Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • A twenty year old man, a man who believes he has become a victim of the justice system

    自分が司法制度の被害者になったと思い込んでいる二十歳の男

  • in the U.S., wants out.

    アメリカでは出て行きたがっています。

  • In the psych ward where he's been placed, he bides his time until he sees his chance

    精神病棟に収容された彼は チャンスをつかむまで時間を待つ

  • to get into a medical cabinet.

    医療キャビネットに入るために

  • This man has no problem picking lockshe'll pick many locks for many years to come.

    この男は鍵を選ぶのに問題はない...この先何年もかけてたくさんの鍵を選ぶだろう。

  • Inside that cabinet is a bottle of the extremely potent psychotropic substance called LSD.

    そのキャビネットの中には、LSDと呼ばれる非常に強力な向精神薬のボトルが入っている。

  • He takes a bottle of that, and again, when the time is right, he sneaks into the staffroom

    それを一本持って、またタイミングを見計らって職員室に忍び込み

  • and pours the entire bottle into a pot of boiling coffee.

    と、沸騰したコーヒーのポットにボトルごと注ぎます。

  • The ingoing and outgoing staff are all going to get a hit, a hit that you could callheroic”.

    出入りのスタッフはみんな「勇者」と呼べるほどのヒットを出してくる。

  • In his own words, the man later said, “The plan was when all these people were freaked

    後に男自身の言葉で、「この計画は、この人たちがみんなビビったときに

  • out enough, I was going to pick the locks and go.”

    "鍵を開けて行こうと思ってた"

  • The few aides and staff on the ward between them unwittingly took acid to the amount of

    間の病棟の数少ない介助者やスタッフが、知らず知らずのうちに酸を摂取していたため、その量は

  • around 100 tabs.

    100個前後のタブを使用しています。

  • Perhaps you're not the type of person who knows much about things like LSD, but let

    おそらく、あなたはLSDのようなものについてあまり知らないタイプの人ですが、させてください。

  • us tell you, 100 tabs between a handful of people would have caused them to hallucinate

    一握りの人々の間で100錠のタブが 幻覚を引き起こすと言っている

  • wildly.

    乱暴に

  • The plan didn't exactly go how that guy wanted it to go...far from it.

    計画はあの男の思い通りにはいかなかった...それどころではなかった。

  • Not long after after those coffees were drunk, one aide was down in the basement watching

    それらのコーヒーが飲まれた後まもなく、一人の補佐官が地下室で見ていた

  • the clothes dryer spin around and around.

    衣類乾燥機がぐるぐる回る

  • His pupils were now large black simmering disks; he stared at that spinning drum and

    彼の瞳孔は今では黒く煮えたぎる大きな円盤になっていて、回転するドラム缶を見つめていた。

  • he just lost his mind.

    彼は正気を失っていた

  • The machine became his mortal enemy.

    マシンは彼の致命的な敵になった

  • The aide screamed at the dryerhe threw punches at it, kicked it, while upstairs on

    補佐人は乾燥機に向かって叫んだ...乾燥機に向かってパンチを投げたり、蹴ったりしていた。

  • the ward people were tripping out of their minds.

    区民は頭を悩ませていました。

  • One of the female psychiatric doctors didn't seem to know where she was,or who she was.

    精神科の女性医師の一人は、彼女がどこにいるのか、誰なのかを知らないようでした。

  • She was seen madly dancing up and down the ward and in a sexually suggestive way, informing

    病棟内で狂ったように踊っているところを目撃されており、性欲をそそるような姿を見せていたことが判明しました。

  • the shocked inmates about how deliriously hot she was feeling.

    彼女の熱さにショックを受けた受刑者たち。

  • The scene was a phantasmagoria of horror and comedy, but during all that utter madness

    場面はホラーとコメディのファンタズマゴリアだったが、その間は完全な狂気の中で

  • the plotter and executor of that communal trip could not make his escape.

    その共同旅行の計画者と実行者は逃げられなかった。

  • Security was soon called, and the staff were taken some place to come down from their mega-trip…a

    すぐに警備員が呼ばれ、スタッフはどこかに連れて行かれてメガトリップから降りてきた...。

  • clothes dryer had been ripped apart, and in one man's eyes, defeated.

