Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Richard Phillips, framed for a crime he didn't commit, follows the man who framed him and

    リチャード・フィリップスは、彼が犯していない罪で濡れ衣を着せられ、彼をハメた男の後を追う。

  • sent him to prison as he walks across the prison yard.

    彼は刑務所に送られ、刑務所の庭を横切って歩いています。

  • The man, Fred Mitchell, is completely unaware of being followed, and doesn't even realize

    フレッド・ミッチェルという男は、尾行されていることに全く気づかず

  • that Richard, the innocent man he sent to prison, is in that very same prison with him

    彼が刑務所に送った無実のリチャードが 彼と同じ刑務所にいることを

  • now.

    今すぐに

  • Robbed of almost seven and a half years of life away from his children, Richard can only

    彼の子供たちから離れて人生のほぼ7年半を奪われ、リチャードは唯一のことができます。

  • think of the justice that the system has so far denied him, despite appeal after appeal.

    これまでシステムが彼を否定してきた 正義を考えてみてください 控訴しても控訴しても

  • Fred is walking towards a blind spot along the prison walls, completely unaware that

    フレッドは刑務所の壁に沿って死角に向かって歩いています。

  • here the guards can't see him, the cameras can't record what will happen next.

    ここでは警備員は彼を見ることができませんカメラは次に何が起こるかを記録することができません。

  • The man is completely oblivious to his approaching fate, and as he walks behind him, Richard

    男は近づいてくる運命に完全に気づかず、彼の後ろを歩くように、リチャードは

  • shifts the weight of the homemade knife back and forth in his hand.

    手作り包丁の重さを手の中で前後にずらす。

  • Fashioned out of scrap metal from the prison workshop, Richard knows what he has to do-

    刑務所のワークショップから金属スクラップのファッション、リチャードは、彼が何をしなければならないかを知っている

  • plunge it quickly into the neck, just once is all it'll take, and the man who stole his

    すぐに首に突っ込んで一度だけでいい、それを盗んだ男は

  • life from him will lie dead on the floor.

    彼からの命は、床の上で死んでいるだろう。

  • Sentenced to life in prison, Richard will never see the outside world again, but he

    刑務所での生活を宣告され、リチャードは再び外の世界を見ることはありませんが、彼は

  • could still get some justice.

    まだ正義を貫くことができるかもしれない

  • Fred is nearly at the blind spot, and Richard readies the shiv, focused on Fred's neck.

    フレッドは死角に近いところにいて、リチャードはフレッドの首に焦点を当てて、シヴを準備します。

  • Growing up with an abusive stepfather, Richard learned early on to fend for himself.

    虐待を受けた継父と一緒に育った、リチャードは自分自身のためにかわすために早くから学んだ。

  • He escaped the poverty he grew up in by taking to the streets, or fast-talking his way into

    彼は路上に出たり、早口で話しかけたりして、育った貧困から逃れた。

  • other family's homes so he could watch his friends open up presents on Christmas morning.

    他の家族の家でクリスマスの朝に友達がプレゼントを開けるのを見ていました。

  • Escaping the problems of a hopeless home life on the streets of Detroit, it was there that

    デトロイトの路上で絶望的な家庭生活の問題から逃れるために、それはそこにあった。

  • Richard would meet the man who would change his life forever, Fred Mitchell.

    リチャードは永遠に彼の人生を変える男、フレッド-ミッチェルを満たすだろう。

  • The two became close friends and accomplices in their juvenile delinquency.

    2人は親しい友人となり、少年非行の共犯者となった。

  • With little prospects for their own lives, the two quickly became just another American

    自分たちの生活の見通しが立たず、二人はすぐにただのアメリカ人になってしまいました。

  • crime statistic, though they hadn't yet matured to full-blown criminals.

    犯罪統計学的にはまだ本格的な犯罪者に成熟していなかったが。

  • For Fred, that would soon change, and caught up in a street fight, he shot another teenager

    フレッドにとっては、それはすぐに変化し、ストリートファイトに巻き込まれ、彼は別のティーンエイジャーを撃った。

  • and was soon pleading guilty to manslaughter.

