Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • The first business venture--so to speak--I tried was selling sweets at school.

    初めてのベンチャービジネスは…、つまり…、僕が挑戦したのは、学校でお菓子を売ることでした。

  • At the time I was looking to buy a PlayStation, and I wanted to buy it myself, with my own money.

    当時、僕はプレステを買おうかなって考えていて、自分で買いたいなと思っていたんです。自分のお金でね。

  • At that age, people were not allowed to go outside of school grounds during the school day, so I thought: Perfect. I've got a captive customer base.

    その頃、学校にいる間はみんな学校の敷地から出ることは許されていませんでした。それで思ったんです。「完璧だ。専属顧客の基盤があるぞ」って。

  • My first tip is "Eat the Frog."

    僕の 1 つ目のアドバイスは、「カエルを食べなさい」です。

  • "Eat the frog" means start your day with the hardest task you have.

    「カエルを食べなさい」というのは、その日の 1 番大変なことから済ませてしまいなさいと言う意味です。

  • And it means the rest of your day becomes a lot easier and smoother.

    そうすれば、その日の残りの時間はぐんと楽に、スムーズになるということ。

  • In sixth form you'd have free periods, for example, and there was times where I would sit in the free period and do financial forecasts, people would look over my shoulder and think I'm insane.

    例えば、(イギリスでは)シックスフォームという教育課程に入ると (16歳以降) 自由時間を持つことができます。そしてこんなことがありました。僕はその自由時間に座って財務予測をしていたのですが、みんな肩越しにのぞき込んできて、僕のことを頭がおかしいと思うという。

  • But, you know, it's difficult to explain, but I thought actually OK if I'm prioritizing this now because I know I've got a due date for an essay in two weeks, and it's just about managing that workflow.

    説明するのが難しいのですが…、でも僕はそれでいいと思いました。それを優先しても。なぜなら、2週間後にエッセーの締め切りが来るのが分かっていたから。それに、純粋に計画通りに進めていただけのことだし。

  • "Learn From Real Life" is my next top tip.

    「実生活から学ぶ」 これが、次の重要なアドバイスです。

  • Both my parents are deaf, so my older sister and I have been carers to them our whole lives.

    僕の両親は 2 人とも耳が聞こえません。だから姉と僕がずっと僕たち家族の生活のサポートをしてきたんです。

  • I think we matured a lot earlier as children because we had to.

    僕たちは、子どもとしてはずいぶん早くから大人びていたと思います。そうならざるを得なかったから。

  • If I went all the way back to the start of Doorsteps, that starts when I moved house when I was about ten or 11 years old.

    思い返してみれば、Doorsteps 社を始めたきっかけとなったのは、僕が引っ越しをした時のことです。10 歳とか 11 歳くらいでした。

  • Being carers for my parents, we got a bit more of a hands-on experience of the whole property move.

    両親のサポート役として、僕たちは家財道具の引っ越しという実地体験をしたんです。

  • So I tried to understand the breakdown of costs and a big one inevitably was estate agency fees.

    そこで僕は、費用の内訳を理解しようとしました。そして、避けては通れない大きな出費が不動産の仲介手数料でした。

  • So a few years later, we learnt about different disruptors in different industries, taxi driving for Uber, shopping with Amazon, this is where I thought, "Actually, why don't we try and connect buyers and sellers directly?"

    それで数年後、僕たちは様々な業界の新興企業について学びました。タクシー業界のウーバー、ショッピング業界のアマゾンなどです。そこで思ったのが、「買い手と売り手を直接つなげてみたらどうだろう?」ということだったんです。

  • My next tip is read a biography.

    僕からの次のアドバイスは、「伝記を読む」こと。

  • For me that was Michael O'Leary's biography about when he started Ryanair.

    僕の場合はマイケル・オレアリーの伝記でした。(格安航空会社の)ライアンエアーを起業したときの話です。

  • A good biography is really, really motivating.

    良い伝記は本当に、ものすごく、心が揺さぶられます。

  • It shows you that it's doable.

    やればできると教えてくれるんです。

  • It shows you that actually the people that started these insanely successful businesses were normal people, and they've decided to step out of their comfort zone and take a risk, and that's really inspiring.

