Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hi there. My name is Emma, and today we are going to look at common mistakes that ESL students make when they're talking about numbers.

    こんにちは。私の名前はエマです。今日はESLの学生が数字について話すときによくある間違いを見てみましょう。

  • Okay? So in this video, we will look at five different mistakes I hear my students make often and ways to correct these mistakes.

    いいですか?このビデオでは生徒がよくする5つの間違いとその修正方法を見ていきます

  • So let's get started. First we're going to look at pronunciation,

    では、早速始めてみましょう。まずは発音を見ていきましょう。

  • the pronunciation of numbers. Okay, so the first mistake I hear often is when students

    数字の発音を教えてください最初によく耳にする間違いは学生が

  • are talking about time -- or things in general, but often with time -- they're talking about

    が話しているのは、時間のこと、あるいは一般的なことですが、多くの場合は時間のことを話しています。

  • the month, the week, the night, the year, the day; they often forget to pronounce the "s"

    月、週、夜、年、日。

  • or they pronounce an "s" when they shouldn't. So what do I mean by this?

    または "s "を発音してはいけない時に "s "を発音してしまうこれはどういう意味でしょうか?

  • Well, first I have "one month", "two months". So notice in this case: there's no "s" so I don't pronounce an "s".

    まず、「1ヶ月」と「2ヶ月」があります。この場合は "s "がないので "s "とは発音しません。

  • In this case there is an "s" so I do pronounce an "s".

    この場合は「s」があるので「s」と発音します。

  • So even though it's a pretty simple rule, a lot of people when they speak, they don't do this. I hear students

    だから、かなり簡単なルールでも、話すときはこれをしない人が多いんです。学生の声を聞くと

  • say all the time: "I've been here for one years." Or "I lived there for five year."

    いつも言っています。"ここには1年住んでいます "とか"5年住んでいた "とか

  • Okay? So be very careful when you say numbers, make sure that the noun that comes after,

    いいですか?だから数字を言う時は気をつけて後に来る名詞を確認してね

  • if there's more than one: you need an "s" and it's pronounced, the "s" is pronounced.

    複数ある場合:"s "が必要で、"s "が発音されます。

  • So what I'd like to do is I'm going to read to you five sentences and I want you to hear

    そこで、私がしたいことは、5つの文章を読み聞かせてあげて

  • if I'm pronouncing the "s" or not. Okay? Oh, and one other thing I should say.

    私が "s "を発音しているかどうかを確認するいいですか?ああ、それともう一つ言うべきことがあります。

  • So sometimes "s" are pronounced as "s'" like "sss", other times they're pronounced like "zzz" like a "z".

    だから「s」は「sss」のように「s'」と発音することもあれば、「z」のように「zzz」と発音することもあります。

  • So for month: "months", it's pronounced like "sss" like a snake. Week: "weeks". Night: "nights".

    だから、月のために。"months "は、ヘビのように "sss "と発音します。Week: "ウィーク "は"週は「週」。夜:「夜」。

  • Okay? Whereas "year" and "day", when we add an "s", the "s" is pronounced like a "z".

    いいですか?"年 "と "日 "に "s "をつけると "s "は "z "のように発音される

  • "Years", "days". Okay? So keep that in mind.

    "年" "日"いいですか?だから覚えておいてくれ

  • Okay, so the first sentence. Listen carefully to see if I pronounce the "s" after the number or not.

    さて、最初の文ですがよく聞いてください 私が数字の後の "s "を発音するかどうかを 確認してください

  • "I've been here for one years." Is that a correct sentence?

    "ここに来て1年になります"これは正しい文章なのでしょうか?

  • No, it's not because I said "one", it should have been: "I've been here for one year."

    いや、"1 "と言ったからではなく、"1 "と言うべきだった。"私はここに来て1年になる"

  • Okay, number two: "Four day ago I saw my aunt."

    よし、その2 "4日前に叔母に会った"

  • So what's wrong with this? Is there anything wrong? "Four day ago I saw my aunt."

    で、これのどこが悪いの?何か問題でも?"4日前に叔母に会った"

  • It should be: "Four days ago". There're four of them

    そうでなければならない。"4日前"4つあります

  • so they need to be plural, so you need to pronounce the "s".

