Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • "I used to think the worst thing in life was to end up all alone."

    私は以前、独りぼっちになってしまうのが人生最悪の事だと思っていました。

  • "It's not."

    それは間違いです。

  • "The worst thing in life is to end up with people that make you feel all alone."

    人生最悪の事は、自分を孤独にさせるような人に囲まれて生きていく事です。

  • Robin Williams.

    ロビン・ウィリアムス

  • Codependency is a potentially destructive state to be in.

    共依存の状態に陥ると、身を崩しかねません。

  • At its core, it means that you cannot be alone.

    その中心には、自分は独りでは居られないという考えがあるわけですから。

  • And the consequence of this is an ongoing clinging to other people; no matter how bad they treat you.

    その結果、相手がどれほど自分の事をひどく扱ったとしても、常に他人にしがみついているようになってしまいます。

  • But it's an illusion to think that we need someone else to make us feel complete.

    しかし、誰かに自分の心の隙間を埋めてもらう必要があると考えるのは、全く持って現実的ではありません。

  • We don't.

    そんな必要はないのですから。

  • When we let our contentment depend on external things we have given our power away.

    私たちが幸せの原因を外部のものに求める時、自身の力を失ってしまいます。

  • As humans, we aren't islands.

    人間としての私たちは、島のような存在ではありません。

  • We need at least some form of social interaction to reproduce, and, in many cases, to survive.

    少なくとも何かしらの社会的交わりを持って、生産活動を行い、多くの場合は生き延びる必要があります。

  • But, it's not necessary to have a relationship or a large social circle to be content.

    しかし、幸せを得るためには、恋愛をしたリ巨大な集まりのグループに属する必要はありません。

  • In many ways, social interaction can be harmful.

    社会的交わりは、多くの場合において有害となり得ます。

  • Aside from bullying, manipulation, and exploitation by so-called "toxic individuals," being part of a group with a certain ideology can be detrimental to your identity as an individual.

    俗に言う「有害な人」によるイジメや操作、搾取といったとは別に、ある種のイデオロギーを持った集団の一部になってしまうと個人としてのアイデンティティが犯されてしまいかねません。

  • You'll sacrifice your authenticity just to be part of something.

    集団に溶け込むためだけのために、自分を殺してしまうわけですから。

  • The question is: why do we do this?

    では、なぜ私たちはこの様な事をしてしまうのでしょうか?

  • One of our greatest fears seems to be the fear of "ending up alone."

    私たちが抱える大きな恐れの 1 つに「独りになってしまう」事があるように思えます。

  • That's why we stay friends with people that don't treat us well or stay in relationships tainted by domestic abuse, cheating, lying, and other destructive behaviors.

    だから自分を大切に扱わないような人たちと友だちでいたり、家庭内暴力を振るわれたり、浮気やウソなどといった自分を苦しめるような行為をされても別れようとしなかったりするのです。

  • People can be very abusive.

    人間というのは、暴力的になりうる生き物です。

  • And, nonetheless, we feel a need to be liked by those that aren't good for us.

    それにもかかわらず、自分に対して優しくない人たちに好かれたいという気持ちを持つことがあるのです。

  • We can have hundreds of friends and feel terribly alone.

    何百人という友人がいても、とてつもなく孤独に感じることはあります。

  • So, we try to find more friends, become more outgoing, do our very best to impress our environment, hoping that social acceptance eventually leads to the fulfillment we're looking for.

    だから、もっと友人を作ろうとさらに外向的になって、周りに気に入られようと頑張って社会的に認められることで、探していた満足感を得ようとします。

  • We can have thousands of followers on Instagram and as many likes on the things we post.

    インスタグラムに何千というフォロワーがいたり、投稿に大量の「イイね」がつくのも結構です。

  • We try to find that perfect relationship, hoping that this person makes us feel complete, which means asking our partners the impossible.

    完璧な恋愛を求めて、「この人となら自分は完璧に満たされる」事に期待するのですが、相手にとってそれは無理難題にしか過ぎません。

  • But at the end of the day, we lay in our beds, awake, asking ourselves why we feel so unfulfilled.

