Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • This is one of the most popular plants in the world.

    世界で最も人気のある植物の一つです。

  • It takes about 3-4 years to grow before producing berries

    実がなるまでには3~4年ほどかかります。

  • which are picked, washed, pulped, dried, and roasted to make coffee.

    摘み取り、洗浄、パルプ、乾燥、焙煎してコーヒーを作る。

  • The world consumes about 500 billion cups of it every year.

    世界では毎年約5000億杯を消費しています。

  • It's grown by millions of farmers across Latin America, Africa and Asia.

    ラテンアメリカ、アフリカ、アジアの数百万人の農家で栽培されています。

  • But there's a crisis on the horizon.

    しかし、地平線上に危機が迫っている。

  • This is the only area where the coffee plant can grow.

    コーヒー工場が育つのはここだけです。

  • And as man-made climate change warms the planet, it's shrinking.

    そして、人為的な気候変動が地球を温暖化させると、地球は縮小していきます。

  • Here in Colombia, one of the biggest coffee producers in the world, the impact of that crisis can already be felt.

    ここコロンビアは、世界最大級のコーヒー生産者であり、その危機の影響はすでに感じられます。

  • There are over a hundred species of the coffee plant.

    コーヒーの植物は100種類以上あります。

  • The vast majority occur in the wild while a few are cultivated on a farm.

    その大部分は野生で発生していますが、一部は農場で栽培されています。

  • Two of which are by far the most common.

    その中でも圧倒的に多いのが2つ。

  • Robusta coffee has a bitter taste, and is used to make espresso and most instant-coffee.

    ロブスタコーヒーは苦味があり、エスプレッソやほとんどのインスタントコーヒーに使われています。

  • Arabica coffee is the good stuff. It has a smooth and mild taste and is used for high-quality coffee.

    アラビカ種のコーヒーは良いものです。なめらかでまろやかな味わいで、上質なコーヒーに使われています。

  • Both species require specific conditions to grow, but arabica is particularly sensitive.

    どちらの種も生育には特定の条件が必要ですが、アラビカは特に敏感です。

  • The plant needs temperatures between 18–21°C.

    植物は18~21℃の間の温度を必要とします。

  • Too hot and the berries won't grow correctly. Too cold and it can freeze.

    暑すぎると実がまともに育たない。寒すぎると凍ってしまう。

  • It also needs a specific amount of rain, preferably with a 3 month dry season to flower.

    それはまた、特定の量の雨、好ましくは開花するために3ヶ月の乾燥した季節を必要とします。

  • And crucially, it needs warm days and cool nights. So it grows best at a certain elevation.

    そして重要なのは 暖かい日と涼しい夜が必要なことですだから ある程度の標高があれば 最高の状態で育つのです

  • Altogether, that means Arabica grows best between these latitudes.

    つまり、アラビカはこの緯度の間で最もよく育つということです。

  • And if you were to create a perfect place for it, it would look a lot like Colombia.

    それを完璧に作るとしたら、コロンビアに似ていますね。

  • Specifically, the Zona Cafetera, Colombia's coffee region.

    具体的には、コロンビアのコーヒー産地であるゾナ・カフェテラ。

  • The coffee farmers grow and process it all by hand here

    コーヒー農家が栽培から加工まで全て手作業で行っています。

  • which is why Colombian coffee has been considered the best in the world for over a century.

    なぜコロンビア コーヒーは世紀以上の世界で最高と見なされています。

  • But the zona cafetera is also where climate change is already taking a toll.

    しかし、ゾナ・カフェテリアは気候変動がすでに影響を及ぼしている場所でもあります。

  • Greenhouse gas emissions have warmed the region by 1.2 degrees (C) since 1980.

    温室効果ガスの排出量は、1980年以降、地域を1.2度(C)暖めている。

  • That's enough to push the optimal elevation for coffee higher up the mountain

    それだけでコーヒーの最適な標高を山の上に押し上げることができます。

  • leaving the plants down here to overheat and produce lower-quality beans.

    下の植物を残して過熱し、品質の低い豆を生産しています。

  • That's what's happened here on the Villa Gloria farm, which sits at a low elevation.

    それが、標高の低い場所に鎮座するヴィラグロリア農園での出来事です。

  • The warmer climate is also ideal for pests and fungi.

    温暖な気候は害虫や菌類にとっても最適です。

  • Up the slope, some coffee plants at the Santa Fe farm are afflicted with a fungus called coffee rust.

    斜面を上ったところにあるサンタフェ農園のコーヒー畑では、コーヒーサビと呼ばれるカビに悩まされているコーヒーの木があります。

  • And here, at the El Oasis farm, changing weather patterns have made it hard to predict the lifecycle of the coffee plant.

    そして、ここエルオアシス農園では、天候の変化により、コーヒー工場のライフサイクルを予測することが難しくなっています。

  • Since 2013, the amount of land used to grow coffee in Colombia has fallen by more than 7%.

