Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Do you believe in ghosts?

    みなさんは幽霊を信じていますか?

  • Because I do, and that's what this story time's (is) about!

    私は信じてます。なので、今回のストーリータイムのテーマはそれ!

  • So, I believe in ghosts.

    さて、私は幽霊を信じているというころで…、

  • Some things just can't be explained and believe me I've tried.

    説明しようと思っても説明できないことってありますよね。信じてください。私も経験したことあるんです。

  • If your house is haunted, making up more rational explanations for that noise or those things being moved is much more comforting than believing there's a ghost walking about your house touching your stuff, and watching you sleep.

    自分の家が幽霊に取りつかれてたら、何かの音や、何かが動いたことに対して合理的な説明を作りあげた方が楽なんですよね。家の中を幽霊が動き回って自分の物に触れたり、寝ている姿を見ているんだとか信じるよりもね。

  • We've lived in our current house for about 11 years now and it's a new build, so no scary history.

    私たち家族は今の家に住んで 11 年くらいで、まだ新築だし、これまでまったく怖い話はありませんでした。

  • Unless some nefarious deeds were committed in a former turnip shed, then consider this a warning.

    古いカブ小屋で何か邪悪なことでも起こっていなければの話ですが。もしそうだったら、この動画は何かの前ぶれだと思ってくださいね。

  • If I die mysteriously a turnip did it.

    もし私が変な死に方をしたら、犯人はカブですよ。

  • The first thing I experienced personally was in easter of 2015 at around 2 in the morning.

    初めて私が奇妙な体験をしたのは、2015 年のイースター (復活祭) のことでした。午前 2 時くらいです。

  • I was on a break from uni and had just finished up some animation when I heard my sister walking about in the hall.

    大学は春休みで、私はアニメーションの作業をちょうど終えたところでした。妹 (姉) が廊下を歩いている音が聞こえたんです。

  • I expected her to go to the bathroom, or downstairs before going back to bed, but instead she seemed to be pacing back and forth slowly.

    ベッドに戻る前にトイレか下の階にでも行くのだろうと思っていました。でもそうではなくて、ゆっくりと行ったり来たりしている様子だったんです。

  • Odd.

    おかしい。

  • Though nothing to get excited about.

    そこまで興奮するようなことでもないんですけどね。

  • Though anyone who knows me will tell you I am super nosey so of course I want to know what she's doing.

    ただ、私を知っている人はみんなこう言います。私はものすごく詮索好きだから、妹(姉)が何をしていたか当然知りたがっただろうって。

  • So I say loud enough for her to hear but quiet enough that it doesn't wake anyone else.

    だから、妹 (姉) に聞こえるけど、他のみんなは起こさないくらいの声の大きさで言ったんです。

  • "Liz, what are you doing?"

    「リズ、何してんの?」

  • "Liz!"

    「リズ!」

  • There's no answer, and one of my biggest pet peeves, which I swear she does on purpose is when I talk to her or ask her a question and she'll hear me...but then she won't reply, and I know she can hear me, I'm not being that quiet anymore.

    返事はありません。私は何だかものすごくイラっとしました。絶対にワザとなんですが、妹 (姉) に話しかけたり、何か聞いたりした時に、聞こえてるのに返事をしないことがあるんです。だから、聞こえてると分かってたし、もう静かになんてしていられませんでした。

  • "Go back to bed!"

    「ベッドに戻りなよ!」

  • I can hear her walk towards my room...and back again.

    彼女が私の部屋の方に歩いてきて、また離れていくのが聞こえます。

  • So by this point I'm annoyed.

    この時点で、ものすごくイライラしました。

  • She's so inconsiderate, she's going to wake everyone up and what about if I was sleeping or if I wanted to go to sleep.

    ぜんぜん人のこと考えてないんだから。みんなのこと起こしちゃうじゃん。私が寝てるとか、寝たいと思ってたらどうするつもりなのよ。

  • Oh my God.

    あぁ~、もう。

  • If this was a horror film I would literally be the first to die.

    これがもしホラー映画だったら、まさしく私が 1 番に死んでますね。

  • The hall is dark, and she's not there.

    廊下は真っ暗。妹(姉)はいませんでした。

  • There's no signs of light, or life, anywhere.

    真っ暗で、生き物 1 匹いませんでした。

  • So on a scale of one to freaked out, I am at a respectable three.

    ビビりレベル 1 から 10 までで言うと、まずまずのレベル 3 というところでしょう。

  • Honestly it doesn't take much but this is odd.

    正直、そこまでではありません。ただ、奇妙ではありました。

  • I turn on the light in the hall, check the bathroom and the stairs, just in case she's waiting to jump out at me because she does that all the bloody time and it's probably why I'm so nervous, but she's not there.

