Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Looking at me now, you could probably have a decent go at describing me.

    今の私を見ていると、おそらく私のことをまともに説明することができるだろう。

  • But what about now?

    でも、今はどうなんだろう?

  • You might remember more or less that I have pale skin and dark hair.

    多かれ少なかれ覚えているかもしれませんが、私は肌が青白くて黒髪です。

  • But what If I asked you to describe my nose?

    でも、もし私の鼻の形を教えてくれと言われたら?

  • Would you say it was flat?

    平らだったと言いますか?

  • Long?

    ロング?

  • Pointy?

    とがった?

  • And what about my eyes?

    私の目は?

  • Round?

    丸い?

  • Almond shaped?

    アーモンド型?

  • Wide set?

    ワイドセット?

  • Deep-set?

    ディープセット?

  • Close together?

    近くに?

  • Difficult to be specific isn't it?

    具体的にするのは難しいですよね?

  • And that gives you some indication of the kinds of problems that detectives face when they're trying to recreate images of suspects.

    容疑者の画像を再現しようとした時に刑事が直面する問題の種類がわかるだろう

  • The idea behind police sketches is simple.

    警察の似顔絵のアイデアはシンプルです。

  • An eyewitness sees a crime and works with the police to create an image of the criminal.

    目撃者は犯罪を目撃し、警察と協力して犯人像を作り上げていく。

  • But how accurate are these kinds of sketches?

    しかし、この手のスケッチはどれくらい正確なのでしょうか?

  • Do they really help catch criminals?

    彼らは本当に犯罪者を捕まえるのに役立つのか?

  • Experiments by forensic psychologists in the U.K. found that faces were identified correctly by police sketches in just 8 percent of cases.

    イギリスの法医学心理学者による実験では、警察の似顔絵で顔が正しく識別されたのはわずか8%だったという。

  • There have been some cases where police sketches have worked well, such as the Oklahoma Bomber, Timothy McVeigh, and the sketch of serial killer Ted Bundy, which prompted people who knew Bundy to call the authorities.

    警察の似顔絵がうまく機能しているいくつかのケースがありました、そのようなオクラホマ爆撃機、ティモシーMcVeigh、および連続殺人犯テッドバンディの似顔絵は、バンディを知っている人々が当局に電話するように促しました。

  • But more often than not, the similarities are not that close and a police sketch ends up being mostly a guesstimate.

    しかし、多くの場合、類似点はそれほど近くなく、警察の似顔絵は、ほとんどが推測で終わる。

  • And one reason it's so difficult to get them right is because our brains aren't wired to process each individual feature on a face.

    それが難しい理由の一つは、脳が顔の各特徴を処理するために配線されていないからです。

  • When the mind remembers a face it doesn't look at the face and break it up into databases of noses and eyes and ears and then try to reconstruct them, which is how the early systems work.

    心が顔を覚えているときは顔を見ず、鼻と目と耳のデータベースに分解して再構築しようとする、それが初期のシステムの仕組みです。

  • Instead, when we look at faces, we remember the whole face.

    その代わり、顔を見るときは顔全体を覚えています。

  • So our mind is storing the face holistically.

    つまり、私たちの心は顔をホリスティックに蓄えているのです。

  • When it comes to police sketches, the process of reconstructing a face from memory, detail by detail, is the opposite of how we naturally recall faces.

    警察の似顔絵の場合、記憶から顔を再構築するプロセスは、私たちが自然に顔を思い出す方法とは正反対です。

  • In the 60s and 70s, systems such as Identikit and Photofit tried to fix this problem with large databases of interchangeable features.

    60年代と70年代には、IdentikitやPhotofitなどのシステムが、交換可能な機能の大きなデータベースでこの問題を解決しようとしました。

  • By the 80s, computerized systems such as E-FIT meant they could be a bit more customised, but the witness still had to scroll through lists of individual features, so any face constructed was limited by those options.

    80年代になると、E-FITのようなコンピュータ化されたシステムはもう少しカスタマイズできるようになったが、証人はまだ個々の特徴のリストをスクロールしなければならなかったので、構築された顔はそれらのオプションによって制限されていた。

  • And these aren't the only hurdles.

    そして、これだけがハードルではありません。

  • Not only do we find it difficult to identify individual features, we also struggle to describe them.

    個々の特徴を特定することが難しいだけでなく、それを記述するのにも苦労します。

  • So when you see the face of a perpetrator, if you're unlucky enough to be a witness to a crime, you see the face, so it's visual.

    だから加害者の顔を見た時に、運悪く犯罪の目撃者になった場合は顔が見えるから視覚的なんだよね。

  • But when the police officer asks you to describe it you have to give a verbal response and our brains aren't very good at swapping between modalities, swapping from the visual to the verbal.

