Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • From motion capture to virtual production, Disney has been able to bring everything from the Pride Lands to Agrabah into the real world.

    モーションキャプチャからバーチャルまでを駆使しながら、ディズニーはこれまで Pride Lands からAgrabahに至るまで、その世界観をリアルに再現してきました。

  • But trying to translate these classics from hand-drawn animation to live action while maintaining everything audiences loved about the originals is never easy.

    しかし、オリジナルはアニメだったこれらの映画を、オリジナルの良さを残しつつライブアクションに変換していくという作業は決して簡単ではありません。

  • Like, how do you make a photorealistic lion that can also belt out songs?

    例えば、見た目は本物そっくりの画像加工をしたライオンが歌を歌うシーンなど、どう再現したらいいのでしょうか?

  • It means no worries

    ♪ 心配ないってことさ ♪

  • For the rest of your days

    ♪ この先ずっと ♪

  • To see how they did it, take a peek at what eight Disney live-action remakes looked like behind the scenes.

    実際にどのように実現させたかを、8 つのディズニー映画のメイキングシーンをご紹介しながら見ていきましょう。

  • [Mulan, 2020]

    [ムーラン 2020 年]

  • Actress Liu Yifei trained for three months, about six to seven hours per day, to portray Mulan.

    女優のリウ・イーフェイは、毎日 6~7 時間、3 か月に渡ってムーランを演じるためのトレーニングを積みました。

  • Like here, where you can see her preparing for one of the movie's epic sword fights.

    この場面では、有名な剣を持った戦いのシーンの準備をしています。

  • According to cinematographer Mandy Walker, the actress did about 90 percent of her own stunts.

    撮影したマンディ・ウォーカーによると、イーフェイはスタントの 90 % ほどを自分自身で行ったとのことです。

  • The cast had to learn everything from martial arts to horseback riding for the action-packed film.

    出演者は、アクション満載のこの映画に出演するにあたって武術から乗馬など全ての技術を習得する必要がありました。

  • Meanwhile, many of the film's gravity-defying stunts were achieved with impressive wire work.

    その一方で、重力に逆らうようなスタントはワイヤを巧みに使って行われました。

  • [The Jungle Book, 2016]

    [ジャングルブック 2016 年]

  • This film featured about 70 different animal species created using groundbreaking CGI.

    この映画には、70 種類もの動物が最新の CG 技術を駆使して描かれています。

  • There was a key step in the process to making sure all of the animals looked so realistic: facial rigging.

    全ての動物が本物のように見えるようにするために、顔のリグ加工がカギとなりました。

  • During this stage, animators explored what muscles animals have that humans do not.

    この段階では、アニメーターは人間に無くて動物にはある筋肉について、動きなどに試行錯誤を重ねました。

  • By doing that, they could ensure the animals would do things like snarl the right way.

    こうすることによって、動物がうなり声を上げる様子などを自然に表現することができたのです。

  • To make sure the animals looked convincing when they talked, animators used a combination of human and animal muscles for the characters' mouths.

    話をする時の様子もリアルに見せるために、口周りは人間と動物それぞれが持つ筋肉の動きを合わせて表現しました。

  • Another crucial breakthrough had to do with putting hairs on the animals.

    もう一つの重要なポイントは、動物の毛並みの再現でした。

  • They had to figure out the direction an animal's hair would move, how it clumps, and how it interacts with the world around it.

    毛がなびく方向や、どのようにまとまったり周辺の環境に反応していくかを割り出していったのです。

  • Perhaps most impressive is that Neel Sethi, who played Mowgli, acted completely alone on set, as all the animals were created with CGI and the other stars recorded their voices.

    おそらく最もすごいのは、モーグリ役のニール・セディはセットの中で完全に 1 人だけで演じて、動物は CG で後から付け足されてそこに他の俳優陣が声を加えたというところではないでしょうか。

  • But he did have a little company.

    とは言っても、全く独りで演じた、というわけではありませんでした。

  • Actors in blue suits and crew members held up animal puppets and used googly eyes on their hands, like these pesky monkeys that steal food from Mowgli, which were later replaced with CGI versions of the animals.

    青色のスーツに身を包んだ撮影スタッフが動物の人形を持ったり、手に目玉をくっつけてモーグリから食べ物を盗むサルを表現したりして、そこに後から CG 加工をしていったわけです。

  • [The Lion King, 2019]

    [ライオンキング 2019年]

  • The Jungle Book paved the way for 2019's The Lion King.

    ジャングルブックの公開を踏まえて登場したのが、2019 年のライオンキングです。

  • The film was shot using virtual production, which allowed director Jon Favreau and the crew to step into the world they were creating and shoot everything like it was really live action.

    この映画はバーチャルスタイルで撮影され、監督のジョン・ファヴローと撮影スタッフは映画の世界観の中に入ることであたかも実際にその世界が存在するかのような環境で作業をすることができました。

  • The biggest challenge for the film's visual effects team was creating a photorealistic version of the African savanna while also remaining faithful to the source material.

