Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • People across cultures and across millennia, they've always had the instinct to stay connected to the dead.

    たくさんの文化、そして数千年にわたって、人々は常に死者とつながっているような感覚を持っています。

  • And they have pulled the available technologies of the day into service to try to get hold of the dead.

    そして、彼らは死者と繋がるために、その時に利用可能な技術を実用化しました。

  • But now we're at a point where the dead live in the tech already.

    しかし今、私たちは死者がテクノロジーの中で生きているという時代にすでにいるのです。

  • It's easy to connect to the dead because they're everywhere.

    死者と繋がることはとても簡単です。彼らはどこにでもいますから。

  • Nearly everyone knows someone who had a Facebook account who passed away.

    ほぼ全ての人が、亡くなってからも Facebook のアカウントを持っている人を知っています。

  • There's a friend of mine who recently took their own life and I found out purely by reading statuses and comments on images from several accounts on social media.

    最近、自分の命を奪った友人がいます。私はソーシャルメディアのいくつかのアカウントでステータスや画像へのコメントを読んだだけで、そのことを知りました。

  • We can all identify with the experience and it's kind of a new experience that we haven't had before in the pre-digital era.

    私たちはみな、経験から共感することができます。そしてそれは、デジタル以前の時代にはなかった、ある種の新しい経験なんです。

  • I got a direct message from someone saying: "Hey are you going to come to the service tonight?"

    ある人から「やあ、今夜葬儀には来る?」というダイレクトメッセージをもらいました。

  • And that was really strange because all of the interaction around their very real passing happened purely in the digital realm.

    そして、それは本当に奇妙でした。彼らの現実である死にまつわるやりとりが、デジタルの領域の中で起こったのですから。

  • [But is all this disturbing the grieving process?]

    [しかし、これは悲しみから癒えるプロセスを妨げているのだろうか?]

  • If the dead person is leaving behind this hugely multifaceted online footprint, it gets in the way of people doing that process.

    死んだ人がこの非常に多面的なオンライン上での足跡を残している場合、それはそのプロセスをしている人々の邪魔をします。

  • It's like, OK here's the durable biography, it's 2,000 pages and is really complicated.

    ここに永続性のある人物紹介があって、2,000 ページにもわたっていて、本当に複雑・・・という感じです。

  • And here's the image the person presented to the world and here's their search history.

    そして、その人が世界に示した画像と、彼らの検索履歴があります。

  • Somebody can go off on a detective trail trying to work out who was this person.

    この人物がどんな人だったのかを突き止める探偵の道に、誰かが出発することができるんです。

  • And so you can open a door...and you can go down and keep on finding stuff and finding stuff and finding stuff.

    そして、その扉を開き、深くまで探って、探って、探って、探り続けることができるのです。

  • That's the kind of not letting go that can then maybe be deleterious and not allow people to rest in their grief for someone.

    それは、手に負えない精神的に有害なものになる種類のものです。そして、人々を誰かを失った悲しみから休むことを許さないのです。

  • Servers are filling up with data about dead people.

    サーバーは、死んだ人々に関するデータでいっぱいになっています。

  • [If Facebook continues to grow at the same rate, there will be 3.6 billion dead profiles by 2100]

    [Facebook が今と同じ速度で成長し続ける場合、2100 年までに 36 億の亡くなった人のプロフィールが存在することになります]

  • And if you keep archiving data, sooner or later, you will have to ask yourself the question: What data should we save and what should be deleted?

    そして、もしデータのアーカイブを続けていたら、遅かれ早かれ自分自身に問うことになります。どのデータを保存するべきで、どれを削除するべきかと。

  • When everything is online, when the majority of what we do becomes virtual, it will be maybe one of the most important questions that people can deal with.

    すべてがオンラインになり、私たちの活動の大部分がバーチャルになるとき、それはおそらく人々が対処する最も重要な質問の 1 つになるでしょう。

  • You should think about what we leave behind on the web as parts of who we are.

    私たちの一部として、何をウェブ上に残すのかを、考えるべきです。

  • [What will your digital legacy be?]

    [あなたのデジタル遺産は何になりますか?]

  • I opted for deletion of my Google data through an active account manager so if I'm inactive for 18 months on any Google service including search engine all of my data on Google will be deleted.

    私はアクティブなアカウントマネージャーを介して Google データの削除についての選択しました。ですから、検索エンジンを含むいずれかの Google サービスで、18 か月間非アクティブだった場合、Google 上のすべてのデータが削除されます。

  • People maybe need to be saving in order that other people can, digitally curate their memories, their digital selves after they die.

    人々は、自分が亡くなった後に、他の人たちが自分の思い出をデジタルでキュレートできるように、データをセーブする必要があるかもしれません。

  • Maybe that's a future job that people could do.

    もしかすると、それが人々ができる未来の職業かもしれませんね。

  • I'm going to be managing what I put online with what I feel is most important and most valuable.

    オンラインにアップするものを管理していきます。自分が最も重要で最も価値があると思うものに基づいてね。

  • And in keeping it that reduced, keeping it that curated, keeping it that edited so that for one, it's not going to be that avalanche of things that my descendants inherit.

    そしてそれを削減し、キュレートし、編集し、私の子孫が受け継ぐものがデータの殺到ではないようにします。

  • Separate from any kind of thought about my own death, I'm just always aware when I'm like, sharing poetry, or just like, pithy thoughts, that it's going to live on.

    自分の死についてのあらゆる考えとは別にして、詩や考えをシェアしたりするときに、それが生き続けることを常に意識しています。

People across cultures and across millennia, they've always had the instinct to stay connected to the dead.

たくさんの文化、そして数千年にわたって、人々は常に死者とつながっているような感覚を持っています。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 データ 死者 デジタル 探っ 人々 アカウント

自分のデジタル遺産をどんなものにするか(What will your digital legacy be? | BBC Ideas)

  • 4830 219
    Annie Huang に公開 2020 年 07 月 20 日
動画の中の単語