Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Lord Sun dawns on the day called Seven Monkey, his fingers slowly spreading a rosy sheen that mixes softly with smoke rising from Tenochtitlan's many hearth fires.

    7の猿と呼ばれる日の夜明け、太陽の指はゆっくりとバラ色の輝きを広げ、それはテノチティトランのたくさんの暖炉の火から立ち上る煙と柔らかく混ざり合います。

  • The midwife, Xoquauhtli, has a difficult choice to make.

    助産師のショクワウトリは難しい選択を迫られています。

  • A momentous shift from rainy season to dry season is underway.

    雨季から乾季への重要な移り変わりが始まっています。

  • All summer, the gods have kept the people fed with corn, but the fertile summer months are disappearing.

    夏の間はずっと、神々は人々にトウモロコシを食べさせてきましたが、豊穣な夏の季節が終わろうとしています。

  • This day occurs during the festival that marks the shift between the summer season, when the gods feed the people, and the winter season, when the people feed the gods in return.

    この日は、神々が人々に食べ物を与える夏季と、人々がお礼に神々に食べ物をささげる冬季の間の移り変わりを記念するお祭りの期間中に起こります。

  • Xoquauhtli owes a debt to her patron, Teteoinnan, the female warrior goddess at the center of this festival.

    ショクワウトリは、彼女の守護神であり、この祭りの中心である戦士の女神テテオイナンに恩を感じています。

  • Teteoinnan wages war both on women's battlefields of birth and in men's battles with Tenochtilan's enemies.

    テテオイナンは、出産という女性の戦場や、テノチティトランの敵を相手とする男性の戦争でも、戦ってくれます。

  • She must be kept happy or she will bring bad luck.

    テテオイナンは、出産という女性の戦場や、テノチティトランの敵を相手とする男性の戦争でも、戦ってくれます。

  • The midwife should participate in the festival today, but one of her patients could go into labor any minute.

    その助産師は今日の祭りに参加するべきなのですが、患者のひとりが今にも産気づくかもしれません。

  • Xoquauhtli decides to check on her patient first.

    ショクワウトリはまず患者の様子を見ることにしました。

  • The expecting mother hasn't worked too hard, chewed gum, or lifted heavy things.

    妊婦はそれほど無理はしておらず、ガムをかんだり重いものを持ち上げたりしていません。

  • Her family is taking good care of her.

    家族は彼女の面倒をよく見ています。

  • Surely Xoquauhtli can take a little time to honor her goddess.

    確かにショクワウトリは女神に敬意を示すために少し時間を取ることができます。

  • She leaves her apprentice in charge and heads to the center of the city.

    彼女は担当の見習いを残して街の中心部へと向かいます。

  • Along the way, she sees women sweeping the roads and hanging gourds in preparation for the festival.

    その途中、女性たちが祭りに備えて道を掃除したり、瓜をつるしたりしているのを見ています。

  • Finally, she reaches the Great Pyramid.

    そして大ピラミッドにたどり着きます。

  • On top are 2 temples: the north, where rituals honor the rain god in the summer, and the south one is where rituals honor the war god in the winter.

    その頂上には2つの神殿があり、北の神殿では夏に雨の神を祀り、南の神殿では冬に戦の神を祀っています。

  • On the equinox, the sun rises between the 2 sides.

    春分の日には、2つの神殿の間から太陽が昇ります。

  • The ceremony begins with a mock battle between the midwives and the other physicians.

    儀式は、助産師たちと他の医師たちとの模擬戦から始まります。

  • Xoquauhtli's team battles heartily, throwing 'nochtles,' marigolds, and balls made of reed and moss.

    ショクワウトリのチームは、サボテン、マリーゴールド、葦や苔で作られたボールを投げて一生懸命戦います。

  • They joke, call their rivals names, and laugh.

    冗談を言ったり、ライバルの名前を呼んだり、笑ったりします。

  • But then, a girl comes running with a message for Xoquauhtli.

    しかし、そこへひとりの少女がショクワウトリへメッセージを持って走ってきます。

  • Her patient is in labor!

    患者が産気づいた!

  • She hurries back to the house.

    彼女は急いで家に戻ります。

  • All the old women from the extended family have already gathered for the birth; their experience is very valuable if anything goes wrong.

    大家族の老婆全員が出産のためにもう集まっています。彼女達の経験は万が一の時にとても貴重です。

  • She readies herself with a prayer, praising her most important tools, her fingers.

