Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • The term "higher consciousness" is often used by spiritually-minded people to describe important but hard to reach mental states.

    ''より高い意識''という言葉は大事だけれども届きそうにない精神状態を表すためにしばしば精神的に熱心な人によって使われます。

  • Hindu sages, Christian monks, and Buddhist ascetics all speak of reaching moments of higher consciousness through meditation, chanting, fasting, or pilgrimages.

    ヒンドゥー教の聖人、キリスト教の修道士、仏教徒の苦行者は瞑想、聖歌、断食、巡礼を通してより高い意識に到達したと口を揃えます。

  • Unfortunately the way in which these spiritual people discuss their states of higher consciousness has a tendency to put a lot of secular types on edge.

    残念ながらこれら人格者達がより高い意識について話すと世俗的なことを見落とす傾向があります。

  • It can all sound maddeningly vague, wishy-washy, touchy-feely, and for want of a better word, annoying.

    腹立たしいほどに曖昧で無味乾燥、不愉快な感じで、ほかに適当な言葉がないですが、イライラとします。

  • What on Earth do these gurus really mean?

    一体これらの導師達は何を考えているのでしょうか?

  • We deeply sympathize with such frustrations, not being by nature particularly attracted to the ineffable or the mysterious.

    私たちは人間の本性に従って、そういう言葉にしようがなく不思議なものに対して興味を持てないことに深く同情を寄せます。

  • However, it seems that the idea of higher consciousness is in fact a very interesting one, which has nothing inherently to do with spirituality and can be defined simply enough in strictly rational and secular terms.

    しかし、より高い意識という考えが実は面白いもののように思われ、本質的に精神性には全く関係なく、単に厳しい理にかなった俗世の条件の中に定義されうるものなのです。

  • This is how we see it:

    このような感じ。

  • as human beings we spend most of our lives functioning in states of lower consciousness where what we're principally concerned with is ourselves, our survival, and our own success, narrowly defined.

    私達人間は自分の生命機能を、私たちが主に関心を寄せている私達自身、生存、そして私たちが理解する狭義的な成功などといった相対的に低い精神意識に費やしています。

  • Ordinary life rewards practical un-introspective self-justifying outlooks, sort of the hallmarks of lower consciousness.

    普通の生活は実用的な非内観的で自己正当化させるような態度に報酬を与え、低い意識の典型です。

  • Neuroscientists speak of a lower part of the brain they call "The Reptilian Mind"

    神経科学者は脳の下の方にある部分を "The Reptilian Mind" と呼んでおり、

  • and tell us that under its sway we strike back when we're hit, blame others, quell any stray questions that lack immediate relevance,

    その支配下にあっては、私達が殴られた時に反撃し、他者を批判したり、直接の関連性を欠いた脱線した質問を止めるようにする時、自分は誰であることとどこに向かっていることに対して、媚び諂うイメージにつなげていくことをやめられません。

  • fail to free associate and stick closely to a flattering image of who we are and where we're headed.

    仲間を自由にしそびれ、私達らしさ、そしてどこに向かっているかの見栄えがするイメージを忠実になぞります。

  • However, at rare moments when there are no threats of demands upon us,

    しかし、私達へ負担の前兆がないめったに無い時や、

  • perhaps late at night or early in the morning when our bodies and passions are comfortable and quiescent,

    おそらく私達の体と熱意がリラックスして静止している夜遅くや朝早く、

  • we have the privilege of being able to access the higher mind, what neuroscientists call our neocortex,

    私たちはより高い意識にアプローチできるようになるのです。

  • the seat of imagination, empathy, and impartial judgment.

    その高い意識は神経科学者の言う新皮質、つまり想像力や共感性、正義感の下にあります。

  • We loosen our hold on our own egos and ascend to a less biased and more universal perspective casting off a little of the customary anxious self-justification and brutal pride.

    私達は自己意識上の理解力を弱め、 バイアスが少なく普遍的な観点まで上昇していき、いつもの欲にまみれた自己正当化と残酷なプライドを捨てさせます。

  • In such states the mind moves beyond its particular self interests and cravings.