    を発音する必要があるので、それらは複数形である必要があります。

  • Next one: "I've worked for two months."

    次の一本。"2ヶ月間働いた"

  • Is there a problem with that? "I've worked for two months."

    何か問題があるのでしょうか?"2ヶ月間働いた"

  • No, that sentence is okay. I pronounced the "s" because there were two months.

    いや、その文章は大丈夫です。2ヶ月あったので「S」と発音しました。

  • Okay, number four: "I must study for five month."

    よし、4つ目だ"5ヶ月間勉強しなければならない"

  • "I must study for five month." Did you hear an "s"?

    "私は5ヶ月間勉強しなければならない""s "って聞こえた?

  • So that one was incorrect. It should be: "I must study for five months." Last one: "I went to Cuba for one weeks."

    だから、それは間違っていた。そうでなくてはいけない"私は5ヶ月間勉強しなければならない"最後のは"キューバに1週間行ってきました"

  • What's the problem with this sentence? I pronounced an "s" after "week", but because there's only one,

    この文章の問題点は?週」の後に「s」を発音したが、1つしかないからだ。

  • it shouldn't be "one weeks", it should be "one week". Okay?

    "1週間 "じゃなくて "1週間 "にすべきだわいいですか?

  • So I know this is a simple pronunciation rule, but it's something that it's very important to be careful with

    なので、これは簡単な発音のルールだとは思いますが、とても気をつけなければならないことがあります。

  • So even if you have to practice at home: "One year, one year,

    なので、家で練習していても"一年、一年。

  • one year. Two years, two years, two years." Keep repeating it until it becomes easy and you

    1年だよ2年、2年、2年、2年"簡単になるまで繰り返して、あなたが

  • don't make that mistake. Okay. So what's our next pronunciation mistake?

    間違えるなよ次の発音の間違いは?

  • Well this is sort of a funny one. A lot of ESL students, when they mean "Thirteen (13)"

    これはちょっと面白いですね。多くのESLの学生は "13(13)"という意味では

  • they say "Thirty (30)" and vice versa. So I'll ask a student: how many years did they go to university?

    と聞くと「30(30)」と答えますし、その逆もあります。そこで私は学生に尋ねます: 大学には何年通っていたのですか?

  • Or not university, that would be a bad example. How many years of schooling did they have?

    あるいは大学ではない、というのは悪い例でしょう。彼らは何年の学校教育を受けていたのでしょうか?

  • And I'll hear "Thirty (30)" when what they really mean to say is "Thirteen (13)".

    そして、彼らが本当に言いたいのは「サーティーン(13)」なのに「サーティーン(30)」と聞いてしまう。

  • Okay? And this is very common when it comes to money. Students, you know,

    いいですか?そして、これはお金のことを考えると、とてもよくあることなんです。学生さんはね。

  • they'll hear the sum they have to pay incorrectly or they'll say something costs "Thirty (30)"

    三十と言えば三十と言われる

  • when it really costs "Thirteen (13)" and vice versa. Same with when you give out your phone number

    本当に「13(13)」で済むときも、その逆もあります。電話番号を教えるときも同じです

  • this could be a real problem -- or your address.

    これは本当の問題かもしれない...あなたの住所かもしれない。

  • So how do I pronounce "thirteen (13)" versus "thirty (30)"? Well the easiest thing to do

    では、"thirteen (13)と "thirty (30)はどう発音すればいいのでしょうか?一番簡単なのは

  • and this goes for all the teen numbers so 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19,

    これはすべての10代の数字に当てはまりますので、13、14、15、16、17、18、19。

  • it also goes for 30, 40, 50, 60, 70, 80, 90 -- it's important to be aware of stress. So what do I mean by stress?

    それは30,40,50,60,70,80,90にも言えることですが、ストレスを意識することが大切です。ではストレスとはどういうことでしょうか?

  • Well, when we stress something, we say it louder and longer.

    まあ、何かをストレスにするときは、大きな声で長く言います。

  • So when you say the number "thirteen", the stress should be on "teen". So I should say: "thir-TEEN."

