Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • - Hi, I'm Reese and this is my

    - こんにちは、私はリースとこれは私の

  • Harper's Bazaar cover shoot.

    ハーパーズバザールの表紙撮影。

  • How the Sunshine Book Club was sort of born

    サンシャインブッククラブはどのようにして生まれたのか

  • out of me just posting books that I liked on Instagram.

    インスタグラムに気に入った本を投稿しただけの私から。

  • I started a production company seven or eight years ago

    7、8年前に制作会社を立ち上げて

  • that was trying to create projects

    プロジェクトを作ろうとしていた

  • more projects that had roles for women in them.

    女性の役割を持つプロジェクトが増えました。

  • I've always really gravitated towards female authors

    私はいつも女性作家に憧れていました。

  • and women at the center of novels,

    と小説の中心にいる女性。

  • so I started optioning some of them

    ということで、いくつかのオプションを始めました。

  • and turning them into movies.

    と映画にしてしまう。

  • And then I just starting sharing all the books that I read

    そして、私は読んだ本をすべて共有し始めました。

  • 'cause I read a lot.

    読書好きだから

  • And I love the effect that it has on the authors.

    そして、それが作者に与える効果が大好きです。

  • That's really cool.

    本当にかっこいいですね。

  • (bright music)

    (明るい音楽)

  • It's real exciting.

    本当にワクワクします。

  • Particularly, like, we have one author Delia Owens

    特にデリア・オーエンスという作家がいます

  • who's in her 70s and it's her first fictional novel.

    70代で初のフィクション小説です。

  • It's called Where the Crawdads Sing

    Where the Crawdads Singと呼ばれています。

  • and it's just become this huge book

    この巨大な本になってしまった

  • and she's sold over a million copies

    100万部以上も売れている

  • and we're turning it into a movie.

    と映画化しています。

  • And it's just one of those really exciting,

    そして、それは本当に刺激的なものの一つです。

  • once in a lifetime opportunities that, yeah,

    一生に一度のチャンスだ

  • it's very fulfilling.

    とても充実しています。

  • One book that we're adapting right now

    今、私たちが適応している一冊の本

  • is so exciting to me is Daisy Jones and the Six.

    私にはデイジー・ジョーンズとザ・シックスがとても刺激的です。

  • It sort of feels like a VH1 Behind the Music

    なんだかVH1のビハインド・ザ・ミュージックのような気がします。

  • about this girl's life and how she joins this band

    この女の子の人生とバンドに加入するまでの経緯について

  • and they create this super group

    そして、彼らはこのスーパーグループを作成します。

  • and the most amazing album of all time,

    と、今までで最も素晴らしいアルバムだと思います。

  • but then it's the only time that they make an album.

    でも、それならアルバムを作るのはその時だけです。

  • And it's just that kinda sexy, 70s world filled

    セクシーな70年代の世界が詰まった

  • with rock 'n roll and it's just a really cool project

    ロックンロールと一緒にやっていて、本当にクールなプロジェクトなんだ。

  • and I'm really excited we're doing that.

    と、本当にワクワクしながらやっています。

  • (bright music)

    (明るい音楽)

  • There's a book I love called From Scratch by Tembi Locke.

    テンビ・ロックの「フロム・スクラッチ」という本があります。

  • And it's a beautiful love story.

    そして、美しいラブストーリーです。

  • A woman from Texas goes to Italy

    テキサス出身の女性がイタリアへ

  • and meets this incredible chef.

    そして、この素晴らしいシェフに出会います。

  • It's a true story.

    実話です。

  • They have a kid, they fall in love, they get married and

    子供ができて、恋に落ちて、結婚して

  • something tragic happens.

    悲劇的なことが起こる

  • Tembi tells her own story in the most beautiful words.

    テンビは最も美しい言葉で自分の物語を語る。

  • And so, I love that book.

    だから、私はその本が大好きなんです。

  • Check it out.

    チェックしてみてください。

  • (bright music)

    (明るい音楽)

  • The book that made me laugh out loud in public.

    人前で大声で笑わせてくれた本。

  • Anything by David Sedaris.

    デヴィッド・セダリスの作品なら何でも

  • I think he's so funny.

    めちゃくちゃ面白い人だと思います。

  • I love Calypso.