    2013年以降、コロンビアのコーヒー栽培に使用される土地は7%以上減少しています。

  • And scientists expect things to get worse.

    科学者は事態が悪化すると予想している

  • The zona cafetera is projected to warm by .3 degrees per decade and see more extreme weather.

    ゾナ・カフェテリアは10年で0.3度の暖かさになり、より多くの異常気象が見られると予測されています。

  • In fact, coffee growing regions everywhere are going to be affected.

    実際、コーヒーの産地はどこも影響を受けそうです。

  • A recent study estimates that by 2050 the amount of land that can sustain coffee cultivation will be reduced by 50%.

    最近の調査によると、2050 年までにコーヒー栽培を維持できる土地が 50%減少すると予測されている。

  • And it's not just cultivated coffee.

    そして、ただの栽培コーヒーではありません。

  • Another study estimates that 60% of wild coffee species could be at the risk of extinction because of climate change.

    別の研究では、気候変動により野生のコーヒー種の60%が絶滅の危機に瀕している可能性があると推定されています。

  • Some of these are used to breed more resistant

    そのうちのいくつかは、より耐性のあるものを繁殖させるために使用されます。

  • varieties of Arabica which makes them critical to sustaining coffee production.

    アラビカ種は、コーヒー生産を維持するために不可欠な品種です。

  • That's not only bad news for the plant, but also for those who have relied on the coffee industry for generations.

    それは植物にとって悪いニュースであるだけでなく、代々コーヒー産業に頼ってきた人たちにとっても悪いニュースです。

  • In the early 20th century, Americans and Europeans were buying more and more coffee.

    20世紀初頭には、アメリカ人やヨーロッパ人がどんどんコーヒーを買っていました。

  • So prices were high, and that created a boom in coffee producing countries.

    そのため価格が高く、それがコーヒー生産国にブームを巻き起こしたのです。

  • Where does it all come from? Mostly from South AmericaLet's fly there

    どこから来たの?主に南アメリカから...

  • Colombia was the second biggest producer in the world at the time.

    当時、コロンビアは世界第2位の生産量を誇っていました。

  • It was mostly grown on large coffee plantations,

    主に大規模なコーヒー農園で栽培されていました。

  • called haciendas, that dated back to when Colombia was a Spanish colony.

    コロンビアがスペインの植民地だったときにさかのぼって、ハシエンダと呼ばれる。

  • And the work was done by peasants, indigenous people, and former slaves, many of whom were

    そして、その仕事をしていたのは、百姓や先住民、元奴隷で、その多くは

  • forced off their lands and subjected to brutal conditions.

    彼らの土地を追われ、残酷な条件にさらされています。

  • The plantations were profitable while prices were high

    農園は利益を上げていたが、価格は高かった。

  • but in 1929, the US economy crashed. Demand for coffee fell and so did the price bankrupting the plantations.

    しかし、1929 年、アメリカ経済は大暴落しました。コーヒーの需要は減少し 価格は農園を破産させました

  • Fearing that Colombia's entire coffee industry would vanish, the government stepped in.

    コロンビアのコーヒー産業全体が消滅することを恐れて、政府が介入した。

  • They purchased these large coffee fields from the owners

    彼らは所有者からこれらの大規模なコーヒー畑を購入しました。

  • -- many had more than a thousand hectares, about the size of 1800 football fields.

    -- 多くは千ヘクタール以上の面積を持ち、約1800のサッカー場の広さがありました。

  • And broke them up into smaller plots of about 16 hectares each, before selling them to laborers.

    そして、労働者に売る前に、16ヘクタールほどの小さな区画に分割しました。

  • The idea was that these smaller farms would grow other crops along with coffee to sustain themselves through price fluctuations.

    これらの小規模農園では、コーヒー以外にも他の作物を栽培し、価格の変動にも対応できるようにしています。

  • This not only saved one of Colombia's most important industries, but turned it into one dominated by small-holder farmers.

    これはコロンビアの最も重要な産業の一つを救っただけでなく、それを小規模農家が支配する産業に変えてしまった。

  • To support the new small farms in 1927, the government had created Fedecafe,

    1927年には、新しい小規模農場を支援するために、政府はフェデカフェを設立していました。

  • an agency that would organize and represent the farmers, by negotiating fair prices and favorable deals with other countries.

    農民を組織し、他国との公正な価格や有利な取引を交渉することで、農民を代表する機関。

  • The most important one was in 1962, when Colombia signed the International Coffee Agreement

    最も重要なのは、1962年にコロンビアが国際コーヒー協定に署名したことです。

  • with 69 other countries and set a price minimum for export.

    他の69カ国との間で、輸出価格の下限を設定した。

  • As coffee prices recovered, Colombia's small-holder coffee farmers started thriving.

