Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • When it comes to job interviews, one of the most difficult parts is making a strong, solid introduction.

    仕事の面接を受ける時に難しいのは、最初に印象的なインパクトを与えるということです。

  • After all, you know that first impressions are everything, and you wanna be remembered in a really good way.

    結局は第一印象が全てですから、ここで良いイメージを与えておきたいところです。

  • In today's video, you'll learn how to introduce yourself in an interview in three simple steps and what you can do to make a lasting first impression so that you can secure the ultimate job offer.

    今日のビデオでは、最初の自己紹介の段階をどのようにこなせばいいかを 3 つの簡単なステップに分けて説明して、皆さんが夢の仕事をしっかりゲットできるために、記憶に残る印象付けをするためのお手伝いをしていきます。

  • And hey, if you want a knockout resume, one that gets you in the door to your dream job, I have a free training just for you.

    ちなみに、見栄えの良い履歴書を書いて夢の仕事への第一歩を踏み出すためには、無料レッスンもご用意しています。

  • It's the five-part formula to make your resume a success.

    「成功する履歴書を作り上げるための 5 つの方程式」と呼んでいますが、

  • Stick around until the end to learn where you can get instant access to this training.

    最後までご覧いただくと、このレッスンへのアクセスの仕方をお知らせしますのでお楽しみに。

  • If we've never met before, I'm Heather Austin from professoraustin.com and The Career Club on Facebook, and on this channel, I help working professionals just like you build a personal brand so that you can land your dream job and grow in a field you love.

    初めての皆さんに自己紹介しますと、私はヘザー・オースティンといって、professoraustin.com や Facebook の The Career Club を運営していますけど、このチャンネルでは皆さんのようなプロの方を対象にして、自分のキャリアアップにつながるために自己価値を高めていくお手伝いをしています。

  • So, if you're new to this channel, consider subscribing and hit the bell notification down below so you're notified when I post a new video or go live every week.

    ですから、まだの方は是非チャンネル登録をして、下のお知らせのベルをクリックして毎週私がアップする新しいビデオやライブ発信を逃さずチェックしてください。

  • How you introduce yourself in an interview can either get things going in the right direction or can totally sabotage you.

    面接での自己紹介の仕方次第では、正しい方向に進むこともあれば完全に可能性が閉ざされてしまうこともあります。

  • So, before I jump into the three simple steps to introduce yourself in an interview, there's a couple [of] things to keep in mind.

    というわけで、面接で自己紹介をする上で押さえておきたい 3 つの簡単なステップを見ていく前に、頭に入れておきたいことがいくつかあります。

  • First, make sure you arrive to your interview ahead of schedule.

    まずは、面接の場所には時間的余裕を持って到着するということです。

  • If you're even a few minutes late, this is going to throw off your entire focus.

    数分遅れるだけでも、全体的な集中力が削がれてしまいかねません。

  • It will throw off your energy.

    全力で取り組めなくなりますし。

  • Your head won't be in the right place and you won't be able to answer questions properly because you'll be so focused on the fact that you were late to your interview.

    面接に心が向かいませんから、遅刻してしまった事ばかり気になってしまって質問にも上手く答えられなかったりします。

  • So plan your schedule ahead of time.

    ですから、時間には余裕を持って臨みましょう。

  • The day before the interview, map out your destination.

    前日の段階で面接場所を把握して、

  • Figure out how long it's going to take you to get to the interview.

    到着までにどれくらい時間がかかるか割り出して、

  • Plan to be there early and plan for any unforeseen circumstances such as traffic or childcare issues.

    早めに着くために、交通状況や子どもの世話といった予期せぬ事態への対処も想定しておきましょう。

  • And, if it's a phone interview, make sure you get to your spot early.

    そして電話面接の場合は、早めに電話を受ける場所にいるようにします。

  • And here's the cool thing, I have a video that will walk you through exactly how to make your phone interview a success.

    電話面接を成功させるためのビデオも用意していますから、参考にして下さいね。

  • I'll go ahead and link that video below, and you can take a look at it as soon as you're done with this one.

