Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Machiavelli was a 16th century Florentine political thinker

    マキャベリは 16 世紀のフィレンツェの政治思想家でした。

  • with powerful advice for nice people who don't get very far.

    あまり成功していない善良な人々のために強力なアドバイスをしてきました。

  • His thought pivots around a central, uncomfortable observation:

    彼の思想は、重要で不快な観察を軸に展開します。

  • that the wicked tend to win;

    それは、邪悪な者が勝つ傾向があることです。

  • and they do so because they have a huge advantage over the good.

    その人達は、善人よりも強みを持っているからそれができるのです。

  • They are willing to act with the darkest ingenuity and cunning to further their cause.

    悪知恵を働かせて行動しようとし、狡猾に自分の大義の推進をします。

  • They are not held back by those rigid opponents of change: principles.

    変化への厳格な反対者、つまり「原則」によって妨げられることがありません。

  • They will be prepared to outright lie, twist facts, threaten or get violent.

    見えすいた嘘をつき、事実をねじまげ、脅迫し、暴力をふるおうとします。

  • They will also, when the situation demands it, know how to seductively deceive,

    また、状況によって必要となれば、誘惑的にだましたり、

  • use charm and honeyed words, bedazzle, and distract.

    魅力や愛情のこもった言葉を使ったり、惑わしたり、心をかき乱そうとします。

  • And in this way they conquer the world.

    このようにして世界は征服されていきます。

  • It's routinely assumed that a large part of what it means to be a good person is that one acts well.

    善人であるということの意味の大部分は、人が前向きに生きていることだと思われています。

  • One doesn't only have good ends;

    良い目的があるだけではありません。

  • one is committed to good means.

    良いやり方を守り通しています。

  • So, if one wants a more serious world, one needs to win people over through serious argument, not click bait.

    なので、まじめな世界を求める場合は、クリックベイトではなく、まじめな議論を通じて人々に勝利する必要があります。

  • If one wants a fairer world, one has to judiciously and gently

    より公正な世界を求める場合は、思慮深く穏やかに

  • try to persuade the agents of injustice to surrender willingly, not through intimidation.

    悪の手先が進んで降伏するよう説得してください。脅迫をせずに。

  • And if one wants people to be kind, one must show kindness to one's enemies, not ruthlessness.

    そして、人が親切になってくれることを望むなら、人は敵に対して無慈悲になるのではなく、親切を示さなければなりません。

  • It sounds splendid.

    素晴らしいですね。

  • But Machiavelli couldn't overlook an incontrovertible problem: it doesn't work.

    しかしマキャベリは、「それは機能しない」という議論の余地のない問題を見逃すことができませんでした。

  • As he looked back over the history of Florence and the Italian states more generally,

    彼がフィレンツェとイタリアの歴史をざっくりと振り返ると、

  • he observed that nice princes, statesmen, and merchants always come unstuck.

    善良な君主、政治家、商人は常に失敗していることに気づきました。

  • That's why he wrote the book for which we know him today, "The Prince."

    だからこそ、今日において彼を知るきっかけになった本、「君主論」が書かれたのです。

  • A short, dazzling manual of advice for well disposed princes on how not to finish last.

    親切な君主が馬鹿を見ないための方法についての短くも素晴らしい手引き書です。

  • And the answer, in short, was to be as nice as one wished, but never to be overly devoted to acting nicely.

    要するに答えは、好きなように善良になること、しかし、誠実にふるまうことに専念し過ぎないことです。

  • And indeed to know how to borrow, when need be, every single trick employed by the most cynical,

    確かに必要であれば、あらゆる秘訣を借りる方法を知ることです。これまでに存在してきた非常にひねくれた、

  • dastardly, unscrupulous, and nastiest people who have ever lived.

    卑劣で、不道徳で、意地の悪い人達が取り入れている秘訣を。

  • Machiavelli knew where our counterproductive obsession with acting nicely originated.

    マキャベリは、善意を持って行動することへの逆効果な強迫観念がどこで生まれたかを知っていました。

  • The West was brought up on the Christian story of Jesus of Nazareth,

    欧米の世界は、ナザレのイエスについてのキリスト教の話を聞いて育ちました。

  • the very nice man from Galilee who always treated people well

    常に人々を親切に持てなしていたガリラヤ出身のとても素敵な人です。

  • and wound up as the king of kings and the ruler of eternity.

    そして王の中の王、そして永遠の支配者としては失敗に終わりました。

  • But Machiavelli pointed out one inconvenient detail to this sentimental tale

    しかし、マキャベリはこの感傷的な物語に対して不都合な詳細をひとつ指摘しました

  • of the triumph of goodness through meekness:

    素直さによる善意の勝利の物語です。

  • from a practical perspective Jesus' life was an outright disaster.

