pumped on our heads--mine's

    移動:

  • damp yet.

    "私たちのいくつかは我々の頭の上に励起 - 鉱山の

  • See?"

    まだ湿って。

  • Aunt Polly was vexed to think she had

    を参照してください?"

  • overlooked that bit of circumstantial

    おばさんポリーは考えてイライラした彼女がいた

  • evidence, and missed a trick.

    状況のそのビットを見落とし

  • Then she had a new inspiration:

    証拠は、トリックを逃した。

  • "Tom, you didn't have to undo your shirt

    それから彼女は新たなインスピレーションを持っていた:

  • collar where I sewed it, to pump on your

    "トムは、あなたのシャツを元に戻すには持っていなかった

  • head, did you?

    襟、私はそれを縫ったここで、上のポンプに

  • Unbutton your jacket!"

    頭ですよね?

  • The trouble vanished out of Tom's face.

    ボタンを外す上着!"

  • He opened his jacket.

    問題は、トムの顔から消えてしまった。

  • His shirt collar was securely sewed.

    彼はジャケットを開いた。

  • "Bother!

    彼のシャツの襟がしっかりと縫った。

  • Well, go 'long with you.

    "バザー!

  • I'd made sure you'd played hookey and been

    さて、'を長く一緒に行く。

  • a-swimming.

    私が確認しただろうがフックの演奏したいとされて

  • But I forgive ye, Tom.

    -プール。

  • I reckon you're a kind of a singed cat, as

    しかし、私はあなたがたを、トムお許しください。

  • the saying is--better'n you look.

    私は、あなたが火で焼かれた猫のようだ数える

  • THIS time."

    ことわざは、 - あなたが見てbetter'n。

  • She was half sorry her sagacity had

    この時間は。"

  • miscarried, and half glad that Tom had

    彼女は半分残念彼女の聡明さが持っていたれた

  • stumbled into obedient conduct for once.

    半分トムが持っていたことをうれしくて、流産

  • But Sidney said:

    一度従順な行動につまずいた。

  • "Well, now, if I didn't think you sewed

    しかし、シドニーによると:

  • his collar with white thread, but it's

    "まあ、今、私はあなたが縫ったと思うしていない場合

  • black."

    白い糸と彼の襟が、それはだ

  • "Why, I did sew it with white!

    ブラック"。

  • Tom!"

    "なぜ、私が白で、それを縫うよ!

  • But Tom did not wait for the rest.

    トム!"

  • As he went out at the door he said:

    しかし、トムは、残りの待機しませんでした。

  • "Siddy, I'll lick you for that."

    彼がドアを出て行ったとして、彼は言った:

  • In a safe place Tom examined two large

    "Siddy、私はそのことであなたをなめる"と話した。

  • needles which were thrust into the lapels

    安全な場所ではトムは二つの大きな検討

  • of his jacket, and had thread bound about

    襟に投げ出された針

  • them--one needle carried white thread and

    上着の、約バインドされてスレッドを持っていた

  • the other black.

    彼ら - 1つの針が白い糸を搭載

  • He said:

    黒の他の。

  • "She'd never noticed if it hadn't been for

    彼は言った:

  • Sid.

    "それはがなかったら、彼女は気づいたことがなかった

  • Confound it!

    Sidになりました。

  • sometimes she sews it with white, and

    それは混乱させる!

  • sometimes she sews it with black.

    時には彼女は、白と、それを縫っ

  • I wish to geeminy she'd stick to one or

    時には、彼女は黒で、それを縫っ。

  • t'other--I can't keep the run of 'em.

    私は彼女がまたは1つに固執するだろうgeeminyしたい

  • But I bet you I'll lam Sid for that.

    t'other - 私はem'の実行を維持することはできません。

  • I'll learn him!"

    しかし、私はそのためにシドとlamよあなたを賭ける。

  • He was not the Model Boy of the village.

    私は彼を学ぶ!"

  • He knew the model boy very well though--

    彼は村のモデルボーイではなかった。

  • and loathed him.

    彼は非常によくかかわらず、モデルの少年を知っていた -

  • Within two minutes, or even less, he had

    彼が嫌い。

  • forgotten all his troubles.

