Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Where do these thoughts come from, flowing and winding through the mind like a never-ending

    これらの思考はどこから来るのでしょうか。

  • river, thought after thought after thought, an infinite stream, each one leading to the

  • next?

    次は?

  • This river never runs dry.

    この川は決して涸れることはありません。

  • I dip my hands into the river of my own thoughts, take a sip, and wait.

    私は自分の思考の川に手を浸し、一口飲んで待っている。

  • Will this next sip lead to strength, clarity, and growth?

    この次の一口が、強さや明快さ、成長につながるのでしょうか。

  • Or will it lead to weakness, intoxication, and decay?

    それとも脱力、酩酊、腐敗につながるのか?

  • The river itself is full of paradox.

    川自体がパラドックスに満ちている。

  • It carries nourishment and sickness in equal measures, because what makes one person sick

    人を病気にするものは、人を病気にするものであるから、栄養と病気を同等に運ぶ。

  • now might make them strong later.

    今なら後々強くなれるかもしれない

  • A powerful thinker learns to take the water and filter it to their own needs.

    強力な思想家は、水を取り、自分の必要に応じてろ過することを学びます。

  • Like most people, my mind naturally thinks in monologue form.

    普通の人と同じように、私の心も自然とモノローグ形式で考えるようになりました。

  • One voice jumps around from thought to thought to thought.

    思考から思考へと一声が飛び交う。

  • For example, it might go: what should I have for lunch, what did I eat yesterday, I can't

    例えば、それは行くかもしれません:私は昼食のために何を持っているべきか、私は昨日何を食べましたが、私はできません。

  • believe yesterday went by so fast, time is weird, I wonder what time feels like at the

    昨日はあっという間に過ぎ去ったと信じています。

  • speed of light.

    光の速さ

  • The monologue flows like an unfiltered stream.

    モノローグが無濾過のように流れる。

  • When the waters of thought are unfiltered, I am completely at their whim.

    思考の水がろ過されていないとき、私は完全に彼らの気まぐれである。

  • Sometimes it inflates me, giving me Icarus wings to soar with.

    時には私を膨らませ、イカロスの翼で空を飛ぶようにしてくれる。

  • I see myself as bigger, better, and higher than I am.

    私は自分を自分よりも大きく、良く、高く見ています。

  • It makes me overly confident, prideful, and pompous.

    自信過剰になったり、プライドが高くなったり、偉そうになったりします。

  • It makes me believe that everything I create is good.

    自分が作るものは全て良いものだと思わせてくれます。

  • I see more fault with the rest of the world than myself.

    自分よりも他の人の方が落ち度があるのを見る。

  • But sometimes, a sip of my own thoughts deflates me.

    しかし、時々、自分の考えを一口飲むと、自分が萎えてしまうことがある。

  • It burdens me.

    それは私に負担をかけています。

  • It makes me feel weaker and heavier than I am.

    自分よりも弱く、重く感じるようになります。

  • It makes me feel useless, worthless, unconfident, and overly critical.

    役立たず、無価値、自信のなさ、過剰に批判的になってしまう。

  • I long for the sip that brings nourishment and clarity.

    栄養と明晰さをもたらす一口に憧れる。

  • The one that helps me see the world as it is.

    世界をありのままに見られるようにしてくれるもの。

  • To obtain that clean sip, I create a filter, a second voice.

    そのきれいな一口を得るために、私はフィルター、第二の声を作成します。

  • I transform my internal monologue into a dialogue.

    私は自分の内面の独白を対話に変換しています。

  • The first voice acts as the writer and creator.

    第一声が書き手と作り手の役割を果たします。

  • The second voice acts as the editor and destroyer.

    第二声は編集者と駆逐艦の役割を果たします。

  • The first voice prepares the clay, and the second one shapes it.

    第一声で粘土を準備し、第二声で形を整える。

  • The second voice counterbalances the first.

    第二の声が第一の声に対抗している。

  • What would a novel be without revision?

    訂正のない小説はどうなってしまうのか?

  • Writers have a technical term for this: a poopy first draft.

    ライターには専門用語で「ウンチな初稿」というのがあります。

  • Seriously, without a critical voice to balance your monologue, all your thoughts are just

    真面目な話、独白のバランスを取るための批判的な声がなければ、あなたの考えはすべて

  • poopy first drafts.

    ウンチな初稿。

  • This is, perhaps, the greatest lesson I learned from Plato and Socrates.

    これはおそらく、私がプラトンとソクラテスから学んだ最大の教訓です。

  • So how do you go about developing this inner dialogue?

    では、この内なる対話を発展させるにはどうすればいいのでしょうか?

  • My favourite ways are through writing.

    私の好きな方法は、文章を書くことです。

  • I start by stating something in my creative voice.

    私は、自分の創造的な声で何かを述べることから始めます。

  • For example, I'll say, “good thinking leads to truth.”

    例えば、"良い思考は真実につながる "と言ってみます。

  • Then I try to disprove myself with the destructive voice.

    そして、破壊的な声で自分を反証しようとする。

  • I'll say, “Can't bad thinking lead to truth too?

