Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • It's been a huge year for Mars missions.

    火星ミッションにとって、とても大きな年でした。

  • In the last couple of weeks, three agencies have sent spacecraft to the Red Planet.

    この 2 週間で、3 つの機関が宇宙船をその赤い惑星に送りました。

  • The United Arab Emirates launched Hope on July 19th, China launched Tianwen-1 on the 23rd, and the U.S. just launched Perseverance.

    アラブ首長国連邦は 7 月 19 日にホープを打ち上げ、中国は 23 日に天問 1 号を打ち上げ、そしてアメリカは、パーサヴィアランスを打ち上げたばかりです。

  • With so much happening, it might seem like there's a competition here, but really, the culprit is just orbital mechanics.

    非常に多くのことが起こっているため、競争がされているように見えるかもしれませんが、実際には、単に軌道力学が理由です。

  • Theoretically, you could go to Mars whenever, but it's really only practical every 26 months.

    理論的には、火星にいつでも行くことができます。しかし、26 か月ごとに行うのが実用的なんです。

  • During that launch window, Earth and Mars are arranged in such a way that getting to Mars takes way less fuel than normal.

    その打ち上げ期間中、地球と火星は、通常よりも少ない燃料で火星に到達する位置にいます。

  • And this summer happens to be an ideal launch window.

    そして、この夏は、たまたま理想的な打ち上げ期間なのです。

  • So now, we have three missions heading to Mars.

    つまり今、私たちには火星に向かう 3 つのミッションがあります。

  • First, the UAE's Hope orbiter.

    まずは、アラブ首長国連邦の軌道衛星ホープ。

  • This mission is all about climate and weather.

    このミッションは、気候と天気に関するものです。

  • It'll study Mars's weather for a full Martian year, and it'll also study the hydrogen and oxygen in the planet's upper atmosphere, both of which will help answer an important question: Where is Mars's air?

    それは火星の 1 年間の天気を調査します。また、惑星の上層大気の水素と酸素も調査します。どちらも「火星の空気はどこにあるのか?」という重要な質問への回答に役立ちます。

  • We know the planet used to have a much thicker atmosphere, because there used to be liquid water on the surface, and maintaining that requires a certain amount of atmospheric pressure.

    その惑星が以前は、はるかに厚い大気を持っていたことがわかっています。 以前は表面に液体の水があり、それを維持するにはある程度の大気圧が必要だったからです。

  • But today, Mars is super dry, and its atmospheric pressure is only 0.6 percent of Earth's.

    しかし現在、火星はとても乾燥していて、大気圧は地球の 0.6 % ほどしかありません。

  • Data from other missions suggest that charged particles from the Sun stripped away most of that gas, and Hope plans to study this in more detail, reconstructing the history of Mars's climate and linking it to its current weather.

    他のミッションのデータは、太陽からの荷電粒子がそのガスのほとんどを取り除いたことを示唆しています。 そして、ホープはこれをより詳細に研究し、火星の気候の歴史を再構築し、それを現在の天気と結びつけることを計画しています。

  • It's also planning to build the first weather map of the whole planet, something that will come in handy for research, and maybe even for future settlement.

    また、惑星全体の初めての天気図を作成することも計画しています。これは、研究のために役立ちます。そして、将来の移住のためにも役立つかもしれません。

  • Because at least for now, the UAE is hoping to start a community on Mars by 2117.

    少なくとも今のところ、アラブ首長国連邦は 2117 年までに火星でコミュニティを開始することを望んでいるからです。

  • Meanwhile, Tianwen-1 is planning to study Mars from the outside in, tackling its atmosphere, surface, and subsurface.

    一方、天問 1 号は火星を外側から、大気、地表、地下の研究に取り組みます。

  • Unlike Hope, this is a multipart mission with an orbiter and a rover, so it'll be able to focus on multiple aspects of Mars at the same time.

