Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • One day, in 1944, my family and I were arrested.

    1944年のある日、私と家族は逮捕されました。

  • Packed into cattle trains with no food or water.

    食べ物も水もない牛車に詰め込まれています。

  • We were taken to Poland and left on the selection platform in Auschwitz.

    ポーランドに連れて行かれ、アウシュビッツの選択台に置いていかれました。

  • A Nazi guard spotted me and my identical twin sister Miriam

    ナチスの警備員が私と一卵性双生児の妹ミリアムを見つけた

  • clinging to my mother.

    母にしがみついて

  • He tore us from my mother's arms and led us away.

    母の腕から私たちを引き離して、私たちを誘導してくれました。

  • I remember looking back at my mother.

    母を振り返ったのを覚えています。

  • I did not know at that time, but I would never see her again.

    その時は知りませんでしたが、もう二度と会うことはないでしょう。

  • On the filthy floor, there were scattered corpses

    不潔な床には死体が散乱していた

  • of three little girls.

    三人の少女の

  • Their bodies were naked and their eyes were wide open.

    彼らの体は裸で、目は大きく開いていた。

  • It was a horrifying look.

    ぞっとするような表情をしていた。

  • I had never seen anybody dead before.

    死んだ人を見たことがなかった

  • So that hit me very, very hard and I made a silent pledge that I will do

    それで、それがとてもとても心に響いて、私は無言の誓いを立てました。

  • whatever is within my power to make sure that Miriam and I

    私の力の及ぶ限りのことをして ミリアムと私のために

  • will not end up on that latrine floor.

    その便所の床で終わることはありません。

  • And that we somehow will survive, and walk out of this camp alive.

    そして、何とか生き延びて、生きてこのキャンプを出て行くことを。

  • We were naked for hours,

    私たちは何時間も裸でいました。

  • and every part of our bodies was measured.

    と私たちの体のあらゆる部分を測定しました。

  • It was horrible and humiliating.

    恐ろしく屈辱的でした。

  • Too bad, she's so young, she has only two weeks to live.

    残念だな、彼女はまだ若いから余命2週間しかないんだ。

  • I knew he was right, but I refused to die.

    彼が正しいと分かっていたが、私は死ぬことを拒否した。

  • If I died, Miriam would have been given a lethal injection

    私が死ねば ミリアムは致死量の注射を受けていただろう

  • so he could cut open both of our bodies

    彼は私たちの両方の体を切り開くことができるように

  • and compare the autopsies.

    と剖検を比較してみてください。

  • For the following two weeks, I was between life and death.

    次の2週間は、生と死の狭間であった。

  • And all I remember, crawling on the barrack floor

    覚えているのは、バラックの床を這うことだけだ

  • because I no longer could walk.

    歩けなくなったから

  • And as I was crawling, I would fade in and out of consciousness

    ハイハイしていると意識が朦朧としてきて

  • and I kept telling myself, 'I must survive, I must survive'.

    と自分に言い聞かせていました。"生き残らなければならない、生き残らなければならない "と。

  • Nine months later, we returned home.

    9ヶ月後、私たちは帰国しました。

  • Only to find that nobody else from our family survived.

    家族の誰も生き残っていないことに 気付いただけだ

  • To find only three crumpled pictures.

    クシャクシャになった写真を3枚だけ探すこと。

  • And that was all that was left of my family.

    そして、それが私の家族の全てでした。

  • In 1987, I donated one of my kidneys to save her,

    1987年、私は彼女を救うために腎臓の一つを寄付しました。

  • but she died in 1993.

    が、1993年に亡くなりました。

  • And I was devastated. She was...

    私は打ちのめされた彼女は...

  • the only one from the family who was alive.

    家族の中で唯一生きていたのは

  • I was angry.

    と怒っていました。

  • I was heading to Germany to meet a Nazi doctor,

    ナチスの医者に会うためにドイツに向かっていた。

  • I was unbelievably nervous, and scared.

    信じられないくらい緊張して、怖かったです。

  • Drnch at the time was 82 years old.

    当時のMünch博士は82歳であった。

  • He greeted me with kindness, respect and consideration.