    だから "13 "という数字を言うときは、"10代 "にストレスをかけるべきなのです。だからこう言うの"thir -TEEN"

  • It's very clear if I say "teen" longer and louder. Same with "sevenTEEN", longer and louder

    "teen "をもっと長く、もっと大きな声で言うととてもわかりやすいです。"seventeen "と同じ、長くて大きな声で

  • So the stress, again, is on "teen", that's what you say louder and longer.

    だからストレスは、またしても「ティーン」にあるんですよ、大きな声で長々と言うのは。

  • Whereas with "thirty", the stress is on the first part. "THIR-ty", so I say the first part very loud and long

    "thirty "では最初の部分が強調されているのに対し、"thirty "では最初の部分が強調されています。"thir-ty "では最初の部分をとても大きな声で長く言います

  • the second part very short. "SEVENty, SEVENty", again, stress is on the first part

    第二部は非常に短いです"SEVENty, SEVENty" またしてもストレスは第一部にあります

  • and I say the second part quick. Now one thing you may have noticed is that

    と私は2番目の部分を素早く言いますさて、お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、一つは

  • when I say the "ty", it's pronounced like a "dy". This happens a lot when we speak.

    "ty "と言うと "dy "のように発音しますこれは私たちが話すときによく起こります

  • Instead of saying "seventy", it changes to "sevendy" with a "dy".

    seventy」と言うのではなく、「dy」をつけて「sevenendy」に変化します。

  • So that's somethingelse to be aware of. Let's look at some other common number mistakes.

    ということで、気をつけなければならないことがあります。他にもよくある数字の間違いを見てみましょう

  • So the next mistake we're going to look at, I see often in student writing. Okay?

    次は生徒の作文でよく見かける間違いを見ていきますいいですか?

  • So we're going to look at "hundreds", "thousands", "millions", and "billions".

    そこで、「数百」「数千」「数百万」「数十億」を見ていきます。

  • These are all large numbers. Okay? Notice for example: "He stole millions of dollars."

    これらはすべて大きな数字です。いいですか?例えば"彼は何百万ドルも盗んだ"

  • So I don't have a specific amount and I have an "s" here. I don't say: "He stole million of dollars."

    だから具体的な金額は決まっていないし、ここでは「S」をつけています。私は言わない"彼は100万ドルを盗んだ "とは言わない

  • "He stole millions of dollars.", "He stole hundreds of dollars.", "

    "彼は何百万ドルも盗んだ" "彼は何百ドルも盗んだ" "

  • He has hundreds of friends on facebook." So notice there's no specific number here, it's just hundreds in general?

    フェイスブックには何百人もの友人がいる"ここには具体的な数字はない 一般的には数百人だと気付いたか?

  • We don't know how many hundreds, we just know somewhere in the hundreds.

    何百人いるかはわからないが、何百人いるかはどこかでわかっている。

  • Same with millions, we don't know how many millions, we just know he stole millions of dollars.

    数百万と同じで、何百万かはわからないが、彼が何百万ドルも盗んだことだけはわかっている。

  • And in both of these cases, again, they're plural. Same with if we use thousands, billions, trillions.

    どちらの場合も複数形です数千、数十億、数兆の場合も同じです

  • But "I have 25 million dollars."

    でも "2500万ドル持ってる"

  • So what I see a lot of ESL students do is I see them write an "s" here. "I have 25 millions dollars."

    多くのESLの生徒がここに "s "を書くのを見ました"私は25000万ドル持っています"

  • This is incorrect. "I have 25 million dollars." Okay? So if you have a number here,

    これは間違ってる"私は2500万ドルを持っている"いいですか?ここに数字があれば

  • a specific amount of money and you're talking -- it doesn't really matter what you're talking about

    特定の金額の話をしているのに......何の話をしているのかは関係ない

  • there shouldn't be an "s" even though there's more than one. Same with here: "I have two hundred friends.

