Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • ["The interpretation and use of words involves a process of free creation." -Noam Chomsky]

    ["The interpretation and use of words involves a process of free creation." -Noam Chomsky]

  • Language is endlessly variable.

    言語は延々と変化します。

  • Each of us can come up with an infinite number of sentences in our native language, and we're able to do so from an early agealmost as soon as we start to communicate in sentences.

    私たち一人一人が母国語で無限の数の文章を思いつくことができます。そして私たちは幼い頃から、文章でコミュニケーションを始めるとほぼ同時に、それを行うことができます。

  • How is this possible?

    なぜそれが可能なのでしょう?

  • In the early 1950s, Noam Chomsky proposed a theory based on the observation that the key to this versatility seems to be grammar: the familiar grammatical structure of an unfamiliar sentence points us toward its meaning.

    1950 年代初頭、ノアム・チョムスキーは、この汎用性の鍵は文法だと思われるという、観察に基づいた理論を発表しました。馴染みのない文章の中の、なじみのある文法構造は、その意味へと私たちを導くのです。

  • He suggested that there are grammatical rules that apply to all languages, and that the rules are innatethe human brain is hardwired to process language according to these rules.

    彼はすべての言語に適用される文法規則があり、その規則は生得的であると言いました。人間の脳は、これらのルールに従って言語を処理するようにできているのです。

  • He labelled this faculty universal grammar, and it launched lines of inquiry that shaped both the field of linguistics and the emerging field of cognitive science for decades to come.

    彼はこの分野を、「普遍的な文法」と分類しました。そして、数十年にわたって、言語学の分野と認知科学の新たな分野の両方を形作る一連の調査を開始しました。

  • Chomsky and other researchers set out to investigate the two main components of universal grammar: first, whether there are, in fact, grammar rules that are universal to all languages, and, second, whether these rules are hardwired in the brain.

    チョムスキーと他の研究者たちは、普遍的な文法の 2 つの主要な要素を調査することに着手しました。1 つ目は、実際にすべての言語に共通の文法ルールがあるかどうか、そして 2 つ目は、これらのルールが脳に組み込まれているかどうかです。

  • In attempts to establish the universal rules of grammar, Chomsky developed an analytical tool known as generative syntax, which represents the order of words in a sentence in hierarchical syntax trees that show what structures are possible.

    チョムスキーは、文法の普遍的なルールを確立するために、「生成構文」と呼ばれる分析ツールを開発しました。これは、どんな構造が可能なのかを示す階層構文ツリー内の、文の単語の順序を表します。

  • Based on this tree, we could suggest a grammar rule that adverbs must occur in verb phrases.

    このツリーに基づいて、副詞が動詞句に出現する必要があるという文法規則を示すことができたのです。

  • But with more data, it quickly becomes clear that adverbs can appear outside of verb phrases.

    しかし、データが増えると、副詞が動詞句の外側に現れることが、すぐに明らかになります。

  • This simplified example illustrates a major problem: it takes a lot of data from each individual language to establish the rules for that language, before we can even begin to determine which rules all languages might have in common.

    このシンプルな例は、重大な問題を示しています。すべての言語に共通する可能性のあるルールを特定する前に、その言語のルールを確立するには、個々の言語から大量のデータが必要だということです。

  • When Chomsky proposed universal grammar, many languages lacked the volume of recorded samples necessary to analyze them using generative syntax.

    チョムスキーが「普遍的な文法」を提案したとき、多くの言語は生成構文を使用し、それらを分析するために必要な記録されたサンプルの量が足りませんでした。

  • Even with lots of data, mapping the structure of a language is incredibly complex.

    データが大量であったとしても、言語の構造のマッピングは非常に複雑です。

  • After 50 years of analysis, we still haven't completely figured out English.

    50 年間の分析をしても、まだ私たちは英語を完全には理解していません。

  • As more linguist data was gathered and analyzed, it became clear that languages around the world differ widely, challenging the theory that there were universal grammar rules.

    より多くの言語学者のデータが収集され、分析されるにつれて、世界中の言語が大きく異なることが明らかになり、普遍的な文法規則があるという理論が疑われました。

  • In the 1980s, Chomsky revised his theory in an attempt to accommodate this variation.

    1980 年代、チョムスキーはこの違いに対応するために理論を修正しました。

  • According to his new hypothesis of principles and parameters, all languages shared certain grammatical principles, but could vary in their parameters, or the application of these principles.

