Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Alright, so I was at this bar not too long ago.

    えっとね、つい最近バーに行ったんだけど。

  • And I had to take a piss.

    ションベン行きたくなったからさ。

  • So I saunter off to the men's room.

    トイレにフラフラ歩いていったわけさ。

  • And at this particular bar the bathroom's made up of one stall and two urinals.

    そんで、このバーのトイレってのは個室が1個で小便器が2個あるんだけど、

  • Now, it's worth noting, that these two urinals, well, they're about...four centimeters apart.

    ちなみに、この2つの小便器ってのが、まあ…大体4センチくらいしか離れてないんだよ。

  • Needless to say, you gotta get a little comfortable with whoever you're pissing next to.

    だからさ、言うまでもなく隣で誰かが用を足していたら変な感じになるわけ。

  • You're so close to the other guy, that you kinda just wanna be like: "You know, fuck it! You wanna share a urinal? Let's share a urinal, we might as well!"

    めっちゃ近いから、なんつーかもう、「あー、もうめんどくせえから、同じ便器でするか!知ったこっちゃねえからよ!」ってなりかねないみたいな。

  • So I walk in, and of course, there's already somebody at the urinal.

    そんなわけで、オレが入ったらすでに小便器のところに先客がいたんだよ。

  • And of course, there's already somebody duking it up in the stall.

    もちろん、個室ではすでに別の誰かがクソしてて。

  • Alright, whatever, f**k it, time to get cozy and be pee pals with whoever this strange man is over here.

    まあ、しょがねえな。気にしないであいつと一緒に仲良くションベンするか、って感じになって

  • So I squeeze in next to this guy, he's all pissed-off and does this little sigh, like: "Come on, dude, can't you go piss in the sink or something?"

    そいつの横に立ったはいいけど、イラついて小さなため息つきながら「マジかよお前。代わりに洗面台とかで出来ないのか?」みたいな雰囲気醸し出しやがってさ。

  • Like listen buddy, I don't like this anymore than you do, alright?

    オレだって、あのさ、こっちだって好きでこうしてるわけじゃねえんだよ?って感じだし。

  • Our shoulders are rubbing against each other and shit.

    もうお互いの肩がぶつかり合ったりなんかして、大変なわけ。

  • Let's just tough it out, we don't got to make out after this or anything.

    しょうがねえな、この後いちゃいちゃするわけでもないんだから我慢してやり過ごすか、ってわけで

  • So there we are, dicks in hand.

    チンチン握りしめて立ってるわけさ。

  • It was right about this time, that I realized, that this guy isn't even pissing!

    そんなこんなしてるうちに、隣のコイツってションベンしてないって事に気付いたんだよ!

  • I'm not saying that I was ogling this guy's wiener.

    別にそいつのイチモツをいやらしい目で見てたわけじゃないんだけどさ。

  • But there was definitely no tinkle sounds coming from the tinkling area.

    チョロチョロ音が、しかるべきところから全く聞こえてこないんだよ。

  • I kinda, like, glance over this dude's face and kinda give him the nod, like, "Hey, what's up, buddy?"

    オレは何気にそいつ顔を見て、軽く頷きながら「よ、元気?」みたいな感じを出したんだけど

  • And he's got this paranoid look on his face.

    そいつの表情がヤバいのなんのって。

  • A face that I've never seen on a human being's head before.

    今までこんな顔の人間に出会ったことがないって位の。

  • Looks like he just swallowed a bunch of pennies or something like that.

    なんか硬貨をまとめて飲みこんじゃったようなそんな感じの表情、っていうかさ。

  • Now, it's worth noting that I don't have a shy bladder.

    ちなみに言っておくけど、オレはどこでもションベンできる男だから。

  • At least not when I'm halfway drunk, which is what I was.

    少なくとも、半分酔っぱらってるときは、ってことで、まあその時はまさにほろ酔いだったんだけどさ。

  • When I'm halfway drunk, I can piss in public.

    半分酒が入ってたら人前でもションベンできるし。

  • I can piss in front of my grandparents.

    自分のじいちゃんばあちゃんの前でもできる。

  • In front of a...school field trip, you name it, I can piss it!

    社会科見学の学生の前でとか、とにかくどこでもションベンできるから!

  • I could piss standing on this dude's shoulders, if I wanted to.

