Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Astronomers have found dozens of potentially habitable planets outside of our solar system.

    天文学者らによると、私たちが居住できる可能性のある惑星が、太陽系以外にも数十個見つかっています。

  • That's dozens of chances to discover the first alien life.

    宇宙人の生命を発見する可能性が、それだけあるのです。

  • Or, you know, plenty of places we could park our first interstellar colonies.

    もしくは、初の惑星間植民地となり得る場所が、たくさんあるのです。

  • But with so many options, how do we know which is best?

    しかし、非常に多くの選択肢がある中、どれが一番良いと分かるのでしょうか?

  • You might think that most Earth-like planets should be at the top of our list.

    地球の状態に最も近い惑星が一番だろう、と思うでしょう。

  • After all, we've got everything we need.

    結局、必要なものは全てそろっていますからね。

  • Water, land, an atmosphere, and trillions of life forms lapping it all up.

    地球は、水、土地、大気、何兆もの生命で包まれています。

  • But according to a small group of researchers, there are bigger and better planets out there.

    しかし、ある小規模な研究者グループによると、より大きく、より良い惑星があるということです。

  • They're called super-Earths.

    それらは、スーパーアースと呼ばれています。

  • Super-Earths may be some of the most common planets in our galaxy.

    スーパーアースは、銀河系の中でも、最も一般的な惑星かもしれません。

  • Since 2009, Kepler Space Telescope has discovered about 4000 exoplanets.

    2009 年以来、ケプラー宇宙望遠鏡により、約 4000 個の太陽系外惑星が発見されてきました。

  • 30 percent of them are super-Earths, and a few percent of those super-Earths orbit within their host star's habitable zone.

    そのうち 30 % はスーパーアースで、そのうち数 % が、恒星のハビタブル・ゾーン内を周回しています。

  • That's the Goldilocks Zone, where the planet's surface is just the right temperature for liquid water.

    これはゴルディロックス・ゾーンとも呼ばれており、惑星の表面の温度が、液体水に適切な温度になっています。

  • Not too cold, not too hot.

    気温が低すぎず、高すぎないということです。

  • Now, there's a chance some of these super-Earths aren't rocky worlds like Earth.

    ただ、これらのスーパーアースの中には、地球のように岩石が多くはない可能性があります。

  • The larger ones could be made out of mostly hydrogen and helium gas, like Jupiter and Saturn, which would not be very hospitable for life.

    より大きなものは、木星のように、大半が水素やヘリウムガスで構成されている可能性があり、生命に優しい環境ではありません。

  • But the reality is, astronomers are still gathering details as more data comes in.

    しかし実際、天文学者らは、より多くのデータを得て、詳細を収集している段階です。

  • So, in the meantime, let's explore what life on a rocky, habitable super-Earth might be like.

    そこで、岩石の多い、居住可能なスーパーアースでの生活がどのようなものか、探ってみましょう。

  • Liquid water is just the start.

    まずは、液体水です。

  • These planets can be almost double Earth's radius, and up to ten-times more massive.

    スーパーアースの半径は地球の約 2 倍、そして、最高 10 倍の重量を持つ可能性があります。

  • And all that extra mass is what researchers think could really make super-Earths the perfect home.

    科学者らは、この余分な重量こそ、スーパーアースが完璧な生息地となり得る可能性だと考えます。

  • That's because more massive planets have a stronger gravitational pull.

    より大きな惑星では、より強い引力が働くからです。

  • Super-Earth Kepler 20b, for example is nearly double the size of Earth, and it's ten-times more massive.

    例えば、スーパーアースのケプラー 20b は、地球の約 2 倍の大きさ、約 10 倍の重量を持ちます。

  • This makes its surface gravity almost three-times stronger.

    これにより、表面重力は、地球よりも約 3 倍強いのです。

  • That stronger gravity means that the planet can hold on to more air molecules and form a thicker atmosphere, which is great for protecting against harmful space radiation.

    重力が強いということは、その惑星は空気分子をより多く含み、より厚い大気を形成することができます。そのため、有害な宇宙放射線から守られるのです。

  • It also means mountains and hills would erode a lot faster, leaving a relatively flatter surface, compared to Earth.

    また、山や丘陵の浸食が大幅に早まり、地球よりも、比較的平らな土地ができあがります。

  • Now that might sound boring, but scientists think this could actually spawn dozens of shallow islands all across the planet.

    退屈に感じるかもしれませんが、このおかげで、惑星中に何十もの浅い島ができる可能性がある、と科学者らは考えています。

  • Those in turn, could be the perfect place for life to form and evolve.

    そして、生命が生まれ、進化するのに最適な場所となるかもしれません。

  • Just as biodiversity in Earth's oceans is richest in shallow waters near coastlines, such an "archipelago world" might be enormously advantageous to life.

    地球上の海でも、海岸線に近い浅瀬での生物多様性が豊富であるのと同様、そうした「群島世界」は、生命にとって非常に有利となり得るのです。

  • There's just one problem, leaving this tropical paradise would be extremely difficult.

    ただ、1 つ問題があります。この熱帯パラダイスから外に出るのは、非常に難しいでしょう。

  • The escape velocity on Kepler 20b is more than double compared to Earth's, which means either rockets would need more fuel to reach their destinations...

    ケプラー 20b の宇宙速度は、地球の 2 倍以上です。つまり、目的地に到達するために、ロケットにはより多くの燃料が必要になります。

  • Like for example, a mission similar to the Apollo Moon Landing would require twice the amount of fuel.

    例えば、アポロ月面着陸のようなミッションの場合、2 倍の燃料が必要となります。

  • Or, rockets would have to carry only a fraction of the payload.

    もしくは、ロケットにはわずかな積載量しかなくなるでしょう。

  • For instance, SpaceX's Falcon Heavy can launch 50,000 kilograms of payload into Earth's orbit.

    例えば、スペースX のファルコンヘビーには、地球の軌道に向けて、5 万 kg の積載量で発射可能です。

  • Whereas it could only launch 40 kilograms into orbit around a super-Earth like Kepler 20b.

    一方、ケプラー 20b のようなスーパーアースの周囲では、軌道に向けて、40kg の積載量しか発射できません。

  • That's about the weight of a German Shepherd.

    これは、ジャーマンシェパードの体重くらいですね。

  • Suffice it to say, leaving a super-Earth would be a far greater challenge.

    敢えて言うなら、スーパーアースから出るのは、より困難なことなのです。

  • But if it looked like this, would you really want to say goodbye?

    でも、このような場所だったら、本当に去りたいでしょうか?

  • We'll never know for sure until we visit one.

    行ってみるまで、確かなことは分かりませんね。

  • What questions do you have about space?

    宇宙について、どんな質問がありますか?

  • Leave your queries and the comments below.

    下のコメント欄に、あなたの質問を書いてください。

  • And thanks for watching.

    ご覧いただき、ありがとうございました。

Astronomers have found dozens of potentially habitable planets outside of our solar system.

天文学者らによると、私たちが居住できる可能性のある惑星が、太陽系以外にも数十個見つかっています。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 アース 惑星 地球 スーパー ケプラー 宇宙

私たちにとって、より良い惑星は存在するの?(Is There A Better Planet Out There For Us?)

  • 7970 348
    Seraya に公開 2020 年 08 月 23 日
動画の中の単語