    衣類乾燥機はボロボロになっていて、一人の男の目には敗北していた。

  • Welcome to the life of Mark DeFriest, theHoudini of Florida”, a masterful escape

    フロリダのフーディーニ」と呼ばれるマーク・デフリエストの人生へようこそ、脱出の達人

  • artist, a veritable genius who just couldn't find his way in life.

    芸術家、人生の道を見つけられなかった真の天才。

  • A life that from the outside might look part-comedy, but in reality his life sentence on this Earth

    外見はコメディのように見えるかもしれないが、実際にはこの地球上での彼の終身刑は

  • has been filled mostly with devastating tragedy.

    は、ほとんどが壊滅的な悲劇で埋め尽くされています。

  • Mark was born in 1960 and grew up with his father and stepmom.

    マークは1960年生まれで、父親と義理の母と一緒に育ちました。

  • His father had served during the Second World War in the OSS, an organization that would

    彼の父親は第二次世界大戦中、OSSという組織に従軍していました。

  • later evolve into the CIA.

    後にCIAに進化する

  • Father and son were close, and the former imparted his vast knowledge to the latter.

    父と息子は親しく、前者は後者に膨大な知識を与えた。

  • This would serve Mark well in his many prison escapes.

    これはマークの多くの脱獄に役立つだろう。

  • But the child was differentsome say he was a savant...

    しかし、その子は違っていた......ある人は、その子は未開人だったと言っています......。

  • most others now say he was a high functioning autistic and still is today.

    今ではほとんどの人が、彼は高機能自閉症だったと言っていますし、今もそうです。

  • Mark didn't understand much about the world and didn't socialize much with other kids.

    マークは世界のことをあまり理解しておらず、他の子供たちとの付き合いもあまりありませんでした。

  • He spent most of his time by himself and he despised school.

    ほとんどの時間を一人で過ごし、学校を蔑ろにしていた。

  • They moved him to a disciplinary boy's school to temper the child's waywardness, but he

    子供のワガママを和らげるために懲罰的な少年院に転院させたが

  • ran awaysomething he would keep doing his entire life.

    逃げたんだよ 一生やり続けるようなことを

  • All he really wanted to do was take things apart and put them back together again.

    彼が本当にやりたかったのは、物事を分解して元に戻すことだった。

  • At the back of the house there was a workshop, something Mark would later call his Frankenstein's

    家の裏手には作業場があり、マークは後にフランケンシュタインの作品と呼ぶことになります。

  • lab.

    研究室だ

  • There he would mess around with chemicals... blowing himself up on two occasions.

    彼は化学薬品に手を出して...2度も自爆したんだ

  • He would rewire appliances, take apart clocks, all with the skill and dexterity of a seasoned

    彼は家電製品の配線を直したり、時計を分解したり、熟練した技術と器用さで

  • expert.

    の専門家。

  • His life fell apart when he was 19.

    彼の人生は19歳の時にバラバラになった。

  • His father died, and knowing what Mark loved the most, he bequeathed all his tools to him.

    父親が亡くなり、マークが最も愛していたものを知っていた彼は、自分の道具をすべて彼に遺贈した。

  • This was the start of the beginning of tragedy, because Mark, not really knowing how wills

    これは悲劇の始まりだった、マークは、本当にどのように意志を知っていないので

  • worked, took the tools before that will had been probated...that just means made valid.

    遺言書が検認される前に 道具を持って行った... つまり、有効になったということだ。

  • His cold and stony stepmother, a woman who had never cared for Mark, called the cops.

    マークのことを全く気にしていなかった冷たくて石のような継母が警察を呼んだ。

  • Those cops chased Mark down one night, and on seeing those flashing lights, this young

    ある夜警官がマークを追いかけてきたんだが、点滅するライトを見て、この若者は

  • man who didn't quite get how things worked in society, fled on foot.

    社会の仕組みを理解していない男は、徒歩で逃げた。

  • He had no idea why those cops were after him.

    なぜ警官が彼を追っているのか、彼にはわからなかった。

  • He had no idea about how wills were supposed to be dealt with.

    彼は遺言がどのように扱われるのか知らなかった。

  • He was arrested and charged with theft, and also got a charge for being in possession

    逮捕されて窃盗罪で起訴され、所持していた罪でも起訴されました。

  • of a weapon.

    武器の

  • Next came jail.

    次に来たのは刑務所。

  • This just didn't seem fair to the young man, a guy that thought he'd taken what

    これは若者には公平とは思えなかった

  • was rightly his.