    やろうと思えば、コイツの肩に乗っかってションベンだってできるからさ。

  • But as soon as I notice that this guy is not peeing, my brain kicks in and it's like: "Hey, you know what would be weird? If you couldn't piss either!"

    でもこいつがションベンしていないって気づいたら、オレの脳がこう言ってくるわけ「つーかさ、オレもションベンできなくなったらヤバくね?」って。

  • "And you guys just stood there with your dicks out."

    「そしたらお前ら2人してチンチン出したまま立ち尽くすわけさ」なんて。

  • And soon as I thought it, well, it sure the f**k happened!

    そんで、そんな事を考えちゃったら、ホントにそうなっちゃったんだよ!

  • I'm pushing, god damn am I pushing!

    一生懸命、むっちゃ出そうとしたんだけど!

  • My eyes are bulging out of my head, my face is turning all red and shit.

    目ん玉が飛び出さんばかりの勢いで、顔は真っ赤になったりしてさ。

  • Nothing's coming out, though a fucking puff of dust hits the back of the urinal.

    でも何も出てこないで、ただの空砲だけ。

  • Now we're just two grown men holding our dicks.

    そこには2人の大の大人の男がチンチンを持って立っているという絵面。

  • "Yeah, I'm here at the Great Pissing Stalemate of 2016."

    「はい、というわけで2016年おしっこ出ません大会の会場に来ています」

  • "Where two grown men, dick in hand, can't piss in front of each other."

    「2人の大人の男性がチンチンをつかんだまま、お互いを前にしておしっこを出来ずにいます。」

  • "That sounds awful, Tom! Is there any end in sight?"

    「トム、ひどいですねそれは!何か動きは見られそうですか?」

  • "No way, Bill! Both are completely insecure and neither one of them wanna be the weirdo..."

    「全くありませんね、ビル!両者とも完全に固まってしまってどちらも変人扱いはされたくなさそうです…」

  • "That just hovers their dick in front of the urinal for three minutes for no goddamn reason!"

    「チンチンをにぎったまま、3分間も意味なく小便器の前に立ちすくんでいるって意味が分かりませんからね!」

  • I'm standing there, thinking like: "God, if my dad could see me now..."

    立ち尽くしたままオレが考えたのは、「うわ、もしオヤジにこの様子見られたら…」

  • "You know what, fuck this! I'm gonna stand here until I explode, I don't give a shit, I'm standing my ground!"

    「知らねーよもう!破裂するまでここにいてやるよ、知ったこっちゃねえ。意志を貫いてやるよ!」ってこと。

  • "I'm not peeing, you're not peeing, what the hell are we doing here, holding our ding-dongs for?"

    「オレも。お前もションベンしてねーで、イチモツ握りながら一体何やってんだ、オレら?」

  • "What are we, practicing?" Like 30 seconds go by, and we're both standing here, pretending like this isn't the most awkward moment of our lives.

    「何がしたいんだ、コレ?」なんて考えながら30秒経って、2人とも特に何も変わったことは無いフリして突っ立ってんの。

  • It's very tense moment, like...Clarice-talking-to-Hannibal-Lecter tense!

    緊張感はピークだよ、なんかこう…クラリスがハンニバル・レクターに話しかけてる並みの緊張感!

  • "Hello, Clarice."

    「どうも、クラリスさん」

  • "Doctor Lecter, it's Jodie Foster."

    「レクター博士、ジョディ・フォスターです」

  • "Quid pro quo, Clarice! Quid pro quo."

    「ギブアンドテイクだよ、クラリス!ギブアンドテイク」

  • "Jodie Foster, look how handsome I am!"

    「ジョディ・フォスター、ホラ私はハンサムでしょ!」

  • Some guy walks in the middle of all this shit.

    そこに別の奴がやってきたんだけど、

  • Sees what's going on and is like: "Nope! I want nothing to do with this weirdness!"

    何事か察して、「いやいや、オレはこの変態どもに関わりたくはないから!」って感じを見せて

  • "I'll go piss in the street!"

    「外で立ちションしてくるわ!」みたいに出ていったんだよ。

  • The dude pooping in the stall's wondering, what the hell is going on out there?

    個室でウンコしてる奴は、一体外で何ごとが起こってるかって心配し出してさ。

  • "Uhhh... Are you guys still in here?"