    コーヒー価格が回復したことで、コロンビアの小規模農家は繁栄を始めました。

  • By the 1970s, Colombia was using the coffee farmer, or cafetero, as a marketing tool around the world.

    1970年代になると、コロンビアではコーヒー農家、つまりカフェテロが世界中のマーケティングツールとして使われるようになりました。

  • It is here that they buy their coffee, coffee grown by men like Juan Valdez.

    ここでは、ファン・バルデスのような男性が栽培したコーヒーを購入しています。

  • Because for Colombians, their coffee is more than just the richest in the world, it is a national heritage.

    コロンビア人のために、彼らのコーヒーは、世界で最も豊かなだけでなく、それは国家遺産です。

  • Today, Colombia is the world's third largest coffee exporter

    現在、コロンビアは世界第3位のコーヒー輸出国です。

  • and there are about 500,000 mostly small farms that make up the industry,

    と、この業界を構成する小規模農家のほとんどが約50万軒もあるという。

  • but just as these farmers are starting to face the climate change,

    しかし、ちょうどこれらの農家が気候変動に直面し始めているのと同じように

  • the economics that support them are disappearing.

    それを支える経済学が消えていく。

  • There are several ways farmers can protect their coffee plants from the effects of climate change.

    農家が気候変動の影響からコーヒー工場を守る方法はいくつかあります。

  • Shade trees keep the plants cool and stabilize the soil.

    シェードツリーは植物を涼しく保ち、土を安定させます。

  • Farmers can move their crop uphill, where it's cooler.

    農家は涼しくなったところで作物を上に移動させることができます。

  • They can also switch to more resistant varieties of coffee plants.

    彼らはまた、コーヒー植物のより耐性のある品種に切り替えることができます。

  • The problem is all these solutions cost money that many smallholder farmers don't have anymore.

    問題は、これらの解決策には、多くの零細農家がもう持っていないお金がかかっていることです。

  • It started in the 1980s, when the coffee agreement fell apart along with the price minimum.

    それは1980年代にコーヒー協定が最低価格とともに崩壊したことから始まった。

  • Since then, more countries, especially some in Asia, have increasingly flooded the market with cheap coffee.

    それ以来、より多くの国、特にアジアのいくつかの国では、ますます市場に安価なコーヒーが殺到しています。

  • It sparked a crisis around 2009, when extreme weather and coffee rust decimated Colombia's crop.

    それは、異常気象とコーヒーの錆がコロンビアの作物を壊滅させた2009年頃の危機に火をつけた。

  • Production fell to its lowest levels in decades.

    生産量はここ数十年で最低水準に落ち込んだ。

  • In 2013, thousands of farmers went on strike and demanded that the government provide more

    2013年には、何千人もの農民がストライキに出て、政府に対して、より多くの

  • financial support and establish a reasonable price minimum.

    経済的支援を行い、適正な価格の最低限度を設定する。

  • The government increased subsidies to coffee growers but without an ICA, a return to a price minimum was no longer possible.

    政府はコーヒー生産者への補助金を増やしたが、ICAがなければ最低価格に戻すことはできなくなった。

  • So coffee prices continued to fluctuate. Today it's below what many farmers need to break even.

    そのため、コーヒーの価格は変動し続けていました。現在では、多くの農家が必要とする価格を下回っています。

  • That's why it's so hard for these farmers to adapt to climate change.

    だからこそ、これらの農家が気候変動に適応するのは難しいのです。

  • It's forced many farmers in the Zona Cafetera to replace coffee with other crops.

    そのため、ゾナ・カフェテラの多くの農家は、コーヒーを他の作物に置き換えることを余儀なくされています。

  • And it's not just a problem in Colombia.

    それはコロンビアだけの問題ではありません。

  • 80% of the world's coffee is grown by 25 million smallholder farmers. Many are living in poverty.

    世界のコーヒーの80%は2500万人の零細農家によって栽培されています。その多くは貧困の中で生活しています。

  • From central America, to Africa, to Asia, climate change is making it harder for them to grow coffee.

    中米からアフリカ、アジアに至るまで、気候変動の影響でコーヒーの栽培が難しくなっています。

  • Unless the price of coffee rises again and

    コーヒーの価格が再び上昇しない限り

  • farmers have the financial means to cope with climate change, small farms everywhere will

    農家が気候変動に対処するための経済的手段を持っていれば、どこの小さな農場でも、気候変動に対処することができます。

  • continue to be at risk of losing their livelihoods.

    生活の糧を失う危険性があり続けている。

  • And in the Zona Cafetera, that could spell the end of an entire culture built around coffee.

    カフェテリアでは、コーヒーを中心とした文化の終焉を告げることになる。

This is one of the most popular plants in the world.

世界で最も人気のある植物の一つです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 Vox コーヒー コロンビア 変動 価格 気候

世界的なコーヒー危機の到来

  • 43 3
    林宜悉 に公開 2020 年 08 月 10 日
動画の中の単語