Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Anyone into makeupfollowing Instagram beauty influencers, or just watching a bunch of YouTube tutorialsknows that Rihanna's new makeup line, Fenty Beauty, is blowing up.

    インスタグラムで美容のインフルエンサーをフォローしている、またはメイクに興味のある人ならば誰でも、YouTubeのチュートリアルをたくさん見ているだけで、リアーナの新しいメイクの商品ライン、「フェンティ・ビューティー」が嵐を巻き起こしていることがわかります。

  • It dropped during New York Fashion Week in September of this year and since then the color-poppin' highlighters, matchstixs, and lip gloss have created a buzz on social media.

    今年 9 月のニューヨーク・コレクション中に下りてきて以来、ポップな色彩のハイライト、マッチスティックス、リップグロスがソーシャルメディアで話題を呼んでいます。

  • But the most notable thing about the line is the range of foundation shadesthere are 40 to be exact.

    しかし、この商品ラインで最も注目すべき点はファンデーションの色調の幅です。正確には 40 種類あります。

  • And many of the deeper shades were sold out in stores and online within days of the launch, which is bananas because how often do you hear about darker shades of makeup being sold out?

    また、発売から数日以内で店頭やオンラインで濃い色調の商品が多数売り切れました。これはクレイジーです。だって、濃い色調の化粧品が売り切れるなんてそんなに耳にすることですか?

  • For a long time, the beauty industry has neglected women of color as consumers, but our bad gal RiRi's incredibly successful makeup line has challenged the notion that the market for deeper shades isn't profitable for cosmetic companies.

    美容業界は長い間、有色人種の女性を消費者とみなしてきませんでした、Bad Gal RiRiによるメイクアップ商品ラインの驚くべき成功は、濃い色調の市場は化粧品会社にとって利益がないという概念に挑戦するものでした。

  • It also raised an important question: why haven't most companies had the same kind of inclusivity or the success to go with it?

    それはまた、重要な疑問を起こしました。なぜほとんどの企業が同じようにカバーすることなく、またはそれに伴う成功をしていなかったのか?

  • "Well, the interesting thing about Fenty is that it's not the very first time that a beauty line has had expansive shades."

    「そうですね、フェンティの興味深い点は、美のラインに幅広い色調があったのはこれが初めてではないということです。」

  • That's Tiffany Gill, Associate Professor of History and Black American studies at the University of Delaware.

    デラウェア大学にて黒人の歴史を研究している、ティファニー・ギル准教授です。

  • "Before the Fenty Beauty line launched, Make Up For Everanother cosmetic company that caters a lot to professional makeup artistslaunched a campaign that also had a lot of skin tone inclusivity."

    「フェンティ・ビューティーの商品ラインが立ち上がる前は、プロのメイクアップアーティストに数多く提供している別の化粧品会社である『メイクアップフォーエバー』が、多数の肌の色調を網羅したキャンペーンを立ち上げました。」

  • Other mainstream brands like Covergirl, Revlon, Maybelline, and L'Oreal also attempted to cater to the broader market of complexions.

    「カバーガール」、「レブロン」、「メイベリン」、「ロレアル」など他の主流ブランドも、幅広い肌の色の市場に対応しようとしました。

  • But it's quite easy to see where mainstream brands have fallen short.

    しかし、主流のブランドに何が足りていなかったのかが簡単にわかります。

  • I went to several drugstores and a major department store and I saw a clear trend.

    ドラッグストアや大手デパート数店舗に行ったところ、はっきりとした傾向がありました。

  • There were 50 shades of beige to choose from.

    選べるベージュの色調が 50 種類ありました。

  • This looks really pale; I'm not, I'm not that pale, I'm...

    これは本当に薄いですね。私は、私はそんなに薄くはありません、私は…

  • But, the darker shades were limited to a handful of options.

    しかし、より濃い色調の選択肢は数少ないものに限られていました。

  • When I tried to match my own skin with the available shades of foundation, you can see how these few products weren't gonna work for me.

    自分の肌を入手可能なファンデーションの色調に合わせようとすると、商品の中ではうまくいかないものがあることがわかります。

  • Is it really that hard to get it right?

    きちんとするのは本当に難しいですか?

  • Tasha Brown, a makeup artist based in LA, who's worked with a number of Hollywood stars, doesn't seem to think so.