    「あの…まだそこにいるの?」

  • Finally, after what seems like a goddamn eternity, miss piss partner sees an opening.

    そしてついに、長ーい沈黙を破って隣の奴が出そうとし始めたんだ。

  • He finally gets the courage to piss.

    ついに勇気をもってションベンしようとして。

  • I don't know what's going on, the eye of the tiger, this is it, the big moment.

    何だかよく分からないけど、ついにその時がやってきたって感じで。

  • He finally let's loose...

    ようやく放水します、みたいな…

  • For a whole half a goddamn second.

    でも、ほんの1秒だけでさ。

  • He pissed just enough to fill up a thimble.

    指抜きがやっと一杯になる程度しか出さなかったんだよ。

  • And then he zips up and runs out of there, like the building's on fire.

    その後すぐにチャックを上げて、まるで建物が火事にでもなったかのように速攻で去っていったわけ。

  • Holy shit, I won, I did it, I won Pissing Stalemate 2016!

    うわ、マジかよ、やった、2016年おしっこ出ません大会優勝だ!みたいな。

  • And I'm so relieved.

    そしてめっちゃホッとしたよ。

  • I swear to God, I could've just dropped my pants around my ankles, and pissed like the weird kid did in first grade.

    冗談抜きでさ、変な小学1年生がやるみたいに足元までズボンを下げてションベンしたいくらいだったんだから。

  • All bare-assed and all the pooping dude's clapping for me.

    オシリ丸出しで、個室のウンコ野郎も拍手してくれて。

  • I left that bathroom, feeling relieved, hoping somebody was gonna give me like a sash or something.

    ホッとしてトイレを出る時には、誰かがお祝いのタスキかなんか掛けてくれるかな、なんて期待してたんだけど。

  • Pissing Champion 2016.

    2016年、おしっこチャンピオン。

  • But no, there's no confetti, no celebratory, applause.

    ただ、トイレを出た時に紙吹雪やお祝いの歓声、拍手なんてのは無かったけど。

  • But I did get to avoid eye contact with that other guy for the entire rest of the night.

    でも、例のおしっこ野郎は、残りの時間ずっと目を合わせようとしなかったから

  • So that was rewarding.

    それは助かったよね。

  • I kinda felt bad for him, I was thinking about going up to him, maybe buying him a beer.

    まあ、何となくかわいそうになってきたから、そいつのところに行ってビールでもおごってやろうかと思ったんだよね。

  • Be like: "Look, dude, sorry...Sorry you got all emotional in there."

    なんかこう、「あのさ、その…さっきは何か変な感じで悪かったね」

  • "I'd shake your hand, but...your dick was in it, so...here'a Michelob Ultra."

    「握手を求めようとしたけど、まあ…お前はチンチン触ってたから…まあ、このMichelob Ultraでも飲んでよ」って感じで。

  • I don't know what else to say...

    他にはもう話すことないよ…

  • Jodie Foster!

    ジョディ・フォスター!

  • It's my Jodie Foster impression.

    オレなりのジョディ・フォスターのマネだったんだけど。

  • I don't have a good...

    あんまり上手くないんだよね…

  • I feel like my Hannibal Lector impression sucks dick.

    ハンニバル・レクターのマネなんか全然似てないし。

  • But my Jodie Foster impression...that shit is perfect!

    でも、ジョディ・フォスターは…完璧じゃね?

  • "Doctor Lecter, it's Jodie Foster!"

    「レクター博士、ジョディ・フォスターです!」

  • It's pretty similar to Rough McGruff.

    ラフ・マクグラフにスゲー似てて。

  • Jodie Foster and Rough McGruff they're the same person to me.

    ジョディ・フォスターとラフ・マクグラフって、オレ的には同一人物だよね。

  • "Rough McGruff, Chicago, Illinois."

    「ラフ・マクグラフ、シカゴ、イリノイ」

  • "Jodie Foster, take a bite out of crime!"

    「ジョディ・フォスター、犯罪撲滅だ!」

Alright, so I was at this bar not too long ago.

えっとね、つい最近バーに行ったんだけど。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ジョディ わけ おしっこ 個室 小便 ラフ

Brewstew - Potty Pals (Brewstew - Potty Pals)

  • 4776 173
    lauren.huang に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語