    下にリンクを貼っておきますから、このビデオを観終わった後にすぐチェックしてみてください。

  • The second thing to keep in mind before we jump into our three simple steps to make an introduction is to learn as much as you can about the company before you go in to the interview.

    面接で自己紹介をする際の 3 つのステップを見ていく前に頭に入れておきたいことの 2 つ目は、面接に行く前にその会社の事を出来るだけ多く予習しておくということです。

  • Do your research to find out what the company's biggest problems are.

    その会社の抱えている難題もリサーチしておきます。

  • What are their pain points and what are they looking for in an ideal candidate?

    どんな点に悩まされているのか、採用しようとしている人にはどんなことを期待しているのか?といった点です。

  • Go into your interview prepared to tell the interviewer why you are the best fit for the position and how you can help them solve some of their biggest pain points.

    面接時には、面接官に対してなぜ自分がその職に適任なのか、また会社が抱えている問題をどのように解決へと導くことができるのかを説明できるようにしておくことです。

  • A little bit of research can go a long way.

    ちょっと下調べをしておくだけで結果は全然違ってきます。

  • So let's jump into the three simple steps to introduce yourself in an interview.

    さあ、では面接で自己紹介をするときの 3 つの簡単なステップについて見ていきましょう。

  • Step number one is to keep your introduction short and simple.

    ステップその 1 は自己紹介は簡潔かつ手短に済ませる、ということです。

  • When it comes to introductions, you might feel like you have to share everything so that the interviewer can get a sense of who you are, when, in fact, the opposite is true.

    自己紹介をするとなると、面接官に自分という人間を知ってもらうために全部を話さなくてはいけないと考えがちですが、実際のところ正反対なんです。

  • Your interviewer doesn't need all the details, at least not right now.

    面接官にしてみれば皆さん情報を全部は必要としていません、少なくとも最初の時点では。

  • You'll have plenty of time later on in your interview to discuss more of the details in depth.

    面接が進むにつれて、より深く詳細を話す時間は出てきますから。

  • When you first meet your interviewer, you can say something like, "Hello, I'm Heather Austin."

    最初に面接官と話をする時は、「こんにちは、ヘザー・オースティンと言います」

  • "I'm excited to be here to meet with you about the position."

    「今回こうしてお仕事に関してお話しできる機会を下さり、本当にありがとうございます。」と言うか、

  • Or you could even just say, "Hello, I'm Heather Austin. It's nice to meet you."

    「こんにちは、ヘザー・オースティンと言います」「初めまして」だけでも大丈夫です。

  • Don't overthink this part. Just be yourself.

    ここは考え過ぎないようにしてくださいね。自分を取り繕わないことです。

  • The second step to introduce yourself in an interview is to highlight your qualification(s).

    面接時の自己紹介における 2 つ目のステップは、自身の資格を強調するということです。

  • When you're introducing yourself in an interview, your main focus needs to be on your qualifications.

    自己紹介をする際には、自分の資格について焦点を絞るようにします。

  • What makes you an ideal fit for the position?

    なぜ自分はこの仕事に適任なのでしょうか?

  • An easy way to do this is to narrow in on your most important career accomplishments, and then top that off with what makes you so unique.

    そのためにできる簡単な方法は、これまでの職歴で最大の成功に絞って、それに加えて自分ならではのユニークさを足していく感じになります。

  • Why are you the best fit for the position over everyone else that might be applying?

    他にもたくさん候補者はいる中で、なぜ自分が最も適任だと言えるのか考えてみましょう。

  • You can include in your introduction some of the largest problems you've solved or some of the contributions you've made in the past.

    これまでに解決した問題の中で一番大きなものや、過去にどれだけプロジェクトに尽力してきたかなどを話しても効果的です。

  • With the focus on your qualifications, what makes you unique, and your problem-solving abilities, create a career story that paints a better picture for your interviewer of who you are.

    自分の資格やユニークさ、そして問題解決能力にフォーカスを置きつつ、面接官に自分は仕事の場面においてどのような歩みをしてきたかを示してあげるように意識するわけです。

  • So here's an example of what you could say.

    例えばこんな感じのことを言えばいいです。

  • "I'm a business analyst with over eight years of experience designing innovative business systems to help organizations streamline their approach to gathering important documentation and analyzing business needs."

