Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • This happened when I was 17 years old...

    これは、僕が 17 歳の時に起こった。

  • I would go to the gym, three to four times a week and ride the bus home.

    週に 3〜4 回ジムに行っていて、バスで家に帰っていたんだ。

  • It was a Sunday - and I had just missed my bus, so I had to wait longer for another one.

    それは日曜日だった。そして、バスに乗り遅れてしまったところだったから、次のバスまでもっと待たなければならなかった。

  • I would've called my parents but they were out for the evening.

    両親を呼ぶところだけど、その夜両親は出かけていたんだ。

  • And taxis charged more...

    そして、タクシーはもっと高い。

  • So I decided to sit and wait in the bus shelter.

    だから、バス停の中に座って待つことにした。

  • It was a cold night and snow had just started peppering the ground.

    寒い夜で、雪が地面をはじき始めたところだった。

  • My bus was taking longer than usual so I got my phone out and listened to some music.

    バスはいつもより時間がかかっていたから、携帯を取り出して音楽を聴いた。

  • Almost an hour had passed...

    そして、1時間近く経った。

  • It was freezing and I hadn't seen anyone at all.

    すごく寒かったし、誰一人見かけなかった。

  • That wasn't until I noticed something out of the corner of my eye...

    自分の視界の外に、何かがいることに気づいた時だった。

  • It was a creepy guy, dressed in thick layers of clothing, walking slowly towards me.

    それは不気味な男で、厚い服を着ていて、ゆっくりと私僕に向かって歩いてきた。

  • I knew staring at him would draw more attention, so I just focused on my phone.

    彼をじっと見ていたら、もっと注意を向けてしまうことがわかっていたから、自分の電話に集中した。

  • He sat down at the other end of the shelter and just stared at me.

    彼はバス停の反対側に座って、こっちをじっと見てきた。

  • There was something off about him...

    彼はなにかがおかしかった・・・

  • He seemed like he was either drunk or on drugs.

    酔っているか、クスリをやってるかのように見えたんだ。

  • He then asked, "When is the bus due?"

    それから、彼はこう聞いて来た。「バスは何時に来るんだ?」

  • I took out my earphones and said, "I think it's delayed because of the snow."

    僕はイヤホンを外して、「雪で遅れてると思います。」と言った。

  • He stared at me for a while then started mumbling to himself.

    彼は僕をしばらくじっと見つめ、それから一人でぶつぶつ言い始めた。

  • He was really starting to creep me out, so I pretended to be on my phone.

    彼は本当に僕を気味悪く感じさせ始めたので、僕は電話を使っているふりをした。

  • After a couple of minutes, I took another look...

    数分後、ふと彼を見ると・・・

  • He'd moved closer to me...

    彼は僕に近寄ってきていた・・・

  • I looked away for a second then heard the sound of him sliding even closer.

    少しの間目をそらすと、彼がスライドしながら近寄って来ている音が聞こえた。

  • I turned to him and said, "You okay there?"

    僕は彼の方に向いて「大丈夫ですか?」と言った。

  • He stared at me with glossy eyes, lifted his arm and leaned towards me.

    彼はぎらついた目で僕を見つめ、腕を上げて私に寄りかかってきた。

  • Immediately, I grabbed my bag and ran as he fell to the ground.

    僕はすぐにカバンを握って走り、彼は地面に落ちた。

  • I ran down the road trying my hardest not to look back.

    僕は道を走り、後ろを見ないようにできる限りの努力をした。

  • I kept going until I got to the next bus stop.

    僕は次のバス停に着くまで、ずっと走り続けた。

  • I turned around to check to see if he was there...

    僕は周りを見回し、彼がいるかどうかを確認した。

  • He was gone, so I went to sit down.

    彼はいなくなっていたから、僕はそこに座ったんだ。

  • Feeling relieved, I rested my head on the back of the glass and waited for the bus.

    安心しながら、僕は後ろのガラスに頭をもたれかけ、次のバスを待った。

  • I jolted, and turned around to see the same guy staring at me through the glass.

    僕は揺さぶられ、振り返えると、同じ男がガラス越しに僕を見つめているのを見た。

  • "What the hell is wrong with you?"

    「一体なんだっていうんだ?」

  • Then he started walking around the shelter towards me.

    すると、彼はバス停の周りを、僕の方に向かって歩き出した。

  • "I'm warning you! Stay. Back."

    「警告だ!後ろに戻れ。」

  • I yelled in panic as I was backing up.

    後退しつつ、僕はパニックの中で叫んだ。

  • I wanted to run, but I left my bag in the shelter and couldn't leave without it.

    走って逃げたかったけど、バス停にカバンを置いていて、それなしには逃げられなかった。

  • Suddenly, the man leaped at me and I quickly moved out of the away.

    突然、男は僕に飛び付いてきたけど、僕はそれを素早く避けた。

  • He fell to the ground face first.

    彼は顔から地面に倒れた。

  • I froze in shock then noticed the blood coming from his face.

    僕はショックで固まり、彼の顔から血が出ていることに気づいた。

  • I tried to get a response out of him but nothing worked.

    彼から反応を得られないか試したけど、何も起こらなかった。

  • I called the police and paramedics and they arrived shortly after.

    僕は警察と救急隊員に電話し、彼らはすぐに到着しました。

  • I told them what had happened, and they told me that the guy was on prescription drugs.

    僕が彼らに何が起こったのかを告げると、彼らはその男が処方薬を服用していると言った。

  • They found a photo in his wallet of him and his son.

    彼らは、その男の財布に、彼とその息子の写真を見つけた。

  • The boy looked just like me so we assumed that he thought I was him.

    その男の子は、僕とそっくりだった。だから、僕がその子だと彼が思ったのだと僕たちは予想した。

  • I later learned that he had lost his son in a custody battle and went off the rails.

    あとになって、親権争いに負けて、彼が息子を失い、レールを外れたのだと知った。

  • He was taken away for treatment and that was the last I saw of him.

    彼は治療のために連れ去られ、それが僕が彼について知った最後だった。

  • I got my driver's license shortly after and have never, been on a bus since.

    その後すぐに僕は免許証を取得し、それからバスには一度も乗っていない。

This happened when I was 17 years old...

これは、僕が 17 歳の時に起こった。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 バス じっと つめ 走り 地面 後ろ

【怖い話】バス停の男

  • 10621 425
    lauren.huang に公開 2020 年 10 月 16 日
動画の中の単語