    そしてすぐに過失致死罪を認めた。

  • Richard however had worked to improve his life.

    リチャードはしかし、彼の人生を改善するために働いていた。

  • During a short prison sentence, Richard took a typing class and learned how to type fast

    短い刑期の間に、リチャードはタイピングのクラスを取って、高速で入力する方法を学びました。

  • and accurately.

    と、正確に説明しています。

  • He turned that into a new job at a Chrysler auto plant upon release, earning $4.10 an

    彼は、リリース時にクライスラーの自動車工場で新しい仕事に変え、4.10ドルを稼いでいます。

  • hour- or over $33 an hour in today's wages.

    今日の賃金で時給33ドル以上。

  • Slowly and steadily, Richard got away from his criminal past, and all his former criminal

    ゆっくりと、着実に、リチャードは、彼の犯罪者の過去から、すべての彼の元の犯罪者から離れました。

  • contacts.

    の連絡先に連絡してください。

  • Richard even married his girlfriend, having a daughter and a son and moving into an apartment

    リチャードはガールフレンドと結婚し、娘と息子を産み、アパートに引っ越した。

  • together.

    と一緒に。

  • Richard had beaten the odds and not just survived his violent past, but overcome it, and now

    リチャードは勝負に打ち勝ち、暴力的な過去を生き抜いただけでなく、それを乗り越え、今に至っている。

  • was living the American dream.

    アメリカンドリームを生きていた

  • At twenty five years old though, life would take a turn for the worse.

    しかし、25歳になると、人生は最悪の方向に転じることになる。

  • Caught up in a work prank, Richard was blamed for a lit cigarette being dropped into a coworker's

    仕事のいたずらに巻き込まれ、リチャードは、同僚のに落とされている火のついたタバコのために非難された

  • back pocket and was fired from his lucrative position.

    後ろのポケットに入っていて、彼の有利なポジションからクビになった。

  • A spiraling Richard soon faced marriage troubles, and spent more and more time away from home,

    渦巻くリチャードはすぐに結婚生活のトラブルに直面し、家を離れて過ごすことが多くなりました。

  • returning to his past haunts.

    彼の過去の生息地に戻ってきた。

  • At around the same time Fred Mitchell was released from jail, and he and Richard would

    同じ頃、フレッド・ミッチェルは刑務所から解放され、彼とリチャードは

  • reconnect.

    再接続します。

  • The two would cruise the town at night, doing heroin in motel rooms and causing mayhem.

    二人は夜に町をクルーズしてモーテルの部屋でヘロインを流して騒動を起こしていた。

  • For all his faults, Richard still loved his children and showed them all the love his

    すべての彼の欠点のために、リチャードはまだ彼の子供たちを愛し、それらを示したすべての愛を彼の

  • own father had never shown him.

    自分の父親が見せてくれなかった

  • They were never short on Christmas presents, and he made it a point to spend time with

    彼らはクリスマスプレゼントが不足していたことはなく、彼はそれをポイントにして

  • them even as his life began spiraling out of control.

    彼の人生が暴走し始めた時でさえも

  • One fateful day, Richard took his daughter and son to the state fair where the three

    ある運命の日、リチャードは、3つの州のフェアに彼の娘と息子を取った

  • had a grand time.

    盛大に楽しんでいました。

  • After tucking them into bed, Richard took off into the night once more, only to never

    二人をベッドに寝かしつけた後、リチャードは再び夜の世界へと旅立った。

  • return.

    を返します。

  • That night, September 6th, 1971, Fred Mitchell and another male took part in a convenience

    1971年9月6日の夜、フレッド・ミッチェルともう一人の男性がコンビニエンスストアで

  • store robbery.

    店舗強盗。

  • The duo took off with less than $10, but their erratically driving vehicle was called in

    2人は10ドル以下で出発しましたが 誤運転の車は通報されました

  • to police by an anonymous driver.