    映像担当チームにとっての最大のチャレンジは、アフリカのサバンナを原作の雰囲気に忠実にしつつ、実世界の物のように再現するというポイントでした。

  • Take the part where Rafiki stands and lifts Simba.

    例えばラフィキが立ち上がってシンバを抱え上げるシーンですが、

  • In reality, mandrills can't stand up like that.

    本物のマンドリルは、こんな感じに立ち上がることはできません。

  • So in the new version, they animated the character sitting down while lifting Simba into the air.

    ですので、新バージョンではシンバを抱え上げる時に座ったままにする編集に代えています。

  • And the animals still needed to be able to speak and also sing some of those iconic songs.

    それから、動物たちは話をしたりお馴染みの歌を歌うのは変わりませんから、

  • So the animators would try to reposition the animals' heads when they could so the audience wouldn't be staring directly into their mouths.

    アニメーターは、なるべく視聴者に動物たちが歌っている時の口の動きを直接見せないように工夫しました。

  • And they timed the characters' breathing to their dialogue and at the same time let the characters' belly muscles and diaphragm tighten so it would really like they were letting out air while talking.

    さらに、会話の最中にも呼吸のタイミングを忠実に再現して、お腹の筋肉や横隔膜の動きであたかも本当に動物たちがおしゃべりをしているときに息を吐き出しているように見せています。

  • [Lady and the Tramp, 2019]

    [わんわん物語 2019 年]

  • Many CGI dogs were created for this live-action remake.

    CG 加工された多くの犬たちがアクションシーンを彩っています。

  • However, the two main stars were real.

    それでも、主役級の 2 頭は本物です。

  • A mutt named Monte played Tramp, while a cocker spaniel named Rose played Lady.

    モンテという名前の雑種犬がトランプを演じ、コッカースパニエルのローズはレディを演じています。

  • Perhaps nothing was more challenging than filming the most iconic scene from the 1955 original, when the two dogs share a plate of spaghetti and meatballs.

    一番の難関は、おそらく 1955 年の原作で有名になったこの 2 頭の犬が、スパゲッティとミートボールを 1 つの皿で分け合って食べるシーンの再現ではないでしょうか。

  • This scene took three days to film, and while shooting it, the noodles kept breaking.

    このシーンは撮影に 3 日を要しましたが、撮影中に麺がどうしても切れてしまうため、

  • So instead of using actual noodles, they used undyed licorice soaked in chicken broth.

    本物の麺を使うのではなく、鳥ガラのダシに漬けた無着色の甘草を使いました。

  • This ensured that the noodle was strong enough for the take and also that the dogs had something quite tasty to eat.

    こうすることで麺の強度が上がり、撮影に影響が出なくなるだけでなく犬にとっても美味しく食べられるようになったのです。

  • The moment where the two dogs' snouts touch, though?

    でも、2 頭がお互いの鼻をくっつけ合うシーンはどうでしょう?

  • That was CGI.

    これは CG 加工されています。

  • [Dumbo, 2019]

    [ダンボ 2019 年]

  • The elephants were created with masterful visual effects work by MPC Film.

    ゾウの映像は、MPC Film の精巧なビジュアルエフェクトによって作られました。

  • However, the actors still needed something on set to sell the scenes.

    それでも、役者の方は本物感を出すためにセットに代わりの何かが必要でしたので

  • So an actor and a stunt double in green suits stood in for baby Dumbo.

    緑のスーツを着たスタントマンがダンボ役として起用されました。

  • But first, they had to learn to move like a baby elephant, which included walking around on all fours using these stilts, no easy feat on long shoot days.

    しかし、まず最初にゾウの赤ちゃんの動きを把握しながら、この様な支柱を使って四つん這いになって歩いたりしなくてはならなかったのですが、長い撮影時間を考えるとなかなか体力的にも厳しいものでした。

  • [Aladdin, 2019]

    [アラジン 2019年]

  • Instead of making the Genie character an entirely CGI creation, Will Smith got to fully embody him and his dance moves, and it was all captured by a motion-capture suit.

    ランプの魔人を完全に CG 化するのではなく、ウィル・スミスは魔人のダンスの動きなどをコピーして演じた後で、モーションキャプチャスーツでその動きがデジタル処理されました。

  • While Aladdin initially received criticism for how the Genie looked in his blue form, the movie ended up having him in human form whenever it could.

    映画アラジンは当初全身青色の魔人の様子が批判の対象になりましたが、結局多くの場面で普通の人間のスタイルで登場させるように修正を施しました。

  • And to get a sense of some of the film's impressive stunts, just look at the "One Jump Ahead" sequence.

    ちなみに、作品内に使われたスタントの1つには「一足お先に」のシーンがあります。

  • While most movies are shot at 24 frames per second, some parts of this sequences were shot at a slow-motion 36 frames per second, while others were shot at an incredibly fast 18 frames per second.

    通常の映画というのは毎秒24フレームで撮影されますが、この映画の中には一部毎秒 36 フレームというスローモーションで撮られていたり、逆に毎秒 18 フレームという驚異的な速さで撮影されている場所もあります。

  • According to director Guy Ritchie, actor Mena Massoud had to make sure he was singing completely in sync.