    彼のものだった

  • One day after bible study class, he and the other inmates were being led back to their

    ある日、聖書の授業が終わった後、彼と他の受刑者たちは自分たちの部屋に戻されていました。

  • cells when some men just started running for it, heading to the razor wire fence.

    何人かの男たちが剃刀線のフェンスに向かって走り出した時に

  • None of them got over, but Mark knew exactly how to scale such a fence because his father

    誰も乗り越えることはできなかったが、マークはそのようなフェンスをどうやって越えるかを知っていた。

  • had once taught him how it could be done.

    と教えてくれたことがありました。

  • Mark then hot-wired a car, hit the road, and settled in a motel for the night.

    マークは車をホットワイヤードして、道路にぶつかって、夜のモーテルに落ち着いた。

  • This was his problem.

    これは彼の問題だった。

  • He understood the technical aspects related to escape, but he didn't have the nous,

    脱出に関連した技術的な面は理解していたが、知恵がなかった。

  • the worldliness, the social intellect, to evade the authorities for long.

    世俗性、社会的知性、長い間当局を回避するために。

  • He got six more charges after that.

    その後、さらに6回も告発された。

  • He went back to jail, where he was jumped by 14 inmates who didn't quite understand

    彼は刑務所に戻り、そこで14人の受刑者の中で、よくわからない受刑者に飛び跳ねられてしまいました。

  • this weird kid who didn't fit in but wasn't afraid to talk back to them.

    この変な子は、馴染めなかったけど、話し返すのが怖くない子だった。

  • Those 14 so-called tough guys beat him badly and sexually abused him.

    いわゆる14人のタフガイがひどく殴って性的虐待をしていた。

  • After that, Mark slit his wrists...he hit his head against the cell doorhe screamed

    その後、マークは手首を切り裂き...独房のドアに頭をぶつけて...叫んだ。

  • and shouted all day long, and soon he was taken to that psyche ward where he would spike

    一日中叫んで、すぐに精神病棟に連れて行かれた。

  • a coffee pot with an entire bottle of LSD.

    LSDのボトルごとコーヒーポット。

  • The prison system and the justice system thought what they had was an unruly kid who'd been

    刑務所と司法制度は、手に負えない子供が、

  • lucky to get over a razor wire fence.

    カミソリの柵を乗り越えられてラッキー

  • They didn't much like the inmate.

    彼らは 収監者をあまり好きではなかった

  • He was troublesome; he used bad language, and he would often not do as he was told.

    彼は面倒くさがりで、言葉遣いが悪く、言われた通りにしないことが多かった。

  • For that, over the years Mark would be beaten time and again by the guards.

    そのために、マークは何年もの間、何度も何度も看守に殴られることになった。

  • He had to escape; that's all he ever thought about.

    彼は逃げなければならなかった、それだけを考えていた。

  • You have to see, in his mind, a mind that worked differently from most people's, he'd

    彼の心の中には、他の人とは違う働きをする心があるはずだ。

  • only taken his father's tools, and those tools had been given to him.

    父親の道具を取っただけで、その道具は彼に与えられたものだった。

  • The escapes, to Mark's reasoning, were not crimes, but the right thing to do.

    マークの推理によれば、逃亡は犯罪ではなく、正しい行為だった。

  • He was in fact just being very rational: Tools=mine.

    彼は実際には非常に合理的だった道具は私のものだ

  • Imprisonment=wrong.

    懲役=誤り。

  • Escape=right.

    脱出=右。

  • One day he was asked if he'd like to join the new woodwork and arts and crafts activity.

    ある日、「新しい木工・図工の活動に参加しないか?

  • Of course he would.

    もちろん、彼はそうするだろう。

  • This was a guy that was brilliant at making things, but when Mark saw rolled up copper

    これは物を作るのが得意な人だったが、マークが銅を巻いたのを見て

  • sheets, the first thing that came to his mind was, “They really mustn't want me to stay.”

    シーツを見て最初に頭に浮かんだのは "ここにいて欲しくないんだろうな "ということだった

  • That's because what he saw in the workshop were all the necessary bits and pieces to

    それは、彼が工房で見たものは、以下のような必要なものばかりだったからです。

  • fashion a homemade gun, aka, a zip gun.

    手作りの銃、別名ジップガンをファッションにする。

  • With the copper he made the gun barrel and then he fixed that to a homemade pistol grip.

