Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Humanity has confronted countless crises and many have led to profound and sometimes unexpected change.

    人類は数え切れないほどの危機に直面してきましたが、その多くは深遠な、そして時には予想外の変化をもたらしてきました。

  • It was the economist Milton Friedman who once said: "Only a crisis - actual or perceived - produces real change."

    経済学者のミルトン・フリードマンは、かつてこう言っています。"実際の危機と認識された危機だけが 真の変化を生む"と。

  • But what kind of change can we expect in the aftermath of the coronavirus pandemic?

    しかし、コロナウイルスのパンデミックの余波で、どんな変化が期待できるのでしょうか?

  • And will it be change for the better?

    そしてそれは良い方向に変わるのでしょうか?

  • History may give us some answers.

    歴史は私たちにいくつかの答えを与えてくれるでしょう。

  • By the summer of 1349 the Black Death had killed nearly 50 % of the population of England.

    1349年の夏までに、黒死病でイングランドの人口の50%近くが亡くなりました。

  • There was a "second wave" of the plague in 1361 which killed another 20%.

    1361年にはペストの「第二波」があり、さらに20%の死者を出しました。

  • A disaster, yes, but the plague did something which had begun to look impossible...

    災害もそうですが、疫病は不可能に見え始めていたことをやってのけてしまったのです...

  • It stopped the 100 Years' Warthe series of bloody conflicts between England and France.

    それは、100年戦争-イギリスとフランスの間の一連の血みどろの紛争-を停止させました。

  • There was also a profound labor shortage, because so many people had died which put those who survived in a stronger position.

    また、多くの人が死んでしまったことで、深刻な人手不足が発生し、生き残った人たちはより強い立場に置かれました。

  • Eventually, the exploitative feudal system - under which peasants swore allegiance to lords in exchange for a patch of land and some protection collapsed.

    最終的には、農民が土地と保護と引き換えに領主に忠誠を誓う元で行われた搾取的な封建制度は崩壊しました。

  • Fast forward to 1918, and another devastating wave of disease was sweeping the world.

    1918年に早送りすると、その時は別の壊滅的な病気の波が世界を席巻していました。

  • The so-called Spanish flu, although it didn't actually come from Spain, spread through crowded troop transports and munitions factories towards the end of the First World War.

    いわゆるスペイン風邪は、実際にはスペインから来たものではありませんでしたが、第一次世界大戦末期には、混雑した軍用輸送船や軍需工場を経由して流行しました。

  • By the end of the pandemic, more than 50 million people had died.

    パンデミックが終わる頃には、5000万人以上の人が亡くなっていました。

  • But it did give rise to a new understanding of infectious diseases.

    しかし、それは感染症に対する新たな理解をもたらしました。

  • And that spurred the development of public health systems across the developed world.

    そして、それが先進国の公衆衛生システムの発展に拍車をかけたのです。

  • As scientists and governments realized that the best defense against pandemics was at a societal rather than an individual level.

    科学者や政府は、パンデミックに対する最善の防御策が個人レベルではなく社会レベルであることに気づいたのです。

  • Calls for a unified medical service in the UK date back even earlier but it wasn't until after the Second World War, in 1948, that Britain's National Health Service was launched.

    英国で統一された医療サービスを求める声はもっと前にさかのぼりますが、英国の国民健康サービスが開始されたのは第二次世界大戦後の1948年でした。

  • According to the NHS's official historian, Charles Webster, the Luftwaffe: " achieved in months what had defeated politicians and planners for at least two decades".

    NHSの公式歴史家チャールズ・ウェブスターによると、ドイツ空軍は "少なくとも20年間、政治家や計画者を打ち負かしてきたことを数ヶ月で達成した」と述べています。

  • We only gave you part of Milton Friedman's famous quote earlier.

    ミルトン・フリードマンの有名な名言の一部だけを先にお伝えしました。

  • He went on to say: " When that crisis occurs, the actions that are taken depend on the ideas that are lying around."

    彼は続けて言いました。"そのような危機が起こった時、その行動は、その辺に転がっている考えに左右される "と。

  • As well as the launch of free universal healthcare in the UK, the post-war period saw the adoption of other radical ideas that were "lying around" at the time, including the rapid nationalization of industry and the creation of the modern welfare state.

    英国で無料の国民皆保険制度が打ち出されたのと同様に、戦後には、産業の急速な国有化や近代福祉国家の創設など、当時「転がっていた」急進的な思想が採用されました。

  • Globally, institutions such as the United Nations were set up, determined to prevent future wars through international cooperation and diplomacy.

    国際的には、国際協力や外交によって将来の戦争を防ぐために、国連などの機関が設立されました。

  • Will the aftermath of coronavirus leave us with similarly fertile ground in which new ideas might flourish?

    コロナウイルスの余波は、新しいアイデアを生み出すための肥沃な土地を残してくれるのでしょうか。

  • Will it kick start new ways of living, working and travelling?

    それは新しい生き方、働き方、旅の仕方を始めることになるのでしょうか?

  • Or make us think again about our attitudes to consumption or our responsibilities to one another?

    あるいは、消費に対する態度や、お互いへの責任について、改めて考えさせられるのではないでしょうか?

  • Will ideas such as a universal basic income, virtual education or even healthcare delivered by robots become logical next steps in a profoundly altered world?

    普遍的なベーシックインカム、バーチャル教育、あるいはロボットが提供するヘルスケアなどのアイデアは、大きく変化した世界における論理的な次のステップになるのでしょうか?

  • Or will we pick up where we left off, as if nothing had happened?

    それとも何事もなかったかのように終わり、また再開するのでしょうか?

  • And if there is to be change, who will decide if it's change for the better?

    そして、もし変化があるとしたら、それが良い方向に変化するかどうかは誰が決めるのでしょうか?

  • After all, not all the ideas lying around will prove to be the right ones.

    結局のところ、そこら中に転がっているアイデアがすべて正しいものであるとは限りません。

Humanity has confronted countless crises and many have led to profound and sometimes unexpected change.

人類は数え切れないほどの危機に直面してきましたが、その多くは深遠な、そして時には予想外の変化をもたらしてきました。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 変化 危機 転がっ ミルトン 思想 アイデア

新型コロナウイルスは世界を変える?

  • 7660 263
    Summer に公開 2020 年 11 月 27 日
動画の中の単語