    優しさと尊敬と思いやりを持って挨拶してくれました。

  • I was blown away, a Nazi treating me with respect.

    ナチスが敬意を持って接してくれたのには吹っ飛んだ。

  • Dr Hansnch was a bacteriologist at Auschwitz, but he also had

    ハンス・ミュンヒ博士は、アウシュヴィッツの細菌学者であったが、彼には次のようなこともあった。

  • a secondary job that he was stationed outside the gas chambers.

    ガス室の外に常駐していた副業。

  • And when people were dead, he would sign one death certificate,

    そして、人が死んだ時には、死亡診断書に1枚サインをしていました。

  • no names, just the number of people who were murdered.

    名無し、殺された人の数だけ。

  • And he said to me,

    と、彼は私に言った。

  • 'This is my problem, this is a nightmare that I live with.'

    "これは私の問題だ 悪夢と一緒に生きている

  • I asked him if he was willing to go with me to Auschwitz

    アウシュビッツに一緒に行きたいかどうか尋ねました

  • and make the same statement that he made to me,

    と、彼が私にしたような発言をする。

  • and he said he would love to.

    と言っていたので、是非ともとも言っていました。

  • I knew that was a crazy idea, to thank a Nazi,

    やっぱりナチスに感謝するのは異常だよな

  • a survivor of Auschwitz to thank a Nazi.

    アウシュビッツの生存者がナチスに感謝するために

  • People would think that I have lost my mind.

    人は自分の心を失ったと思うだろう。

  • I tried to figure out how to thank him

    どうやってお礼を言えばいいのか考えてみた

  • and after 10 months, a simple idea popped into my head.

    そして10ヶ月後、簡単なアイデアが頭に浮かんできました。

  • How about a letter of forgiveness from me, the survivor of Auschwitz?

    アウシュビッツの生存者である私からの許しの手紙はどうですか?

  • I knew that that was a meaningful gift for him, but what I discovered

    それが彼にとって意味のある贈り物だと知っていましたが、発見したのは

  • for myself was life-changing.

    自分自身のために、人生を変えてくれました。

  • That I had the power to forgive.

    許す力があったこと

  • No-one could give me that power, no-one could take it away.

    誰にもその力を与えられず、誰にも奪えない。

  • To challenge myself, I decided I could even forgive Mengele.

    自分に挑戦するために、私はメンヘラを許すことさえできると決めました。

  • The person who had put me through hell.

    私を地獄に堕としてくれた人。

  • It wasn't easy, but I felt an enormous weight

    簡単ではありませんでしたが、大きな重さを感じました。

  • had been lifted from me.

    が私から解けてしまった。

  • I finally felt free.

    やっと自由になれた。

  • Who decided that I as a victim must be, for the rest of my life,

    誰が決めたの?私が被害者でなければならないと誰が決めたの?

  • sad, angry, feel hopeless and helpless?

    悲しい、怒っている、絶望と無力感を感じる?

  • I refuse it.

    私は拒否しています。

  • You can never change what happened in the past,

    過去に起こったことは絶対に変えられない。

  • all you can do is change how you react to it.

    あなたにできることは反応の仕方を変えることだけです。

  • My sister and I were made into human guinea pigs,

    姉と私は人間のモルモットにされました。

  • our whole family was murdered.

    家族全員が殺された

  • But I have the power to forgive, and so do you.

    でも私には許す力があるあなたにもね

  • Thanks for watching.

    ご覧いただきありがとうございます。

  • Don't forget to subscribe and click the bell to receive notifications for new videos.

    購読を忘れずにベルをクリックして、新しい動画の通知を受け取ることを忘れないでください。

  • See you again soon!

    また近いうちにお会いしましょう!

One day, in 1944, my family and I were arrested.

1944年のある日、私と家族は逮捕されました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 アウシュビッツ ナチス 許す 家族 決め 生存

エヴァ・コルナチスを許したホロコースト生存者|BBCアイデア (Eva Kor: The Holocaust survivor who forgave the Nazis | BBC Ideas)

  • 11 0
    Summer に公開 2020 年 08 月 28 日
動画の中の単語