    匿名の運転手が警察に

  • The vehicle registration came back to Richard Palombo, Fred Mitchell's accomplice and

    車の登録は リチャード・パロンボに戻ってきた フレッド・ミッチェルの共犯者であり

  • convenience store robber, but the police had no idea who his partner had been in the robbery,

    コンビニ強盗だったが、警察は相棒が誰だかわからなかったという。

  • and Palombo wasn't talking.

    とパロンボは話していませんでした。

  • Phillips and Mitchell looked similar, and in a police lineup witnesses all agreed that

    フィリップスとミッチェルは、似て見えたし、警察のラインアップの目撃者は、すべてが同意した。

  • the second armed robber was Richard Phillips.

    2人目の武装強盗は リチャード・フィリップスだった

  • Despite shaky evidence, Richard was convicted for the robbery and sentenced to at least

    不確かな証拠にもかかわらず、リチャードは強盗の罪で有罪判決を受け、少なくとも懲役刑を言い渡されました。

  • seven years.

    7年間

  • Palombo meanwhile refused to give up the real robber, even once behind bars with an innocent

    一方、パロンボは、一度は無実の罪を着せられても、本物の強盗を諦めようとはしませんでした。

  • man.

    男の人

  • A year later and the frozen skeleton of a murder victim, Gregory Harris, was discovered

    1年後、殺人の被害者グレゴリー・ハリスの凍った骨格が発見された。

  • by a street repairman.

    通りすがりの修理屋さんに

  • The body was identified as that of a young man who had gone missing a year earlier, and

    遺体は1年前に行方不明になった青年のものと確認され

  • who's mother had received a distressing anonymous call over the matter shortly after his disappearance.

    彼の失踪直後に母親が匿名の電話を受けていたことが発覚しました

  • The voice on the other end of the line said that she couldn't hold her silence any longer,

    反対側の声は、これ以上沈黙を守ることができないと言っていた。

  • and that a man named Fred Mitchell and another nicknamed 'Dago'- Richard Palombo- had killed

    フレッド・ミッチェルという男とダゴと呼ばれていたリチャード・パロンボという男が

  • her son.

    彼女の息子だ

  • They had dragged him out of his car and then shot him in the head, execution style.

    車から引きずり出して頭を撃ち抜いていた、処刑スタイル。

  • It's not known if the police did anything with that information at the time.

    当時、その情報で警察が何かしたかどうかは不明です。

  • Twelve days after the discovery of the body, Fred Mitchell was arrested on charges of armed

    死体発見から12日後 フレッド・ミッチェルは 武装の容疑で逮捕された

  • robbery and carrying a concealed weapon.

    強盗と拳銃の携帯。

  • When his name popped up in relation to the young man's murder a year earlier, Mitchell

    1年前の若者の殺人事件に関連して 彼の名前が出てきた時 ミッチェルは

  • deflected by saying that he knew who had killed him, and fingered Richard Palombo and his

    誰が彼を殺したか知っていたと言って偏向し、リチャード・パロンボと彼の指を立てた。

  • long-time best friend, Richard Phillips.

    長年の親友 リチャード・フィリップス

  • The case quickly went to court, despite there existing no physical evidence linking Richard

    リチャードをつなぐ物的証拠がないにもかかわらず、事件はすぐに裁判所に行きました。

  • Phillips to the crime.

    フィリップスを犯罪に

  • The only evidence the prosecution had was Fred Mitchell's own testimony, and it's still

    検察側が持っていた唯一の証拠は フレッド・ミッチェル自身の証言だった そしてそれはまだ

  • unknown if the police had even inspected the murder victim's discovered automobile for

    警察が被害者の車を検査したかどうかは不明です。

  • fingerprints, or analyzed the blood discovered therein.

    指紋を採取したり、発見された血液を分析したりしました。

  • It appeared that as far as 1970's Detroit's cops were concerned, a solved case was a solved

    1970年代のデトロイトの警官を見る限りでは、解決済みの事件は

  • case, no matter if an innocent man had been convicted for it or not.