    複数あっても "s "はないはずです。ここでも同じです"私には200人の友達がいます。

  • " This is correct. I have seen ESL students... Well I've never seen an ESL student actually write this specific sentence,

    "これは正しいです。私はESLの学生を見たことがあります...私はESLの学生が実際にこの具体的な文章を書くのを見たことがありません。

  • but "I have two hundreds friends." It's wrong.

    でも "私には二百人の友達がいる"それは間違っています。

  • "I have two hundred friends." So keep in mind: if you see a number before billions, millions,

    "私には200人の友人がいる"心に留めておいてください: 数十億、数百万の前の数字を見た場合。

  • thousands, hundreds - make sure you don't add an "s" to million or hundred.

    数千、数百 - 百万や百に "s "を付けないように注意してください。

  • So the fourth mistake I see very, very frequently is writing numbers. So, a lot of students

    4つ目の間違いは 数字を書くことですですから 多くの生徒が

  • and a lot of native speakers get confused when they have to write numbers out.

    と多くのネイティブスピーカーは数字を書き出すときに混乱してしまいます。

  • So I have four example sentences. We'll read them together, and I want you to tell me

    ということで、4つの例文があります。それらを一緒に読んで、私に教えて欲しいのは

  • if these sentences are correct or incorrect; are they right or are they wrong?

    これらの文章が正しいか間違っているか、正しいのか間違っているのか。

  • So the first sentence: "I have 9 cats." This isn't true; I'm not a crazy cat lady,

    だから最初の文章は"私は9匹の猫を飼っています"これは真実ではありません。私は狂った猫女ではありません。

  • but the sentence is "I have 9 cats." which I think is against the law or the bylaw in my city.

    とありますが、「猫を9匹飼っています」という文章で、私の住んでいる街では法律や条例に違反しているのではないかと思います。

  • So do you think this sentence is correct or incorrect?

    では、この文章は正しいのか正しくないのか?

  • Okay, if you said "incorrect", that's right. So we'll explain the rule in a second.

    さて、「間違っている」と言われればその通りです。ということで、ルールの説明は後回しにします。

  • "I have 125 cats." Okay, so before I had nine, now I'm at 125. I'm starting to lose my mind.

    "125匹の猫を飼ってる"前は9匹だったのに 今は125匹になった気が狂いそうになってきた

  • "I have 125 cats." Is this sentence correct?

    "125匹の猫を飼っている"この文章は正しいのか?

  • Yeah, it is. Next one: "5 cats live at the shelter." I didn't realize that it seems like

    ああ、そうだな。次は"5匹の猫がシェルターに住んでいる"のようだとは気づかなかった。

  • most of my examples have cats in them. "5 cats live at the shelter." Is this correct?

    私の例のほとんどは猫が入っています"5匹の猫が保護施設に住んでいます"これは正しいのか?

  • Nope, this one is incorrect. Last sentence: "I have two sisters."

    いいえ、これは間違っています。最後の一文"私には二人の姉妹がいます"

  • Okay, is this sentence correct?

    さて、この文章は正しいですか?

  • Yup, this one's okay.

    うん、これなら大丈夫。

  • So we have two correct sentences here, and two incorrect sentences.

    ということで、ここには正しい文章が2つ、間違った文章が2つあります。

  • So why is this sentence incorrect? Well, so we have the number "9". If a number is a single number

    では、なぜこの文章は間違っているのでしょうか?そうですね、だから「9」という数字があるんです。数字が1つの数字である場合

  • So what are single numbers? So 1 to... Well they're pretty much one, two, continue.

    で、1つの数字ってなんだ?1から...1、2、続きのようなものだ

  • Thirty is a single number, forty. These are considered single numbers,

    30は単数の40です。これらは単数とされています。

  • so there's only one word that's written. Okay? So if you have a number where it's just one word that you need to write,

    だから、書いてある言葉は一つしかないいいですか?だから1つの単語しか書かれていないような数字があれば

  • you don't write it like this. You would write "nine". "I have nine cats."

    こんな風に書かないで"9匹 "と書くんだ"私は猫を9匹飼っている"

  • Okay? In this case: "125" is not a single number.