    しかし、警察官がそれを説明するように求められたとき、あなたは口頭で答えなければなりません。そして、私たちの脳は、モダリティの間の入れ替わりがあまり得意ではありません。

  • And then there's the issue of time.

    そして、時間の問題があります。

  • The problem is, is that witnesses are normally interviewed a couple of days or a week after a crime.

    問題なのは、目撃者は通常、犯罪が起きてから2~3日後や1週間後に事情聴取を受けるということです。

  • And when this happens, witnesses struggle to remember what the face looks like and they struggle to remember the parts of the face.

    そうなると、目撃者は顔のパーツを思い出そうと悪戦苦闘します。

  • And what we know is, for unfamiliar faces, our memory tends to be particularly good for the hair and the outer part of the face.

    そして分かっていることは、慣れない顔の場合、記憶力が特に髪の毛や顔の外側に向いている傾向があるということです。

  • And yet when you become familiar with the face, it's the central internal features that you tend to rely on in order to be able to recognize somebody's faces.

    それなのに、顔に慣れてくると、誰かの顔を認識するために頼りがちなのが、中心的な内面的特徴なのです。

  • So a witness will tend to construct the outer part of the face well, but somebody who's trying to recognize the face will be looking at the central part of the face.

    だから目撃者は顔の外側の部分をうまく構築する傾向がありますが、顔を認識しようとしている人は顔の中央部分を見ていることになります。

  • And so there's a kind of a mismatch in what's accurate in the face.

    だから面と向かって正確なものはミスマッチのようなものがあります。

  • And that's what has led to EvoFIT, a composite facial system that Charlie Frowd helped to develop.

    それが、チャーリー・ファウドが開発を手伝った複合フェイシャルシステム「EvoFIT」につながっています。

  • It presents randomly generated faces that users are able to tweak, adjusting them by variables such as pleasantness, attractiveness or honesty.

    ランダムに生成された顔を提示し、ユーザーが微調整することができ、快感、魅力、誠実さなどの変数によって調整します。

  • We built a system that shows witnesses screens of faces and they're asked to select faces that look like the person that they've seen.

    目撃者に顔の画面を見せるシステムを構築し、その人に似た顔を選んでもらいます。

  • Those choices are then combined together and another screen is produced.

    それらの選択肢が組み合わされて、別の画面が作られます。

  • In some of the experiments what we've been doing is showing witnesses faces where the outer part is de-emphasized or blurred to help a witness focus on the central part of the face.

    私たちが行ってきた実験のいくつかでは、証人に顔の外側の部分を強調したり、ぼかしたりして、証人が顔の中心部に集中できるようにしているのですが、この実験では、顔の外側の部分を強調したり、ぼかしたりしています。

  • And that's actually quite effective to help people construct the central part of the face more accurate and so produce a more identifiable composite.

    そして、顔の中心部をより正確に構成し、より識別性の高い合成物を作成するためには、実際には非常に効果的です。

  • We've shown in the laboratory identification can be about 75 percent correct.

    私たちは、研究室の識別が約75%正しいことを示しています。

  • I mean so, performance that really is quite good and actually valuable for police and for policing.

    私が意味するので、パフォーマンスは本当にかなり良いと実際に警察と警察のために価値があります。

  • EvoFIT helped catch a serial rapist in Manchester who was recognised by a facial composite on Crimewatch and turned in to the police by his own brother.

    EvoFITはマンチェスターの連続強姦魔を捕まえるのを助けましたが、その犯人は犯罪監視カメラの顔写真で認識され、実の兄によって警察に引き渡されました。

  • Very often perhaps the facial composite images aren't that accurate, but nonetheless, they can be an invaluable prompt to somebody who maybe looks at it and thinks, "Is that someone I know?"

    非常に多くの場合、おそらく顔の合成画像は、その正確さではありませんが、それにもかかわらず、それらは多分それを見て、考えている誰かに貴重なプロンプトになることができます、 "それは私が知っている人ですか?"

  • And that can be all that's needed to push them over the line and call the police and say, "I think it's this person."

    そして、それは彼らを押しのけて、"この人だと思う "と警察を呼ぶために必要なことなのです。

Looking at me now, you could probably have a decent go at describing me.

今の私を見ていると、おそらく私のことをまともに説明することができるだろう。

字幕と単語
自動翻訳

B1 中級 日本語 警察 似顔 目撃 犯罪 構築 外側

警察の似顔絵は実際に犯罪者を捕まえるのに役立つのか?| BBCのアイデア

  • 1906 221
    Fibby   に公開 2020 年 06 月 02 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す