    原則とパラメータに関する彼の新しい仮説によれば、すべての言語で特定の文法原則が共通しますが、それらのパラメータ、またはこれらの原則の適用は異なる可能性があります。

  • For example, a principle isevery sentence must have a subject," but the parameter of whether the subject must be explicitly stated could vary between languages.

    たとえば、「すべての文には主語が必要」という原則があっても、主語を明示的に記述する必要があるかどうかのパラメーターは言語によって異なります。

  • The hypothesis of principles and parameters still didn't answer the question of which grammatical principles are universal.

    原則とパラメーターの仮説は、どの文法原則が普遍的であるかという疑問にはまだ答えていませんでした。

  • In the early 2000s, Chomsky suggested that there's just one shared principle, called recursion, which means structures can be nested inside each other.

    2000 年代初頭、チョムスキーは、共通の原則が1つしかないことを示唆しました。それは再帰と呼ばれ、構造を相互に入れ子にできることを意味します。

  • Take this sentence, which embeds a sentence within a sentence within a sentence.

    この文章を例とすると、これは1つの文章内に文章が埋め込まれ、そこにまた文章が埋め込まれています。

  • Or this sentence, which embeds a noun phrase in a noun phrase in a noun phrase.

    もしくは、こちらの文章。これは、名詞句を名詞句に埋め込んでいます。

  • Recursion was a good candidate for a universal grammar rule because it can take many forms.

    再帰は多くの形式をとることができるため、普遍的な文法規則の良い候補でした。

  • However, in 2005 linguists published findings on an Amazonian language called Piraha, which doesn't appear to have any recursive structures.

    しかし、2005 年に言語学者たちは、ピラハと呼ばれるアマゾンの言語に関する調査結果を発表しました。 これは再帰的な構造を持っていなかったのです。

  • So what about the other part of Chomsky's theory, that our language faculty is innate?

    それでは、チョムスキー理論の他の部分についてはどうでしょうか? 私たちの言語能力が生得的であるという部分です。

  • When he first proposed universal grammar, the idea that there was a genetically determined aspect of language acquisition had a profound, revolutionary impact.

    彼が最初に「普遍的な文法」を提案したとき、言語習得に遺伝的に決定された側面があるという考えは、難解で革命的な影響を与えました。

  • It challenged the dominant paradigm, called behaviorism.

    それは行動主義と呼ばれる支配的なパラダイムに、異議を唱えたのです。

  • Behaviorists argued that all animal and human behaviors, including language, were acquired from the outside by the mind, which starts out as a blank slate.

    行動主義者は、言語を含むすべての動物および人間の行動は、白紙の状態から始まる精神により、外部から習得されたと主張しました。

  • Today, scientists agree that behaviorism was wrong, and there is underlying, genetically encoded biological machinery for language learning.

    今日、科学者たちは行動主義が間違っていたことに同意しており、言語学習のために、遺伝的にコード化された生物学的機構が根底にあります。

  • Many think the same biology responsible for language is also responsible for other aspects of cognition.

    多くの人が、言語を担っている生物学は、認知の他の側面にも関係があると考えています。

  • So they disagree with Chomsky's idea that there is a specific, isolated, innate language faculty in the brain.

    ですから、彼らはチョムスキーの考えである、脳には特定の孤立した生得的な言語能力があるということに同意していません。

  • The theory of universal grammar prompted the documentation and study of many languages that hadn't been studied before.

    「普遍的な文法」の理論は、これまで研究されていなかった多くの言語の文書化と研究を促しました。

  • It also caused an old idea to be reevaluated and eventually overthrown to make room for our growing understanding of the human brain.

    また、それによって古い考えが再評価され、最終的には覆されることで、人間の脳についての理解が深まる余地が生まれました。

  • What would you guess is the most difficult word to translate?

    皆さんは、一番訳しにくい単語はなんだと思いますか?

  • We bet it isn't what you think--find out with this video!

    あなたが考えている答えとは違う、そう言い切れます。動画でチェック!

["The interpretation and use of words involves a process of free creation." -Noam Chomsky]

["The interpretation and use of words involves a process of free creation." -Noam Chomsky]

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed 言語 文法 文章 原則 規則

すべての言語に共通するものは何か - キャメロン・モーリン (What do all languages have in common? - Cameron Morin)

  • 1572 70
    nanako.kamiya に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語