    無実の人が有罪判決を受けていようがいまいが

  • During the trial, Richard's lawyer barely offered any defense.

    裁判の間、リチャードの弁護士はかろうじて弁護を申し出た。

  • He allowed the prosecution to run roughshod all over the case, didn't allow Richard to

    彼は検察の暴走を許した リチャードを許さなかった

  • take the stand and defend himself, and only offered the following as a closing argument:

    と、自分の身を挺して弁明し、最終弁論として次のようなものを提示したに過ぎない。

  • You know, they talk about Gregory Harris being dead.

    "グレゴリー・ハリスが死んだって話をしてたな

  • I don't know if Gregory Harris is dead.”

    "グレゴリー・ハリスが死んだかどうかは知らない"

  • This was beside the fact that Harris was indeed dead, his skeleton identified from dental

    ハリスは本当に死んでいたという事実の傍らで 歯型から骨格が確認された

  • records and discovered with bullet holes in his skull.

    頭蓋骨に弾丸の穴が開いているのを発見しました。

  • Four hours later, Richard Phillips was sentenced to life in prison.

    4時間後、リチャード・フィリップスは終身刑を言い渡された。

  • Richard spent his time in prison writing poems, and continuing to draw pictures as he did

    リチャードは、詩を書いて刑務所で彼の時間を過ごし、彼がしたように絵を描き続ける

  • in his youth.

    青年期に

  • Meanwhile, Richard took up work in the prison's workshop, making license plates and earning

    一方、リチャードは刑務所の作業場で仕事をし、ナンバープレートを作り、収入を得ていた。

  • a meager $100 a month, all of which he saved so he could hire the best defense lawyer in

    月に100ドルの私は、彼は最高の弁護人を雇うことができるように、そのすべてを貯めていました。

  • the state to plead his innocence.

    彼の無実を主張するための国家。

  • Richard tried to spare his children the harsh realities of prison, and implored his wife

    リチャードは、彼の子供たちに刑務所の過酷な現実を免れようとし、彼の妻を暗示した

  • to not bring them to visit.

    訪問に連れてこないように

  • He told her to move on and find someone new, which she eventually did.

    彼は彼女に「前に進んで新しい人を見つけろ」と言ったが、最終的にはそれを実行した。

  • Broken hearted and alone, Richard found solace in his poetry.

    心が折れて一人になったリチャードは、彼の詩に慰めを見出した。

  • Prison life hardened Richard, but he refused to surrender completely to the animal nature

    刑務所での生活はリチャードを硬化させたが、彼は動物の性質に完全に降伏することを拒否した。

  • so many embraced.

    多くの人が抱きしめた

  • His resolve stiffened when one December, completely out of the blue an inmate he didn't even know

    ある12月、突然知らない受刑者が現れた時、彼の決意は固まった。

  • gifted him two packs of cigarettes for Christmas.

    クリスマスに2パックのタバコを プレゼントしました

  • After that, Richard resolved himself to give presents to other inmates, and through a prison

    その後、リチャードは、他の受刑者にプレゼントを与えるために自分自身を解決し、刑務所を介して

  • program he picked out toys to send to his children.

    プログラムでは、子どもに贈るおもちゃを選んでくれました。

  • In 1989, he won a prison contest for best prison song.

    1989年には刑務所ソングのコンテストで最優秀賞を受賞。

  • Despite the pressures of prison life, Richard- an innocent man- refused to become an animal.

    刑務所生活のプレッシャーにもかかわらず、無邪気なリチャードは動物になることを拒否した。

  • On another Christmas though, Richard and some of his cellmates took part in a contest for

    別のクリスマスにもかかわらず、リチャードと彼のセルメイトのいくつかは、コンテストに参加しました。

  • best snow and ice sculptures.

    最高の雪と氷の彫刻

  • They built a nativity scene and other christmas scenes, along with a seal balancing a ball

    アザラシがボールを持ってバランスをとる様子と一緒に、降誕祭のシーンなどのクリスマスシーンを作ってくれました。

  • on its snow.

