Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • When you imagine a playground, chances are, it looks something like this.

    遊び場を想像すると、おそらくこのような感じになるでしょう。

  • There's usually a slide, a bridge, and a high point with a domed roof.

    滑り台、橋、ドーム型の屋根をした高い場所があります。

  • That's what makes this a playground, and this, and this.

    それがこの場を遊び場にしているのです。これも、これも。

  • But what about this?

    でもこれはどうでしょう?

  • This isn't a junkyard.

    ここはガラクタ置き場ではありません。

  • It's called an adventure playground.

    冒険の遊び場と呼ばれています。

  • Here, there are no plastic play structures, just things like old tires, wood planks, and hammers and nails.

    プラスチック製の遊具はありません。古いタイヤや木の板や、ハンマーや釘などがあるだけです。

  • Places like this represent one of the most debated ideas in play architecture: that playgrounds should be designed to let kids take more risks.

    このような場所は、遊び場は子供たちがより多くのリスクを冒せるように設計されるべきだという、遊具の建築において最も議論されている考えのひとつです。

  • Now, this nightmare for helicopter parents is the hottest new thing in American playgrounds, because there's growing evidence that play like this is a whole lot healthier, and safer, for kids.

    このような遊びの方が子供にとってはずっと健康的で安全であるという証拠が増えてきているので、過保護な親にとってのこの悪夢は、アメリカの遊び場で最もホットで新しいものとなっています。

  • "They can play with very dangerous tools, they can take really dangerous risks and overcome them.".

    「子供たちは非常に危険な道具で遊ぶことができます。本当に危険なリスクを冒して、それを克服することができます。」

  • "And this fills up a tremendous sense of self confidence in themselves, which is really quite fascinating to watch.".

    「これによって自分自身に大きな自信が得られるのです。それは見ていてとても魅力的なことです。」

  • That's Marjory Allen.

    この方はマジョリー・アレンです

  • She was a British landscape architect and children's welfare advocate around the middle of the century.

    彼女はイギリスの造園家であり、世紀の半ば頃には児童福祉の支持者でもありました。

  • In 1945, she visited Copenhagen, where she met an architect named Carl Theodor Sorensen.

    1945年、彼女はコペンハーゲンを訪れ、そこでカール・テオドール・ソーレンセンという建築家に出会いました。

  • Two years earlier, during the German occupation of Denmark, Sorensen noticed a problem: kids in his neighborhood weren't using playgrounds.

    その2年前、ドイツの占領下にあったデンマークで、ソーレンセンは近所の子供たちが遊び場を使っていないという問題に気づきました。

  • In fact, they were playing just about everywhere else, even in construction sites and bombed-out buildings.

    それどころか、あらゆる場所で、建設現場や爆破された建物の中でさえでも遊んでいたのです。

  • So, in a housing development in the suburbs of Copenhagen, Sorensen closed off an empty lot and filled it with building materials, discarded objects, and tools.

    そこで、コペンハーゲン郊外の住宅地で、ソーレンセンは空き地を閉鎖し、そこを建築資材や捨てられた物、道具などでいっぱいにしました。

  • Here, kids could dig, and build, and invent on their own.

    ここで子供たちは、自分たちで掘ったり、作ったり、発明したりすることができました。

  • The play structures were ultimately designed by the kids themselves.

    遊具は、最終的には子供たち自身がデザインしました。

  • Sorensen called it a junk playground, and kids and parents loved it.

    ソーレンセンはこれを「廃材遊び場」と呼び、子供たちや親たちに愛されました。

  • When she returned to England, Marjory Allen started opening similar playgrounds all across London.

    イギリスに戻ると、マジョリー・アレンはロンドン中に同じような遊び場を開き始めました。

  • And she renamed them: from junk to adventure.

    そして、彼女はそれらを「廃材から冒険へ」に改名しました。

  • From there, they became a global phenomenon.

    そこから、それは世界的な現象になりました。

  • They spread to Minneapolis, Boston, Toronto, Tokyo, Houston, Berkeley, Berlin.