    いいですか?この場合"125 "は1つの数字ではありません

  • If we wrote it, it would be very long: "one hundred and twenty-five". We wouldn't write this out

    書いてしまうと、とても長くなってしまいます。"百二十五"私たちはこれを書き出すことはありません

  • because it's just too long. So, "nine" is a single number, "125", it's not a single

    長すぎるからですだから、「9」は1つの数字で、「125」は1つの

  • number. If it was just "one", that would be fine, if it was just "twenty",

    という数字を使ってみましょう。1」であれば、「20」であれば、それはそれでいいのですが、「20」であれば、それはそれでいいのです。

  • that would be fine. But "25", "21", "35" - these are not single numbers; you can write them like this

    というように書けばいいのです。しかし、"25"、"21"、"35" - これらは単一の数字ではありません。

  • Okay, what about this one, what's wrong with this one?

    さて、これはどうでしょうか、これはどうしたのでしょうか?

  • "5 cats live at the shelter." You shouldn't begin a sentence with a numeral.

    "5匹の猫が保護施設に住んでいます"文章を数字で始めるべきではありません。

  • This should be changed to "five". It should be written out. And if you have a really long number like

    これを「5」に変更すべきである。書き出すべきです。また、本当に長い数字が

  • "125 cats live at the shelter", I can't write: "One hundred and twenty-five

    "125匹の猫がシェルターに住んでいる"、書けない。"125匹の猫が避難所に住んでいます

  • cats" here and it's just so long and awkward to write, it's better to change the sentence.

    ここでは「猫」と書くと長くて気まずいので、文章を変えた方がいいと思います。

  • So instead of saying: "125 cats live at the shelter", I could say: "There are 125 cats at the shelter.

    "125匹の猫が保護施設に住んでいます "と言う代わりに"125匹の猫が避難所に住んでいます "と言うのではなく、"125匹の猫が避難所にいます "と言うことができます。"と言うのではなくて、「避難所には125匹の猫がいます。

  • "Okay? And so for d): "I have two sisters."

    "いいですか?d)については"私には姉妹が二人いる"

  • This one's correct. 'Two' is a single number, so this is a correct sentence. So again,

    これは正解ですね。'2'は1つの数字なので、これは正しい文章です。ということで、またしても

  • don't start a sentence with a numeral, and in terms of single numbers: write with letters.

    文章を数字で始めず、単数の場合は文字で書きましょう。

  • Okay, so our final number mistake that I see often, this is another one that has to do with writing

    最後の数字の間違いで よく見かけるのは これも文章の書き方に関係しているものです

  • and also grammar in terms of pronunciation.

    また、発音的にも文法的にも

  • Okay, so I want you to look at the first two sentences. "I have an eight-year-old (son)."

    では、最初の2つの文章を見て欲しいのですが"私には8歳(息子)がいる"

  • So there're two ways I could say this. I could say: "I have an eight-year-old."

    2つの言い方があります私が言えるのは"私には8歳の子供がいる"

  • and people will know I'm talking either about a son or a daughter or I could say: "I have an eight-year-old son."

    "息子か娘の話をしているのがバレる" "私には8歳の息子がいます"私には8歳の息子がいます"

  • Both are correct. Now compare this to: "I am eight years old." What do you notice?

    どちらも正解です。これを比較してみてください"私は8歳です"何に気付きますか?

  • Well first of all, in "b)", there are no hyphens. What else do you notice? Well, in "eight-year-old"

    まず第一に、"b) "にはハイフンがありません。他に気づくことはありますか?"8歳 "では

  • there's no "s" whereas "eight years old" there is an "s". So why is this?

    "8歳 "には "s "があるのに対し "s "はありませんではなぜなのでしょうか?

  • Well let's look at another example. "I went for four days." So what do you notice?

    (徳井)じゃあ 別の例を見てみましょう"私は4日間行った"それで、何に気付いた?

  • No hyphen and an "s". "I went on a four-day hike." Okay. So what's the rule that we're looking at here?

    ハイフンと "s "は使わない"4日間ハイキングに行った"それで、このルールは何ですか?

