Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • English is a global language.

    英語はグローバル言語です。

  • It is spoken as a first or official language in many countries in the world, and on every continent.

    第一言語、もしくは公用語として、全ての大陸、そして世界の多くの国々で話されています。

  • About 350 million people speak English as a first language: for example, in Great Britain, the USA, Australia and Canada, but also in places like Jamaica, Singapore and Nigeria.

    約 3 億 5 千万人の人が英語を第一言語として話します。たとえば、イギリス、アメリカ、オーストラリア、カナダなどの国です。しかしさらに、ジャマイカやシンガポール、ナイジェリアなどでも第一言語となっています。

  • In addition to this, more than 430 million people speak English as an official language in Asian countries like India and the Philippines, and in many African countries like Cameroon and Gambia.

    それに加えて、インドやフィリピンなどのアジアの国々、そしてカメルーンやガンビアなど多くのアフリカの国々で、4 億 3 千万人の人が英語を公用語として話します。

  • Today, English is also used as the official language in lots of international organisations, for example, the United Nations and European Union.

    今日、英語は多くの国際機関、例えば国連や欧州連合の公用語としても使用されています。

  • It is the language of business, technology and medicine, and it is necessary for a lot of different jobs.

    英語はビジネス、テクノロジー、医学の言語であり、多くの異なる仕事に必要です。

  • For example, if you want to be a tourist guide or a journalist, or if you want to work with computers, you really need to know English.

    たとえば、観光ガイドやジャーナリストになりたい場合や、コンピューターを使って働きたいなら、英語を知っておく必要があります。

  • So, why did a language that originated in a very small island like Britain become so important?

    では、なぜイギリスのような、とても小さな島で生まれた言語が、これほど重要になったのでしょうか。

  • One reason is that Britain was a very strong colonial power during the 18th and 19th centuries.

    その理由の 1 つは、18 世紀と 19 世紀の間、イギリスが非常に強力な植民地保有国だったということです。

  • In fact, by the beginning of the 20th century the British Empire controlled almost a quarter of the land in the world!

    事実、20 世紀初頭までに、大英帝国は世界のほぼ 4 分の 1 の土地を支配していました。

  • At the same time it dominated commerce in countries that were not part of the British Empire, so the use of English expanded over an even bigger area.

    同時に、大英帝国の一部ではない国々との商取引を支配していたので、英語の使用はさらに広い地域で拡大しました。

  • When the British Empire finished, many countries which became independent maintained English as their first or official language.

    大英帝国が終焉を迎えたとき、独立した多くの国々は英語を彼らの第一または公用語として維持しました。

  • Then, when the United States became the dominant world power in the 20th century, the English language became even more important.

    その後、20 世紀にアメリカが世界の主要勢力になったとき、英語はさらに重要になりました。

  • American English is, of course, based on British English, but some words and expressions are different.

    もちろんアメリカ英語はイギリス英語がベースになっていますが、単語や表現が一部異なります。

  • All modern languages continually change and develop.

    すべての現代の言語は絶えず変化し、発展しています。

  • Many words that we use when we speak English today come from other languages like Italian, German and French,

    今日、英語を話すときに使用する多くの単語は、イタリア語、ドイツ語、フランス語などの他の言語から来ていますが、

  • But English is also giving words to other languages.

    英語も他の言語に単語を与えています。

  • For example, the Italian language has 'adopted' English words like computer, weekend, jeans, T-shirt and club.

    たとえば、イタリア語にはコンピュータ、ウィークエンド、ジーンズ、Tシャツ、クラブなどの英語から「採用」された単語があります。

English is a global language.

英語はグローバル言語です。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 英語 言語 国々 単語 世紀 イギリス

英語はなぜ世界共通語になったの?(English a Global Language)

  • 4023 157
    nanako.kamiya に公開 2020 年 08 月 21 日
動画の中の単語