    ロサンゼルスを拠点とするメイクアップアーティストで、多くのハリウッドスターと仕事をしているターシャ・ブラウンは、そうは思わないようです。

  • "As a makeup artist, it is the same technique I would use that for anyone from Karen Elson to Alek Wek."

    「メイクアップアーティストとして、カレン・エルソンからアレック・ウェックまで誰であっても使うのは同じテクニックです。」

  • "I would first look at the undertone of the skin, then I look at the actual shade range, and then I pick the correct texture for their skin tone."

    「最初に肌の基調を見て、それから実際の色調の範囲を見て、それから肌のトーンに合った質感を選びます。」

  • "So, there is no extra difficulty in understanding deeper skin tone."

    「なので、浅黒い肌のトーンを理解するのは特に難しくはありません。」

  • So it's easy to find a foundation match, if you know your undertone, which is your underlying skin tone on a spectrum of cool to warm.

    なので、基調がわかれば、それが寒色から暖色の範囲内で基本となるトーンなので、ぴったり合うファンデーションを簡単に見つけることができます。

  • But finding deeper shades that actually offer the right undertones for women of color has been incredibly hard.

    しかし、実際に有色の女性にぴったりの基調をもたらす濃い色調を見つけることは信じられないほど困難でした。

  • Maybe product development is where it really gets tricky?.

    製品開発は実際に厄介なことになるのではないですか?

  • "Yeah, actually, it's not very difficult to make deeper shades."

    「ええ、実はより濃い色調を作ることはそれほど難しくありません。」

  • What?

    何ですって?

  • "Depending on the base, all foundations have the same basic base."

    「ベースに応じて、すべてのファンデーションには同じ基本ベースがあります。」

  • "So for example, if we're talking about a standard foundation, which would be a water-and-silicone baseit's an emulsion where the water phase is surrounded by siliconethat basic emulsion would be the same."

    「たとえば、水とシリコンがベースである標準的なファンデーションについての場合、水相がシリコンに囲まれているエマルジョンであり、基本的なエマルジョンは同じです。」

  • "The only difference between a lighter shade and a darker shade is the ratio of pigments."

    「明るい色調と暗い色調のたったひとつの違いは、顔料の比率です。」

  • "And all foundations contain the same 4 pigments."

    「すべてのファンデーションには同じ4つの顔料が含まれています。」

  • "It's titanium dioxide, iron oxide red, iron oxide yellow, and iron oxide black."

    「それは二酸化チタン、赤酸化鉄、黄酸化鉄、および黒酸化鉄です。」

  • "So you just play with the ratios of those pigments to get to a lighter color or a darker color."

    「つまり、これらの顔料の比率を調整して、明るい色または暗い色を出すのです。」

  • The trouble with finding the right shade isn't limited to foundation.

    適切な色調を見つけることの問題は、ファンデーションに限ったことではありません。

  • "Yes, it's not just foundation, you know? It is blush; It is lipstick where it's a beautiful color you know, but it's a light wash.".

    「そうですね、ファンデーションだけではないですね。チークもです。口紅もきれいな色でしょう。でも軽く洗い流せます。」

  • "And deeper skin tones tend to demand a little more pigment.".

    「また、肌の色調が濃いほど、色素が少し増える傾向があります。」

  • It's a problem that can be solved with an understanding of deeper skin tones.

    これは、より浅黒い肌の色調を理解することで解決できる問題です。

  • But overall, in 2014, only 18% of American Chemical Society members were people of color.

    しかし全体として、2014 年にはアメリカ化学会の会員の 18 %のみが有色人種でした。

  • In 2015, Black, Hispanic and Asian women made up 16.3% of workers in the personal care products industry.

    2015 年には、黒人、ヒスパニック系、アジアの女性がパーソナルケア製品業界の労働者のうち 16.3 %を占めました。

  • "As a consumer, you want to have options in comparison; you want things to be easy. I want to be able to walk into a store and see myself represented."

    「消費者として、比較する選択肢があって欲しい、いろいろと簡単であってほしいと思っています。お店に足を踏み入れて、表現される自分を見たいです。」

  • Over the past few years mainstream beauty companies have been making an effort to be more inclusive.

