Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Just for a moment,

    翻訳: Hiromi Yanagawa 校正: Tomoyuki Suzuki

  • focus on your breath.

    すこしの間

  • In slowly.

    意識して呼吸してみてください

  • Out slowly.

    ゆっくり吸って

  • In slowly.

    ゆっくりはいて

  • Out.

    ゆっくり吸って

  • The same pattern repeats within every one of us

    はいて

  • and consider your pulse.

    私たち一人ひとりが 同じパターンを繰り返しています

  • The beat is built into the very fabric of our being.

    次に心拍について 考えてみてください

  • Simply put, we're creatures of rhythm and repetition.

    心臓の鼓動は人間の生命の仕組みに 取り込まれています

  • It's central to our experience,

    簡単に言うと 私たちは リズムと反復の生き物なのです

  • rhythm and repetition,

    私たちの体験の中枢にあるのは

  • rhythm and repetition.

    リズムと反復であり

  • On, and in,

    リズムと反復なのです

  • and on, and out.

    ここにも 中にも

  • And we delight in those aspects everyday,

    ここにも 外にも

  • in the rhythm of a song,

    そして私たちは毎日 その様相を楽しみます

  • the beat of the drum,

    歌のリズムや

  • the nod of your head,

    ドラムのビート

  • or in the repetition of soup cans,

    うなずきや

  • the rows of an orchard,

    スープ缶の行列なども

  • the artistry of petals.

    果樹園の木の列も

  • Pattern can be pleasure.

    花びらの芸術も

  • In language, rhythm and repetition are often used

    パターンというのは 喜びになり得るのです

  • as the building blocks for poetry.

    言語においても リズムと反復はよく用いられます

  • There's the rhythm of language,

    詩を作る要素としてです

  • created by syllables and their emphasis,

    言語のリズムというものがあって

  • such as, "So long as men can breathe or eyes can see."

    音節と強調によってつくられています

  • And there's the repetition of language at multiple levels:

    たとえば 「人々が息をする限り その目が見える限り」

  • the repetition of letters,

    そこにはいくつかのレベルで 言語の反復があります

  • "So long lives this and this gives life to thee,"

    まず文字の反復

  • of sounds,

    「この詩は生き あなたに命をあたえるでしょう」

  • "breathe," "see," "thee,"

    音の反復

  • and of words.

    「breath(息をする)」 「see(見る)」「thee(あなた)」

  • With so many uses, repetition is one of the poet's most malleable

    それから単語もです

  • and reliable tools.

    たくさん用いることで 反復は詩人にとって

  • It can lift or lull the listener,

    最も従順で頼れる手法の ひとつとなっています

  • amplify or diminish the line,

    聞き手の気分を 高揚させたり静めたり

  • unify or diversify ideas.

    その一行を 強調したり弱めたり

  • In fact, even rhythm itself,

    発想を単一化したり 多様化したりできるのです

  • a repeated pattern of stressed syllables,

    実際 リズムそのものでさえ

  • is a form of repetition.

    強勢音節の繰り返しのパターンであり

  • Yet for all its varied uses,

    反復のひとつの形なのです

  • too much repetition can backfire.

    しかし どの様な使い方においても

  • Imagine writing the same sentence on the blackboard twenty times,

    あまりにも多くの繰り返しは 逆効果になることがあります

  • again, and again, and again, and again,

    同じ文を20回 黒板に書くことを想像してください

  • or imagine a young child clamoring for her mother's attention,

    何度も何度も 何度も何度も

  • "Mom, mom, mommy, mom, mom."

    または 小さな子どもが 母親の注意を引こうと騒ぎたてる様子

  • Not exactly what we might call poetry.

    「ママ、ママ、マミー、ママ、ママ」

  • So what is poetic repetition, and why does it work?

    これは詩と呼べるものではありません

  • Possibly most familiar is rhyme,

    では 詩的な反復とは何でしょうか それはなぜ効果的なのでしょうか?

  • the repetition of like sounds in word endings.

    おそらく最もよく知られているのは 脚韻でしょう

  • As with Shakespeare's example,

    単語の最後にある 似ている音の反復がそうです

  • we often encounter rhyme at the ends of lines.

    シェイクスピアの例では

  • Repetition in this way creates an expectation.

    よく行の最後に 韻を見ることができます

  • We begin to listen for the repetition of those similar sounds.

    この種の反復は読み手に 期待を持たせます

  • When we hear them, the found pattern is pleasurable.