    銅で銃身を作り、それを自作のピストルグリップに固定した。

  • When he had the gun ready the next thing he did was steal an icepick and take that back

    彼が銃の準備をした時 次にしたことは アイスピックを盗んで それを持ち帰ることだった

  • to his cell.

    彼の独房に

  • He took that spike and ripped out one of his back teeth.

    彼はそのトゲを取り、奥歯を一本抜いた。

  • With blood streaming from his mouth, he called a nurse and he was rushed to the psych ward

    口から血が流れ、看護師を呼び、精神病棟に運ばれた。

  • prison hospital, albeit in handcuffs and leg chains.

    刑務所の病院では 手錠と足に鎖をかけられていたが

  • The dentist knew right away that this was an act of self-mutilation, and that's what

    歯医者さんはこれが自傷行為だとすぐにわかったし、それが

  • he added to his report.

    彼は報告書に付け加えた。

  • After seeing the dentist, Mark asked if he could go for a pee.

    歯医者を受診した後、マークは「おしっこに行ってもいいですか?

  • In the bathroom he picked his locks again and produced his homemade gun.

    浴室で彼は再び錠前を手にして、自家製の銃を出した。

  • Pointing his zip gun at the guards he shouted, “Anybody move and I'll blow your brains

    彼は警備員に向かってジップガンを指して叫んだ "誰かが動いたら頭を吹っ飛ばすぞ

  • out.”

    "アウト"

  • Some inmates at that ward, perhaps not in good mental shape, started jumping around

    その病棟の受刑者の中には、精神状態が良くないのか、飛び回り始めた者もいました。

  • screaming.

    叫んでいます。

  • Mark shot a table just to prove to them his gun actually worked.

    マークは自分の銃が実際に機能していることを証明するためにテーブルを撃った。

  • After that he was gone again, out of the door and running through the nearby woods.

    その後、彼はまたドアの外に出て、近くの森の中を走って行ってしまいました。

  • But again, he just didn't quite know how to stay out.

    しかし、またしても、彼は外に出る方法を知らなかった。

  • He stole yet another car but was soon caught.

    彼はまた別の車を盗んだが、すぐに捕まった。

  • He was now making the headlines of local news media, but the prison system, they were starting

    彼は今、地元のニュースメディアの見出しを作っていましたが、刑務所のシステムは、彼らが始めていました。

  • to get pretty mad at this kid.

    この子に怒りを覚えるために

  • He'd had his chances.

    彼にはチャンスがあった

  • Now they wanted him to suffer.

    今は彼を苦しめようとしていた

  • And suffer he did.

    そして、彼は苦しんだ。

  • In jail, while the authorities tried to figure out if this kid was mentally fit to stand

    刑務所の中で、当局はこの子が精神的に耐えられるかどうかを把握しようとしていました。

  • trial, they kept him locked down for 24 hours a day.

    裁判では24時間監禁されていた

  • Was he fit to stand trial?

    彼は裁判を受けるのに適していたのか?

  • Four psychiatrists said no, no way, he's mentally illthis man doesn't know what

    4人の精神科医は、まさか、精神的に病んでいると言っていました。

  • is right or wrong.

    が正しいのか間違っているのか。

  • Sure, he understands the court system and he's not raving madin fact, he's obviously

    確かに、彼は裁判所の制度を理解しているし、怒り狂っているわけではない...実際、彼は明らかに

  • very talented, but still, he doesn't know why he's here at all.

    非常に才能があるが、それでも彼は自分がなぜここにいるのかを全く理解していない。

  • He should not stand trial.

    彼は裁判を受けるべきではない

  • One man said that wasn't the case, calling Mark a malingerer, meaning someone pretending

    ある男はそうではないと言い、マークを「マーラー」と呼んでいた。

  • to be mentally unwell.

    精神的に不調になる

  • That same man decades years later changed his mind.

    その同じ男が数十年後に考えを変えた。

  • That didn't help the 20-year old Mark, who was sent back to jail.

    それは刑務所に戻された20歳のマークの助けにはならなかった。

  • There he made another gun, an improved version of his last zip gun, even though for this

    そこで彼は、前回のジップガンを改良した別の銃を作った。

  • one he had had to use an empty roll of toothpaste.