    カリプソが大好きです。

  • I love all of Nora Ephron's books.

    ノラ・エフロンの本はどれも大好きです。

  • Heartburn, I Feel Bad about my Neck, I Remember Nothing.

    胸焼け、首が悪い、何も覚えていない。

  • Particularly as a woman, you know, coming of age

    特に女性として、成人してからはね。

  • and learning about what it means to be a woman

    と女性としての意味を学び

  • who walks through the world.

    世界を歩く人。

  • She tells stories about motherhood and aging

    母性と老いの話をする

  • with such humor and self-deprecation,

    そのようなユーモアと自虐的な表現で

  • I just think it's a must read.

    ただ、必読だと思います。

  • (bright music)

    (明るい音楽)

  • I would probably say the book that I am desperate to read

    私が必死になって読んでいる本といえば、おそらく

  • a sequel to is The Secret History by Donna Tartt.

    続編はドナ・ターットの「ザ・シークレット・ヒストリー」。

  • It's a book I read when I was in high school

    高校生の時に読んだ本です。

  • and it's about kids in college

    大学生の子供たちのことだ

  • and they have this crazy, wild night out

    狂ったようにワイルドな夜を過ごす

  • and something happens and one of them dies.

    と何かが起きて一人が死んでしまう。

  • It's really atmospheric and you find out

    それは本当に雰囲気があり、あなたが見つける

  • the most thrilling plot twist in the last ten pages,

    最後の10ページで最もスリリングなプロットのねじれ。

  • so I always wondered what happened to those kids,

    だから、その子たちはどうなったのかなといつも思っていました。

  • so maybe Donna knows.

    ドナは知っているかもしれない

  • (bright music)

    (明るい音楽)

  • Well, anything by Jon Meacham or David McCullough,

    ジョン・ミーチャムやデビッド・マッコロの作品なら何でもいいわ

  • they're the foremost historians about American history

    アメリカ史の第一人者

  • and I think if you can throw in there,

    と、そこに投げ込めるかどうかだと思います。

  • you know, you heard them on PBS talking about their book

    あのね、PBSで本の話をしているのを聞いたでしょう?

  • that's really helpful, too.

    それも本当に助かります。

  • So, anything by Jon Meacham, anything by David McCullough,

    ジョン・ミーチャムや デビッド・マッコロの作品なら何でも

  • anything dealing with the Revolutionary War,

    独立戦争に関するものなら何でも

  • I think that's a good one to call out.

    呼び捨てにしてもいいと思います。

  • (bright music)

    (明るい音楽)

  • I think the book that had the biggest impact on my life

    私の人生に一番影響を与えた本は

  • was Wild by Cheryl Strayed.

    はシェリル・ストレイドの「ワイルド」でした。

  • It's the first book that I optioned to turn into a movie

    初めて映画化をオプションにした本です。

  • that I was producing and starring in.

    私がプロデュースと主演をしていた

  • And I was really nervous and I asked Cheryl

    緊張してシェリルに聞いてみたの

  • if it would be okay to option her book

    彼女の本を選んでもよければ

  • but I didn't really have a track record as a producer,

    でも、プロデューサーとしての実績がなかったんです。

  • but she took that leap of faith with me

    しかし、彼女は私と一緒にその信仰の跳躍をした

  • and I'll be forever grateful.

    と、いつまでも感謝しています。

  • And I love that movie.

    そして、私はその映画が大好きです。

  • I love the themes of women versus nature

    女性対自然のテーマが好き

  • and the idea that at the end of it,

    と、その最後にある考え。

  • she ends up with no man, no money, no job, no parents

    男も金も仕事も親もいない

  • and it's a happy ending.

    とハッピーエンドになっています。

  • (bright music)

    (明るい音楽)

- Hi, I'm Reese and this is my

- こんにちは、私はリースとこれは私の

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 明るい 音楽 女性 シェリル 大好き ドナ

リース・ウィザースプーン、お気に入りの本、ハロー・サンシャイン、『ワイルド』主演について語る|ハーパーズBAZAAR (Reese Witherspoon Talks Favorite Books, Hello Sunshine, and Starring in "Wild" | Harper's BAZAAR)

  • 26 1
    Summer に公開 2020 年 08 月 21 日
動画の中の単語