    過去数年にわたって、主流の美容企業はさらにカバーできるように努力してきました。

  • But why is it taking them so long to get it right?

    しかし、正しく理解するのになぜそれほど時間がかかるのでしょうか?

  • "When it comes to beauty, they're usually based on very narrow ideas of what constitutes beautiful."

    「美しさとなると、人々は通常、何が美しさを構成するかについて非常に狭い概念に頼っています。」

  • "And even if there are a wider range of women who are demanding products, a wider range of consumers who want to see themselves reflected and are willing to pay money to get these products, many brands are unwilling to cater to them in fears that it will damage their brand."

    「そして、製品を求めているさまざまな女性達や、メイクをほどこされた自分自身を見たいと望んでいる広範囲の消費者が、これらの製品を手に入れようとお金を喜んで払いたがっているとしても、ブランドの多くが自身のブランドを損ねるのを恐れて応じようとしていません。」

  • "In fears that it will make their brand less glamorous, less beautiful, if it's attached to black women, if it's attached to darker skin women."

    「黒人の女性につけた場合に、浅黒い肌の女性につけた場合に、ブランドの華やかさ、美しさが落ちるのではないかと恐れています。」

  • The beauty industry has a long history of catering to a very specific type of person.

    美容業界には、かなり特定のタイプの人に対応するという長い歴史があります。

  • In the late 1940s, makeup for black women was available, but beauty companies still focused on skin lightening products for black women.

    1940 年代後半、黒人女性向けの化粧品が発売されましたが、美容会社は依然として黒人女性向けの美白製品に力を注いでいました。

  • "We begin to see, really in the 1970s, an attempt to begin to show a wider range of beauty when it comes to makeup products."

    「私達は実際に 1970 年代に、化粧品に関して幅広い範囲の美を示す試みを始めています。」

  • It's when the cultural movementBlack is Beautifulbegan to rise as a celebration of blackness in the African American community.

    アフリカ系アメリカ人コミュニティにて黒人らしさを祝う「黒こそ美しい」という文化的な動きが出始めたのはこの頃です。

  • Robert Williams, a leading figure in American psychology, wrote, "The Black is Beautiful movement" and the all-out effort to instill racial pride in black people have done much to neutralize and offset much of the damaging effects of oppression from being black.”

    アメリカ心理学の第一人者であるロバート・ウィリアムズは、「黒こそ美しい」運動や黒人の人種的誇りを植え付ける徹底した努力は、黒人であることへの抑圧による悪影響を中和して相殺するのに大きな貢献となったと書いています。

  • The movement was not only a response to colorism in the Black community, but also the prevalent racism in wider American culture.

    この運動は、黒人社会におけるカラーリズムだけでなく、幅広いアメリカ文化にまん延する人種差別に対する反響を起こしました。

  • That movement brought a change in the beauty industry toomore products were being created for the black community.

    その動きは美容業界にも変化をもたらしました ― 黒人社会のためにより多くの製品が作られていました。

  • "And a lot of that really came from a lot of black-owned companies themselves."

    「そしてその多くは、実際には多くの黒人所有の会社自身で作られたものでした。」

  • "Companies like Fashion Fair cosmetics, which was developed by the Johnson Publishing company, which was the publishing company behind Ebony, for example."

    「例えばエボニーの背後にいる出版会社のジョンソン出版社によって設立されたファッション・フェア・コスメティクスのような会社などです。」

  • Drugstore brands like Maybelline had Shades of You in the 90s; Black Opal had products that catered to women of color starting in 1994; Iman began selling in discount retailers in 2004; and Covergirl had the Queen Collection in 2006.

    メイベリンなどのドラッグストアブランドには、90年代に「シェイド・オブ・ユー」がありました。「ブラック・オパール」は、1994年から有色人種の女性向けの製品を提供し始めました。「イマン」は2004年にディスカウントショップでの販売を開始しました。そして「カバーガール」は2006年に「クイーン・コレクション」をそろえました。

  • Then you had luxury brands like NARS, MAC, Bobbi Brown, Black-Up, and Make Up For Ever offering even more shades of brown at higher prices.

    次に「ナーズ」、「マック」、「ボビイ・ブラウン」、「ブラック・アップ」、「メイクアップフォーエバー」などの高級ブランドはさらに多くの茶色の色調の商品を高価格で提供しています。

  • But it hasn't always been a smooth ride for all of these brands.