    彼は歯磨き粉の空のロールを使用しなければならなかった1つ。

  • “I was in my gunsmith phase…I could make a gun out of anything,” Mark would later

    "私は銃鍛冶の段階にいた...どんなものでも銃を作ることができた "とマークは後に語っています。

  • recall.

    を思い出してください。

  • This time he threatened the guards and just to make sure the gun was working, he fired

    今度は警備員を脅して、念のために銃を発射した。

  • it at a wall.

    壁に向かって

  • It was working alright, and many other inmates saw that Mark had not shot anywhere near the

    それは正常に機能していたし、他の多くの受刑者は、マークが近くのどこにも撃たなかったことを見ていました。

  • guards.

    警備員

  • But enough was enough.

    しかし、もう十分だった。

  • The guards beat Mark within an inch of his life and forced him into a pitch black cell,

    看守はマークをギリギリのところで殴り、真っ暗な独房に強制的に入れた。

  • naked, bruised and broken.

    裸で、あざだらけで、壊れている。

  • After 11 days of that, he took a plea deal without really knowing what a plea deal was.

    その11日後、彼は司法取引が何なのかよくわからないまま司法取引をした。

  • For firing at that wall, he was convicted of attempted murder.

    その壁に向かって発砲したことで、殺人未遂の罪に問われた。

  • Later, he was sent to the Florida State Prison, a prison that at the time was said to be totally

    その後、彼はフロリダ州の刑務所に送られました。

  • ungovernable, a prison where violence and murder was commonplace.

    暴力と殺人が日常的に行われていた無政府状態の刑務所。

  • No inmate in the U.S. ever wanted to end up there.

    アメリカの受刑者はそこで終わりにしたくなかった。

  • It confined the so-called worst of the worst, but as prisons go, it was the worst of the

    いわゆる最悪の中の最悪のものを閉じ込めたが、刑務所としては最悪の中の最悪のものだった。

  • worst.

    最悪

  • Mark was still occasionally unrulyhe still didn't really understand the prison system,

    マークはまだ時々手に負えないことがあった...刑務所のシステムを理解していなかった。

  • or the prison code.

    または刑務官のコード。

  • He was beaten severely by both guards and inmates on many occasions, and so he started

    看守と受刑者の両方から何度も酷く殴られたことがきっかけで

  • making homemade weapons.

    手作りの武器を作っています。

  • When they were found, he went back into the hole.

    発見されると、穴の中に戻っていった。

  • His solitary confinement was often a life of total isolation.

    彼の孤独な監禁生活は、しばしば完全に孤立した生活を送っていた。

  • The order given by the prison authorities was no clothes for the prisoner; no mattress

    刑務所当局から与えられた命令は、囚人のための服を着ていない、マットレスもないというものでした。

  • or sheets.

    またはシート。

  • Conversation with anyone was prohibited, which included prison trustees.

    誰とでも会話をすることは禁止されており、その中には刑務所の管財人も含まれていました。

  • He was given no toiletries, no tissues, no toothpaste or soap.

    洗面用具もティッシュも歯磨き粉も石鹸も渡されませんでした。

  • They turned the water off in his cell at times and he couldn't even flush the toilet.

    独房の中では水を止められていてトイレも流せなかった

  • He had to eat with his hands, and in the total darkness.

    真っ暗闇の中、手で食べていた。

  • The torture and humiliation was later compared to what happened at Guantanamo Bay.

    拷問と屈辱は、後にグアンタナモ湾で起こったことと比較されています。

  • He had to live in silence and darkness, naked, like a trapped animal, and if that's not

    彼は沈黙と暗闇の中で 裸で生きなければならなかった 追い詰められた動物のように それがなければ

  • cruel and unusual punishment, then what is?

    残酷で異常な罰、では何ですか?

  • His punishment was nothing short of Medieval, inarguably a form of modern day torture.

    彼の刑罰は、中世のものに他ならず、紛れもなく現代の拷問の一形態であった。

  • The prison put him on a consolidated security list, so when he wasn't in total darkness,

    刑務所は彼を統合セキュリティリストに入れた彼が真っ暗闇の中にいなかった時には

  • he still wasn't allowed out of his cell.

    彼はまだ独房から出ることを 許されていませんでした

  • In his own words, he said, “You can go 2,3,4,5,6,7 years without ever seeing the yard.”