    そのような状態では私達の精神は特定の私利私欲を越えていきます。

  • We start to think of other people in a more imaginative way rather than criticize and attack, we're free to imagine their behavior being driven by pressures derived from their own primitive minds which they're generally in no position to tell us about.

    私達は他者を批判したり攻撃するよりももっと想像力に富んだ方法で考え始め、他者の私達に普通言える立場にない原始的な精神に由来した圧力によって突き動かされた振る舞いを自由に想像します。

  • Their temper or viciousness are, we now see, symptoms of hurt rather than of evil.

    癇癪や残虐さは邪悪さと言うよりも傷ついていることの兆候なのです。

  • It's an astonishing gradual evolution to develop the ability to explain others' actions by their distress rather than simply in terms of how it affects us.

    単にどのように我々に影響を与えるかよりも彼らの苦痛によって他人の行動を説明できる能力を発達させたことは驚くべき漸進的進化です。

  • We perceive that the appropriate response to humanity is not fear, cynicism, or aggression, but always, when we can manage it: Love.

    人間性に対して適切な反応をすることは恐怖や皮肉、攻撃では無いと感じますが、いつも想像できます。愛です。

  • At such moments the world reveals itself as quite different: a place of suffering and misguided effort, full of people striving to be heard and lashing out against others.

    世界がかなり違うと明らかにする瞬間、たとえば苦しみと間違った努力がはびこる場所、自分の名を広めるために努力し他者に口撃する人が山ほどいるということ。

  • But also a place of tenderness and longing, beauty and touching vulnerability.

    しかしまた優しさと美しさや感動的な脆弱性を望む場所でもあります。

  • A fitting response is universal sympathy and kindness.

    適切な反応は普遍的な同感で、親切心です。

  • One's own life feels less precious.

    個々人の人生は少しだけ、大事ではなくなったように感じられます。

  • One can contemplate being no longer present with tranquility.

    もはや静寂の中生きられないと考える者もいるでしょう。

  • One's interests are put aside and one may imaginatively fuse with transient or natural things: trees, the wind, a moth, clouds, or waves breaking on the shore.

    個人の利益は二の次になり、ある人は想像力豊かにはかない自然のものに意識を向けます。

  • From this point of view status is nothing, possessions don't matter, grievances lose their urgency.

    木、風、蛾、雲、岸に打ち寄せる波などです。

  • If certain people could encounter us at this point, they might be amazed at our transformation and at our newfound generosity and empathy.

    この観点から考えると地位は何の意味もなさず、財産も意味をなさず、不平不満は必要性を失わせます。

  • States of higher consciousness are, of course, desperately short lived.

    もしもある人がここで私達に遭遇するなら、彼らは私達の変化、新しく得た寛大さと共感性に驚くでしょう。

  • We shouldn't, in any case, aspire to make them permanent, because they don't sit so well with the many important, practical tasks we all need to attend to.

    より高い意識の状態は、もちろんどうしても一時的なものです。

  • But we should make the most of them when they do arise and harvest their insights for when we require them most.

    とにかく、私達は永久のものにしようとするべきではありません。私達全員が処理する必要のある多くの重要で実用的なタスクとうまく同居することは出来ないからです。

  • Higher consciousness is a huge triumph over the primitive mind which cannot envisage any such possibilities.

    しかし私達はこのような意識が私達がそれらを必要とするときに出現し、洞察力を膨らませる瞬間に、その意識を最大限に利用すべきです。

  • Ideally, we'd be a little more alive to the advantages of this higher mind and strive to make our oceanic experiences somewhat less random, and less clothed in unnecessary mystery.

    より高い意識はこれらの可能性を見いだせない初期の精神に対する大勝利です。

The term "higher consciousness" is often used by spiritually-minded people to describe important but hard to reach mental states.

''より高い意識''という言葉は大事だけれども届きそうにない精神状態を表すためにしばしば精神的に熱心な人によって使われます。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 意識 精神 高い 他者 想像 自己

高次意識 (Higher Consciousness)

  • 184 8
    jeremy.wang に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語