    私「悪い考えも真実につながるのでは?

  • And what do you mean by truth?”

    "真実とは何か?"

  • Then my creative voice goes, “truth is a type of knowledge that gives you power.

    そして、私の創造的な声は、「真実とは、あなたに力を与える知識の一種である」と言います。

  • It's information that allows you to close the gap between the way the world is and the

    との距離を縮めることができる情報です。

  • way it ought to be.

    あるべき姿

  • Truth is the knowledge of how to remove an obstacle or overcome stress.

    真実とは、障害物を取り除いたり、ストレスを克服したりするための知識です。

  • Then my destructive voice goes, “can't truth cause stress?

    すると、私の破壊的な声が「真実はストレスの原因にならないのか?

  • For example, the truth about your spouse's infidelity?”

    例えば、"配偶者の不倫の真実?"

  • Anyways you get the point.

    とにかく、あなたはポイントを取得します。

  • I have a dialogue with myself, from two opposite points of view, creating something, destroying

    私は自分との対話を持っています、2つの反対の視点から、何かを作り、何かを破壊します。

  • it, and refining itconstantly working towards an idea that is indestructible, inextinguishable,

    それを磨き上げ、不滅で消せないアイデアに向かって絶えず努力しています。

  • timeless.

    時代を超越した

  • The more I practice this method, the more I internalize both voices in my natural thought.

    この方法を実践すればするほど、自分の自然な思考の中に両声を内在化させていきます。

  • Doing this on paper works a lot better, cause if you do this in person, in public, in the

    紙の上でこれをすることは、あなたが人前で、公共の場で、これを行う場合は、多くの場合、より良い動作します。

  • corner of a room, everyone will think you're crazy, which you might be, but they don't

    部屋の隅では、誰もがあなたが狂っていると思うだろう、あなたはそうかもしれないが、彼らはそうではないだろう

  • have to know that.

    知っておかなければなりません。

  • In another technique, I keep two notebooks.

    別の手法では、私はノートを2冊保管しています。

  • In one of them, I perform critical dissections or destructions.

    その中で、私は批判的な解剖や破壊を行っています。

  • I watch a movie, read a book, play a video game, or listen to a song, and I try to dissect

    映画を見たり、本を読んだり、ゲームをしたり、歌を聴いたりして、解剖してみる。

  • it into the parts that make it up.

    それを構成する部品に

  • In a story, for example, I peel apart the different components, such as characters,

    例えば物語の中では、私はキャラクターのような異なる構成要素をバラバラにしていきます。

  • relationships, locations, plot, themes, symbolism, prose, so on and so forth.

    関係性、場所、プロット、テーマ、象徴主義、散文などなど。

  • I try to find what makes a piece work, what doesn't, and how I might improve it.

    何が作品を作るのか、何が作品を作らないのか、どうすれば作品を改善できるのか、それを見つけようとしています。

  • Then, in the other notebook, my creative notebook, I take the different pieces I have gathered

    そして、もう一つのノート、私の創作ノートには、私が集めた様々な作品を入れています。

  • and try to assemble them into a new and original work of art.

    と、新しいオリジナルの作品に組み立ててみてください。

  • I use it for sketches, prose, poetry, theoriesanything really.

    スケッチ、散文、詩、理論など、本当に何でも使っています。

  • I try to create a little something in there each day, without filtering or censoring myself.

    自分をフィルタリングしたり検閲したりせずに、毎日そこにちょっとしたものを作るようにしています。

  • I use these different notebooks to cultivate the creative and destructive aspects of my

    私はこれらの異なるノートブックを使用して、創造的な側面と破壊的な側面を養っています。

  • personality.

    個性的である。

  • This style of learning is similar to taking apart a machine and rebuilding it to find

    この学習スタイルは、機械を分解して再構築して見つけ出すのと似ています。

  • out how it works.

    それがどのように機能するかを調べてみましょう。

  • The real magic happens when you create something you can't destroy, disprove, or improve.

    本当の魔法は、破壊したり、反証したり、改善したりできないものを作った時に起こります。

  • Maybe you, or someone else, will disprove it in the future, which is good because now

    多分、あなたや他の誰かが、将来それを反証するでしょう、それは良いことです。

  • you can improve it, but in the mean time, it's a well-earned opinion or idea that

    改良してもいいけど、とりあえず、それはそれなりの意見や考えがあってのことだから

  • is the closest you can come to truth at the moment.

    は、今の時点で最も真実に近いものです。

  • So with that said, I'm off to go practice my dialectic.

    ということで、練習に行ってきます。

  • You're dumb!

    私の弁証法。

  • No, you're dumb!

    お前は馬鹿だ!

  • You're dumb!

    いや、お前は馬鹿だ!

  • No, you're dumb!

    お前は馬鹿だ!

Where do these thoughts come from, flowing and winding through the mind like a never-ending

これらの思考はどこから来るのでしょうか。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 真実 思考 一口 破壊 作品 対話

パワフルな思考の持ち主になる方法

  • 161 7
    Summer に公開 2020 年 08 月 09 日
動画の中の単語