    彼の言葉を借りれば、"2,3,4,5,6,7年は庭を見ずに過ごせる "と。

  • In total, he had ten years of requests to see the sun and they were all denied.

    合計で10年間、太陽を見たいとの依頼があったが、すべて断られたという。

  • But he still caught sight of the guards, and what he would do is study their keys.

    しかし、それでも彼は警備員の目に留まり、何をするかというと、鍵の勉強をすることになる。

  • After examining them he'd memorize the cuts in the keys and then make his own set out

    吟味した後、彼は鍵盤のカットを覚えて、自分のセットを作った。

  • of paper.

    紙の。

  • “I made keys for every lock in America,” he said many years later.

    "アメリカの全ての錠前の鍵を作った "と何年も後に言っていました。

  • Did he ever get to use them?

    彼はそれを使うようになったのか?

  • Well, Mark attempted to escape 13 times in all and he was successful 7 times.

    まあ、マークは全部で13回逃げようとしたが、7回成功した。

  • One time he scaled the fence and broke both his feet.

    ある時、彼はフェンスを越えて両足を折ってしまった。

  • He somehow managed to hot-wire a truck, ram a police roadblock, and then after a high-speed

    彼はどうにかしてトラックにホットワイヤーをかけ、警察の道路封鎖を突っ込み、高速道路を走った後に

  • chase he ended up driving the truck into someone's living room.

    彼はトラックを誰かの居間に突っ込んでしまった。

  • They were really upset,” he later said, about the people whose house he had driven

    "彼らは本当に動揺していた "と後に彼は言った。

  • into.

    に入れました。

  • He's had hundreds of disciplinary reports, but he's never hurt anyone else.

    彼は何百もの懲戒報告を受けているが、他の人を傷つけたことはない。

  • They were usually for minor infractions, or for being found with weapons he was keeping

    些細な違反や武器を持っていたのを発見されたからだ

  • to protect himself in the ultra-violent places where he was housed.

    超暴力的な場所に収容されている自分を守るために

  • His story became public and the majority of the public now say this is a man who has some

    彼の話が公になり、今では大多数の人がこの人は何かを持っていると言っています。

  • mental issues who has been chewed up by the prison system, right from the first year when

    精神的な問題を抱えている人は、最初の年から刑務所のシステムに噛み砕かれています。

  • he was brutally beaten and sexually abused by a gang of inmates.

    暴力団の受刑者から性的虐待を受けていました。

  • He was paroled on February 5th 2019 on the condition that he spend a year in a mental-health

    2019年2月5日に仮釈放され、1年間の精神保健施設での生活を条件に

  • and substance-abuse center.

    と薬物乱用センター。

  • Over the years, he'd developed dependencies on the many drugs he received in prison.

    何年もかけて、彼は刑務所で受けた多くの薬物に依存するようになっていた。

  • After only a few days he started showing signs ofbipolar maniaand his kidneys were

    数日後、彼は「双極性躁病」の兆候を見せ始め、腎臓は

  • failing him.

    彼を失望させた

  • He also tested positive for methamphetamine.

    覚醒剤の陽性反応も出た。

  • Mark was subsequently sent back to jail and from what we can see, he is now waiting to

    マークはその後、刑務所に戻されました。

  • see which prison he'll be sent to.

    どの刑務所に送られるか見てみましょう

  • It's now 40 years since he drove off with his deceased father's tools.

    亡くなった父親の道具を持って車で走り去ってから40年が経とうとしています。

  • 27 years of those years have been spent in solitary confinement, either with the absence

    そのうち27年間は独房で過ごしてきました。

  • of the sun, or in total darkness.

    太陽の光を浴びるか、真っ暗闇の中で

  • Now go watch this video, “The Most Insane Ways Men Escaped from Prisonor this watch

    さて、このビデオを見に行きましょう。"The Most Insane Ways Men Escaped from Prison "またはこのビデオを見てください。

  • videoWhy Prisoner Proven Innocent Can't Be Released.”

    動画 "無実が証明された囚人が釈放されない理由"

A twenty year old man, a man who believes he has become a victim of the justice system

自分が司法制度の被害者になったと思い込んでいる二十歳の男

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 マーク 刑務 病棟 精神 独房 道具

牢屋に閉じ込められたままではいけない男 (The Man No Prison Can Keep Locked Up)

  • 4 1
    Summer に公開 2020 年 08 月 28 日
動画の中の単語