Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Brand new work in the fast-growing field of immunotherapy is being hailed by some

    急成長を遂げている免疫療法の分野での新しい研究は、一部の人々に歓迎されています。

  • as a potential 'universal' cure for all cancers.

    すべての癌に対する「普遍的な」治療法の可能性として

  • But how does that work? And is it close to actually happening?

    しかし、それはどのように機能するのでしょうか?そして、それは実際に起こることに近いのでしょうか?

  • So, there are a couple of different types of immunotherapy,

    そこで、免疫療法にはいくつかの種類があります。

  • but this recent news relates to a very specific category called T-cell therapy.

    しかし、この最近のニュースは、T細胞療法と呼ばれる非常に特殊なカテゴリーに関連しています。

  • The human body has a bunch of different kinds of immune cells,

    人間の体には様々な種類の免疫細胞の束があります。

  • but this therapy uses only one kind: your T-cells, which are a kind of white blood cell.

    しかし、この治療法では、白血球の一種であるT細胞のみを使用します。

  • These cells have surface molecules all over them called receptors,

    これらの細胞は、受容体と呼ばれる表面分子を全身に持っています。

  • and they patrol your body looking for stuff that shouldn't be there.

    そこにあるはずのないものを探して体をパトロールしている。

  • It's basically a lock and key situation: if the lock is the receptor on the T-cell, the key is what's called an antigen.

    基本的には、ロックとキーの状況です。ロックがT細胞上の受容体であれば、キーは抗原と呼ばれるものです。

  • That's a surface structure on whatever cell your body wants to get rid of,

    それは、あなたの体が取り除きたい細胞の表面構造です。

  • like one that's been infected by a virus.

    ウィルスに感染しているような

  • Once the T-cell binds to the antigen, it activates different immune pathways to get rid of that unwanted intruder.

    一旦T細胞が抗原に結合すると、それはその不要な侵入者を取り除くために異なる免疫経路を活性化します。

  • And immunotherapy leverages this natural process by basically hacking the system.

    そして免疫療法は、基本的にシステムをハッキングすることで、この自然なプロセスを活用しています。

  • This is the idea behind existing T-cell therapies for cancer.

    これが既存のがんのT細胞治療の考え方です。

  • Scientists remove some of a patient's own T-cells,

    科学者は患者自身のT細胞の一部を除去しています。

  • and they genetically engineer them to grow new receptors

    遺伝子操作で新しい受容体を育てる

  • that are specific to whatever your personal cancer is.

    あなたの個人的な癌が何であれ、それに特化したものです。

  • So your T-cells now have the right 'lock' that they need to be able to recognize the 'key' on your own cancer cells,

    つまり、あなたのT細胞は今、あなた自身の癌細胞の「鍵」を認識できるようにするために必要な正しい「鍵」を持っているのです。

  • and then your body can attack and destroy them.

    と、体が攻撃して破壊することができます。

  • These therapies are really good tools to have in our arsenal of cancer solutions,

    これらの治療法は、私たちのがん対策の武器として本当に良いツールです。

  • but they still can have negative side effects, they aren't always successful, and they're extremely expensive.

    しかし、彼らはまだ否定的な副作用を持つことができます、彼らは常に成功しているわけではありません、そして彼らは非常に高価です。

  • Plusthey're highly personalized.

    さらに、彼らは非常に個人化されています。

  • They're not universal, they only work in your body and no one else's.

    彼らは普遍的なものではありません、彼らはあなたの体の中でのみ動作し、他の誰のものでもありません。

  • So, we're looking for something better and broader.

    だから、より良いもの、より広いものを探しています。

  • And a team out of Cardiff University may have just found a different lock.

    カーディフ大学のチームが別のロックを見つけたのかもしれません。

  • They used CRISPR-Cas9 to create a library of modified cancer cells,

    彼らはCRISPR-Cas9を用いて、改変されたがん細胞のライブラリを作成した。

  • which helped them describe an entirely new T-cell that finds and binds to something called MR1.

    MR1と呼ばれる何かに結合する全く新しいT細胞の記述を助けました

  • This is a cell-surface molecule that basically marks cancer cells as problematic.

    これは細胞表面の分子で、基本的にはがん細胞を問題のあるものとしてマークしています。

  • Small side note here: CRISPR technologies have become super useful in cancer research,

    ここでちょっとした余談ですが、CRISPR技術はがん研究に非常に有用になっています。CRISPRの技術は、がん研究に超便利になりました。

  • and if you want to know more about it, 'cause it's really cool, check out the sources in the description.

    もっと詳しく知りたい方は、説明文のソースをチェックしてみてください。

  • Anyway, it turns out, MR1 doesn't vary from person to person or from cancer to cancer.