    現実的な観点から見ると、イエスの人生は大きな災いでした。

  • This gentle soul was trampled upon and humiliated, disregarded and mocked,

    この穏やかな魂は踏みにじられ、屈辱を受け、無視され、嘲笑され、

  • judged in his lifetime and outside of any divine assistance, he was one of history's greatest losers.

    生涯で、いかなる神の加護をも受けられずに判決を受けた彼は歴史上最大の敗者の一人でした。

  • The clue to being effective lies in overcoming all vestiges of this story.

    効果的であるための手がかりは、この物語のすべての痕跡を克服することです。

  • "The Prince" was not, as is often thought, a guide to being a tyrant;

    「君主論」は、よく思われているように、暴君になるための案内書ではありませんでした。

  • it's a guide about what nice people should learn from tyrants.

    善良な人々が暴君から何を学ぶかについての案内書です。

  • It's a book about how to be effectivenot just good.

    ただ善良であるかだけではなく、どうすれば効果的になれるかについての本です。

  • It's a book haunted by examples of the impotence of the pure.

    これは純粋な人々の無力さについて例に取り憑かれた本です。

  • The admirable princeand today we might add CEO, political activist, or thinker

    現代ではCEO、政治活動家、または思想家も含まれるかもしれませんが、立派な君主は

  • should learn every lesson from the slickest and most devious operators around.

    周囲の非常に利口で巧妙な策士から教訓を得るべきです。

  • They should know how to scare and intimidate, cajole and bully, entrap and beguile.

    その人達は、どうすれば脅して、威嚇して、おだてて、いじめて、困難に陥れて、だませるかを知っているはずです。

  • The good politician needs to learn from the bad one, the earnest entrepreneur from the slick one.

    良い政治家は悪い政治家、真面目な企業家は賢い企業家から学ぶ必要があります。

  • We are all, ultimately, the sum of what we achieve, not, what we intend.

    私達は皆、結局のところ、自分達の意思ではなく、自分で勝ち取ったもののかたまりなのです。

  • If we care about wisdom, kindness, seriousness, and virtue,

    私達が知恵、優しさ、真面目さ、そして美徳を大切に思い、

  • but only ever act wisely, kindly, seriously, and virtuously, we will, Machiavelli warns us, get nowhere.

    しかし賢明に、親切に、真剣に、そして高潔に行動するだけならば、何も得られないでしょう。マキャベリが警告したように。

  • We need to learn lessons from an unexpected source: those we temperamentally most despise.

    私達は思いがけない情報源から教訓を学ぶべきです。それは私達の性質上、見下してしまう教訓です。

  • They have the most to teach us about how to bring about the reality we yearn for,

    私達が切望している現実を実現する方法について非常に多くのことがわかります。

  • but that they are fighting against.

    しかし、それらは抵抗してきます。

  • We need weapons of similar grade steel to theirs.

    私達には類似したグレードの鋼で作った武器が必要です。

  • Ultimately, we should care more about being effective than about being nobly intentioned.

    最終的には、私達は高潔な意思を持つよりも効果的であることを重視する必要があります。

  • It's now enough to dream well. The true measure is what we achieve.

    今や夢を見るのはもう十分です。真のバロメーターは、何を達成するかです。

  • The purpose is to change the world for the better,

    目的は、世界をより良く変えることです。

  • not reside in the quiet comforts of good intentions and a warm heart.

    善意と温厚な心による、静かで居心地の良い場所に身を置くことではありません。

  • All this Machiavelli knew.

    これが、マキャベリが知っていたすべてです。

  • He disturbs us for good reason, because he probes us where we are at our most self serving.

    彼は正当な理由で私達の邪魔をします。私達が非常に利己的であることを証明するからです。

  • We tell ourselves we didn't get there because we're a little too pure, good, and kind.

    私達は少し純粋すぎて、善良すぎて、優しすぎているのでそこにたどり着けなかったと自分自身に言い聞かせます。

  • Machiavelli bracingly informs us we are stuck,

    マキャベリは私達が行き詰まっていることを強く知らせています。

  • because we have been too short sighted to learn from those who really know: our enemies.

    なぜなら私達はあまりにも近くしか見えておらず、本当によく知っている人達―敵―から学ぶことができません。

Machiavelli was a 16th century Florentine political thinker

マキャベリは 16 世紀のフィレンツェの政治思想家でした。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 善良 政治 思想 教訓 フィレンツェ 効果

マキアヴェリのナイスガイへのアドバイス (Machiavelli’s Advice For Nice Guys)

  • 295 18
    jeremy.wang に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語