    ホープとは異なり、これは軌道衛星と惑星探査機を備えた複数のミッションであるため、火星の複数の側面について、同時にフォーカスすることができるのです。

  • Like, both pieces will study different parts of Mars's atmosphere: The orbiter will focus on charged atoms in the upper atmosphere, and the rover will focus on weather near the ground.

    つまり、両方が火星の大気のさまざまな部分を研究します。軌道衛星は上層大気の荷電原子に焦点を当て、惑星探査機は地面近くの天候に焦点を当てます。

  • Meanwhile, for surface research, the orbiter will handle mapping, while the rover will handle chemical analysis.

    それと同時に、表面の研究では、軌道衛星が地図作成をし、惑星探査機が化学分析をします。

  • And for the subsurface research, both the rover and the orbiter will use radar to map the locations and depths of water ice deposits in Utopia Planitia in the northern hemisphere.

    また、地下探査では、軌道衛星と惑星探査機の両方がレーダーを使用して、北半球のユートピア・プラニシアの氷床の位置と深さをマッピングします。

  • These deposits were only discovered by the Mars Reconnaissance Orbiter in 2016, so with Tianwen-1 scientists will be able to study them from the ground for the first time.

    これらの堆積物は、2016 年に火星偵察軌道衛星によって発見されたばかりですから、天問 1 号を使用することで、科学者は地上から初めてそれらを研究できます。

  • Finally, NASA's Perseverance rover.

    最後に、NASA のパーサヴィアランス惑星探査機です。

  • It's headed to Jezero Crater, also in the north, where a meandering river once deposited lots of clay and carbonate sediments.

    それは、同じく北にあるジェゼロクレーターに向かいます。蛇行した川はかつて多くの粘土と炭酸塩の堆積物を堆積させていました。

  • On Earth, material like this has preserved some of the earliest signs of life.

    地球上では、このような物質は、最も初期の生命の兆候の一部を貯蔵しています。

  • So Perseverance is going to do a lot of chemical analysis of these Mars rocks, both by taking samples and by remote spectroscopy.

    ですから、パーサヴィアランスは、サンプルを取得することとリモート分光法の両方により、これらの火星にある岩石の多くを化学分析する予定です。

  • But it's also rocking some experimental tech: Ingenuity and MOXIE (Mars Oxygen In-Situ Resource Utilization Experiment).

    しかし、それはまたいくつかの実験的な技術を揺さぶっています。 Ingenuity(創意工夫)とMOXIE(火星酸素現地資源利用実験)です。

  • They're both proof-of-concept projects to demonstrate technology that could make future missions more flexible.

    どちらも、将来のミッションをよりフレキシブルにすることができるテクノロジーを、実証するための概念実証プロジェクトです。

  • Ingenuity, for example, is a little autonomous helicopter!

    たとえば、Ingenuity は少し自律的に動くヘリコプターです!

  • It's super lightit will only weigh about 0.7 kilograms on Marsand right now, it's pretty bare bones: It just has hardware to guide it, some cameras and sensors, an antenna, a solar panel and batteries, and some blades.

    それは超軽量で、火星での重さは約 0.7 キログラムです。そして今のところ、それはかなり必要最低限です。それをガイドするためのハードウェア、いくつかのカメラとセンサー、アンテナ、太陽電池パネルとバッテリー、そしていくつかのブレードがあります。

  • Someday, though, a souped-up version could be its own, standalone mission.

    しかし、いつの日か、バージョンアップがそれ独自の独立したミッションになるかもしれません。

  • Or it could act as a scout by flying ahead to collect images.

    または、飛び続けて画像を収集することにより、偵察機として機能もできます。

  • But right now, we just want to see if it can get off the ground.

    しかし、今のところは、それが地面に降りられるかどうかを確認したいですね。

  • That's a big engineering challenge, because Mars's atmosphere is so thin that there's barely enough air for a helicopter's blades to push against and get itself airborne.

