Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • a schema is a generalization of past experiences that forms a scripted pattern of thought.

    スキーマとは、過去の経験を一般化したもので、思考のパターンをスクリプト化したものです。

  • For example, we all have a specific process in mind when we think about going to a restaurant.

    例えば、お店に行こうと思った時には、誰もが具体的なプロセスを考えています。

  • Some imagine standing in line, placing an order and eating and then throwing the trash away.

    並んで注文して食べて、ゴミを捨てることを想像する人もいます。

  • Others imagine being seated than ordering, sharing everything and then paying, leaving a generous tip.

    他の人は、すべてを共有し、その後支払い、寛大なチップを残して、注文するよりも着席していることを想像しています。

  • We can think of a schemer as a mental framework in the form of a kid's toy.

    策士は子供のおもちゃのような精神的な枠組みで考えればいい。

  • Things we already fully understand, say a triangle, get into our brain without a problem.

    私たちがすでに完全に理解しているもの、例えば三角形は、問題なく脳に入ってきます。

  • When new information is similar to what we know, say a square, it can enter the brain through assimilation for completely new information.

    新しい情報が、私たちが知っていることと似ている、例えば四角い情報の場合、全く新しい情報のために同化して脳に入ることができます。

  • Here, a star.

    ここに、星がある。

  • This doesn't work.

    これではうまくいかない。

  • Then we need accommodation on to change the schema itself.

    そして、スキーマ自体を変更するための宿泊施設が必要になります。

  • Assimilation is the cognitive process of making new information fit in with your existing understanding of the world.

    同化とは、新しい情報を自分の既存の世界の理解になじませるための認知プロセスです。

  • It works if new information is close to what we already know to process the new information, we make it fit into our existing schemers.

    新しい情報が、新しい情報を処理するためにすでに知っていることに近い場合には、それは機能し、我々はそれを既存のスキーマに適合させます。

  • We have to use accommodation if things are so unique that they don't fit into our existing schemer.

    既存のスキーマに合わないくらいユニークなものは宿泊施設を利用しなければなりません。

  • In other words, to understand something truly new.

    言い換えれば、本当に新しいものを理解すること。

  • We first have to remodel our brain space.

    まずは脳内空間の改造をしなければならない。

  • Just imagine you were born completely colorblind.

    あなたが生まれつき色盲だったと想像してみてください。

  • Not a million books or the best teacher could ever truly explain.

    100万冊の本や最高の先生が本当に説明できるものではありません。

  • Read to you.

    読んであげてください。

  • You need to experience it.

    体験してみてください。

  • To accommodate the idea.

    アイディアに対応するために。

  • Frederick Bartlett demonstrated how schema unconsciously alter our perception and memory in what became known as the War of the Ghosts experiment.

    フレデリック・バートレットは、スキーマがどのように無意識のうちに私たちの知覚と記憶を変化させるかを実証しました。

  • He did that by reading to his British students a strange Native American folk tale from the Chino tribe.

    彼はイギリス人の生徒たちに、チノ族に伝わるアメリカ先住民の奇妙な民話を読み聞かせていました。

  • The story involved ghosts, hunting seals, going to war and canoeing.

    幽霊、アザラシ狩り、戦争に行くこと、カヌーに乗ることなどが含まれていました。

  • Later he monitored how the students recalled what they remembered from the story.

    その後、生徒が話の中で思い出したことをどうやって思い出したのかを観察した。

  • First days, then weeks.

    最初は数日、次に数週間。

  • And then months after three striking things happened, one omission of unfamiliar details.

    そして、3つの印象的なことが起こってから数ヶ月後には、よくわからない細かいことが1つ抜けていました。

  • Multiple students did not recall apart about the gene oaks going hunting seals.

    複数の学生は、アザラシを狩りに行く遺伝子のオークについて離れてリコールしていませんでした。

  • This happens because hunting seals does not naturally fit into the cultural context of rich British students.

    これは、アザラシの狩猟が、豊かなイギリスの学生の文化的な文脈に自然に適合していないために起こります。

  • In other words, they do not have an existing schemer for this kind of information.

    つまり、この種の情報のための既存のスキーマを持っていない。

  • Therefore, they have a hard time understanding it, and hence can't move it into their long term memory for later recall.

    したがって、彼らはそれを理解するのに苦労しているので、それを後のリコールのための長期記憶に移動することができません。

  • And so they forget.

    だから忘れてしまう。

  • Bartlett argue that psychologically we conceive anything that doesn't fit our schemer as irrelevant to Familiarization of things strange.