    「私はビジネスアナリストとして 8 年間働いていて、革新的なビジネスシステムを構築して、企業が重要な情報を集めたりビジネスニーズを分析するためのサポートをしていました。」

  • "I hope to make an impact in the areas of management and team leadership."

    「マネジメントやチーム統率の分野で変革を起こしたいと思っています」

  • Now, you can use this sample response as a starting-off point and customize it with your own information.

    このような回答を参考にしつつ、自分の情報を織り交ぜてオリジナルを作り上げてください。

  • Now, one of the questions you're likely to get asked during your interview is: "Tell me about yourself."

    面接の最中に聞かれることの多い質問と言えば、「ご自身の事について教えてください」というものです。

  • This is a catch-all question that interviewers like to ask to get a sense of your personality and how you'll fit within the organization.

    これは面接官が皆さんの人となりをつかんで、会社に上手く適合できるかどうかを把握する上で全体像を見るために訊く質問ですが、

  • I have a video that I created just about this question.

    この質問に関するビデオも最近作りました。

  • I'll go ahead and link that video below, and you can take a look at that as soon as you're done with this one.

    下にリンクを貼っておきますから、このビデオを観終わった後にすぐチェックしてみてください。

  • The third step to introduce yourself in an interview is to be prepared for follow-up questions.

    面接時の自己紹介における 3 つ目のステップは、フォローアップの質問に対して準備をしておくというものです。

  • Follow-up questions are a great sign that your interviewer is interested in learning more about you.

    フォローアップの質問をしてくるということは、面接官が自分に対して興味を持っているので、もっと知りたいと思ってくれているという良い兆候です。

  • So be prepared to give more in-depth examples of your background and your experience.

    ですから、自分のバックグラウンドや経験について掘り下げて例を挙げる準備をしておきましょう。

  • One of the ways interviewers like to ask follow-up questions is by using behavioral or situational-based questions.

    面接官がフォローアップの質問をしてくる際の方法の一つに、行動基準や場面基準の質問があります。

  • Now these questions are very open-ended, and it might sound something like: "Can you tell me more about the time that you did X, Y, and Z?"

    こういった質問は自由回答の様相が色濃く出ますから、「 X や Y や Z を実践した時のことについて、もう少し詳しく教えてもらえますか?」などといいう形を取るか、

  • Or, "Can you tell me about a time that you used your skills and your talents in the areas of X, Y, Z?"

    「 X や Y や Z の分野で自分のスキルや能力を使った際の事を詳しく教えてください。」という感じになるわけです。

  • Be able to share examples and stories surrounding your greatest accomplishments and some of the largest problems that you've solved.

    自分の達成した素晴らしい功績や、問題解決にまつわる例や証しをいつでも話せるようにしておいてください。

  • This will make your responses more natural and will help you better get your point across.

    そうすることで、回答が自然な形でできますし、自分の言いたいポイントもスムースに伝わります。

  • Now, to help you better tackle behavioral interview questions, take a look at the video I made right here, where you'll learn two simple steps to answer any behavioral interview question.

    行動基準の質問に対する対処の仕方を身に付けるためには、ここから私のビデオにアクセスをして、2 つの簡単なステップを学んでいただけます。

  • I'll also link the video below.

    下にリンクも貼っておきますね。

  • And if you like this video, be sure to hit the thumbs up button down below.

    そしてこのビデオを気に入っていただいたら、下からイイねボタンをクリックして下さいね。

  • Make sure you subscribe to this channel for more videos just like this, and I will see you next time.

    チャンネル登録をして他にもたくさんのビデオをチェックすることもお忘れなく。ではまた次回お会いしましょう。

When it comes to job interviews, one of the most difficult parts is making a strong, solid introduction.

仕事の面接を受ける時に難しいのは、最初に印象的なインパクトを与えるということです。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 TOEIC 面接 自己 紹介 ステップ ヘザー

【英語で面接】覚えておきたい自己紹介の仕方と回答例!(How To Introduce Yourself In A Job Interview - BEST Sample Answer)

  • 11202 616
    Annie Huang に公開 2020 年 06 月 21 日
動画の中の単語