    そんな状態では、夜ベッドに入っても寝付くことができず、この空虚感はどこから来るのだろうと自問することになるのです。

  • Well, the reason is two-fold.

    その答えには、2 つの要素が絡んでいます。

  • Firstly, it's because what we're looking for is already within us and because of our pursuit to find it, we cannot see it.

    まず、自分が探しているのは自分の中にすでにあるので、追求しようとするとそれが見えなくなってしまうからです。

  • Secondly, our ongoing pursuits are wearing us out, and the constant people-pleasing obstructs the development of our authentic selves.

    次に、常に探し求めていることで疲れ切ってしまい、人に好かれようとすると自分自身が成長していかなくなってしまうからです。

  • Contentment is not to be achieved outside.

    満足感は外的要因によって満たされるものではありません。

  • It's achieved within.

    自分の内側で達成されるものです。

  • We spend a lifetime trying to extract from the world, only to conclude that we still feel empty.

    人生を歩む中で、世の中からできるだけたくさんの物を取り込もうとしますが、そうして得られるものは虚しさだけです。

  • No amount of money, friends, or material possessions will do the job if our contentment isn't already internalized.

    お金や友人、モノをいくら持っていても、自分の人生に対する満足感が内側に無ければそれらは何の意味も成しません。

  • Paradoxically, this contentment only reveals itself when we stop looking for it.

    逆説的に言えば、満足感というのは探すことを止めた時にのみ、姿を現してくれるものです。

  • It appears spontaneously when we're completely immersed in the present moment, consumed by what is, without the need for anything to change, without straining ourselves to be anywhere but in the here and now.

    今の自分の状況にどっぷりと漬かって、何も変えなくていいという姿勢を持って、今の自分をそのまま生きるようにする時に、自然と見えてくるものです。

  • It's effortless and conformable to the flow of life.

    そこに努力は必要なく、ただ流れに身を任せる生き方です。

  • So, when we catch ourselves in the experience of complete contentment, we might want to ask ourselves if external validation is truly necessary to experience it, or, that our ongoing pursuit forlikesis actually counterproductive.

    ですから、完全に満たされた人生を歩むようになると、外部からの承認は本当に自分に必要な物なのか、またはひたすら「イイね」を欲しがることは実は非生産的なのではないかという考えが出てくるのです。

  • We're empty because we want to be filled.

    満たされたいと思うから満たされないのです。

  • But by embracing our emptiness, we eradicate this need to be filled, and, therefore, become full.

    でも、空虚感を受け止めることで、満たされたいと思う気持ちが断ち切られて、それによってむしろ満たされるのです。

  • If you're alone right now, I'd say: embrace it.

    もし、皆さんが孤独に感じているのでしたら、「それを受け止めなさい」と言いたいです。

  • Realize that you don't need other people to feel content.

    他の人に頼って満たされる必要はないんです。

  • In fact, their presence may even prevent you from manifesting what you really are.

    それどころか、その人たちがいるせいで自分らしさが発揮できていないのかも知れません。

  • There's no doubt in my mind that socializing can lead to a lot of joy, and that there's much happiness in sharing, helping, connecting, supporting.

    もちろん、私は社会性を磨くことで多くの楽しさを得ることができると思いますし、誰かとシェアしたり助け合ったり、つながりを持ったり支え合うことに喜びは多く見出せます。

  • But there's a difference between the dependence on social interaction for the sake of one's search for completeness, and voluntary engagement with other people, without needing them to feel complete.

    でも、自分が満たされるために社会とつながりを持つということと、自分の満足感のために他人を必要とするのではなく、自発的に自分が単に関わりを持ちたいから交わりを持つというのでは大きな違いがあります。

  • You are enough.

    そのままの自分で十分です。

  • Thank you for watching.

    ご覧いただきありがとうございます。

"I used to think the worst thing in life was to end up all alone."

私は以前、独りぼっちになってしまうのが人生最悪の事だと思っていました。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 満足 社会 孤独 独り イイ 必要

あなたはそのままで愛されている(You Are Enough)

  • 11323 589
    lauren.huang に公開 2020 年 10 月 15 日
動画の中の単語