    2分、またはそれ以下の中では、彼が持っていた

  • Not because his troubles were one whit

    すべての彼の悩みを忘れ。

  • less heavy and bitter to him than a man's

    ていない彼の悩みは、1つ聖霊降臨祭ていたので

  • are to a man, but because a new and

    以下重く、彼に苦味も男の

  • powerful interest bore them down and drove

    ので、が、新しい人にされ

  • them out of his mind for the time--just as

    強力な関心は、それらをボア運転

  • men's misfortunes are forgotten in the

    そのうち、彼の心の時間 - 同じように

  • excitement of new enterprises.

    男性の不幸は忘れられてしまう

  • This new interest was a valued novelty in

    新しい企業の興奮。

  • whistling, which he had just acquired from

    この新たな関心は高く評価目新しさにあった

  • a negro, and he was suffering to practise

    彼はただから取得した口笛、

  • it undisturbed.

    黒人が、彼は練習に苦しんでいた

  • It consisted in a peculiar bird-like turn,

    それは邪魔されずに。

  • a sort of liquid warble, produced by

    これは、特有の鳥のような順番に構成されて

  • touching the tongue to the roof of the

    によって生成される液体さえずりの並べ替え、

  • mouth at short intervals in the midst of

    の屋根に舌に触れる

  • the music--the reader probably remembers

    の真っ只中に短い間隔で口

  • how to do it, if he has ever been a boy.

    音楽 - 読者はおそらく覚えている

  • Diligence and attention soon gave him the

    彼は少年をされている場合はどのようにそれを行う。

  • knack of it, and he strode down the street

    勤勉さと注意はすぐに彼に与えた

  • with his mouth full of harmony and his

    そのコツ、彼は道を大股で

  • soul full of gratitude.

    彼の口から調和の完全な彼の

  • He felt much as an astronomer feels who

    魂の感謝の気持ちで一杯。

  • has discovered a new planet--no doubt, as

    天文学者が感じているように彼は多くの感じ方

  • far as strong, deep, unalloyed pleasure is

    新しい惑星を発見した - のは間違いないとして

  • concerned, the advantage was with the boy,

    はるかに強い、深い、純粋な喜びは、

  • not the astronomer.

    関係、利点は、男の子とした

  • The summer evenings were long.

    は天文学者。

  • It was not dark, yet.

    夏の夜は長かった。

  • Presently Tom checked his whistle.

    それは、まだ暗いされませんでした。

  • A stranger was before him--a boy a shade

    現在トムは笛をチェック。

  • larger than himself.

    見知らぬ人が彼の前にした - 少年日陰

  • A new-comer of any age or either sex was

    自分よりも大きい。

  • an impressive curiosity in the poor little

    あらゆる年齢層またはいずれかのセックスの新しい新人がいた

  • shabby village of St. Petersburg.

    かわいそうで印象的な好奇心

  • This boy was well dressed, too--well

    サンクトペテルブルクの粗末な村。

  • dressed on a week-day.

    この少年はよくも着ていた - も

  • This was simply astounding.

    平日の服を着た。

  • His cap was a dainty thing, his close-

    これは単に、驚異的だった。

  • buttoned blue cloth roundabout was new and

    彼のキャップは、可憐なもの、彼の近くにいた-

  • natty, and so were his pantaloons.

    ケリ青い布のロータリーは、新しいれた

  • He had shoes on--and it was only Friday.

    粋など、彼のズボンにした。

  • He even wore a necktie, a bright bit of

    彼は靴を持っていた - そしてそれは金曜日だけだった。

  • ribbon.

    彼はネクタイを、明るいビットの身に着けていた

  • He had a citified air about him that ate

    リボン。

  • into Tom's vitals.

    彼が食べた彼の都会風を装ったの空気を持っていた

  • The more Tom stared at the splendid

    Tomさんの急所に。

  • marvel, the higher he turned up his nose

    さらにトムは素晴らしい凝視

  • at his finery and the shabbier and

    驚嘆、より高い彼の鼻をオンに

  • shabbier his own outfit seemed to him to

    彼の派手な服やshabbierとで