    しかし、これらのブランドすべてにとって必ずしも順調ではありません。

  • L'Oréal faced controversy when it was accused of whitewashing Beyonce in its 2008 campaign.

    ロレアルは、2008年のキャンペーンでビヨンセを白人化したと非難されたとき、論争に直面しました。

  • In 2016, MAC launched theirVibe Tribecollection which at worst is cultural appropriation and at best is pretty culturally insensitive.

    2016年にマックは、「バイブ・トライブ」コレクションを発表しました。これは最悪の場合は文化の盗用であり、良くても文化的に無神経といったところでしょう。

  • Yep.

    うん。

  • While mainstream brands have missed the mark, independent beauty brands have successfully filled the gaps, brands like koyVoca, Cocotique, and The Lip Bar all offer extensive products for women of color.

    主流のブランドは目標を達成できませんでしたが、インディーズ美容ブランドはギャップをうまく埋めてきました。「koyVoca」、「ココティーク」、「ザ・リップ・バー」などのブランドはすべて、女性の肌の色に対応する幅広い製品を提供しています。

  • The gap between mainstream and independent brands is also evident in the way they reach their audience.

    主流なブランドとインディーズブランドの間のギャップは、顧客に対するリーチの手法でも明らかです。

  • While major brands still turn to traditional advertising on TV and in magazines, a lot of independent creators rely heavily on social media.

    主要なブランドはいまだにテレビや雑誌といった従来の広告に目を向けていますが、インディーズのクリエイターはソーシャルメディアを非常に頼っています。

  • "Social media has changed the beauty industry in tremendous ways."

    「ソーシャルメディアは美容業界を途方もなく変えました。」

  • "What is really interesting is that if you go on social media there are lots of women, some of whom are professionally trained makeup artists, some are just women who like make up and have sort of taught themselves and have huge followings."

    「本当に興味深いのは、ソーシャルメディアを利用する場合、多くの女性がいるということです。その中には、専門的なトレーニングを受けたメイクアップアーティストや、メイクアップが好きで、自分自身で学び、大勢のフォロワーを獲得している女性もいます。」

  • "And they have followings of people who will listen to what they say."

    「そしてそういう人たちに耳を傾けるフォロワーが多数います。」

  • "And so it's much more intimate than having, for example, just a celebrity at the front of your campaigns, which is often what Covergirl, and L'Oréal, and many of the big companies have done."

    「カバーガールやロレアル、および多くの大企業が行っているように、キャンペーンでセレブをただ前に出すようなことよりも親近感があります。」

  • Brands can try to copy Rihanna's marketing, but there's more to it than that.

    ブランドはリアーナのマーケティングをまねることができますが、それだけではありません。

  • If I love it, I'm gonna go all the way to the end about it."

    「もしそれが大好きなら、とことんまで行くつもりです。」

  • "And I dabbled in makeup before, but this is like my vision from the ground up, from the textures to the foundation shades, to the names."

    「私は以前にちょっとだけ化粧しましたが、これは質感からファンデーションの色調、名前にいたるまで、徹底的な自分のビジョンのようなものです。」

  • "I have a 100% involvement in this process."

    「私はこのプロセスに 100 %関わっています。」

  • Even if Rihanna's makeup line doesn't live up to the hype over time, there's no denying that Fenty is causing a much-needed stir in the beauty industry.

    リアーナの化粧のラインが時とともに大々的な宣伝の期待に沿えないとしても、フェンティが美容業界で待ち望んでいた動きを引き起こしていることは否定できません。

Anyone into makeupfollowing Instagram beauty influencers, or just watching a bunch of YouTube tutorialsknows that Rihanna's new makeup line, Fenty Beauty, is blowing up.

インスタグラムで美容のインフルエンサーをフォローしている、またはメイクに興味のある人ならば誰でも、YouTubeのチュートリアルをたくさん見ているだけで、リアーナの新しいメイクの商品ライン、「フェンティ・ビューティー」が嵐を巻き起こしていることがわかります。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 Vox ファンデーション ブランド 美容 黒人 メイク

ビューティーブランドはいかにして有色人種の女性を失敗させたか (How beauty brands failed women of color)

  • 6934 323
    jeremy.wang に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語