    そこから、それは世界的な現象になりました。

  • And to create these playgrounds, designers had to introduce a critical element: controlled risk.

    そして、遊び場を作るために、デザイナーは「管理されたリスク」という重要な要素を導入しなければなりませんでした。

  • In this context, a risk isn't the same thing as a hazard.

    ここでいう「リスク」とは、「危険」とは違います。

  • When you're climbing a tall tree, a rotten branch is a hazard: the threat is unexpected.

    高い木に登っているとき、枝が腐っていたら「危険」です。脅威は思いがけないものです。

  • But how high you climb is a risk: it's manageable, and requires you to actively make a decision.

    しかし、どれだけ高く登るかは「リスク」です。管理可能であり、積極的に決断する必要があります。

  • You can break the elements of controlled risk down into 6 categories: heights, speed, tools, dangerous elements, rough and tumble play, and the ability to disappear or become lost.

    管理されたリスクの要素を、高さ、スピード、道具、危険分子、取っ組み合い遊び、消えたり迷子になったりする能力の6つに分解することができます。

  • And a good adventure playground includes a mix of these.

    そして、良い冒険の遊び場には、これらがまじりあっています。

  • Designers also focus on separation of space.

    デザイナーは空間の分離にも力を入れています。

  • To give kids the feeling of discovering things on their own, parents have to stay out.

    子供たちに自分たちで発見する感覚を与えるために、親は外にいなければなりません。

  • That can mean installing a physical barrier or providing things like restrooms, cafés, and seating, so that parental experience isn't an afterthought.

    そのためには、物理的なバリアを設置したり、トイレやカフェ、座席などを用意したりして、親の経験があと知恵にならないようにする必要があります。

  • Finally, designers fill it with loose parts.

    最後に、デザイナーはゆるいパーツを詰めていきます。

  • These are the manipulatable objects, the planks, barrels, bricks, and tools, that fuel risky play.

    これらは、操作可能な物体、板、樽、レンガ、工具などで、リスクがある遊びを刺激します。

  • The idea behind all these design elements is that kids respond well to being treated seriously.

    これらすべてのデザイン要素の背後にある考えは、子供たちが真剣に扱ってもらうことによく反応するということです。

  • If they're presented with risky items with a serious functional purpose, they'll respond cautiously and conduct more experimentation.

    真剣で機能的な目的を持ってリスクがある物を提示されると、子どもたちは慎重に反応し、より多くの実験を行うようになります。

  • But if presented with an overly safe, static space, they often wind up seeking dangerous thrills that the built environment fails to provide, which can result in higher injury rates than risky play at adventure playgrounds.

    しかし、過度に安全で静的な空間を提示された場合、子供たちは建築環境からは得られない危険なスリルを求めてしまうことが多く、結果的に冒険的な遊び場でのリスクある遊びよりも怪我の発生率が高くなる可能性があります。

  • In the US, a culture of lawsuit-proof playscape design means that overly safe playgrounds are the norm.

    アメリカでは、訴訟に強い遊び場デザインの文化があるため、過度に安全な遊び場が当然のものになっています。

  • And design philosophy has focused on how to reduce height, movement, and hard materials.

    そして設計理念は、いかに高さや動き、硬い素材を減らすかに焦点を当ててきました。

  • And that hasn't made playgrounds better.

    そして、そのせいで遊び場はより良いものではなくなってきました。

  • When Marjory Allen visited American playgrounds in 1965, she called them "An administrator's heaven and a child's hell.".

    1965年にアメリカの遊び場を訪れたマジョリー・アレンは、「管理者の天国と子供の地獄」と呼びました。

  • But adventure playgrounds have recently begun to catch on in the US, perhaps due to an effort to introduce more unstructured play.

    しかし、アメリカの冒険の遊び場は最近、より自由な遊びを導入する努力のためか、追いついてきています。

  • And their construction comes with a fair share of criticism.