    バートレットは、心理学的に我々は物事の奇妙なのFamiliarizationに無関係として私たちのスキーマに合わないものは何でも思いつくと主張している。

  • Some of the students that initially did remember the part about hunting seals later recalled.

    最初はアザラシ狩りについての部分を覚えていた生徒も、後になって思い出したという生徒もいました。

  • The activity is going fishing.

    活動は釣りに行くことです。

  • A canoe that was loaded with weapons was remembered as a rowboat.

    武器を積んだカヌーが手漕ぎボートとして記憶に残っていた。

  • This happens because when we like the words to describe new, unique experiences, we use idioms or figures of speech.

    これは、新しい、ユニークな体験を表現する言葉が好きなときに、慣用句や言葉の形を使うからです。

  • In other words, we channel unfamiliar information through the framework of a familiar schemer on, because we do that every time we recall that unique experience.

    言い換えれば、私たちは、そのユニークな経験を思い出すたびにそうしているので、なじみのあるスキーマの枠組みを介して、なじみのない情報をチャネルするのです。

  • Over time it becomes more familiar and less authentic.

    時間が経つにつれ、それはより身近なものになり、本物ではなくなっていきます。

  • Three rationalisation of theological right after it was told, most students thought that the tail was strange.

    それが語られた直後の神学の3つの合理化は、ほとんどの学生が尻尾がおかしいと思っていた。

  • A few weeks later, however, it suddenly made a lot of sense to some of them.

    しかし、数週間後に突然、何人かの人たちの中には、それが大きな意味を持つようになったのです。

  • The students began to add terms such as therefore, and because, and unconsciously made the story casual and logically coherent.

    生徒たちは、「ゆえに」「ゆえに」などの用語を加え始め、無意識のうちに物語をさりげなく、論理的にまとまりのあるものにしていた。

  • Whenever they retrieved it from memory, they added a reason that you Knox didn't go hunting seals auto war on their canoes.

    彼らは記憶からそれを取り戻すたびに、彼らはあなたがノックスが彼らのカヌーでアザラシの自動戦争を狩りに行かなかった理由を追加しました。

  • They took the boats because they wanted to go fishing.

    釣りに行きたくて船に乗ったそうです。

  • But let noted that each time the students were asked to recall the story it had changed a bit, which means that long term memories and neither fixed nor immutable, but it constantly being adjusted.

    しかし、学生が話を思い出すように求められたたびに、それは長期的な記憶と固定も不変も、それが常に調整されていることを意味するビットを変更していたことに注意してみましょう。

  • This supports the existentialist view that people construct the past in a constant process of adjustment.

    これは、人々が一定の調整のプロセスの中で過去を構築するという実存主義的な見解を支持している。

  • In other words, much of what we remember is rationalized into a self narrative that allows us to think of our life as a coherent string of events.

    言い換えれば、私たちが覚えていることの多くは、私たちの人生を一貫性のある一連の出来事として考えることができる自己の物語に合理化されています。

  • John P.

    ジョン・P

  • J, who coined the term, argued that we construct our experiences into Ski Marta so we can make sense of the world sprouts.

    この言葉を造語したJは、我々は世界の芽を意味することができるように、我々はスキーマルタに自分の経験を構築すると主張した。

  • Videos are published under the Creative Commons license.

    動画はクリエイティブ・コモンズライセンスで公開されています。

  • That means our videos are free and anyone can download, edit and play them for personal use and public schools, governments and nonprofit organizations can also use them for training online courses or designing new curriculums to help us stay independent and support our work.

    つまり、私たちのビデオは無料で、誰でもダウンロード、編集、再生して個人的に使用することができ、公立学校、政府、非営利団体は、オンラインコースのトレーニングや新しいカリキュラムのデザインにも使用することができ、私たちが自立して仕事をサポートすることができるということです。

  • You can join our patrons and contribute.

    パトロンの皆様に参加していただき、貢献していただくことができます。

  • Just visit patri on dot com slash sprouts.

    ただ、ドットコムのスラッシュスプラウトのパトリを訪問してください。

a schema is a generalization of past experiences that forms a scripted pattern of thought.

スキーマとは、過去の経験を一般化したもので、思考のパターンをスクリプト化したものです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 アザラシ 情報 生徒 狩り 記憶 新しい

スキーマ。記憶を操作する思考のパターン (Schema: Pattern of Thoughts that Manipulate Your Memory)

  • 11 3
    林宜悉 に公開 2020 年 08 月 28 日
動画の中の単語