    彼女は自分の最も重要な道具である指をほめたたえ、祈りながら身支度をします。

  • Then she doses the patient with 'cihuapatli' to help expel the baby, massages her in sweat house, and rubs her stomach with tobacco.

    その後、彼女は赤ちゃんを出すのを助けるために「シワパトリ (キク科の植物)」を患者に与え、発汗小屋の中でマッサージし、タバコでおなかをこすります。

  • Offering Teteoinnan a short prayer, she urges her patient to act like a warrior.

    テテオイナンに短い祈りを捧げ、戦士のようにふるまうよう患者に頼みます。

  • A strong baby girl slips into her waiting hands and the old women shout triumphant cries.

    丈夫な女の赤ちゃんが彼女の待ち受ける手の中に滑り込むと、老婆たちは勝利の叫び声を上げます。

  • Xoquauhtli takes a few drops of water from a jade bowl, breathes on them, and places them on the baby's tiny tongue.

    ショクワウトリはヒスイの鉢から数滴の水を取り、息を吹きかけ、赤ちゃんの小さな舌の上にのせます。

  • She calls her a precious greenstone, a little warrior, and tells her how the Lord and Lady of the Ninth Sky breathed life into her, sending her to this place of burden and torment.

    彼女は赤ちゃんを「貴重なグリーンストーン」「小さな戦士」と呼び、第九の空の神と女神がどのように命を吹き込み、重荷と苦悩のこの地に送ったのかを教えます。

  • She then turns to the new mother, praising her, telling her she acted like an eagle warrior, a jaguar warrior.

    そして新しい母親のほうを向き、彼女をたたえ、鷲の戦士、ジャガーの戦士のようなふるまいだったと伝えます。

  • By the time they finish, it's late, and the flames of the fire have died down.

    出産が終わるころには、遅くなっており、暖炉の炎は燃え尽きていました。

  • Xoquauhtli piles the remaining hot coals in the center of the hearth, stoking them to keep them going.

    ショクワウトリは残った熱い炭を暖炉の中央に積み重ね、火をくべて絶やさないようにしています。

  • She lays the baby in a woven basket, head facing the warming fire.

    彼女は編んだかごに赤ちゃんを入れて、頭を暖炉に向けて寝かせます。

  • This will warm her 'tonalli,' an important soul center in the body central to health and well-being.

    これは「トーナリ」と呼ばれる体内にある大切な魂の中心であり、健康と幸福の中心でもあります。

  • It's almost midnight.

    もうすぐ真夜中です。

  • If Xoquauhtli hurries, she can get back to the temple for the culmination of the festival.

    ショクワウトリが急げば、お祭りの最高潮の時に神殿に戻ることができます。

  • She makes her way to the city center, where a priest carries a woman on his back to the top of the pyramid.

    彼女は街の中心部へと向かいます。そこでは神父が女性を背中に乗せてピラミッドの頂上へと向かっています。

  • To begin the new season and feed the gods, she will be beheaded, symbolizing how corn is cut in the fields.

    新しい季節が始まり、神々に食べ物をささげるために、彼女は首をはねられます。それは畑でトウモロコシが刈り取られる様子を象徴しています。

  • Afterward, she will be reborn as Lady Teteoinnan, and preside over the induction of new warriors.

    その後、彼女は女神テテオイナンとして生まれ変わり、新しい戦士の任命をつかさどります。

  • Go back in time to the capital of ancient Egypt, to see how the doctor Peseshet tends to her patient's ailments. Or dive deeper into Aztec culture with the myth of how the weak and pimply Nanahuatl became lord's son.

    古代エジプトの首都にタイムスリップして、医者のペセシェトがどのように患者の病気を治療しているかを見てみましょう。また、あの弱くてにきびだらけのナナワトルがどのようにして神の子になったかという神話を見て、アステカ文化を掘り下げていきましょう。

Lord Sun dawns on the day called Seven Monkey, his fingers slowly spreading a rosy sheen that mixes softly with smoke rising from Tenochtitlan's many hearth fires.

7の猿と呼ばれる日の夜明け、太陽の指はゆっくりとバラ色の輝きを広げ、それはテノチティトランのたくさんの暖炉の火から立ち上る煙と柔らかく混ざり合います。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

C1 上級 日本語 TED-Ed 戦士 神殿 患者 暖炉 祭り

アステカの助産師の一日 - ケイ・リード (A day in the life of an Aztec midwife - Kay Read)

  • 932 28
    jeremy.wang に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語