    私たちはその似ている音の反復に 耳を傾け始めるのです

  • Like finding Waldo in the visual chaos,

    パターンを見つけ それが聞こえるのは 楽しいものです

  • we hear the echo in the oral chatter.

    無秩序な絵の中から ウォーリーを見つけるように

  • Yet, rhyme need not surface solely at a line's end.

    私たちは話し声の中から 反響を聞き取るのです

  • Notice the strong "i" sound in,

    しかし 韻とは単に行の最後に 現れる必要はありません

  • "So long lives this and this gives life to thee."

    強い「i」の音に注意してみてください

  • This repetition of vowel sounds is called assonance

    「この詩は生き あなたに命を与えるでしょう」

  • and can also be heard in Eminem's "Lose Yourself."

    この母音の反復は 母音韻と呼ばれます

  • Notice how the "e" and "o" sounds repeat both within in

    エミネムの『Lose Yourself』のなかでも これが使われています

  • and at the end of each line:

    「e」と「o」の音が 各行の途中と終わりで

  • "Oh, there goes gravity,

    どのように 使われているか注目してください

  • Oh, there goes rabbit, he choked,

    「重力のなすまま

  • he so mad but he won't give up that easy,

    そこのウサギちゃん 窒息したんだ

  • no, he won't have it,

    変な奴だが そんなに簡単には諦めそうにない

  • he knows his whole back's to these ropes."

    いや 決して諦めないさ

  • The alternating assonance creates its own rhythm,

    ロープに追い詰められたと 彼は分かってはいるが」

  • and invites us to try our own voices in echoing it.

    交互に出てくる母音韻が それぞれの韻を作り出し

  • Similarly, consonance is the repetition of like consonant sounds,

    聞き手は自分自身の声が その中でこだまするようになります

  • such as the "l" and "th" in,

    同じように 子音韻とは 似ている子音の反復です

  • "So long lives this and this gives life to thee."

    例えば次の「l」と「th」

  • In fact, this type of specific consonance,

    「この詩は生き あなたに命を与えるでしょう」

  • which occurs at the beginning of words

    実のところ 単語の始めに現れる

  • may be familiar to you already.

    この種の特別な子音韻は

  • It's called alliteration, or front rhyme.

    あなたもすでに よく知っているかもしれません

  • Great examples include tongue twisters.

    これは頭韻と呼ばれています

  • Betty bought some butter but the butter was bitter

    早口言葉にも良い例があります

  • so Betty bought some better butter to make the bitter butter better.

    ベティーはバターを買った でもそのバターは苦かった

  • Here, the pleasure in pattern is apparent as we trip over the consonance

    だからベティーはもっといいバターを買った 苦いバターをもっといいバターにするために

  • both within words and at their start.

    この場合 単語の真ん中と始めの両方で

  • Yet tongue twisters also reflect the need for variation in poetic repetition.

    私たちがつまづくたびに パターンの楽しみがはっきりわかります

  • While challenging to say,

    しかし 早口言葉は詩的な反復に 変化の必要性があることも示しています

  • they're seen by some as lesser imitations of poetry,

    こう言うのは挑戦的ですが

  • or gimmicky because they hammer so heavily on the same sounds,

    早口言葉は同じ音をとても強く しつこく繰り返すので

  • closer to that blackboard-style of repetition.

    詩の劣った模造品か いかさまであると見なす人もいます

  • Ultimately, this is the poet's balancing act,

    それはあの黒板のスタイルの 反復にも似ています

  • learning when to repeat

    結局のところ これは詩人の綱渡りのようなもので

  • and when to riff,

    いつ繰り返し

  • when to satisfy expectations,

    いつ気の利いたことを言うのか

  • and when to thwart them,

    いつ聞き手の期待に応え

  • and in that balance, it may be enough to remember

    いつ予想を覆すのか 彼らは知っているのです

  • we all live in a world of wild variation

    そしてそのバランスの中で 私たちは思い出すことでしょう

  • and carry with us our own breath and beat,

    私たちは自由な変化の 世界に生きていて

  • our own repetition wherever we go.

    それぞれの呼吸と脈 それぞれの反復の動作を

Just for a moment,

翻訳: Hiromi Yanagawa 校正: Tomoyuki Suzuki

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed リズム パターン バター 聞き手 母音

詩的パターンの快楽 - デイヴィッド・シルバースタイン (The pleasure of poetic pattern - David Silverstein)

  • 23 3
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語