    これはエンジニアリング上の大きな挑戦です。火星の大気は非常に薄いため、ヘリコプターのブレードが空気を押して、空中に浮かぶのに十分な空気がないからです。

  • To counter this, Ingenuity has fast, long blades: They're 1.2 meters from tip to tip and spin ten-times faster than many helicopter blades on Earth.

    これに対抗するために、Ingenuity には高速で長いブレードがあります。それらは、先端から先端まで 1.2 メートルあり、地球上の多くのヘリコプターブレードよりも 10 倍速く回転します。

  • The idea is that longer, faster blades can push against more air and generate more lift, and so far, things have gone well in tests.

    より長く、より速いブレードはより多くの空気を押し、より多くの揚力を生み出すことができるという考えによるものです。そしてこれまでのところ、テストは順調に進んでいます。

  • But we'll have to see if it works on Mars itself.

    しかし、火星でそれが役に立つのかを見なければならないでしょう。

  • Meanwhile, the other tech, called MOXIE, is a tiny oxygen factory inside the rover.

    一方、MOXIE と呼ばれるもう 1 つの技術は、惑星探査機内の小さな酸素工場です。

  • It siphons carbon dioxide from Mars's atmosphere, and uses electricity to split it into oxygen gas and carbon monoxide.

    火星の大気から二酸化炭素を吸い上げ、電気を使用して酸素ガスと一酸化炭素に分解します。

  • Despite what it sounds like, this isn't a plan to siphon all of Mars's CO2 and replace it with oxygen.

    その聞こえ方はどうであれ、これは火星のすべての二酸化炭素を吸い上げて、それを酸素に置き換える計画ではありません。

  • The goal is just to see if this works.

    その目標は、これが機能するかどうかを確認することです。

  • After all, when we send people to Mars, they're going to have to breathe, and they might also need liquid oxygen to fuel their rockets home... but bringing a giant, heavy oxygen tank isn't really practical.

    結局、火星に人を送るとき、彼らは呼吸しなければなりません。そして家に帰るためのロケットに燃料供給するために、液体酸素も必要とするかもしれません。しかし、巨大で重い酸素タンクを持ってくることは、あまり実用的ではありません。

  • So eventually, they might rely on a bigger version of MOXIE.

    ですから最終的には、より大きなバージョンの MOXIE に頼ることになるかもしれません。

  • So like I said, it's a huge year for Mars missions!

    私が言ったように、これは火星ミッションにとってとても大きな一年です。

  • Soon, we'll have three countries with three missions teaching us more about the sky, land, and water of our next-door neighbor.

    間もなく、3 か国と 3 つのミッションが、隣りの星の空、陸、水について詳しく教えてくれるでしょう。

  • It'll be a few months before anyone gets to Mars and the data start pouring in, but we can't wait.

    そのうちの誰かが火星に到着し、データが入り始めるまでには数か月かかりますが、待ちきれませんね。

  • And as we learn more, we'll keep you updated.

    もっと何かわかれば、随時お知らせします。

  • This week's episode of SciShow Space News is brought to you by none other than our President of Space, Adam Landers!

    今週の SciShow スペースニュースのエピソードは、スペースの社長であるアダム・ランダースがお届けします。

  • Adam is one of our patrons on Patreon, who make this show possible.

    Adam は、この番組を可能にした Patreon のパトロンの 1 人です。

  • So, thanks, Adam! And thanks to all of our patrons.

    ですから、ありがとうアダム!そして、すべてのパトロンの方々にも、感謝します。

  • Patrons really make SciShow happen, and if you want to learn more, you can go to patreon.com/scishow.

    パトロンは本当に SciShow を実現しています。詳しく知りたい場合は、patreon.com / scishow にアクセスしてください。

It's been a huge year for Mars missions.

火星ミッションにとって、とても大きな年でした。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TOEIC 火星 大気 ミッション 惑星 探査

3 つの火星探査ミッションが出発(3 New Missions Just Left for Mars! | SciShow News)

  • 10577 333
    Seraya に公開 2020 年 08 月 25 日
動画の中の単語