    いずれにしても、MR1は人によっても、ガンとガンでも変わらないことがわかりました。

  • Like, my MR1 is the same as your MR1,

    俺のMR1はお前のMR1と同じだ

  • and it's the same on the surface of lung, liver, pancreatic, breast, melanoma cancer cells...I could keep going.

    肺がん、肝臓がん、膵臓がん、乳がん、メラノーマがん細胞の表面も同じです。

  • And if MR1 is a 'universal key'...then that means these T-cells could be a universal lock.

    MR1が「万能の鍵」であるならば...つまりこれらのT細胞は万能の鍵である可能性があるということです。

  • The Cardiff team has actually showed that these T-cells can kill lung, liver, breast, melanoma,

    カーディフのチームは実際にこれらのT細胞が肺、肝臓、乳房、メラノーマを殺すことを示しています。

  • and other cancer cellsall while leaving healthy cells alone.

    などのがん細胞を含む、健康な細胞を放置したままの状態です。

  • But that's just in cell culture, like in a dish.

    でもそれは細胞培養で、お皿の中とかでの話です。

  • So the team went further and introduced the MR1-targeting T-cells to mice

    そこで、研究チームはさらに進み、MR1を標的としたT細胞をマウスに導入しました。

  • with human immune systems and human cancer cells

    ヒトの免疫系や癌細胞と...

  • and the T-cells controlled the spread of that cancer.

    とT細胞がそのがんの広がりをコントロールしていました。

  • The team even successfully genetically engineered other T-cells from the blood of cancer patients to target MR1.

    チームはMR1を標的とした 癌患者の血液中の他のT細胞の 遺伝子操作にさえ成功した

  • These T-cells then proved successful in killing the patient's own tumor cells in a dish.

    その後、これらのT細胞は、皿の中の患者自身の腫瘍細胞を殺すことに成功した。

  • If scientists can develop a widely-applicable therapy from these findings,

    科学者がこれらの知見から広く応用可能な治療法を開発することができれば

  • then our whole understanding of cancerand the way we treat itcould fundamentally change.

    そうなれば、がんに対する私たちの理解と治療方法が根本的に変わる可能性があります。

  • These early results are certainly very promising and very exciting,

    これらの初期の結果は確かに非常に有望であり、非常にエキサイティングなものです。

  • and the research team has already entered into a partnership with a biotech company

    研究チームはすでにバイオテクノロジー企業との提携を結んでいます。

  • to hopefully develop a treatment they can actually bring to patients.

    願わくば、実際に患者にもたらすことができる治療法を開発したいと考えています。

  • But this news should also be treated with caution.

    しかし、このニュースにも注意が必要です。

  • There are many more steps left between that vision...and where we are now.

    そのビジョンと現在地の間には、まだまだ多くのステップが残されています。

  • So while it could be a huge step, we still don't know for sure if it could work for all cancers in all people,

    ですから、大きな一歩になるかもしれませんが、すべての人のすべてのがんに効果があるかどうかはまだわかりません。

  • like some news headlines are suggesting.

    いくつかのニュースの見出しが示唆しているように

  • And the team has to make sure that these T-cells really only attack cancer cells

    そして、チームは、これらのT細胞が本当に癌細胞を攻撃するだけであることを確認しなければなりません。

  • and are actually safe for use in human patients, which could take a while.

    と実際には人間の患者に使用しても安全なので、しばらく時間がかかるかもしれません。

  • This work is a very fundamental demonstration of something that could change

    この作品は、何かが変わるかもしれないという非常に根本的なことを実証している

  • the way we treat cancer foreverbut we've still got a lot of exploring to do first.

    癌を永遠に治療する方法ですが、まず最初にやるべきことはまだたくさんあります。

  • If you want even more on groundbreaking medical discoveries,

    画期的な医学的発見をもっと知りたいなら

  • then check out this video on heart patches over here, and subscribe to Seeker for all of your biomedical news.

    また、心臓パッチのビデオをチェックして、Seekerを購読すると、バイオメディカルニュースをすべて入手できます。

  • If you have something else cancer-related that you want to see us cover,

    他にもがん関連でカバーしてほしいものがあれば

  • leave it for us in the comments below, and thanks so much for watching. I'll see you next time.

    下のコメントに残してください ご覧いただきありがとうございましたまた次回お会いしましょう。

Brand new work in the fast-growing field of immunotherapy is being hailed by some

急成長を遂げている免疫療法の分野での新しい研究は、一部の人々に歓迎されています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 細胞 がん mr 治療 免疫 患者

この細胞は癌の万能治療の答えを持っているかもしれない (This Cell Might Hold the Answer to a Universal Cure for Cancer)

  • 14 2
    Summer に公開 2020 年 08 月 28 日
動画の中の単語