    その雪の上で。

  • A prisoner from another block vandalized the scene, kicking the head off the lamb in the

    別のブロックの囚人が荒らしをして、その場にいた子羊の頭を蹴り落とした。

  • nativity scene.

    キリスト降誕のシーン。

  • Richard was blamed for assaulting an officer that tried to break up the ensuing fight,

    リチャードは、続く戦いを分割しようとした役員を暴行したために非難された。

  • despite a whopping 59 witnesses claiming his innocence, and was sent to solitary.

    59人の目撃者が彼の無実を主張しているにもかかわらず、独房に送られました。

  • Still, Richard refused to break, and continued writing poetry and even took up painting.

    それでも、リチャードは破ることを拒否し、詩を書き続け、さらには絵画を取り上げた。

  • Then came Fred Mitchell and the blind spot, the knife in Richard's hands.

    フレッド・ミッチェルと死角になったリチャードの手にはナイフが握られていた

  • As the two approached the would-be murder scene, Richard prepared himself for righteous

    2つが近づいたように、殺人現場になると、リチャードは正義のために自分自身を準備した

  • revenge- just one quick stab into the neck, and the man who had robbed him of his life

    復讐だ 首を一発で刺しただけで 彼の命を奪った男は

  • would be dead.

    が死んでしまう。

  • But as Richard prepared for the deadly thrust, he heard a voice in his head.

    しかし、リチャードが致命的な突きの準備をしていると、頭の中で声が聞こえてきた。

  • Don't kill him.

    "彼を殺すな

  • You might still have a chance to get out of here.”

    "ここから出るチャンスはあるかもしれない"

  • His knife hand stayed.

    彼のナイフの手は残っていた。

  • Richard turned around.

    リチャードは振り向いた。

  • Fred Mitchell wasn't worth becoming a real murderer over.

    フレッド・ミッチェルは本当の殺人者になる 価値はなかった

  • Richard never gave up his fight for freedom, despite appeal after appeal being denied.

    訴えても訴えても却下されたにもかかわらず、リチャードは自由のための戦いを諦めなかった。

  • At parole hearings he knew that if he said the right things, he might earn freedom- but

    仮釈放の公聴会では、正しいことを言えば自由を得られるかもしれないことを知っていました。

  • Richard would not pretend to be guilty of a crime he was innocent for.

    リチャードは無実の罪を犯したふりをしない。

  • Then, finally, four decades after being imprisoned, hope shone once more.

    そして、投獄されてから40年が経ち、ようやく希望が再び輝き出した。

  • Richard Palombo at last broke his silence.

    リチャード・パロンボはついに沈黙を破った。

  • He would finally tell the story of what really happened during that robbery in 1971.

    彼は最終的に、1971年のあの強盗事件の時に実際に起こったことを話すだろう。

  • Fred Mitchell had been spending time in jail under manslaughter charges when his mother

    フレッド・ミッチェルは過失致死罪で刑務所で過ごしていました。

  • was robbed.

    を奪われました。

  • George Harris, the man found dead which Richard Phillips was blamed for, was one of the perpetrators.

    ジョージ・ハリスは、リチャード・フィリップスが責められた死体で発見された男は、加害者の一人だった。

  • After his release, Fred, feigning ignorance of Harris' involvement in his mother's robbery,

    釈放後のフレッドは、母親の強盗にハリスが関与していることを無知だと偽っていた。

  • approached George Harris for help in a convenience store robbery.

    ジョージ・ハリスにコンビニ強盗の助けを求めた。

  • Pulled into an alleyway across from the planned robbery site, Fred Mitchell suddenly produced

    強盗計画地の向かいの路地に引きずり込まれたフレッド・ミッチェルは、突如として

  • a gun given to him by Richard Palombo, shooting Harris in the head, and stunning Palombo.

    リチャード・パロンボから与えられた銃で、ハリスの頭を撃ち、パロンボを驚愕させる。

  • Richard Phillips was completely innocent.