    ビジネスで桁違いの成功を収めた人たちも、実は普通の人だと教えてくれます。そして、そういう人達は自分の安全地帯から踏み出して、イチかバチかやってみようと決意するのだと。そういう点にものすごく意欲が刺激されるんです。

  • Teach yourself new things is my next top tip.

    「自分で新たなことを学ぶこと」 これが次のアドバイス。

  • I think without teaching yourself, it's difficult to start a business, because you need to understand every aspect and whether it's your forte or not, and understanding that means you can test the business cheaply.

    自分できちんと学ばなければ、ビジネスを始めるのは難しいと思います。あらゆることを理解する必要がありますから。それが得意なことであろうとなかろうとです。そして、それを理解することができたら、コストのかからないビジネスを試すことから始めることができるんです。

  • And for me that was learning floor plans from scratch, photography from scratch, things I didn't have experience in.

    僕にとってそれは、家の間取り図をゼロから学ぶこと、写真撮影の技術をゼロから学ぶことなどでした。僕がそれまでにやったことのなかったことです。

  • So one thing I couldn't learn myself unfortunately at that point was learning to drive.

    ただ、残念ながら、その当時自分だけでは身に着けることができなかったことが 1 つあります。それは車の運転です。

  • That's because I was only about 16 or 17, so to get to my first property I did have to pay my sister's boyfriend to drive me down to the property in East Sussex so I could then go and do the visit.

    僕はまだ 16 歳とか 17 歳でしたから。だから、僕の初の不動産物件まで行くのに、姉のボーイフレンドに謝礼を支払わなければなりませんでした。イースト・サセックスにある物件まで車を出してもらったんです。

  • My next tip is listen to your mom.

    次のアドバイス。「母親の話に耳を傾ける」こと。

  • I've understood that my Mum 95 percent of the time is right, and she is wiser than yourself.

    だいたいいつも、95 % の確率で母の言うことがが正しいものだと僕は分かっていました。それに、自分よりも賢いことも。

  • So my Mum has been very influential, well both my parents have.

    ですから、母はかなり影響力がありました。まあ、両親ともにそうでしたね。

  • They've never let their disability stand in their way.

    2人とも、耳が聞こえないことを障害として捉えたことはありません。

  • Seeing that work ethic especially tracing back to migration for example for my Dad, from Africa into the U.K.

    そういう労働観って、特に僕の父がアフリカからイギリスへ移住したことまで遡ったりして考えると、

  • It's not easy, and they've actually managed to get our family to the stage where we are now, where I'm actually able to take a risk in my own life because I know I've got this stable family background.

    簡単なことではありません。そして2人とも実際に、何とか僕たち家族を今の状態にまでしてくれたんです。僕が自分の人生を思い切って生きられる状態に。僕には安定した家庭環境があると分かっていますから。

  • To be honest the success and the money hasn't made a difference to my life.

    正直なところ、(ビジネスで得た) 成功もお金も、僕の生活に変化をもたらしてはいません。

  • I do still live at home, still live with my parents.

    今でも実家で暮らしているし、まだ両親と生活しています。

  • I still go to the same type of places that I used to, I still don't have a car.

    これまでと同じようなところに通っているし、車もまだ持っていません。

  • It's difficult to actually take a step back and look at the progress you've made, because I'm always kind of moving the goalposts further away.

    1 歩戻って、自分が進んできた過程を振り返るのは(僕にとって)難しいことです。何て言うか、僕はいつもゴールポストを遠くに離していくんで。

  • So at the moment we're a start-up, we're in the midst of growing, it's really, really exciting stages, but I think we've got so much more to give.

    今のところ、僕たちはまだスタートアップ企業で、成長の真っただ中にいます。本当に、本当にワクワクしている段階です。でも、まだまだやらなくちゃいけない事はたくさんあると思っていますよ。

The first business venture--so to speak--I tried was selling sweets at school.

初めてのベンチャービジネスは…、つまり…、僕が挑戦したのは、学校でお菓子を売ることでした。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 アドバイス ビジネス 両親 カエル 物件 2人

19 歳で億万長者に! 5 つのアドバイス | BBC Ideas(Multi-millionaire at 19 - here are my 5 top tips | BBC Ideas)

  • 11955 483
    Seraya に公開 2020 年 08 月 14 日
動画の中の単語