    廊下の明かりをつけて、トイレや階段をチェックしました。妹 (姉) が隠れていて飛びかかってきた時のためです。いつもされるんです。もしかすると、だから私はそんなに神経質だったのかもしれません。でも、妹(姉)はいませんでした。

  • Clearly she went back to bed and somehow opened her door without the usual clatter.

    明らかに妹 (姉) はベッドに戻って、いつもみたいなうるさい物音を立てずに部屋のドアを開けたに違いありません。

  • But it's OK.

    でもまぁいいです。

  • I'm going to find her and ask her why she's awake so late and bothering me.

    妹(姉)を見つ出して、どうしてそんな夜遅くまで起きていて、私の邪魔をしようとしたのか聞くことにしました。

  • So I open her door as quietly as I can and Harry blinks at me sleepily as though to say, "What are you doing?"

    彼女の部屋のドアをできる限り静かに開けました。すると、(飼い犬の) ハリーが眠そうに目をしばしばさせながらこっちを見ます。「何してるの?」とでも言いたげです。

  • I creep up to the bed and call her name expecting her to laugh for having tricked me because neither of us can keep a straight face in a serious situation even if our lives depend on it.

    ベッドのところまで忍び寄り、妹 (姉) の名前を呼びました。私にいたずらを仕掛けたことで彼女が笑うだろうと思っていました。私たちって2人とも真面目にしなくちゃきいけない時に笑いをこらえるってことができないんです。たとえ命がかかってたとしても。

  • But.

    でも、

  • She doesn't smile, she doesn't move.

    妹 (姉) は笑いません。ピクリともしません。

  • She's actually asleep, eyes rolled back in her head and drooling on her pillow like the delicate princess she is.

    ぐっすり眠っていたんです。目を白黒させて、枕によだれを垂らしてました。可憐なお姫様のように。

  • My sister can fall asleep pretty quickly but it's not usually this quick.

    妹 (姉) はかなり寝つきの良い方ですが、こんなに早くはありません。

  • I leave her room and shut her door.

    私は妹 (姉) の部屋を出て、ドアを閉めました。

  • My 3 has turned into a 5 and it's rising steadily.

    ビビりレベルは 3 から 5 まで上昇。それから徐々に上がり続けます。

  • I can hear my parents snoring from their room and my nan is asleep, the cat is locked safely in the kitchen and I was in my room.

    両親のいびきが部屋から聞こえてたし、おばあちゃんもぐっすり眠っていました。猫もちゃんとキッチンに入れられている状態で、私は自分の部屋にいたんです。

  • There was literally no one who could've been walking in the hall, and at this time everyone is asleep.

    まさに、廊下を歩くことができた人なんていなかったし、その時間はみんな眠っていました。

  • So...I do what any sane normal person would've done when their 5 turns into a hefty 8, only two away from freak out.

    そう考えてみたら…、ビビりレベルが 5 から 8 まで上がってきて、私はごくごく普通の人がするだろうということをしたんです。パニック状態になるまであと 2 つのところ。

  • I go back to my room, I shut the door, get into bed, pull the covers over my head and fall asleep an hour later with the light still on.

    自分の部屋に戻り、ドアを閉めて、ベッドに潜り込みました。毛布を頭の上までかぶって、1 時間後にようやく眠りにつきました。明かりはつけたままです。

  • What can I say, I'm a wimp.

    何て言うか、私は意気地なしでしたね。

  • Luckily I wake up in the morning, still alive.

    幸運なことに、朝目を覚ました時、私はまだ生きていました。

  • And just in case I'm going mad, I ask everyone who got up last night.

    私の頭がおかしくなったのかもと思って、みんなに夜中起きたか聞きました。

  • None of them did, and when I tell them about the footsteps, they believe me.

    誰もいませんでした。でも、足音の話をしたら、みんな信じてくれたんです。

  • It's not the first time something like this has happened in our house.

    私たちの家でこういうことが起きたのは初めてじゃなかったということです。

  • Or even the one before, and someone had died there!

    もしくは新築前の家でも。そして、そこで死んだ人がいるんです!

  • She was old, we didn't kill her I promise!

    おばあさんだったけど、私たちは殺したりなんかしてません。

  • So, we decide it's creepy.

    それで、みんなで気味悪いねってことになったんです。

  • We all have a good laugh about it and eventually I wonder if I'd just imagined it all.

    その夜のことについてはみんなの間では笑い話になってます。ただの妄想だっただけかもとすら思うようになりました。

  • A few months later...the knocking starts.

    数か月後…、誰かがドアをノックする音が…。

Do you believe in ghosts?

みなさんは幽霊を信じていますか?

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 部屋 廊下 幽霊 ドア 聞こえ ベッド

あなたは幽霊を信じますか?夜中に足音が…(GHOST IN THE HALLWAY / MY HOUSE IS HAUNTED / GHOST STORIES)

  • 17716 477
    lauren.huang に公開 2020 年 08 月 30 日
動画の中の単語