Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • There's really no difference between here and home.

    ここと家の間には、本当に違いなんてないんだ。

  • It's just everything's compacted down to a 14 by 14 room.

    すべてが 14 フィート x 14 フィートの部屋にコンパクト化されてるってだけでね。

  • Once you start staffing your lookout, you're gonna be working 10 days on, four days off, late June until usually mid-September.

    見張り番として働くことを始めると、6 月下旬から普通は 9 月中旬まで、10 日連勤のあと 4 連休することになる。

  • It's a pretty quiet existence.

    かなり静かな生活だよ。

  • This is my 24th season as a Fire Lookout.

    これは火の見張り役として 24 回目のシーズンだ。

  • Really it's just you and the wind and the time just melts away.

    本当に自分と風しかいなくて、時間は溶けていってしまう。

  • My name is Leif Haugen, and we're at Thoma Lookout.

    僕の名前は、リーフ・ハウゲン。そして、僕たちは「トーマ・ロックアウト」だ。

  • A fire lookout is a structure that sits on top of a mountain or a ridge-top that has a good view of the surrounding country and the staffer, then, is tasked with living there for extended periods to watch for fire.

    火の見張り所は、山の頂上または尾根の上に位置する建物で、周囲の土地や人員をよく見ることができるんだ。そして、そこに住むことで、火を監視するためにある。

  • It's funny, 'cause I get a lot of questions about the standard day.

    スタンダードな 1 日についてたくさん質問されるから、おもしろいね。

  • You wake up with the sun.

    日が昇るとともに起きる。

  • I mean, it's hard to sleep in a room of glass much beyond sunrise.

    だって、日の出以降は、ガラスで囲まれた部屋で眠るのは難しいから。

  • First thing I'll do is make a cup of coffee.

    最初に僕がするのは、コーヒーを一杯淹れること。

  • (instrumental music)

    (音楽)

  • And usually I'll have that first cup of coffee on the front porch, sit out there, watch the sun come up.

    通常、僕はフロントポーチで最初のコーヒーを飲む。そこに座って、太陽が昇るのを見るんだ。

  • Certainly every morning I go out for a walk.

    もちろん毎朝、歩きに行く。

  • I check in at 10.

    10 時にチェックイン。

  • (radio chatter)

    (無線からの声)

  • Hey good morning, I have 67 degrees.

    やあ、おはよう。今日は 67 度だ。

  • I take the weather every day at two.

    毎日 2 時に天気を確認する。

  • Winds are calm, skies are clear.

    風は穏やかで、空はクリアだ。

  • And checkout at 4:15.

    そして、4 時 15 分にチェックアウト。

  • (radio chatter)

    (無線の声)

  • Have a good day.

    良い 1 日を。

  • I think the solitary nature, when there's really no fires going, the only thing I might do is check in on the radio twice a day.

    僕は孤独を好むタイプなんだと思う。実際に火が出ていないとき、僕がすることは、1 日 2 回無線でチェックインすることだけだ。

  • That might be the only time I really talk unless I'm talking to myself.

    自分自身に話しかけていない限り、それが僕が話す唯一の時間かもしれない。

  • I think what's so tricky sometimes talking about the lookout experience, is you're not talking to anybody about it.

    見張りの経験について話をするのが時々とても難しいのは、それについて誰とも話していないからだと思う。

  • So you more intuit it, you more experience it.

    より直観的になって、より経験をするんだ。

  • I think that's why I always use the term resonance because you just can feel it and sense it.

    だから僕はいつもレゾナンス(共鳴・余韻)という言葉を使うんだ。だって、ただそれを感じて体感できるだけだからね。

  • Maybe that's fanciful but it certainly is the way I feel about it.

    非現実的かもしれないけど、それがこの経験についての、僕の感じ方なんだ。

  • You know you just find yourself sitting on the porch watching the world go by for hours on end.

    ポーチに座って、世界が何時間も続くのを見ているだけだ。

  • It's beautiful.

    綺麗だよ。

  • When you look at, you know, the lifestyle of a fire lookout, it can be a hard choice at times, too, you know, I'm missing a wedding tonight.

    火の見張りのライフスタイルを見ると、それは時に難しい選択になることもある。たとえば、僕は今夜の結婚式に出席できないんだから。

  • Over the course of the summer, you might miss a lot of stuff in your life.

    夏の間、人生の多くのものを見逃してしまうかもしれない。

  • But certainly every summer I keep coming back because living on top of a mountain for days on end, is just such a beautiful chance at making a life of it.

    でも、必ず毎年夏に僕は戻ってくるんだ。何日も山の頂上に住んでいるのは、それで生きるのには素晴らしいチャンスだからね。

There's really no difference between here and home.

ここと家の間には、本当に違いなんてないんだ。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 GreatBigStory 昇る ポーチ 難しい 経験 フィート

山の王様の静かな生活(The Quiet Life of the King of the Mountain)

  • 17990 581
    Celine Chien に公開 2020 年 08 月 29 日
動画の中の単語