    監督のガイ・リッチー曰く、俳優のメナ ・マスードは動きと歌を完全にマッチさせながら演じる必要があったため、

  • So at some parts he had to sing really fast and other parts really slow.

    一部、とても速く歌ったりスピードをかなり落として歌ったりしなくてはならなかったということです。

  • [Maleficent: Mistress of Evil, 2019]

    [マレフィセント 2019 年]

  • Mistress of Evil is a sequel to the 2014 retelling of Sleeping Beauty from the villain's perspective.

    マレフィセントは、2014 年に公開された「眠れる森の美女」の悪役マレフィセントを主人公にしたファンタジー映画です。

  • This movie had to make its titular character, and many other characters, fly.

    この映画の中では、マレフィセントやその他のキャラクターが空を飛ぶシーンが出てきますが

  • They pulled this off using two different methods.

    このシーンの撮影には 2 つの手法を駆使しました。

  • The first was using wires, a more traditional practical method for lifting up characters in the air.

    1 つ目は、昔から演者を空中に釣り上げる時によく使われているワイヤです。

  • The second way was lifting actress Angelina Jolie and the other flying characters up with these two-pronged forks.

    2 つ目の方法は、アンジェリーナ・ジョリーやその他の空飛ぶキャラクターをこのような 2 本式のフォークで持ち上げるというものです。

  • The forks are operated by these extras in blue suits that you see back here, who would later be turned into CGI backdrops.

    フォークを動かしているのはこのような青いスーツを身に付けたエキストラで、編集時には CG 処理されています。

  • The fork fits onto both sides of a person's body.

    フォークは身体の両側に取り付けられる形になり、

  • This device gives them mobility and allows them to twist a person around backwards, forwards, or side to side, a "360-degree movement" while the actor is safely clamped into place.

    全身の可動域を確保することで、前向きや後ろ向き、または横向きに回転をするといったことが安全に実現できるのです。

  • Meanwhile, Maleficent's wings were created with CGI.

    一方、マレフィセントの羽根は CG 加工で作られています。

  • While on set, Jolie wore these on her back, which would later be replaced with wings.

    セット上では、アンジェリーナ・ジョリーの背中にはこのような物体が付いており、後にこの場所に羽根が来るようになっていたのです。

  • The visual effects team was tasked with making convincing wings and also making sure those wings moved in sync with the performer's body movements.

    ビジュアルエフェクト担当としては、本物に見えるような羽根を作り上げるということと、本体の体の動きにシンクロする形で羽ばたかせるようするという点に焦点が置かれました。

  • [Beauty and the Beast, 2017]

    [美女と野獣 2017 年]

  • To fully embody the role of Beast, actor Dan Stevens wore a motion-capture suit on stilts.

    野獣の動きを細かく再現するために、俳優のダン・スティーブンスは竹馬に乗ったうえでモーションキャプチャスーツを着用して撮影に臨みました。

  • The stilts ensured that the actor was the Beast's appropriate height on set so the actors would be looking at the right spot.

    竹馬に乗ることで、セット上でも野獣の背の高さを再現することができるので、他の演者の視線の位置がリアルになったわけです。

  • However, they didn't just have the characters standing in front of green screens; they actually built many of these sets in England, and they are impressive.

    しかし、ただ単に緑色のスクリーンの前に立って演じるのではなく、このような見た目が本物のような豪華なセットもイギリス国内に多く設置しました。

  • Take the ballroom, which was made with 12,000 square feet of faux marble.

    舞踏会の会場を例にとると、12,000 平方フィートにも渡る人工大理石が使われています。

  • And they payed special attention to the costumes.

    また、コスチュームにも細心の注意が払われており

  • Belle's dress was decorated with about 2,160 Swarovski crystals, and according to actress Emma Watson, the costume designers created it so it looked like it was floating as Belle and Beast danced.

    ベルのドレスは 2160 個のスワロフスキー・クリスタルで装飾されており、女優エマ・ワトソンは、デザイナーの手腕のおかげでベルと野獣がダンスをしている際にはまるでドレスが水の上を漂っているかのように見えたと話します。

  • What are some of your favorite Disney live-action remakes?

    皆さんのお気に入りのディズニー実写版映画は何ですか?

  • And which ones are you most looking forward to?

    また、これから楽しみに期待している作品はありますか?

  • Let us know in the comments.

    コメント欄から教えてください。

From motion capture to virtual production, Disney has been able to bring everything from the Pride Lands to Agrabah into the real world.

モーションキャプチャからバーチャルまでを駆使しながら、ディズニーはこれまで Pride Lands からAgrabahに至るまで、その世界観をリアルに再現してきました。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 cg シーン 撮影 動物 映画 動き

実写版ディズニー映画の特殊シーン撮影テクニックを紹介(What 8 Disney Live-Action Remakes Looked Like Behind The Scenes | Movies Insider)

  • 5913 267
    Mackenzie に公開 2020 年 05 月 31 日
動画の中の単語