  • Why is it that sometimes we have hyphens with age or with time,

    年齢や時間に合わせてハイフンをつけることがあるのはなぜでしょうか。

  • and sometimes we don't, and why sometimes an "s", why sometimes do we not have an "s"? Well, we have to think about

    と、ない時もありますし、なぜ「S」がない時もあるのでしょうか?について考えてみましょう

  • whether or not we're talking about an adjective. So in the first case: "eight-year-old"

    形容詞の話をしているのかどうか。だから最初のケースでは"8歳"

  • is describing something; it's describing the noun "son". And although sometimes we don't

    は何かを表現しています。そして、時々、私たちは

  • use the word "son", it's still an adjective which is why we use "eight-year-old" with hyphens.

    息子」という言葉を使うと、まだ形容詞なので、ハイフンを使って「8歳」を使うことになります。

  • So first rule: if you're using time, either age or number of something as an adjective,

    最初のルールは、時間を形容詞として使う場合は、年齢か数を使います。

  • use a hyphen. Okay? Second rule: when you're using time or age

    ハイフンを使っていいですか?第二のルール:時間や年齢を使うときは

  • as an adjective, don't add an "s". So there's no "s" on days, no "s" on year. So in d

    形容詞として "s" を付けないでくださいですから 日には "s "がなく 年には "s "がありませんだからdでは

  • "I went on a four-day hike.", "four-day" is the adjective and what is it describing?

    "I went on four-day hike."、"4-day "は形容詞で、何を表しているのでしょうか?

  • The noun "hike" -- or, yeah, sorry --, the noun "hike". So that's a noun. So if it's an adjective:

    名詞「ハイク」......いや、そう、ごめんね.........ということで、名詞「ハイク」。ということは名詞ですね。だから形容詞であれば

  • use the hyphen and don't use an "s". So let's look at two more sentences.

    ハイフンを使って「ス」を使わないようにしましょう。では、さらに2つの文章を見てみましょう。

  • "The twenty-year-old man.", "The man is twenty years old."

    "二十歳の男は" "二十歳の男は"

  • So again, here we have a noun.

    そこでまたしても、ここには名詞があります。

  • "Twenty-year-old" is an adjective; it's describing the man. We could also talk about a ten-year-mortgage.

    "20歳 "は形容詞だ 男のことを言ってるんだ10年ローンの話もできますね

  • In this case we would, again, have the hyphens and no "s" after years. Okay? Well what about for:

    この場合はまたハイフンを使って何年も経ってから "s "を使わないようにします。いいですか?では「for」はどうでしょうか?

  • "I am eight years old"? Any time you're talking about your age or any time you're not using the adjective,

    "私は8歳 "ですか?年齢の話をしているときはいつでも、形容詞を使っていないときはいつでも。

  • you need the "s". So any time somebody says: "How old are you?"

    "s "が必要なんだだからいつでも誰かが言ったら "あなたは何歳?"

  • use the "s". "I am 26 years old.", "I am 14 years old." Okay? So the difference, again,

    "S "を使う"私は26歳です" "私は14歳です"いいですか?だから、また違うんだ

  • is whether the number is an adjective or not. Okay, so I want to invite you to come visit

    が形容詞になっているかどうかです。わかりました、それではご招待したいのですが

  • our website at www.engvid.com. Here you'll find a quiz and you can practice all these different number rules,

    www.engvid.com。ここでは、クイズを見つけることができますし、これらのすべての異なる数のルールを練習することができます。

  • you can figure out if you make any types of these mistakes, any

    あなたは、これらの間違いの種類を行う場合は、任意の

  • of these common mistakes. So I invite you to come visit our website. Until next time,

    これらのよくある間違いのということで、是非、ホームページをご覧になってみてくださいね。次回まで。

  • take care.

    気をつけて

Hi there. My name is Emma, and today we are going to look at common mistakes that ESL students make when they're talking about numbers.

こんにちは。私の名前はエマです。今日はESLの学生が数字について話すときによくある間違いを見てみましょう。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 数字 発音 文章 形容 正しい 間違い

英語での数字の書き方 - 6つのよくある間違い

  • 23158 2980
    VoiceTube に公開 2015 年 07 月 19 日
動画の中の単語