    その建設には批判も少なくありません。

  • "They're making kids play with hammers and nails. That's not adventure, it's just work. They're tricking kids into building their own playground.".

    「子供たちにハンマーや釘を使って遊ばせている。これは冒険ではなく、ただの仕事だ。子供をだまして自分たちの遊び場を作らせているんだ。」

  • Adventure playgrounds do have downsides.

    冒険の遊び場にはたしかに欠点があります。

  • They're pretty ugly, they require a lot of space, and they need resources to staff and maintain.

    それらはかなり醜いです、多くのスペースを必要とし、人員配置やメンテナンスのための資源も必要です。

  • And as with any playground, there is an opportunity for injury.

    そして、どんな遊び場でもそうですが、怪我をする可能性があります。

  • But the underlying philosophy of risky play can help kids live better lives.

    しかし、リスクがある遊びの基本的理念は、子どもたちがより良い生活を送るのに役立ちます。

  • For one thing, riskier playgrounds encourage more activity.

    ひとつには、リスクがある遊び場はより多くの活動をさせます。

  • A study comparing playgrounds in London, where risky play spaces are popular, to those in San Francisco, Los Angeles, and New York found that children using London's playgrounds were up to 18% more physically active.

    リスクがある遊び空間が人気であるロンドンの遊び場と、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ニューヨークの遊び場を比較した研究では、ロンドンの遊び場を利用した子どもたちの身体活動が最大18%も高まったという結果が出ています。

  • The London playgrounds were cheaper and boasted fewer injuries, too.

    ロンドンの遊び場は費用が安く、怪我も少なかったと言います。

  • And multiple studies have shown that children who engage in risky play have better risk detection, creativity, and self esteem.

    そして、リスクのある遊びに没頭する子どもたちは、リスクを察知し、創造性を発揮し、高い自尊心を持っていることがいくつかの研究で明らかになっています。

  • The playground is one of the only kinds of architecture designed specifically for children.

    遊び場は、特に子供のために設計された数少ない種類の建築の一つです。

  • And if these standard model we've decided on is seen as boring by its users, that's a problem.

    そして、私たちが決めたこれらの標準的なモデルが、使う人からつまらないと見られているとしたら、それは問題です。

  • Better design can fix that, even if it's a little risky.

    より良いデザインであれば、たとえ多少のリスクはあっても、それを解決することができます。

  • I had to look through so many pictures of playgrounds for this story that I decided to use Wix to create a website collecting all of the ugliest and saddest pictures of playgrounds that I could find.

    私はこの物語を作るために遊び場の多くの写真に目を通さなければならなかったので、Wixを使って、探し出せた遊び場の非常に醜くて悲しい写真をすべて集めたウェブサイトを作ることにしました。

  • And now I have a perfectly curated arrangement of pictures of playgrounds next to graveyards and slides leading into dumpsters and whatever these kid-friendly statues are.

    そして今、私は完璧に整理しました。墓地の隣にある遊び場の写真やゴミ箱行きのスライドや、これら子供向けの像や何であれ。

  • If you're looking for a simple way to share your passion about broken infrastructure or whatever it is that you're into these days, you should absolutely head to Wix.

    もし壊れたインフラストラクチャーや興味があること何でも、あなたの情熱をシェアするためのシンプルな方法をお探しであれば、絶対にWixにアクセスするべきです。

  • To create your own website just like this, click the link below.

    このようなウェブサイトを作りたい場合は、以下のリンクをクリックしてください。

  • Wix does not directly impact our editorial, but their support makes videos like this possible.

    Wixは、私たちの編集に直接影響を与えていませんが、彼らのサポートのおかげでこのような動画を作成することができました。

  • So check them out.

    ぜひチェックしてください。

When you imagine a playground, chances are, it looks something like this.

遊び場を想像すると、おそらくこのような感じになるでしょう。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 Vox 遊び場 リスク 子供 冒険 建築

安全な遊び場が子供には向かない理由 (Why safe playgrounds aren't great for kids)

  • 3378 155
    jeremy.wang に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語