    リチャード・フィリップスは 完全に無実だった

  • Fred Mitchell would end up drinking himself to death at age 49, and Richard Palombo would

    フレッド・ミッチェルは49歳で酒を飲んで死ぬことになり、リチャード・パロンボは

  • die on April 19th of this year from Covid-19 while still in prison.

    今年の4月19日に獄中でコビド19で死亡。

  • Richard Phillips was released from prison on a $5,000 bond granted him by a judge, a

    リチャード・フィリップスは 刑務所から釈放されました 裁判官によって 5000ドルの保釈金が与えられました

  • first for a first-degree murder suspect.

    第一級殺人事件の容疑者としては初めてだ

  • But he wasn't a free man yet.

    しかし、彼はまだ自由人ではありませんでした。

  • Richard had a second trial to endure, and in the meantime had to find a place to live

    リチャードは耐えるために2回目の裁判を受けたが、その間に住む場所を見つけなければならなかった

  • or he wouldn't be able to leave prison.

    さもないと刑務所から出られなくなる

  • This was when Julie Baumer stepped in.

    ジュリー・バウマーの出番だ

  • A new administrative assistant at the Michigan Innocence Clinic, Baumer herself had been

    ミシガン・イノセンス・クリニックの 新しい事務アシスタントだった バウマー自身は

  • wrongly convicted of killing her drug-addled sister's baby.

    薬物中毒の妹の赤ん坊を殺した罪で誤って有罪判決を受けた

  • When the child grew sick, she took him to the hospital where doctors discovered bleeding

    子供が病気になったとき、彼女は彼を病院に連れて行き、医師が出血を発見しました。

  • in the brain.

    脳内で

  • Doctors suspected shaken baby syndrome, and Julie was arrested.

    医師は揺さぶられた赤ちゃん症候群を疑い、ジュリーは逮捕された。

  • She fought her case with the help of six expert witnesses who all pointed at signs of stroke

    脳卒中の兆候を指摘する6人の専門家の証人の助けを借りて、彼女は裁判を戦いました。

  • in the child, and eventually she was released.

    で、最終的には釈放されました。

  • Now she would help another innocent soul out, the way she had found help, and offered Richard

    彼女は罪のない魂を助けようとしていた彼女が助けを見つけたようにリチャードを提供していた

  • a place to stay in her own home.

    自分の家に泊まる場所

  • Richard's case would go to trial for a second time, against a formidable prosecutor's office

    リチャードの事件は2度目の公判に臨むことになった手強い検察官を相手に

  • which would fight tooth and nail to preserve the original conviction.

    原告の有罪判決を守るために 徹底的に戦うだろう

  • At last, on March 28th, 2018, Richard could breathe a sigh of relief- he was officially

    ついに2018年3月28日、リチャードは安堵のため息をつくことができました。

  • a free man, with the judge signing an order officially dismissing the case against him.

    裁判官が彼に対する訴訟を正式に却下する命令に署名した自由人

  • Richard Phillips, innocent man jailed for 46 years, was at last free.

    46年間投獄されていた無実の男、リチャード・フィリップスがようやく自由の身となった。

  • We have another insane prison story for you to watch right now!

    今すぐ見ていただきたい非常識な刑務所の話がもう一つあります!

  • Go watch Why Prisoner Proven Innocent Can't Be Released or check out this video instead.

    無実が証明された囚人が釈放されない理由を見るか、代わりにこのビデオをチェックしてみてください。

Richard Phillips, framed for a crime he didn't commit, follows the man who framed him and

リチャード・フィリップスは、彼が犯していない罪で濡れ衣を着せられ、彼をハメた男の後を追う。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 リチャード フレッド ミッチェル 刑務 フィリップス 強盗

無実の囚人が46年間の復讐を企む (Innocent Prisoner Plots Revenge For 46 Years)

  • 12 1
    Summer に公開 2020 年 08 月 28 日
動画の中の単語